「下の毛に白髪が4本!」浴室で絶叫する夫、老化を感じるトホホな話

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2023-03-21 06:00
投稿日:2023-03-21 06:00
 気がつけば結婚して十数年。40代になってから、日常生活で夫の「老い」を感じる瞬間が増えてきた人も多いでしょう。いつも家族のために頑張って働いてくれる夫の老化も笑いに変えながら、一緒に楽しく年をとっていけたら最高ですよね!
 今回は思わず笑ってしまった「夫の老化を感じた瞬間」をご紹介します。

年とったね…思わず笑ってしまった夫の「老化」を感じた瞬間

結婚して十数年…(C)コクハク
結婚して十数年… (C)コクハク

 さっそく、夫の老化を感じた瞬間のエピソードを見ていきましょう!

1.「とんこつラーメンから塩ラーメンに」

あの頃は若かった…(写真:iStock)
あの頃は若かった… (写真:iStock)

「若い頃から、コテコテのラーメンが大好きな夫。ある年の誕生日にとんこつラーメンがおいしい有名店に行ったのですが、あろうことか塩ラーメンを頼んだのです。どうやら、もうとんこつは胃に重たいらしく、透明の透き通ったスープを見て『もう年だな……』と一言。思わず笑ってしまいました(笑)」(40代・専業主婦)

 とんこつラーメンの有名なお店でも、塩ラーメンを頼むとは……。誕生日プレゼントは、胃腸薬で決まりですね!

2.「下の毛に白髪が…」

ついに白髪が…(写真:iStock)
ついに白髪が… (写真:iStock)

「ある日、お風呂場から夫の叫び声が聞こえたので慌てて飛んでいくと『下の毛に白髪が4本もあるー!』と叫んでいました(笑)。老けたねと言いながらも、私も気になって入浴時に見てみると白髪が! 夫に報告して笑い合いましたが、結構ショックでした」(40代・パート)

 下の毛の白髪は、結構ダメージが大きいですよね……。染めるわけにもいかないし、抜くのも痛そうだし、開き直るしかないです!

3.「年々早起きになる夫」

「40代を過ぎた頃から、夫が明らかに早起きになっているところに老化を感じます。最近では、4時頃起きて観葉植物に水やりをしていて、思わず『おはよう、おじいちゃん!』と声をかけてしまいました」(40代・飲食店勤務)

 4時起きで、植物と会話をしている姿を見たら、「おじいちゃん」と声をかけてしまう気持ちもわかります。

4.「睡眠中のマスクの跡が…」

肌の衰えは男性だって気になります(写真:iStock)
肌の衰えは男性だって気になります (写真:iStock)

「ちょっと喉が痛いからと、夜にマスクをして寝た夫。翌日は治ったと言ってマスクなしで出かけたのですが、帰宅した夫の顔に朝のマスクの跡が! もう肌に弾力なんてこれっぽっちも残っていないんだなと感じました」(40代・保育士)

 老化あるあるですね! 枕やシーツの跡が夕方になっても消えないと、だんだん焦ってきます。コラーゲンたっぷりのすっぽんを食べましょう!

5.「スマホが見えない」

老眼、始めました(写真:iStock)
老眼、始めました (写真:iStock)

「夫と旅行計画を立てていて、素敵な旅館が見つかったので夫にスマホを見せたら、『近過ぎて見えない』と言うのです。次の日、100円均一で老眼鏡を買ってきた夫を見て「老けたねぇ」と呟いてしまいました」(40代・アパレル関係)

 老眼も老化を実感しますよね! そのうち、スマホの文字設定がとてつもなく大きくなっていくのでしょうね……。

6.「道端のお花を見て…」

「夫とウォーキングをしていたある日。道端に咲いている小さな花を見て『綺麗で健気だなぁ。なんか泣きそう』と言い出したのです。馬鹿にして笑っていたのですが、その日の夕日に夫婦で感動。もう老化を認めようと思います」(40代・専業主婦)

 年々涙もろくなっていくんですよね! 景色を見て涙を流し出したら、もう老化を認めていい頃でしょう。

老化した夫も愛しい! 夫婦で年をとるのは素敵なこと

ずーっと仲良く♡(写真:iStock)
ずーっと仲良く♡ (写真:iStock)

 若い時を知っているからこそ、夫の老化を見て過ぎた時間の流れを実感するんですよね。それだけの時間を共に歩んできた証拠でもあります。

 これからも、すべての変化を受け止めながら、楽しく仲良く年を重ねていってくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