めちゃ売れる!お疲れ気味の心を癒す「ネモフィラ」の青い海

斑目茂美 開運花師
更新日:2023-03-22 06:00
投稿日:2023-03-22 06:00

ひたちなか海浜公園の衝撃映像の影響

青い海に大変身/無断転載禁止(写真:馬場政好)
青い海に大変身/無断転載禁止 (写真:馬場政好)

 猫店長「さぶ」率いる我が愛すべき花屋のある神奈川はここ数日、暖か過ぎる日が続き、ご近所の花市場で荷分けしているお兄さまたちは春彼岸と卒業式・年度末の繁忙期の中、深夜に半袖で頑張っていらっしゃいますのよ。

 ワタクシの自宅は観光地でもあるので、コロナ禍が曖昧になった今、週末ともなるとたくさんの観光客の方が訪れ、おかげさまで車通勤に支障をきたしております。平和になった証しなので怒りませんけどw

 そんなこんなでうかうかしている間に、近年の春恒例、茨城の「ひたちなか海浜公園」の衝撃的すぎる映像を目にするシーズンがやってまいりました。

 真っ青な海が陸地に出現したかのような、広大なネモフィラ畑。お花屋さんに「ありゃなんじゃー!」と映像を見た駆け込んで来る方も多し……。映像を機にネモフィラの存在を知り、好む方が増えたような。だからこそ、お伝えしたい! 「テレビで見てからじゃ遅いのよ。ネモフィラの攻略法」の解説でございます。

春の花壇に植えるならラストチャンス!

青い海にダイブしたい気分でやんす/無断転載禁止(写真:馬場政好)
青い海にダイブしたい気分でやんす/無断転載禁止 (写真:馬場政好)

 ハッキリ申し上げると、ネモフィラは大変によく売れます。青い花が咲いた苗を店頭に置くとパーっと売れます。魅力的ですものね~。

 種からでも簡単に咲かせられるネモフィラは、こぼれ種でも勝手に生えてきちゃったりします。水をあまり好まない、肥料がたくさんも好まない。つまり簡単。ちょっとした条件を守っていただければ、ご自宅でも青い海のように広がるネモフィラを拝めるかも!?

 すぐにでもネモフィラを愛でたいアナタは、種ではなく苗がオススメです。実はネモフィラは移植を嫌う植物で、大きくなる前に定植することが望まれます。ネモフィラの苗は花が咲く全然前、昨年10月あたりからお花屋さんでは売っておりますのよ。花がなければ色気がないので売る方も勇気いるけど。

 苗を植えるタイミングは、寒冷地では4月から6月あたりまで大丈夫なようですが、ワタクシの住む比較的温暖な神奈川では、定植するには3月がラストチャンス。テレビで見たときはもう遅いですからね~。お花の見頃はまもなく始まりますから。お早めに春の花壇の準備ね。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...
占い好きな成功者と占い好きな非成功者の違い…占いライターで一攫千金も
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
豊洲の人生勝ち組妻でも幸せじゃない?彼女が裕福と引き換えに諦めた事
 独身時代は都心に暮らしていたが、結婚を機に武蔵境に暮らし始めた千佳。しかし、郊外のこの地を愛せない。そんな時、中学の同...
「夫の駐在時にね…」なぜあのコが?田舎の同級生“玉の輿婚”に心ざわつく
 独身時代は都心に暮らし、華やかな生活をしていた千佳。しかし、結婚を機に都内から離れ、武蔵境に住み始めた。しかし、妥協し...
メガバン妻が悟ったリーマンの限界値 吉祥寺より2駅下った中古マンション
 武蔵野の自然を携えそびえる瀟洒な白亜の建物は、まるでこの場所がヨーロッパの一都市であるかのような錯覚を与えてくれる。 ...
帰ったらお風呂に…夫「沸いてるよ!子供が入ってる」危機管理能力ゼロや
 子育て中のママにとって、子供の命と健康を守るのは一番大切な使命。だからこそ、危機管理能力は嫌でも高くなります。 ...
号泣しながら「愛の讃歌」を熱唱 なぜ人はスナックでダサい姿を晒すのか
 私はこれまで多くの夜の世界を見てきましたが、スナックは本当に不思議な場所です。  完全無欠のモテ人間ほど、なぜか...
大人は「さようなら」とハッキリ言わないけど…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
春の行楽、御朱印集めはスタンプラリーと何が違う? 作法やタブーとは
 山形県東部にある山寺(山形市)で自らの行いについて考える出来事がありました。我よ、御朱印集めがスタンプラリーと化してい...
この勇姿もあとわずか…去勢手術予定“たまたま”を記念撮影!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「クリスマスローズ」で究極のほっぽらかし園芸!怠け者でも花いっぱい♡
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋のある神奈川は地球温暖化の影響もあり、ここ近年の特徴は卒業式に桜咲くでしたが、今年は入学式...
人は「趣味が合わない相手」と恋に落ちることがある
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...