女性向け風俗のコスパ#2…買ったのはイケる体と女の自信

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-11 16:43
投稿日:2019-06-05 06:00
 女性用風俗は彼氏がいない人だけが利用しているわけではありません。でもそれって彼氏を裏切っていることになるんじゃない? 罪悪感はないの? バレたりしない? ぶっちゃけ彼氏とセラピスト、どっちが気持ちいいの? 「風俗にハマってます」という女性にいろいろ聞いてみました。

愛しているからこそ言えない“私、もっと充たされたい”

女優さんがバックでイキっぱなしになっているのを見て…(写真:iStock)
女優さんがバックでイキっぱなしになっているのを見て… (写真:iStock)

 里菜さん(仮名・30歳・アパレル勤務)が女性向け風俗を利用するようになったきっかけは、ラブホテルで見たAV。

「女優さんがバックでイキっぱなしになってて、あ~、私あんなになったことないよって。腰が抜けたみたいにグッタリしてるのに、男優がちょっと腰を振ると電気が流れたみたいに、またイッちゃう。よだれ流して、白目むいて。正直、うらやましかった……」。

 彼氏に“こんなふうになりたい”と言ってはみなかったのでしょうか?

「言えないですね……。愛情をたしかめあうためにセックスしているんだと思うので。そういうの求めたら関係が壊れちゃいそうな気がします」

 わかるわかる! 男の人って、彼女にそういうこと言われるとヘンに凹んだり、逆ギレしたりしかねません。俺がヘタだって言うのかとか、お前がそんなビッチだとは思わなかったとか、とにかくメンドクサイ。

 それ以来、こっそり“AV男優”“会える”“プレイ”“セックスの悩み”などを検索していた里菜さん、AV男優の出張ホストや性感マッサージがあることを知りました。

SEXのクセを直しイクこつを発見

力まなくてもいいんだ(写真:iStock)
力まなくてもいいんだ (写真:iStock)

行為中の力みが快感の邪魔をしていた!?

 半年以上も掲示板を見たり、お悩み相談にメールを送ったりして、ついにキャストとラブホで会ったときに発見がありました。

「体の力を抜いてって何度も言われたんです。私、セックスのとき無意識に体に力を入れてたみたいで。特に彼氏がペニスを入れてくると、がんばって力んで締めてました。そんなことする必要ないんだよ、と言われてビックリで……」

 お風呂であたためた体をアロママッサージ。うっとり身をまかせていると、いつの間にかアソコのマッサージがはじまっていました。ゆっくり、柔らかく、丁寧に……。

 アソコの隅から隅までまで、あたためて溶かすような感覚。完全に脱力したまま、気がつくと何度もイッていました。

「絶妙なんですよ。もっと激しくされたい、もっと中まで入れてほしいって思うギリギリのところを攻めてくる。そうなると体中が刺激を待ってしまって、どんどん敏感に、イキやすくなる。中も入り口近くと、真ん中の辺りと、奥のほうと感覚が違うってこと、はじめて知りました」

 変化に気づいたのは里菜さんの彼氏でした。

「里菜ちゃん、すごい。中がからみついてくる感じ、めっちゃ気持ちいい!」

 今にもイキそうに息をはずませる彼氏を見て、女としての自信がわきあがってきました。

ラブライフの質改善を相談できる!

セックスのことで悩んだら…(写真:iStock)
セックスのことで悩んだら… (写真:iStock)

「それまで必死にキュッキュと締めていたのがバカみたい。中が敏感になったから、彼氏のペニスが入ってくると、膣が勝手にギューーーンと締まるようになったんですよ。彼氏とのセックスの回数も増えました」

 そんなセックスライフを左右するような体験をさせてくれたキャストを好きになってしまうことはないのでしょうか? 

「セクシー男優とはいえ役者さんですから、体も引き締まってるし声もいい。でも、私にとってはセックスのクリニックみたいな存在。セックスの問題を治してくれるお医者さんってないですから」

 料金はふつうの女性専用風俗より高く、料金が5万、6万と、お高い人気のセクシー男優ほど予約も取りづらいそう。まさにスペシャルな存在。

 里菜さん、今は利用していませんが「またセックスのことで悩んだら行きます」。いざという時のかかりつけ医、と考えているようです。

(次回に続きます)

関連キーワード

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク