ステージ衣装用の真っ赤なランジェリーで“魔法”にかかった

新井見枝香 書店員・エッセイスト・踊り子
更新日:2022-11-21 13:40
投稿日:2022-11-20 06:00
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんの月イチ連載です。皆さんは、下着売り場の試着室でのほろ苦い体験、ありますか?

劇場のステージ上で「図書館本」を受け取る

パッドポケットの収納力は侮れない(写真:iStock)
パッドポケットの収納力は侮れない (写真:iStock)

 ストリップ劇場のステージで、お客さんから『ブラを捨て旅に出よう』という文庫本を受け取った。

 フィルムでコーティングされた、いわゆる図書館本である。本を売る仕事の人に、借りた本を貸すとは、なかなか色んな意味ですげぇなと驚いたが、そういったハードルを「今あなたに読んで欲しい!」という強い気持ちだけで飛び越えてくる人を、私は嫌いではない。

 ただ、さすがに持って帰るわけにはいかないから、次の出番までに読んで返さなくてはならない。さすがの私も、ザッと斜め読みするのが精一杯だ。

 それは貧乏乙女が世界を旅する旅行記で、〈下着にポケットを縫い付けてお金を隠す〉という話が目に付いた。

 確かに治安の悪い国では、お金の隠し場所に気を使う。女性ならパンティだけでなくブラジャーもあるから、男性よりも隠し場所が多い。しかもブラジャーなら、ポケットを縫い付けるまでもない。ふっくらと膨らんだブラパッドを仕込むポケットの収納力は、なかなかのものである。

衣装を求めてランジェリーショップへ

整っている(写真:著者)
整っている (写真:著者)

 ストリップのステージで、衣装として真っ赤なブラジャー(Aカップ)とショーツとガーターベルトが必要になり、インポートものを扱うランジェリーショップに行ったら「そういったサイズはございません」と門前払いで、私に合うブラジャーなどこの世にひとつもないような心地になる。

「そういったサイズ」は、Amazonで探して取り寄せるしかないのだろうか。できれば下着は、試着して選びたかった。それに、次の公演まで日にちがない。

 そういえば、西銀座デパートの地下は、フロアのほぼ全てが下着売場だった気がする。思い付いて足を運ぶと、ショップを片っ端から見て回った。

 漸(ようや)く理想の下着を見つけたのは、売場の端っこにある小さなインポートランジェリーショップ。どこも取り扱いが少ないガーターベルトと、揃いのAカップブラジャーを探すのは至難の業であった。

 試着してみると、カップは余っていないし、ガーターベルトもしっかりとした作りで、かの有名な「サルート」よりもお手頃な価格だ。申し分ない。

 ところが店員さんは、別のサイズも着てみないか、と言う。試しに着けてみると、ぴったりだ。なるほど、ポケットにパッドがあらかじめ仕込まれている。

「ビビデバビデブー!」の魔法

イッツミラクル!(写真:著者)
イッツミラクル! (写真:著者)

 しかも私の胸は左が大きいので、それに合わせて左に1枚、右に2枚。さらに店員さんは、脇におっぱいがはみ出ているから、パッドを追加して、もっと大きいサイズにしたほうがいい、と言う。

 それはただの脇肉……と思いつつ着用すると、店員さんが「ビビデバビデブー!」と魔法をかけ、おっぱい周囲の肉全てをカップにぶち込んだ。

「いかがですか?」

 Eカップの上には、ふっくらとおっぱいが盛り上がり、脇肉のぷよぷよが消滅している。イッツミラクル!

 ステージで踊るどころか、両手を振って2、3歩歩けば、あっという間に魔法が解けることはわかっていた。この状態は、サウナの後に水を飲まずに体重計に乗るようなまやかしだ。

 しかし私のおっぱいは、店員さんの期待に応えたかった。マラソンの高橋尚子選手が、小出監督の期待に倒れるまで応えたように、会計のレジまで走り抜けよう。

真っ赤なブラジャーが欲しかっただけ

(撮影:井筒千恵子)
(撮影:井筒千恵子)

 翌日スタジオで着用し、全身鏡に映った下着姿は、イメージしていた〈初めて好きな人の前で服を脱いだ乙女〉ではなく、〈不倫に慣れきった熟女〉でしかなかった。

 Aカップに比べ、Eカップはブラの布地がやたら大きく、パッドでぼってりと膨らんだ様が、薄い胸の儚さを根こそぎ奪って、逆効果でしかない。

 そもそも私は、胸を大きく見せるブラジャーを探していたのではなかった。Aカップの胸でパカパカしない、真っ赤なブラジャーが欲しかっただけなのであった。

 次回は「ガーターベルトの付け方編」を予定している。下着の悩みは続く。

 後ろ側のベルトは、腿の裏ではなく横に着けるなんて、学校では教えてくれなかったよ!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 11月21日~27日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
外で心が乱されても居場所があれば大丈夫 2022.11.20(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
残業して当然なの? 子なし女性がイラッとした非常識LINE3選
 アラサー・アラフォー世代には、子持ち女性と子なし女性が混在しますよね。だからこそ、自分と環境が異なる女性へLINEする...
2022-11-19 06:00 ライフスタイル
“業界用語”炸裂トークにイラッ!「皆が知ってる」前提は危険
 みなさんは友達が同じ職種の方って、どのくらいいますか?  私はほとんどが自分とは違う業種で働いている人ばかりです。そ...
キスだけにしておけばいいのに…欲ばり“たまたま”の失恋物語
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...