ステージ衣装用の真っ赤なランジェリーで“魔法”にかかった

新井見枝香 元書店員・エッセイスト・踊り子
更新日:2022-11-21 13:40
投稿日:2022-11-20 06:00
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんの月イチ連載です。皆さんは、下着売り場の試着室でのほろ苦い体験、ありますか?

劇場のステージ上で「図書館本」を受け取る

パッドポケットの収納力は侮れない(写真:iStock)
パッドポケットの収納力は侮れない (写真:iStock)

 ストリップ劇場のステージで、お客さんから『ブラを捨て旅に出よう』という文庫本を受け取った。

 フィルムでコーティングされた、いわゆる図書館本である。本を売る仕事の人に、借りた本を貸すとは、なかなか色んな意味ですげぇなと驚いたが、そういったハードルを「今あなたに読んで欲しい!」という強い気持ちだけで飛び越えてくる人を、私は嫌いではない。

 ただ、さすがに持って帰るわけにはいかないから、次の出番までに読んで返さなくてはならない。さすがの私も、ザッと斜め読みするのが精一杯だ。

 それは貧乏乙女が世界を旅する旅行記で、〈下着にポケットを縫い付けてお金を隠す〉という話が目に付いた。

 確かに治安の悪い国では、お金の隠し場所に気を使う。女性ならパンティだけでなくブラジャーもあるから、男性よりも隠し場所が多い。しかもブラジャーなら、ポケットを縫い付けるまでもない。ふっくらと膨らんだブラパッドを仕込むポケットの収納力は、なかなかのものである。

衣装を求めてランジェリーショップへ

整っている(写真:著者)
整っている (写真:著者)

 ストリップのステージで、衣装として真っ赤なブラジャー(Aカップ)とショーツとガーターベルトが必要になり、インポートものを扱うランジェリーショップに行ったら「そういったサイズはございません」と門前払いで、私に合うブラジャーなどこの世にひとつもないような心地になる。

「そういったサイズ」は、Amazonで探して取り寄せるしかないのだろうか。できれば下着は、試着して選びたかった。それに、次の公演まで日にちがない。

 そういえば、西銀座デパートの地下は、フロアのほぼ全てが下着売場だった気がする。思い付いて足を運ぶと、ショップを片っ端から見て回った。

 漸(ようや)く理想の下着を見つけたのは、売場の端っこにある小さなインポートランジェリーショップ。どこも取り扱いが少ないガーターベルトと、揃いのAカップブラジャーを探すのは至難の業であった。

 試着してみると、カップは余っていないし、ガーターベルトもしっかりとした作りで、かの有名な「サルート」よりもお手頃な価格だ。申し分ない。

 ところが店員さんは、別のサイズも着てみないか、と言う。試しに着けてみると、ぴったりだ。なるほど、ポケットにパッドがあらかじめ仕込まれている。

「ビビデバビデブー!」の魔法

イッツミラクル!(写真:著者)
イッツミラクル! (写真:著者)

 しかも私の胸は左が大きいので、それに合わせて左に1枚、右に2枚。さらに店員さんは、脇におっぱいがはみ出ているから、パッドを追加して、もっと大きいサイズにしたほうがいい、と言う。

 それはただの脇肉……と思いつつ着用すると、店員さんが「ビビデバビデブー!」と魔法をかけ、おっぱい周囲の肉全てをカップにぶち込んだ。

「いかがですか?」

 Eカップの上には、ふっくらとおっぱいが盛り上がり、脇肉のぷよぷよが消滅している。イッツミラクル!

