リカなのに「リンちゃん」を連呼!女性が経験したがっかりピロートーク

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2023-03-15 06:00
投稿日:2023-03-15 06:00
 身体を重ね、愛を確かめ合った後に交わすピロートーク。彼からの甘い一言を期待していたのに、がっかりするような発言をされたらあなたはどうしますか?
 今回は、女性たちががっかりしたピロートークのエピソードをご紹介します。

思わず彼を二度見しちゃう! がっかりしたピロートーク5選

ムード台無し!(写真:iStock)
ムード台無し! (写真:iStock)

 幸せ絶頂の中、女性をどん底に突き落とすようなピロートークをする男性もいるようです。さっそく見ていきましょう。

1. 久しぶりだったのに…

「仕事で忙しくてなかなか会えずにいた彼とセックスをした後、『てか結構太ったよね?』と言われたときは、すごくがっかりしました」(36歳・製造業)

 スタイルに対するシビアな一言。一気に現実に引き戻されるようなピロートークですね。冷静に身体を見られていたかと思うと恥ずかしいし、そんなデリカシーのない彼氏はイヤ〜!

2. 告白ではなかった

「好きな人に求められて身体の関係になりました。どこかで『エッチすれば付き合える』と思っていたのかもしれません。でもピロートークで、『セフレになろ?』と言われて絶句。ショックすぎて、その後彼とは会っていません」(31歳・トリマー)

 期待していた愛の告白ではなく、まさかのセフレ。簡単に身体を許すんじゃなかったと、彼女は後悔したそうです。

3. 自意識過剰な発言

お世辞かもしれないのにね(写真:iStock)
お世辞かもしれないのにね (写真:iStock)

「ピロートークで『俺のテクすごかったでしょ?』みたいな自意識過剰な発言をされて、ドン引きしました。『俺と寝た女は離れられないらしい』とか笑いながら言ってたけど、全然。どんだけうぬぼれてるの? って思った」(40歳・看護師)

 男性は自分のテクニックにかなりの自信があった様子。これまで女性におだてられてきたのかもしれませんね。実際にテクニシャンだったとしても、自慢されたら興醒めです。

4. 結婚を全力で否定

「セックスの後ってテンションが高まってるから、『ずっと一緒にいようね』とか『結婚しちゃう?』とかノリで言うじゃないですか。なのに彼が『え? 結婚はしないよ?』って全力で否定してきて。ガチな反応にがっかりしました」(32歳・派遣)

 本気でなかったとはいえ、全力で否定されたら盛り下がりますよね。「それじゃどういうつもりで付き合ってるの?」と、不安にもなりそうです。

5. 名前を間違えられた

それ多分違う子だ…(写真:iStock)
それ多分違う子だ… (写真:iStock)

「イケメンでモテる新人くんを飲みに連れて行ったら帰りに求められたので、嬉しくてセックスしちゃったんです。

 でも私は『リカ』なのに、ピロートークで『リンちゃん』って呼ばれて。職場では苗字呼びだし、酔っ払って言い間違えてるのかな? とも思ったけど、その後もずっと『リンちゃん』。リンって女とも遊んでるんだなと悟りました」(35歳・広告業)

 身体を求めてきておきながら名前を間違えるなんて、いくら顔が良い男でも許せない……! 遊び相手がたくさんいるダメ男だったのかもしれないですね。

男女間でピロートークタイムに温度差がある傾向に!

余韻って大事だよね(写真:iStock)
余韻って大事だよね (写真:iStock)

 ピロートークではたっぷり幸せに浸りたいのが女心。しかし、男性はスッキリした気持ちになるため、素に戻ったり現実を考えたりしがちです。

 男女間で気持ちに温度差が生まれやすいピロートークにこそ、彼の本性があらわれるかも。うっとりモードな女性の気持ちに寄り添ってくれる男性だったら、最高ですね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


