過度な若作りは罪!?「インスタおばさん」痛い投稿にご用心

コクハク編集部
更新日:2023-01-19 06:00
投稿日:2023-01-19 06:00
 インスタグラムは、年齢に関係なく誰でも簡単に写真投稿を楽しめる人気のSNSです。しかし、30代や40代が年齢に合わない痛い投稿をしていると、若者から「インスタおばさん」と呼ばれてしまうらしいですよ! 今回は、「インスタおばさん」の痛い投稿例や予防策をご紹介します。

“インスタおばさん”と言われる痛い投稿例4選

 20代に「インスタおばさん」と言われる女性の中には、自分が痛いと気が付いていない人もいます。ご紹介する投稿例に当てはまるなら、あなたも要注意です。

1. 加工MAXの自撮り写真

誰やねん…
誰やねん…

 最近のスマホの加工技術は優れもの。加工をMAXに使えば別人のように盛れてしまいます。

 ただ、若者が見ればどのくらい加工している写真かすぐにわかるのだとか。加工MAXの自撮り写真ばかり投稿していると、痛いインスタおばさんと呼ばれることに。若い子だってめちゃくちゃ盛ってるやん! と反論したくなりますが、年を重ねてもまだ盛っているのが痛いそう。確かに……。

2. 異性の存在を匂わせる投稿

必死の幸せアピが痛い
必死の幸せアピが痛い

 男性との2ショットや2人分の食事の写真など、異性の存在を匂わせる投稿もインスタおばさんにありがちです。

 若者から見ると、おばさんの過度な幸せアピールは「自己顕示欲まみれかよ……」と痛い印象に。

3. 美意識高い系の投稿

いや、知らんがな(写真:iStock)
いや、知らんがな (写真:iStock)

「今日は美容DAY!」とエステに行った報告をしたり、「体型キープ頑張ります!」とジムでトレーニングしている写真をアップするのも、インスタおばさんの痛い投稿のひとつ。

 美意識が高いことはとても素晴らしいですが、通う度に投稿していると「アピールえぐっ」と反感を買うようです。「押しつけがましいところがおばさん」なんだとか(涙)。

4. さりげなくハッシュタグで自慢する

わざわざタグ付けするのが下品だわ(写真:iStock)
わざわざタグ付けするのが下品だわ (写真:iStock)

 すごくおしゃれな写真でも、ハッシュタグに高級ブランド名を入れてしまうと、「この人、さりげなく財力自慢してるわ」とヤング(死語?)世代に引かれます。

 40代には日常使いのブランドが、若い子には手の出ない憧れブランドなんてことも。わざわざタグ付けしない方が無難かもしれません。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...
占い好きな成功者と占い好きな非成功者の違い…占いライターで一攫千金も
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
豊洲の人生勝ち組妻でも幸せじゃない?彼女が裕福と引き換えに諦めた事
 独身時代は都心に暮らしていたが、結婚を機に武蔵境に暮らし始めた千佳。しかし、郊外のこの地を愛せない。そんな時、中学の同...
「夫の駐在時にね…」なぜあのコが?田舎の同級生“玉の輿婚”に心ざわつく
 独身時代は都心に暮らし、華やかな生活をしていた千佳。しかし、結婚を機に都内から離れ、武蔵境に住み始めた。しかし、妥協し...
メガバン妻が悟ったリーマンの限界値 吉祥寺より2駅下った中古マンション
 武蔵野の自然を携えそびえる瀟洒な白亜の建物は、まるでこの場所がヨーロッパの一都市であるかのような錯覚を与えてくれる。 ...
帰ったらお風呂に…夫「沸いてるよ!子供が入ってる」危機管理能力ゼロや
 子育て中のママにとって、子供の命と健康を守るのは一番大切な使命。だからこそ、危機管理能力は嫌でも高くなります。 ...
号泣しながら「愛の讃歌」を熱唱 なぜ人はスナックでダサい姿を晒すのか
 私はこれまで多くの夜の世界を見てきましたが、スナックは本当に不思議な場所です。  完全無欠のモテ人間ほど、なぜか...
大人は「さようなら」とハッキリ言わないけど…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
春の行楽、御朱印集めはスタンプラリーと何が違う? 作法やタブーとは
 山形県東部にある山寺(山形市)で自らの行いについて考える出来事がありました。我よ、御朱印集めがスタンプラリーと化してい...
この勇姿もあとわずか…去勢手術予定“たまたま”を記念撮影!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「クリスマスローズ」で究極のほっぽらかし園芸!怠け者でも花いっぱい♡
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋のある神奈川は地球温暖化の影響もあり、ここ近年の特徴は卒業式に桜咲くでしたが、今年は入学式...
人は「趣味が合わない相手」と恋に落ちることがある
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
結婚、出産、身分の違い…仲良かった友達に会いたくないのはダメな感情?
 学生時代を毎日一緒に過ごした親友。でも、年齢を重ねるに連れて「あんなに仲が良かった友達なのに、今ではもう会いたくない」...
かわいい“たまたま”が大集合!夕暮れの集会の議題はなあに?
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...