 ステージで踊るどころか、両手を振って2、3歩歩けば、あっという間に魔法が解けることはわかっていた。この状態は、サウナの後に水を飲まずに体重計に乗るようなまやかしだ。

 しかし私のおっぱいは、店員さんの期待に応えたかった。マラソンの高橋尚子選手が、小出監督の期待に倒れるまで応えたように、会計のレジまで走り抜けよう。

真っ赤なブラジャーが欲しかっただけ

(撮影:井筒千恵子)
(撮影:井筒千恵子)

 翌日スタジオで着用し、全身鏡に映った下着姿は、イメージしていた〈初めて好きな人の前で服を脱いだ乙女〉ではなく、〈不倫に慣れきった熟女〉でしかなかった。

 Aカップに比べ、Eカップはブラの布地がやたら大きく、パッドでぼってりと膨らんだ様が、薄い胸の儚さを根こそぎ奪って、逆効果でしかない。

 そもそも私は、胸を大きく見せるブラジャーを探していたのではなかった。Aカップの胸でパカパカしない、真っ赤なブラジャーが欲しかっただけなのであった。

 次回は「ガーターベルトの付け方編」を予定している。下着の悩みは続く。

 後ろ側のベルトは、腿の裏ではなく横に着けるなんて、学校では教えてくれなかったよ!

新井見枝香
記事一覧
元書店員・エッセイスト・踊り子
1980年、東京都生まれ。書店員として文芸書の魅力を伝えるイベントを積極的に行い、芥川賞・直木賞と同日に発表される、一人選考の「新井賞」は読書家たちの注目の的に。著書に「本屋の新井」、「この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ」、「胃が合うふたり」(千早茜と共著)ほか。23年1月発売の新著「きれいな言葉より素直な叫び」は性の屈託が詰まった一冊。

XInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


まだまだ子供! かまちょ“たまたま”が姐さんに「遊ぼうよ♪」
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
3月4日~3月10日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
主婦の再就職、諦めない! 自分を活かす仕事を効率よく見つける方法4つ
 出産を機に退職し家事・育児に奮闘してきた主婦。子育てがひと段落したタイミングで、再就職を希望する人は多いですよね。でも...
2024-03-04 06:00 ライフスタイル
“育ての親”の祖母が亡くなった…最愛の人との別れ、心に誓った1つのこと
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
紅と白の梅に魅せられて
 春の青空の下、紅白の梅。  違う色が混ざり合ってきれいな姿を見せる。  世の中もたくさんの色が混ざってきれ...
妻嫁、奥さん、妻…どのように呼ばれるのが正しい? 愛情が多いのは?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
え、また? 家に来たがるママ友を撃退!角を立てずに断るキラー文言3選
 気心の知れた女友達とは違い、ママ友は子どもを介した友達。なにかと気を遣いますよね。そんなママ友が頻繁に家に来たらストレ...
恩師「結婚したら幸せになれるものではない」えっ!恩師の名言LINE3選
 お世話になった恩師からの言葉は、深く胸に響くものですよね。人によっては、恩師の元を卒業してからも、いろいろな相談をする...
【卍馬ピカリの四柱推命】3月のご自愛メンタルは「皆と楽しむ」がカギ
 4年で80,000件以上の鑑定をしてきた卍馬ピカリが、占いの帝王「四柱推命」を使って、あなたの月の運勢を鑑定します。 ...
指原莉乃が後輩へのスキンシップで炎上!今時のセクハラ・パワハラ境界線
 元HKT48でタレントの指原莉乃(31)が、10年前の番組内で後輩メンバーに行ったスキンシップがSNSで拡散され、炎上...
春=別れの季節と思う大人へ「さみしい」は「めでたい」証拠
 みなさんにとって、春はどんなものでしょうか。アラサーの私にとっての春は、年々“別れの季節”になりつつあり、あまり好きで...
思いもつかない理由で「常識」は簡単にひっくり返るから…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
七色翡翠 12星座別うるおいの泉を満たすディーバ占い【3月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
【ダイソー】スギ花粉に負けるな! 40女のお守りアイテム3選
 ついこの間「あけましておめでとう」なんて言ってたのに、いつの間にやら2月も終わりですよ。  まだまだ北風が冷たい...
お日様最高にゃ! 春が来た喜びを全身で表現する“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「桃」は最強の魔除けアイテム!食べてよし、飾ってよし。
 まもなく上巳の節句(桃の節句)。女の子のお節句でございますわよ。ひな祭りシーズンになるとお花だけでなくスイーツやグッズ...