いざ結婚もフタを開けたら…国際結婚は想像以上に大変だった

インリン タレント、表現者
更新日:2019-06-28 06:01
投稿日:2019-06-28 06:01
 私自身を含め、日本夫×台湾妻による夫婦間の文化のずれは、それぞれの家庭や性格によって様々なのですが、今回は私や友人ら約30人の経験からそのベスト3を紹介します。

第3位:日本家庭の整理整頓のレベルが高すぎて、日本夫にダメ出しされる台湾妻

日本人の収納術にびっくり(写真:iStock)
日本人の収納術にびっくり (写真:iStock)

 台湾人は片付けをする時、物を収納するのではなく、物を端に寄せて重ねることが多いです。幼少時から、親のこのような片付け方法を見てきた台湾妻ももちろん「散らかった物は寄せて重ねる=片付け」という概念だから、壁周りに物を沢山重ねています。

 そもそも台湾の家の作りは、日本より収納が少ないんです。現実問題、すでにその小さな収納は物でいっぱいなので、それ以上入れるスペースはありません。

 また、洗濯物をすぐにたたまず、とりあえずソファにしばらく置いておく台湾妻も多いです。子供がいるとバタバタするから、子供が寝てからたたもうという考えの台湾妻もいます。そして日本夫が帰宅すると、「今日忙しかったの? 家片付けたら?」「は? 片付けたんだけど」と、お互いカンカン!

 そういうわけで、日本人ママ友から収納術を学び、日々勉強に励む台湾妻は、私の周りに多いです。

第2位:日本夫の味覚レベルが高すぎて、料理にダメ出しをされる台湾妻

和食メニューを日々勉強(写真:iStock)
和食メニューを日々勉強 (写真:iStock)

 外食文化で育ち、ただでさえ料理を作る機会が少ない台湾妻に対して、幼少時から母の手料理を食べ慣れている日本夫の要求が高いです。

 そもそも台湾の部屋の間取りはキッチンスペースがかなり小さめ。そのくらい料理をしない台湾人が多いんです。さらにそのキッチンスペースも無駄にしたくないから、物置にして全くガスを使わないという人も結構います。

 日台の食文化はかなり違いますね。「夫の胃袋を掴め」なんていう言葉は、台湾には存在しません。だから女性が料理を頑張ろうという意欲がわかないのかもしれません。

 日本夫にダメ出しされ、ネットで和食レシピを見ながら、日々ご飯作りを頑張っている台湾妻は、私の周りにたくさんいます。

第1位:思ったことをストレートに言葉にする台湾妻に、日々モヤモヤしイライラする日本夫

二人で補い合うのが夫婦なのかな(写真:iStock)
二人で補い合うのが夫婦なのかな (写真:iStock)

 YesかNoかをはっきり相手に伝えるのが美徳の台湾文化に対し、謙虚で控えめな言い方で、相手を傷つけないよう配慮しながらYesかNoかを伝えるのが美徳の日本文化。

「夫をたてる」という概念もないため、言葉がストレートすぎる台湾妻に、日本夫は日々モヤモヤしイライラ。妻を冷たいと思う夫、夫の怒るツボが分からないと思う妻。客観的に見るとなかなかおかしいやり取りではありますが。

 試行錯誤しているうちに、日本夫が自分の服をたたみ、気になるスペースを常に整理整頓。土日は日本夫が料理を作る、あるいは日本料理屋さんで家族で外食……。

 または、日本人ママから教えてもらった、日本夫を上機嫌にさせるコツを台湾妻が学習し、結果、日本夫がだんだん上機嫌で優しくなった……という家庭がほとんど。今のところ皆平和に暮らしています。

 国際結婚だけでなく、同じ国同士の結婚生活でもパーフェクトにはいかない時は多々あります。どんな結婚生活も、お互いの凸凹した場所を補うことが大事なのかな? と思いました。

ラブ 新着一覧


もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