女性向け風俗のコスパ#2…買ったのはイケる体と女の自信

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-11 16:43
投稿日:2019-06-05 06:00
 女性用風俗は彼氏がいない人だけが利用しているわけではありません。でもそれって彼氏を裏切っていることになるんじゃない? 罪悪感はないの? バレたりしない? ぶっちゃけ彼氏とセラピスト、どっちが気持ちいいの? 「風俗にハマってます」という女性にいろいろ聞いてみました。

愛しているからこそ言えない“私、もっと充たされたい”

女優さんがバックでイキっぱなしになっているのを見て…(写真:iStock)
女優さんがバックでイキっぱなしになっているのを見て… (写真:iStock)

 里菜さん(仮名・30歳・アパレル勤務)が女性向け風俗を利用するようになったきっかけは、ラブホテルで見たAV。

「女優さんがバックでイキっぱなしになってて、あ~、私あんなになったことないよって。腰が抜けたみたいにグッタリしてるのに、男優がちょっと腰を振ると電気が流れたみたいに、またイッちゃう。よだれ流して、白目むいて。正直、うらやましかった……」。

 彼氏に“こんなふうになりたい”と言ってはみなかったのでしょうか?

「言えないですね……。愛情をたしかめあうためにセックスしているんだと思うので。そういうの求めたら関係が壊れちゃいそうな気がします」

 わかるわかる! 男の人って、彼女にそういうこと言われるとヘンに凹んだり、逆ギレしたりしかねません。俺がヘタだって言うのかとか、お前がそんなビッチだとは思わなかったとか、とにかくメンドクサイ。

 それ以来、こっそり“AV男優”“会える”“プレイ”“セックスの悩み”などを検索していた里菜さん、AV男優の出張ホストや性感マッサージがあることを知りました。

SEXのクセを直しイクこつを発見

力まなくてもいいんだ(写真:iStock)
力まなくてもいいんだ (写真:iStock)

行為中の力みが快感の邪魔をしていた!?

 半年以上も掲示板を見たり、お悩み相談にメールを送ったりして、ついにキャストとラブホで会ったときに発見がありました。

「体の力を抜いてって何度も言われたんです。私、セックスのとき無意識に体に力を入れてたみたいで。特に彼氏がペニスを入れてくると、がんばって力んで締めてました。そんなことする必要ないんだよ、と言われてビックリで……」

 お風呂であたためた体をアロママッサージ。うっとり身をまかせていると、いつの間にかアソコのマッサージがはじまっていました。ゆっくり、柔らかく、丁寧に……。

 アソコの隅から隅までまで、あたためて溶かすような感覚。完全に脱力したまま、気がつくと何度もイッていました。

「絶妙なんですよ。もっと激しくされたい、もっと中まで入れてほしいって思うギリギリのところを攻めてくる。そうなると体中が刺激を待ってしまって、どんどん敏感に、イキやすくなる。中も入り口近くと、真ん中の辺りと、奥のほうと感覚が違うってこと、はじめて知りました」

 変化に気づいたのは里菜さんの彼氏でした。

「里菜ちゃん、すごい。中がからみついてくる感じ、めっちゃ気持ちいい!」

 今にもイキそうに息をはずませる彼氏を見て、女としての自信がわきあがってきました。

ラブライフの質改善を相談できる!

セックスのことで悩んだら…(写真:iStock)
セックスのことで悩んだら… (写真:iStock)

「それまで必死にキュッキュと締めていたのがバカみたい。中が敏感になったから、彼氏のペニスが入ってくると、膣が勝手にギューーーンと締まるようになったんですよ。彼氏とのセックスの回数も増えました」

 そんなセックスライフを左右するような体験をさせてくれたキャストを好きになってしまうことはないのでしょうか? 

「セクシー男優とはいえ役者さんですから、体も引き締まってるし声もいい。でも、私にとってはセックスのクリニックみたいな存在。セックスの問題を治してくれるお医者さんってないですから」

 料金はふつうの女性専用風俗より高く、料金が5万、6万と、お高い人気のセクシー男優ほど予約も取りづらいそう。まさにスペシャルな存在。

 里菜さん、今は利用していませんが「またセックスのことで悩んだら行きます」。いざという時のかかりつけ医、と考えているようです。

(次回に続きます)

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 大収穫~! カラフルな野菜が勢ぞろい……ではなく、新作のローター&バイブレーターです。  野菜を挿入って官能小説...
桃子 2020-01-19 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2020-01-16 18:00 エロコク
FILM
 男性にどんな女性が好きか聞くと「優しい性格」「おっとりした人」「笑顔が素敵な人」なんて答えが返ってきます。でも、なんだ...
FILM
 電マって、女性人気がいまひとつ。気持ち、わかります。大きなヘッドと強すぎる振動がコワイんですよね。  一方、電マ...
桃子 2020-01-12 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 コーンの上にのったストロベリー味のソフトクリームにしか見えない「サティスファイヤー レイヨン スイートテンプテーション...
桃子 2020-01-05 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2019-12-30 18:00 エロコク
FILM
 クリスマスも終わり、年末年始の計画をたてている方も多いことでしょう。令和初の年末年始、愛するパートナーとのセックスにも...
蒼井凜花 2019-12-27 07:00 エロコク
FILM
 女友達が扉一枚向こうにいるというのに、私の寝床に入ってきたG。  以前から、私のブログ用の取材写真に、特徴のある...
FILM
 さて、出逢い系では積極的に、恋人とはできないようなアヴァンギャルドなプレイを試みていこうと決めた私。次に考えたのは、私...
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 私のもとに寄せられる相談で多いのが「彼女にバイブをプレゼントしたいのですが何がいい?」というもの。海外ドラマなどでよく...
桃子 2019-12-21 03:33 エロコク
FILM
 しばらくセックスをしていない「ご無沙汰オトナ女子」にとって、クリスマスや年末年始は「その時」が訪れるかもしれないチャン...
蒼井凜花 2019-12-18 20:09 エロコク
FILM
 ラブグッズは年中新作が出るので季節感などは特にないと思われがちですが、冬にオススメしたいバイブがあります。 「ス...
桃子 2019-12-15 11:05 エロコク
FILM
 1960年代生まれのGの憧れのキャラクターは、『ベルサイユのばら』のロザリーでした。皆から愛され、大切にされる存在。特...
FILM
「だれにでもオススメできるラブグッズ」って、ありそうでないものです。でも、今回紹介する「iroha RIN+」はそれにか...
桃子 2019-12-10 05:28 エロコク