女性向け風俗のコスパ#2…買ったのはイケる体と女の自信

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-11 16:43
投稿日:2019-06-05 06:00
 女性用風俗は彼氏がいない人だけが利用しているわけではありません。でもそれって彼氏を裏切っていることになるんじゃない? 罪悪感はないの? バレたりしない? ぶっちゃけ彼氏とセラピスト、どっちが気持ちいいの? 「風俗にハマってます」という女性にいろいろ聞いてみました。

愛しているからこそ言えない“私、もっと充たされたい”

女優さんがバックでイキっぱなしになっているのを見て…(写真:iStock)
女優さんがバックでイキっぱなしになっているのを見て… (写真:iStock)

 里菜さん(仮名・30歳・アパレル勤務)が女性向け風俗を利用するようになったきっかけは、ラブホテルで見たAV。

「女優さんがバックでイキっぱなしになってて、あ~、私あんなになったことないよって。腰が抜けたみたいにグッタリしてるのに、男優がちょっと腰を振ると電気が流れたみたいに、またイッちゃう。よだれ流して、白目むいて。正直、うらやましかった……」。

 彼氏に“こんなふうになりたい”と言ってはみなかったのでしょうか?

「言えないですね……。愛情をたしかめあうためにセックスしているんだと思うので。そういうの求めたら関係が壊れちゃいそうな気がします」

 わかるわかる! 男の人って、彼女にそういうこと言われるとヘンに凹んだり、逆ギレしたりしかねません。俺がヘタだって言うのかとか、お前がそんなビッチだとは思わなかったとか、とにかくメンドクサイ。

 それ以来、こっそり“AV男優”“会える”“プレイ”“セックスの悩み”などを検索していた里菜さん、AV男優の出張ホストや性感マッサージがあることを知りました。

SEXのクセを直しイクこつを発見

力まなくてもいいんだ(写真:iStock)
力まなくてもいいんだ (写真:iStock)

行為中の力みが快感の邪魔をしていた!?

 半年以上も掲示板を見たり、お悩み相談にメールを送ったりして、ついにキャストとラブホで会ったときに発見がありました。

「体の力を抜いてって何度も言われたんです。私、セックスのとき無意識に体に力を入れてたみたいで。特に彼氏がペニスを入れてくると、がんばって力んで締めてました。そんなことする必要ないんだよ、と言われてビックリで……」

 お風呂であたためた体をアロママッサージ。うっとり身をまかせていると、いつの間にかアソコのマッサージがはじまっていました。ゆっくり、柔らかく、丁寧に……。

 アソコの隅から隅までまで、あたためて溶かすような感覚。完全に脱力したまま、気がつくと何度もイッていました。

「絶妙なんですよ。もっと激しくされたい、もっと中まで入れてほしいって思うギリギリのところを攻めてくる。そうなると体中が刺激を待ってしまって、どんどん敏感に、イキやすくなる。中も入り口近くと、真ん中の辺りと、奥のほうと感覚が違うってこと、はじめて知りました」

 変化に気づいたのは里菜さんの彼氏でした。

「里菜ちゃん、すごい。中がからみついてくる感じ、めっちゃ気持ちいい!」

 今にもイキそうに息をはずませる彼氏を見て、女としての自信がわきあがってきました。

ラブライフの質改善を相談できる!

セックスのことで悩んだら…(写真:iStock)
セックスのことで悩んだら… (写真:iStock)

「それまで必死にキュッキュと締めていたのがバカみたい。中が敏感になったから、彼氏のペニスが入ってくると、膣が勝手にギューーーンと締まるようになったんですよ。彼氏とのセックスの回数も増えました」

 そんなセックスライフを左右するような体験をさせてくれたキャストを好きになってしまうことはないのでしょうか? 

