不倫発覚の声優・櫻井孝宏は1000万円!芸能人への慰謝料請求なぜ破格

コクハク編集部
更新日:2023-01-20 06:00
投稿日:2023-01-20 06:00

声優・櫻井孝宏に新たな不倫報道

10年以上も…(C)日刊ゲンダイ
10年以上も… (C)日刊ゲンダイ

 人気アニメ『鬼滅の刃』の冨岡義勇役、『呪術廻戦』の夏油傑役などで有名キャラを担当してきた声優の櫻井孝宏(48)の新たな不倫が1月17日の「文春オンライン」で報じられた。

 昨年10月には、既婚であることを隠して自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組の放送作家の女性と10年以上に渡って交際していたことが報じられたばかりだった。

 当時、櫻井は所属事務所の公式サイトを通じて「櫻井孝宏に関するお詫び」と題した文章を掲載し、「記事に掲載されている女性に大変なご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪している。その後、同ラジオ番組などを降板。禊を済ませた矢先の新たな不倫報道である。

2006年から15年にわたって交際

 今回、「文春オンライン」に報じられたのはアニメ業界で働く40代の女性。一時、距離を置いていた時期はあったが、2006年から21年の約15年にわたって交際していたそうだ。先の放送作家の女性と“同時進行”で40代女性ともコトに及んでいたことになり、妻も含めると3股状態……。

 それでも40代女性によると、誕生日にはオーダーメイドのピンキーリングを贈られるなど、櫻井との交際は順調だったという。しかし、櫻井が既婚だったことが分かり、21年6月に女性から別れを決意。その際、結果的に不倫の片棒を担いだことに後ろめたさを感じて、櫻井を問い詰めることはなかったが、昨年10月に放送作家の女性とも不倫をしていたことにショックを受けて、櫻井にメールで説明を求めたと報じられている。

 櫻井からはメールで謝罪はあったが、女性は誠実なものではなかったと主張。その後は櫻井の弁護士を通じてのやり取りとなり、現時点で“決裂”しているとみられる。

 1月18日には、今回の報道に対し、所属事務所が公式サイト上でコメントを出している。

《今回の記事に掲載されている女性から、櫻井は1000万円を請求されており、指定期日までに対応がない場合、当該女性の納得のいく方法・手段を実施すると伝えられておりました。法外な金額であったことから、櫻井が個人で委任した弁護士を通じて断ったところ、報道がなされた次第です。このような背景があるため、弊社といたしましても顧問弁護士と対応を協議しております》

「1000万円の請求」の経緯は…

慰謝料の妥当な金額は?(写真:iStock)
慰謝料の妥当な金額は? (写真:iStock)

 この「1000万円の請求」の経緯は「文春オンライン」によると、女性と櫻井の弁護士との間で“謝罪の形”として示談金交渉が始まったからで、女性が「これまで受けた苦痛に見合う金額を提示してほしい」と願い出ると、弁護士から《貴殿に対する謝罪の意を込め、100万円をお支払いさせていただきたく、ご提案させていただきます》と返答があったという。しかし、納得がいかなかった女性が《こちらとしては提示額にゼロが1つ足りないという認識》などと返信したという流れだ。

 たしかに女性の立場から見れば既婚の事実を知らされず、15年もの歳月を櫻井に捧げてきたわけで、ショックが隠しきれないのは理解できる。だが、一般社会で慰謝料として1000万円の請求はあまりに高額だ。それでも人気声優、有名芸能人ともなると妥当な金額なのだろうか。

不倫相手が慰謝料を取れる可能性は低い

裁判所も厳しい(写真:iStock)
裁判所も厳しい (写真:iStock)

 慰謝料問題に詳しい弁護士の山口宏氏が言う。

「慰謝料請求の金額は定額化しています。相手が芸能人や社長、一般会社員であろうが関係ありません。犯した罪に対しての罰は収入に関係なく平等であるからです。たとえば、不倫された妻が離婚時に夫から請求できる慰謝料は200万円が妥当とされています。逆に既婚と知らされずに結果的に不倫に加担した女性も慰謝料は請求できますが、金額はそれ以下。そもそも取れる可能性が低いのが現状です。

 裁判所は婚姻制度を保護する立場ですから、“不倫相手”には厳しい。『まったく知らなかった』と主張しても『家に呼んでくれなかったのではないか』とか『休日は電話が繋がりにくかったのでは?』と注意深く観察したら発覚したのではないか、などと問われます。

 つまり、女性側の過失によって妻帯者であることを知らなかっただけであれば、同情できないというスタンス。既婚男性側が不倫相手にカモフラージュするために別のマンションを借りていたとか、友人に口裏合わせしていたなど悪質な嘘をついていたことが証明されてはじめて慰謝料を請求できる。今回のケースでいえば、最初に櫻井さんが提示した100万円は女性が納得できるかは別として、相場としてはかなり好条件といえるでしょう」

