なぜ出張ホストをしているの? この仕事を選ぶ男性の心理

内藤みか 作家
更新日:2019-05-30 06:00
投稿日:2019-05-30 06:00
 最近、出張ホスト(レンタル彼氏)のニーズが高まっています。おひとりさま社会と言われ、恋人がいない独身女性が増えているのも一因かもしれません。そんな女性の相手をする男性たちは、なぜ、この職業を選んだのでしょう。実際に出張ホスト何十人と話をした経験から分析します。

出張ホストには2種類ある

彼氏をレンタルする時代に(写真:iStock)
彼氏をレンタルする時代に (写真:iStock)

 出張ホストには大きくわけて2つの種類があります。ひとつはデートのみ対応のところ。そしてもうひとつはオプション料金を足せばデート以上のマッサージなどのサービスも受けられるところです。最近は個人で出張ホストなどと自称する人もいますが、個人の無許可営業だとトラブルになった時に間に入ってくれるところがありません。警察に「無店舗型風俗特殊営業」の届け出を出していると明記されているところから依頼するのが安全だと言われています。

 料金は、デートのみだと新人は1時間で2000円台からとかなりリーズナブル。料金は人気が出ると上がっていき、トップクラスになると、1時間1万円以上する人も。なぜ彼らはこの職業を選ぶのでしょう。街の中で待ち合わせたり、女性の自宅に呼ばれることなどもあり、ホストクラブで働くよりかなりのスリルを味わうことになるはずです。女性客と手をつないで歩いているところを知り合いに目撃されるリスクもあることでしょう。

ホストにはなれないから

ホストクラブは集団社会(写真:iStock)
ホストクラブは集団社会 (写真:iStock)

 意外に思うかもしれませんが、出張ホストをしているのは、ホストクラブのホストよりもおとなしめの男性が多いのです。「ホストクラブで働くことも考えたけれど、集団行動が苦手なので……」と語った人が何人もいました。ホストクラブはチームに分かれて営業を頑張ったり、ミーティングがあったり、ほかのホストのヘルプに入ったりと、集団社会。女性客のほとんどはお酒を飲むので、楽しくその場を盛り上げるテクも必要です。

 けれど、単独行動が好きな男性は、ホストのそうしたまとまりに腰が引けてしまい、ひとりでできる仕事はないかと探して出張ホストに辿り着くようです。ランキングを上がってくるのはやはりルックスのいい男性。そのなかでも女性に対してきめ細かい配慮ができる優しいタイプの男性が人気なので、オラオラな感じの人が多そうなホストクラブのホストとはだいぶ色が違うのです。

やっぱりお金が欲しい

女性からプレゼントを贈られることも(写真:iStock)
女性からプレゼントを贈られることも (写真:iStock)

 出張ホストの仕事は24時間いつでも待機ができるので、ほかの仕事と掛け持ちをしながら予約をこなす人がほとんどです。出張ホストだけで頑張っているという人はかなりの売れっ子で少数派でしょう。つまりは副業として働いているのですが、その理由はやはりお金。車のローンや借金があるという人もいますし、起業したいとか大学に行きたいなどの理由がある人も。

 予約が立て込んでいる時期は、女性客に付き合って朝まで飲み明かした後に、仮眠だけ取って昼の仕事に向かうというハードなスケジュールをこなすことも。働いた分だけ稼ぎも増えるので、やり甲斐はかなりあるそうです。出張ホストは女性と一緒に街を歩くので「普通の格好で来てほしい」とリクエストされることが多いため、ホストクラブのホストよりも着飾ることにお金を使わなくていいのでお金は貯まりやすいのだとか。また、何度も指名してくれる常連さんが増えると、ブランド品などのプレゼントをいただけるのも楽しいのだとか。

忍耐と許容力が必要な仕事

とことん女性に寄り添ってくれる(写真:iStock)
とことん女性に寄り添ってくれる (写真:iStock)

 女性の相手をしてお金をもらえるのなら、自分もやってみようかな、と思う男性は結構多いようです。けれど、やはり人気が出るのは一緒に歩いてときめくカッコいい男性であり、マメな気遣いができるリアル社会でもモテる人。誰でも仕事にありつけるわけではないので、いざ登録しても全然指名にありつけない人も少なくないそうです。そしてホストは客を選ぶことはできません。なので女性の好みにうるさい男性は向いていないのです。

 出張ホストをしている男性は基本的に女性好き。「女性のストライクゾーンが広い」と言う人がほとんどです。「どんな体型の人でも、何歳でも、素敵だなと思える」と言い切る人もいます。いやいや相手をしていたら女性客に見破られてしまうので、おそらく相当に許容範囲が広いのでしょう。また、女性のワガママに対応したり、酔った女性のグチを、疲れた顔もせず何時間も聞き続けることができる忍耐力も必要です。

 私が見かけた人気出張ホストさんたちは、どの人も、奉仕の精神に満ち溢れていて、女性に対する愛情が豊かです。そしてなにより特筆すべきなのは、女性を尊敬しているところ。変に威張ったりせず、とことん女性に付き合い、尽くすからこそ売れています。きっとつらい思いをすることもあるのでしょうけど、そうしたことは顔に出さず、女性に寄り添い続ける。人気出張ホストの姿勢に女性は感動し、だからこそまた指名したくなるのでしょう。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 毎日溜まっていく汚れたお皿や洋服、ほこり……。特に、フルタイムで働いている女性にとって家事をする時間はできるだけ短縮し...
FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...
FILM
「アナタ、なんで全身真っ黒なのよ! 喪服なのか! すぐやめなさい!」  先日とある著名な祈祷師の方に会うなり、いき...
FILM
 この連載もいよいよ終盤です。私は発覚から術後まで、およそ2年間にわたりバセドウ病と闘いました。甲状腺を全摘する手術を終...