いざ結婚もフタを開けたら…国際結婚は想像以上に大変だった

インリン タレント、表現者
更新日:2019-06-28 06:01
投稿日:2019-06-28 06:01
 私自身を含め、日本夫×台湾妻による夫婦間の文化のずれは、それぞれの家庭や性格によって様々なのですが、今回は私や友人ら約30人の経験からそのベスト3を紹介します。

第3位:日本家庭の整理整頓のレベルが高すぎて、日本夫にダメ出しされる台湾妻

日本人の収納術にびっくり(写真:iStock)
日本人の収納術にびっくり (写真:iStock)

 台湾人は片付けをする時、物を収納するのではなく、物を端に寄せて重ねることが多いです。幼少時から、親のこのような片付け方法を見てきた台湾妻ももちろん「散らかった物は寄せて重ねる=片付け」という概念だから、壁周りに物を沢山重ねています。

 そもそも台湾の家の作りは、日本より収納が少ないんです。現実問題、すでにその小さな収納は物でいっぱいなので、それ以上入れるスペースはありません。

 また、洗濯物をすぐにたたまず、とりあえずソファにしばらく置いておく台湾妻も多いです。子供がいるとバタバタするから、子供が寝てからたたもうという考えの台湾妻もいます。そして日本夫が帰宅すると、「今日忙しかったの? 家片付けたら?」「は? 片付けたんだけど」と、お互いカンカン!

 そういうわけで、日本人ママ友から収納術を学び、日々勉強に励む台湾妻は、私の周りに多いです。

第2位:日本夫の味覚レベルが高すぎて、料理にダメ出しをされる台湾妻

和食メニューを日々勉強(写真:iStock)
和食メニューを日々勉強 (写真:iStock)

 外食文化で育ち、ただでさえ料理を作る機会が少ない台湾妻に対して、幼少時から母の手料理を食べ慣れている日本夫の要求が高いです。

 そもそも台湾の部屋の間取りはキッチンスペースがかなり小さめ。そのくらい料理をしない台湾人が多いんです。さらにそのキッチンスペースも無駄にしたくないから、物置にして全くガスを使わないという人も結構います。

 日台の食文化はかなり違いますね。「夫の胃袋を掴め」なんていう言葉は、台湾には存在しません。だから女性が料理を頑張ろうという意欲がわかないのかもしれません。

 日本夫にダメ出しされ、ネットで和食レシピを見ながら、日々ご飯作りを頑張っている台湾妻は、私の周りにたくさんいます。

第1位:思ったことをストレートに言葉にする台湾妻に、日々モヤモヤしイライラする日本夫

二人で補い合うのが夫婦なのかな(写真:iStock)
二人で補い合うのが夫婦なのかな (写真:iStock)

 YesかNoかをはっきり相手に伝えるのが美徳の台湾文化に対し、謙虚で控えめな言い方で、相手を傷つけないよう配慮しながらYesかNoかを伝えるのが美徳の日本文化。

「夫をたてる」という概念もないため、言葉がストレートすぎる台湾妻に、日本夫は日々モヤモヤしイライラ。妻を冷たいと思う夫、夫の怒るツボが分からないと思う妻。客観的に見るとなかなかおかしいやり取りではありますが。

 試行錯誤しているうちに、日本夫が自分の服をたたみ、気になるスペースを常に整理整頓。土日は日本夫が料理を作る、あるいは日本料理屋さんで家族で外食……。

 または、日本人ママから教えてもらった、日本夫を上機嫌にさせるコツを台湾妻が学習し、結果、日本夫がだんだん上機嫌で優しくなった……という家庭がほとんど。今のところ皆平和に暮らしています。

 国際結婚だけでなく、同じ国同士の結婚生活でもパーフェクトにはいかない時は多々あります。どんな結婚生活も、お互いの凸凹した場所を補うことが大事なのかな? と思いました。

ラブ 新着一覧


「ひとりが楽」って本心?1mmでも結婚したいならすべきこと
 おひとり様生活が長いと、心地よいライフスタイルが確立しますよね。「やっぱりひとりが楽!」なんて思いながらも、心のどこか...
恋バナ調査隊 2022-12-06 06:00 ラブ
婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