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

エンタメ 新着一覧


視聴率苦戦だから失敗に物申す!山下智久と錦戸亮、5年ぶり民放作の意義
 山下智久(39)が主演を務める「ブルーモーメント」(フジテレビ系)、錦戸亮(39)がキーマンとして出演する「Re:リベ...
こじらぶ 2024-05-25 06:00 エンタメ
中森明菜「女優復活の条件」 撮影時の"明菜ルール"をこなせる技量持つスタッフはいるのか
 活動再開が注目されている中森明菜(58)の所属事務所が「歌手、声優、俳優などご縁がある限り、前向きに検討させていただけ...
2024-05-24 17:03 エンタメ
「おいしいものは一緒に」出征前の河原デート。はて?初回を思い出すと…
 寅子(伊藤沙莉)は訪ねてきた後輩の小泉(福室莉音)から、女子部が閉鎖されることになったと知らされる。  今年は高...
桧山珠美 2024-05-24 15:30 エンタメ
《歴史に残る匂わせ》は本物か? 粗品の「彼女」呼び…あのちゃんのリアル過ぎる反応
 5月17日に配信された、あのちゃんこと、歌手のあののYouTubeチャンネル「あのちゅーる」にファンがザワめいている。...
2024-05-23 17:03 エンタメ
親子関係で苦労した高橋一生に三浦春馬さんを想起する声も…結婚で貫いた「干渉されない生き方」
 高橋一生(43)と飯豊まりえ(26)が5月16日、双方の公式サイトなどを通じて結婚を発表した。17歳という2人の年齢差...
2024-05-22 17:03 エンタメ
《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議
 1990年代を中心に、ビジュアル系バンドとして国民的人気を博したGLAY(グレイ)とL'Arc~en~Ciel(ラルク...
2024-05-21 17:03 エンタメ
優三の優しさシャワー全開!寅子のゴロゴロ床入り作戦も大成功だった神回
 昭和17年3月。直言(岡部たかし)の工場は軍からの注文が途切れず、順調に稼働を続けていた。戦時下で食べ物が貴重になる中...
桧山珠美 2024-05-21 15:30 エンタメ
62歳の羽賀研二とカップル成立“交際経験ゼロ”音大生…“誠意大将軍”時代を知らない危うさ
「超うれしいです。めちゃめちゃ大事にします」    14日配信のABEMA「愛のハイエナ」の恋人探し企画で21歳の音大生...
2024-05-20 17:03 エンタメ
朝ドラヒロインは「大日本国防婦人会」と揉めるのがお約束
 結婚した寅子(伊藤沙莉)は弁護の依頼も来るようになり順調な日々を送る。  ある日、手伝いとして働くよね(土居志央...
桧山珠美 2024-05-20 15:30 エンタメ
「Believe」苦戦は木村拓哉だけのせい? “視聴率男”に重なったオンエア前の不運の数々
 木村拓哉(51)の主演ドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)への逆風が続いている。初回に世帯平均11...
2024-05-19 17:03 エンタメ
角界一の美容力士・翔猿らが明かした脱毛&モテ事情、全力で推したいのは
 圧倒的な強さと精神力、鍛え抜かれた筋肉美、昭和の名横綱“ウルフ”千代の富士、整った顔立ちと沸き立つ色気がたまらない“各...
香川照之がキムタクドラマで復活?性加害騒動から2年…TBSが「グランメゾン東京」で出演打診のウワサ
 香川照之(58)が銀座のクラブホステスに対する性加害騒動で一切のテレビから消えたのが、2年前の2022年の8月。その後...
2024-05-18 17:03 エンタメ
山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”
 山下智久(39)主演の連続ドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)に黄信号が灯り始めた。第1話、第2話ともにフジの水...
2024-05-18 17:03 エンタメ
北乃きいは《ぽちゃぽちゃが超かわいい》定期的に激変ぶりが話題に…“豪快キャラ”今後は?
 15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『上田と女がDEEPに吠える夜』に出演した女優の北乃きい(33)。【ひとり好き女...
2024-05-17 17:03 エンタメ
フワちゃん機中の問題行動を暴露され大炎上! "次に消えるタレント"が…しぶとくサバイブのなぜ
 タレントでYouTuberのフワちゃんを巡るエピソードがまた炎上中だ。5月9日に更新された千原ジュニア(50)のYou...
2024-05-16 17:03 エンタメ
「僕じゃ駄目かな」あすなろ白書のキムタクを想起、優三渾身のプロポーズ
 寅子(伊藤沙莉)は、弁護士として社会的な信用を得るためにお見合いをさせて欲しいと直言(岡部たかし)とはる(石田ゆり子)...
桧山珠美 2024-05-20 15:02 エンタメ