話題の「ファミチキ炊き込みご飯」競合チキンと比較、最もおいしいのは?

更新日:2023-03-14 06:00
投稿日:2023-03-14 06:00
 おうち時間が増え、自炊に挑戦する人が増えてきた昨今。とはいえ、毎日献立を考えるのって結構大変ですよね。「サクッと簡単にできるものでラクしたいな……」なんて思う人も多いのではないでしょうか。
 実はコンビニで定番の商品が、絶品料理に早変わりする方法が巷で話題になっています。

たったこれだけ!? 簡単でおいしいと話題の「ズボラ飯」とは

話題の炊き込みご飯(写真・田崎麻衣=以下同/無断転載禁止)
話題の炊き込みご飯 (写真・田崎麻衣=以下同/無断転載禁止)

 SNS上で話題になっているのは、ファミチキ炊き込みご飯。その名の通り、ファミチキをご飯と一緒に炊くだけの超簡単飯です。醤油とバターで味付けしたり、鶏がらスープの素やウェイパーを使って中華風な味にしたりなど、アレンジ方法は無限大のよう。

 一方で「ほかのコンビニに売っているチキンじゃダメなの?」「ファミチキじゃなくてもよくない?」といった疑問の声が上がっていました。

 たしかに、ファミリーマート以外のチキンでも一見同じようなので、代替品になりそうな気がする……。疑問を解消すべく、セブンイレブンとローソンのチキンで検証してみることにしました。

大手コンビニ3社で比較検証してみた

 では実際にそれぞれ炊き込みご飯にして、味に違いがあるのか比較してみます。

買ってきました
買ってきました

 今回用意したのは、各コンビニのチキンを1つずつ、各チキン1つにつき米1合、コンソメキューブ1つずつ。シンプルな味を楽しみたかったので、味付けはコンソメキューブのみにしてみました。

1.ファミチキ炊き込みご飯

 まずは、話題のファミチキ炊き込みご飯から作っていきましょう。

コンソメと一緒にイン
コンソメと一緒にイン

 炊飯器にコンソメキューブとファミチキを入れて、通常モードで炊いていきます。

いい香り~
いい香り~

 炊きあがりはこんな感じ。炊飯器を開けた瞬間、ファミチキと米の合わさった絶妙な香りがしました。

セブンのななチキ、ローソンのパリチキもそれぞれ投入

2.ななチキ炊き込みご飯

 続いて、セブンイレブンのななチキ。

スパイシーな香りのななチキ
スパイシーな香りのななチキ

 ちなみに、大手3社の中でもななチキが一番スパイシーな香りを強く感じるので、ファミチキを超える存在になるのではないかとひそかに期待しています……!

スパイシー
スパイシー

 炊きあがりの見た目はファミチキと大差ありませんが、香りが全然違いました。ななチキのスパイシーな香りがして、すごくおいしそう。

3. パリチキ炊き込みご飯

 最後にローソンのパリチキです。

シンプルな味付けのパリチキ
シンプルな味付けのパリチキ

 パリチキは鶏肉本来の味を楽しめるよう塩ベースのシンプルな味付けなのが特徴です。ファミチキとななチキで香りに変化を感じましたが、パリチキはどんな変化があるのでしょうか……!

主張控えめ?
主張控えめ?

 パリチキは3つの中でもほとんど香りに特徴がなく、一番主張控えめな印象でした。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...
44歳独身、今からでも遅くない?ズル休み→大学進学を決めた“無敵の女”
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、信じていた学生バイトに蔑まれ、客の若者にも罵られる日々。見かねた学生バイトの...
私の時給はパフェより低い…置き去り氷河期世代の苦悩「感覚死んでる」
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、特段面白みのない毎日を過ごしている。元気な学生バイトたちに囲まれ慌ただしい日...