山口下関「大衆酒場 三枡」で旬のふくを!2022.12.17(土)

コクハク編集部
更新日:2022-12-17 08:03
投稿日:2022-12-17 06:00

山口・下関といえば、やっぱり「ふぐ」!

吉田類さん、太田和彦さんといった“プロ”も訪れた有名店(C)コクハク
吉田類さん、太田和彦さんといった“プロ”も訪れた有名店 (C)コクハク

 山口県の下関といえば、やっぱり「ふぐ」(※)。今が旬の高級魚を求めて、東京駅始発の「のぞみ」に飛び乗りました。

 新山口で山陽新幹線に乗り継ぎ、新下関で在来線に乗り換え。ようやく到着した下関駅の改札をくぐると……そこは異国情緒漂う港町! 少し散策するだけで旅情をそそられますが、この日の目的は、もっと根源的で下世話なもの。「うまいふぐを食い尽くす」ことです。

「大衆酒場 三枡」は1952(昭和27)年創業の老舗。天然のとらふぐをリーズナブルな料金で食べられると聞き、狙いを定めます。予約時に「“刺し”を食べますか?」と聞かれ、食いぎみに「はい、もちろん、いただきます!」と答えます。

 いや、それはみんな、食べるでしょー(笑)。

※下関では「福が来ますよう」にと、ふぐのことを「ふく」というそうですが、今回はメニュー名以外は「ふぐ」にて統一。

うまいものを食わすぞ

この黒板にやられます(C)コクハク
この黒板にやられます (C)コクハク

 店までは駅から歩いてすぐですが、細い路地の奥にあり、近くの歩道橋も視野をさえぎるため、少しわかりにくいかも。紫の暖簾をくぐると正面左手に階段があり、右手のガラス扉からするりと店内に滑り込みます。

 左手にはL字型のカウンターが広がり、右手から奥までは小上がりの席が。お世辞にも「きれい」とは言えませんが、「うまいものを食わすぞ」という気持ちはびんびんに伝わってきます。

夢にまで見た「ふくさし」登場!

お目当ての「ふくさし」(4950円)は美しいのひと言(C)コクハク
お目当ての「ふくさし」(4950円)は美しいのひと言 (C)コクハク

 カウンターに案内され、さっそくビールで乾杯。お目当ての「ふくさし」は身がぶりぶりで、噛むと上品な甘さがじゅわっと口の中に広がる。

 う、うまい……。しみじみとうなってしまいます。 

えんがわも肉厚な「ひらめ」(写真左・990円)、名産のひとつである「鯨ベーコン」(1100円)/(C)コクハク
えんがわも肉厚な「ひらめ」(写真左・990円)、名産のひとつである「鯨ベーコン」(1100円) /(C)コクハク

 ひらめの刺身、鯨ベーコン、あじなめろう、下足ぬた……直感と欲望に任せて注文したメニューは、どれもハズレなし!

写真手前の「あじなめろう」(660円)。洗練された一品、口当たりもなめらか♡(C)コクハク
写真手前の「あじなめろう」(660円)。洗練された一品、口当たりもなめらか♡ (C)コクハク

ぶちおいしい酢味噌でいただく「下足ぬた」(495円)(C)コクハク
ぶちおいしい酢味噌でいただく「下足ぬた」(495円) (C)コクハク

「ふく唐揚げ」(1100円)も身の柔らかいこと(C)コクハク
「ふく唐揚げ」(1100円)も身の柔らかいこと (C)コクハク

「雁木」「東洋美人」「貴」といった地元の銘酒もどんどん空いていき、かかったエンジンはもう止まりません。

 でもって、ふぐの唐揚げやぶた串まで頬張りーー。

日本酒からビールに戻って「ぶた串」(4本605円)(C)コクハク
日本酒からビールに戻って「ぶた串」(4本605円) (C)コクハク

大満足だけど…

 大満足で店を出たのですが、心の中で企むのはただひとつ。 

 さ~て、2軒目はどうする?(笑)


「大衆酒場 三枡」
address:山口県下関市竹崎町2-13-11 三枡ビル

※事前予約して訪れたほうがベター。筆者が訪れた日も、予約で満席となり、何組ものフリのお客さんがお断りとなっていました。

(編集O)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

フード 新着一覧


JR新宿駅構内イイトルミネで大行列!「羅家 東京豚饅」は何十分並ぶ
 都内話題のグルメスポットといえば、ここ。4月17日にオープンしたばかり、JR新宿駅のエキナカ商業施設「イイトルミネ(E...
飲みながら作っちゃう? タイ版“酔っ払い炒め”こと「パッキーマオ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
タイ風鶏から揚げ「ガイ・ガティアム」ビールが止まらない!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
「冷しゃぶのさっぱり野菜ソースがけ」簡単なのにひと手間感
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀の「串粋」の吉田正則さんに、ソースが...
デニーズの新モーニング、気配りがニクい!味・ビジュ・コスパの三方良し
 一日の計は朝ごはんにあり! 3月5日に、メニューの改定が行われたデニーズでヘルシー&おしゃれなモーニングを見つけました...
ファミマのPBと「神の雫」が合体!“名ばかりワイン”か否か購入ルポ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-04-10 06:00 フード
スープも絶品「3種の貝のビール蒸し」いろんな銘柄でお試しあれ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
「パルミジャーノサブレ」おなじみの粉チーズが簡単おしゃれに変身!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は京都・梅小路京都西の「西洋茶屋 山本」の山本智弘...
「紫キャベツのアチャール」はスピードが命!クミンシードで酒が進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
“パン賢者”木南晴夏さんイチ押しの「キャロットケーキ」にありつけた!
 パン好きな女優といえば、木南晴夏さん。木南さんイチ押しの“神奈川NO.1店のキャロットケーキ”にありつく日を虎視眈々と...
“おいしくない”ペットボトルワインが進化していた!アレンジもご紹介♡
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-27 06:00 フード
山形県民の常備ソウルフード「味染み玉こんにゃく」はあたりめがマスト!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
これぞ正真正銘のジンジャーライス! ショウガ好きも満足させる唯一のコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門の「都映」の水谷大輔さんに、This...
ベトナムの定番「茹でキャベツ×茹で卵のヌックマムだれ添え」はヘビロテ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
KALDIのいちごスイーツALL500円以下!春満喫、レジ前まで気が抜けん
 まだまだ寒い日もありますが、ふいに花の香りが漂ったり、日の長さにハッとしたりと、着々と春が近づいてきているのを実感しま...
春満喫!KALDIで発見♡“お花見”ロゼワイン、1000円以下のお手頃価格
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-18 18:14 フード