「セクシー男優とはいえ役者さんですから、体も引き締まってるし声もいい。でも、私にとってはセックスのクリニックみたいな存在。セックスの問題を治してくれるお医者さんってないですから」

 料金はふつうの女性専用風俗より高く、料金が5万、6万と、お高い人気のセクシー男優ほど予約も取りづらいそう。まさにスペシャルな存在。

 里菜さん、今は利用していませんが「またセックスのことで悩んだら行きます」。いざという時のかかりつけ医、と考えているようです。

(次回に続きます)

神田つばき
記事一覧
作家・コラムニスト
離婚と子宮ガンをきっかけに“目がさめて”、女性に生まれたことの愉しみを探そうと緊縛写真のモデルとライターに。私小説「ゲスママ」、女性の悩みや疑問を解き明かすコラム「性に纏わるあれこれ」
イベント「東京女子エロ画祭」「親であること、毒になること」などの企画も。X

関連キーワード

エロコク 新着一覧


内縁妻の抵抗。父の罵倒、引き裂かれリモートオナニーでエクスタシー #5
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性と恋に落ちた千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会社/独身)...
蒼井凜花 2024-06-14 06:00 エロコク
食べ物でアソコの匂いに変化?25歳OLが実践したマル秘健康術
「私、毎回パパの精子は飲んであげるんだけど」  と語るのは、パパ活歴2年だという、可愛い顔した小悪魔女子の玲奈ちゃ...
中山美里 2024-06-11 06:00 エロコク
まるでプラネタリウム! ロマンチックな演出もできる吸引系グッズ
 コスメのような美しいケースをパカッと開くと、現れるのは定番の吸引系グッズ。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸...
桃子 2024-06-09 06:00 エロコク
内縁妻、アヌス弄り&足舐め濃厚セックスの裏でまさかの親バレ…!#4
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-14 11:34 エロコク
女として育ててくれたパパにお礼がしたい…25歳女子のホッコリエピ
 世の中全体が世知辛くなってしまった昨今。ギスギスした話を読むのも聞くのも疲れちゃったよ、なんて方も多いのではないでしょ...
中山美里 2024-06-04 06:00 エロコク
反り具合が絶妙! クリとナカを同時に絶頂に導く神バイブ♡
 女性ならみんな大好き、クリ刺激。ナカがあまり感じないからクリ派だという女性は一定数いますが、ナカ派の女性もクリ刺激は大...
桃子 2024-06-02 06:00 エロコク
内縁妻「縁切り神社」で略奪愛を願掛け、AV仕込みの回転セックスで…#3
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-07 12:04 エロコク
ウィンウィンの関係よ♡ SMプレイでパパも私もストレス発散!
 更年期障害といえば、女性が抱える悩みと認識している方が多いと思いますが、最近では男性にも増えているそうですね。 ...
中山美里 2024-05-29 09:47 エロコク
サイズもお値段も小さめ! 1stチョイスにピッタリな電マ♡
「テルテルデンマ・BON」は、多くの人をニッコリ笑顔にする電マです。たしかに電マの形状って頭が大きく、持ち手は胴体のよう...
桃子 2024-05-26 06:00 エロコク
避妊具なんて要らない!内縁妻「感涙の初SEX」で芽ぐむ本妻への妬み #2
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-05-31 14:10 エロコク
ドM女子とパパ活は好相性? 26歳の自称“ド変態”美容師のケース
 今回ご登場いただくパパ活女子は…もしかしたらギスギス夫婦の救世主になるかもしれない女の子。 「今、4人のパパから...
中山美里 2024-05-21 06:00 エロコク
社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク
パパ活にも危機管理能力は必須!24歳フリーターの自己防衛策
 知り合いのオジサマはさいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」の大ファン。いつも熱くその魅力を語ってくれます。 「ゴル...
中山美里 2024-05-07 06:00 エロコク
気持ちよさが何倍にも! セックスローションの新しい使い方
 みなさんはセックスローションといわれるものを、なんのために使いますか?  女性の潤いが十分でない場合、それをフォ...
桃子 2024-05-05 06:00 エロコク