大学進学で破局した「初めての男」と再会、結婚相手があの子なんて…#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2023-07-21 10:43
投稿日:2023-07-14 06:00
 昨今、不倫など珍しくないだろう。ただ、その相手が「思いがけなく再会した元カレで、なおかつ初めての相手」だったら……?

 今回取材に応じてくれたのはアミさん(仮名・31歳リトミック音楽講師/既婚)だ。

 ショートボブの似合うフレッシュで明るい印象の彼女は、自らを「肉食女子」と分析する。ころころと笑う姿は、無邪気な少女とも、妖艶な悪女とも思えてしまう。

「肉食女子」の言葉通り、彼女は結婚後、一児の母となっても不倫をする身となった。

 執念ともいえる女の復讐不倫に迫ってみた。

肉食女子はプロポーズも自分から

「そろそろ、いいタイミングよね?」(写真:iStock)
「そろそろ、いいタイミングよね?」 (写真:iStock)

――不倫の話の前に、まずはアミさんのご主人との出会いをお聞かせください。

「3歳上の夫との出会いは合コンです。私、体育会系の男性が大好きで、学生時代は陸上選手だったという彼に惹かれて……。私から積極的にアタックしましたね。

 デートに誘う際も、『この店、接待で使えるわよ』とか『ここのスイーツはインスタ映えするって有名なの。部下の女の子にも自慢できるはず』などと、彼のビジネスにもさりげなく有利になるように誘い続けたんです。

 プロポーズも私から、『そろそろ、いいタイミングよね?』って……無事結婚に至りました(笑)」

29歳で出産も、夫とはすれ違いの日々

夫の不在が増え…(写真:iStock)
夫の不在が増え… (写真:iStock)

――さすがの肉食系ですね(笑)。結婚後の生活もお聞かせください。

「28歳までピアノ講師をしていたのですが、三十路を前に『そろそろ子供が欲しいな』と夫と相談して妊活し、29歳で娘を出産したんです。

 で、出産をきっかけに自宅の一室をリフォームし、リトミック教室を開校しました。幸い、近所に住む実母も元ピアノ講師だったことと、妹も音大出身のため、快く協力してくれたんです。

 さっそくリトミック教室のHPを業者に作成してもらい、自宅前にも看板やチラシを置いたんです。生後6カ月のベビーから3~4歳までのキッズを対象にした教室は口コミで広がり、生徒は次第に増えていって……ラッキーでした」

 ただ、アミさんに不満が全くなかったわけではない。

 旅行会社に勤める夫の部署が変わり、出張が増えたのだ。母と妹がいてくれたとはいえ、夫不在の日が多く、育児をしながらひと肌恋しい夜も増えたという。

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男の「よく食べる人が好き」発言に裏ナシ? “食好き女”アピる前に読んで
「好きな女性のタイプは?」という質問に対して、「よく食べる女の子が好き!」と答える男性って結構いますよね。でも、その言葉...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
家事をしない夫への「プチ仕返し」私ばっかりしんどいの、おかしくね?
 男女平等が常識になってきた現代ですが、まだまだ男女の差は存在します。その差が特に顕著なのが家庭の中。夫婦共働きであるに...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
現在イイ感じの彼に「過去の恋愛」どこまで話す? 許容範囲はどこ
 男女が距離を縮めていく中で、話題になりやすい内容といえば“過去の恋愛”。ですが、「どこまで話していいのか……」と、迷っ...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
「一生独身でいいかも…」推し活で満足する40代独女の心理とよぎる心配
 好きなキャラクターやアイドルなどを追いかけて応援する「推し活」。40代独女の中には最近では「推し活」だけで満足してしま...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
スイカから保険金殺人に発展!? 夫が戦慄する妻の「ヒス構文」LINE3選
 皆さんは「ヒス構文」を知っていますか? 「ヒス構文」とは、お笑い芸人のラランドさんのネタから生まれた言葉で、ヒス...
彼の人間性を疑ったあり得えない4つの言動、不信感を抱いた感覚は大事に
 彼氏や夫の言動に「そんな人だったの?」と引いた経験はありませんか? 人間性を疑うほどの出来事があると、大好きだった彼へ...
恋バナ調査隊 2023-11-26 06:00 ラブ
「入籍は餞別みたいなもん」30男が非モテ系彼女とのケジメ婚に悩むウラ
「冷酷と激情のあいだvol.170〜女性編〜」では、交際2年目で同棲をしている恋人が、風俗通いや浮気をすることに悩む理奈...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
風俗に職場女性とねんごろ…それでも年下男と別れられない34歳女の悲哀
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
恋愛ライバルが少ない「出会いの穴場」は? おすすめの趣味&業界
 良い恋愛をするには、素敵な男性と出会う必要があります。でも、現実には素敵な男性は彼女がいたり、既婚者だったりとなかなか...
恋バナ調査隊 2023-11-24 06:00 ラブ
別居中の夫と復縁する方法…3カ月以内ならあり?チェック方法&きっかけ
 夫婦関係がうまくいかなくなった時、すぐに離婚するのではなく一旦別居する夫婦は多いですよね。でも、いざ別居すると相手の存...
恋バナ調査隊 2023-11-24 06:00 ラブ
マッチングアプリの既婚者男性、真の目的と女性が騙されない有効策を聞く
 恋活系マッチングアプリといえば、ほとんどの人は独身男女が恋人を見つけるために使うものだと考えるでしょう。けれど、その中...
内藤みか 2023-11-23 06:00 ラブ
適齢期ではあったけど…私が「元彼と結婚しなかった理由」
 アラサー・アラフォーになると、結婚を視野に入れた恋愛をする人がほとんど。そのときに交際している彼がいたら、彼との結婚も...
恋バナ調査隊 2023-11-23 06:00 ラブ
今どきは普通かも? 自分から彼にプロポーズする3つのメリット&注意点
 同棲中の彼がなかなかプロポーズしてくれないと悩んでいる人は多いですよね。女性は、妊娠出産などもあるので年齢は気になると...
恋バナ調査隊 2023-11-23 06:00 ラブ
知ってた?“オモシレ―女”が恋愛対象にならない理由と脱却法
「いつも友達以上にはなれない」 「なんで私は、いつも“いい人”で終わるの?」  彼氏が欲しいと思っていても、恋愛...
若林杏樹 2023-11-22 06:00 ラブ
私は“女優”さんか?「彼氏に嫌われたくない病」がもたらす3つの問題
 大好きな彼氏には「嫌われたくない」と思いますよね。でもその意識が強くなりすぎると、ある問題が生じます。  あなたは彼...
恋バナ調査隊 2023-11-22 06:00 ラブ
心の中で「ざまあ」と叫ばずにはいられない! 許してね、元夫のプチ災難
 離婚した元夫に対して、多少なりとも恨みが残っている女性は多いはず。離婚理由にもよりますが、元夫に「妻を泣かせた罰」が当...
恋バナ調査隊 2023-11-22 06:00 ラブ