国籍限定!韓国人と出会えると噂のマッチングアプリを試してみた
 未だ衰えない韓流ブーム。「韓流アイドルのようなイケメンと出会いたい……」と、韓国人との出会いを夢見る人も多いのではない...
2023-03-20 06:00 ラブ
生理中に彼氏が神対応!好きな人とブルーな時でも仲良くする方法
 毎月やってくる生理。重さの違いはあれど、憂鬱になったり、体がしんどくなったりして、彼氏とつい喧嘩に発展してしまう人も多...
恋バナ調査隊 2023-03-20 06:00 ラブ
「たかが衛生観念の不一致で?」離婚する気のない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.134〜女性編〜」では、結婚生活7年目にして衛生観念の違いを理由に離婚を決意した奈々子さん(...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
お風呂を引き金に鬱憤爆発!離婚届をスルーする夫に苛立つ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
不倫、セフレ…なぜ報われない恋にハマる? 女性心理を解説
 不倫やセフレなど、報われない恋にハマる女性は多いですよね。幸せになれないかもしれないとわかっているのに、微かな希望を信...
恋バナ調査隊 2023-03-18 06:00 ラブ
40代で一目惚れしたら?グイグイより“さりげなく”攻めるが吉
「40代で一目惚れしたら、その彼と恋愛や結婚はできるのかな……」。  40代で一目惚れした女性が、その後、順調に恋愛→...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
クヨクヨ時々ぷんぷん「落ち込みやすい彼氏」はどう接する?
 落ち込みやすい彼氏を見ていると、少し頼りなく感じてしまう反面、どうにかしてあげたい気持ちになりますよね。今回は、落ち込...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
「DVの兆候」を見抜く 日常生活におけるチェックポイント3つ
 DVによる事件は、コロナ禍の閉塞感もあって、警察に寄せられた昨年1年間の相談件数は過去最多となっています(警察庁発表)...
内藤みか 2023-03-16 06:00 ラブ
子育てとセックスは両立できる?レス防止策、無音プレーと発想の転換も
 新婚の頃は夜の生活を自由に楽しめていても、出産をした途端にセックスレスに陥る話はよく聞きますね。実際に子供が成長してい...
恋バナ調査隊 2023-03-16 09:48 ラブ
後悔しない結婚相手の選び方 知らないとやばい落とし穴とは
「今付き合っている人と、結婚してもいいのだろうか」 「次選ぶ人と結婚したいと思うけれど、どんな人がいいのだろうか」 ...
若林杏樹 2023-03-15 06:00 ラブ
夫の怒りいくばく? 2回目の不倫がバレた時の効果的な謝り方
「また、不倫をしてしまった……」。初めての不倫とは違い、2回目の不倫がバレたとなると、ただの謝り方では許されません。「次...
恋バナ調査隊 2023-03-15 06:00 ラブ
レスられる側にも問題アリ?なぜ断られるのか、考えてみよう
 普段からセックスレスの不満をSNSで発信している筆者ですが、自分にも原因があると認識しています。何でもそうですが、相手...
まめ 2023-03-14 06:00 ラブ
授かり婚のメリット4つ&“最大の難関”親を説得させるには?
「授かり婚」や「おめでた婚」といわれるようになったのは少し前の話。それまでは「できちゃった婚」と呼ばれるケースが多く、マ...
恋バナ調査隊 2023-03-14 06:00 ラブ
女への幻想ゼロ&免疫アリ「女兄弟がいる男性」モテるの納得
 昔から言われるのが、「女兄弟(女性のきょうだい)がいる男性はモテる説」です。実際に、特別優れた容姿でなくても、多くの女...
恋バナ調査隊 2023-03-13 06:00 ラブ
薄毛やおデブはどうにでもなる!男性が結婚したくなるタイミングあるある
 40代で婚活中の女性は、できるだけ効率的に出会いから結婚までを進めたいですよね。実は、男性にも(!)「結婚したくなるタ...
恋バナ調査隊 2023-03-13 06:00 ラブ
恋愛依存がしんどすぎてやめたい…まずは自分を愛する練習を
 パートナーと喜びや悲しみを分かち合い、日々がキラキラと楽しくなる恋愛ですが、依存してしまうと話は別。「彼がいなければ生...
恋バナ調査隊 2023-03-12 06:00 ラブ