生え際フェチ、密接距離侵入…オリジナルプレイで得る快感

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2019-06-15 15:30
投稿日:2019-05-25 19:00
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと主体的に性を楽しめるようになる。女性の様々な性癖に迫ります。

ベッドの上では必ずしも平等でなくていい

責めるのも、責められるのも(写真:iStock)
責めるのも、責められるのも (写真:iStock)

 “セックス”というコミュニケーションのいいところ。それは、人との距離が一気にぐっと近づくことです。身体を合わせ、普段は誰にも見せない部分を見せ合い、快感を分け与えあうという、ふたりだけの共通の体験を通して、もう一段親しい関係に発展することが出来る。

 今回、登場いただくのは、M性感で働いているリリーさん(21歳、東京都在住、https://twitter.com/Lily_nakaiki )です。

「M性感で働いているんですけど、責めるのも、責められるのも、両方好きなんです。ひたすら受けとってもらう愛、ひたすら責めてもらう愛もあるって思っています」

 これまで、男性が能動的、女性は受動的であることが多かったセックス。しかし近頃では、ともに主体的にあることがよしとされ、女性も積極的に男性を「愛していこう」という風潮があります。けれど、リリーさんはベッドの上では必ずしも、平等に能動的でなくともいいと考えていると言います。

「16歳の時の初体験では、自分が受け身で居続けることはおかしいって思っていたんです。一方的に男性の責めを受けとるだけじゃ、愛し合うことができていない。平等にお互い責め・受けをすることで、セックスで愛し合うことができると思っていました」

心とカラダをゼロの距離に…「密接距離侵入欲求」

罪深い関係性が好き(写真:iStock)
罪深い関係性が好き (写真:iStock)

 その心境が変わったのは、処女喪失から一年後。中イキが未経験なことに悩みはじめたリリーさんを、当時のパートナーがある日、二時間ほどかけて、じっくりと開発をしてくれた時のこと。

「開発されている最中、受け身で居続けたのに、おかしいって思わなかったんです。『なんでだろう』って考えた時に、そこに目的があったり、思いやりがあると、受け手だってとても楽しいし気持ちいいものなんだ、と思ったんです」

 “中イキ”という目的を叶えてくれようとするパートナーに愛を感じ、以来は行為自体が平等でなくても、いいと思えるようになったという。そんなリリーさんの具体的な性癖は三つ。「生え際フェチ」「密接距離侵入欲求」「自己実現欲求」。どれも聞き慣れない言葉ですが……。

「『生え際フェチ』っていうのは、髪を鷲掴みにしたい願望です。鷲掴みして首を絞めたり、鷲掴みしてベッドになげたり、プレイ中、永遠に鷲掴んでいたいです」

 その「生え際フェチ」を満足させるべく、ある時、男性の髪をぐっと鷲掴みしたときに目覚めたのが、二つ目の性癖である「密接距離侵入欲求」。リリーさんいわく「密接距離」とは、パーソナルスペースの一番近い距離。つまりキスできるゼロの距離のこと。相手に侵入し、もしくは侵入され続けて、心とカラダをゼロの距離にすること。

「心と距離がゼロの状態……タブーをタブーと思わない、むしろそれほどの罪深い関係性が好きなんです。これは責め手も受け手も同じく。それで、前例のない責めを発明し、実現して『世界中でこんなにおかしいことをしてるのは、私たちしかないのにめちゃくちゃ興奮してるって面白いよね』と笑いたいんです。これが『自己実現欲求』です」

「自己実現欲求」の具体的な例を尋ねてみると「歌責め」という予想外の返答が。歌責めとはいったい、どんなプレイなのでしょうか。

「女性アーティストがダンサーにやらしくボディタッチしながら歌うエロいステージってみたことありますか? ああいう感じを想像してください。ほぼ吐息のような歌い方で、相手にどんどん近づいていって、最後、ゼロ距離になった相手の耳元で囁くんです。もともと、私は音で興奮した経験が、何度もあって。それにプラス、ライブを観に行った時に、純粋にすごい歌唱力にカラダが痺れたことを、プレイに生かせないかと考えました」

 まさに誰もしていないオリジナルのプレイ。けれども、このプレイで、責め手側のリリーさんはどこに感じるのでしょうか。

「歌いながら『密接距離』になること。そして、相手に誰もしていないような行為で『自己実現』すること。このふたつが、わたしがこのプレイから得ることが出来る快感ですね」

  ◇  ◇  ◇

「いつか誰かとした」「どこかで見た」をプレイくりかえすのではなく、ふたりでしか出来ないオリジナルなプレイを試すことが出来れば、それは特別なものとして輝き、そして、忘れられない経験となる。常識にとらわれずに、心と体が気持ちいいと思える行為をふたりで発明していくこと。セックスライフを充実させるヒントがここにあります。

欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集中

 この連載では、ご自身の欲望を赤裸々に語ってくれる女性を募集しています。匿名で構いませんし、事前に原稿もご確認できます。

 わたしたちの抱いている欲望が決して恥ずかしいものではないことを知り、より伸び伸びと、性を楽しむことが出来る世の中が早く来るように、皆さまのご協力をお待ちしております。

 取材を受けてもいいという女性は rika.oizumi★gmail.com (★は@ にしてください) もしくは https://twitter.com/ame_rika までDMでご連絡くださいませ。秘密は厳守いたします。

エロコク 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM