いざ結婚もフタを開けたら…国際結婚は想像以上に大変だった

インリン タレント、表現者
更新日:2019-06-28 06:01
投稿日:2019-06-28 06:01
 私自身を含め、日本夫×台湾妻による夫婦間の文化のずれは、それぞれの家庭や性格によって様々なのですが、今回は私や友人ら約30人の経験からそのベスト3を紹介します。

第3位:日本家庭の整理整頓のレベルが高すぎて、日本夫にダメ出しされる台湾妻

日本人の収納術にびっくり(写真:iStock)
日本人の収納術にびっくり (写真:iStock)

 台湾人は片付けをする時、物を収納するのではなく、物を端に寄せて重ねることが多いです。幼少時から、親のこのような片付け方法を見てきた台湾妻ももちろん「散らかった物は寄せて重ねる=片付け」という概念だから、壁周りに物を沢山重ねています。

 そもそも台湾の家の作りは、日本より収納が少ないんです。現実問題、すでにその小さな収納は物でいっぱいなので、それ以上入れるスペースはありません。

 また、洗濯物をすぐにたたまず、とりあえずソファにしばらく置いておく台湾妻も多いです。子供がいるとバタバタするから、子供が寝てからたたもうという考えの台湾妻もいます。そして日本夫が帰宅すると、「今日忙しかったの? 家片付けたら?」「は? 片付けたんだけど」と、お互いカンカン!

 そういうわけで、日本人ママ友から収納術を学び、日々勉強に励む台湾妻は、私の周りに多いです。

第2位:日本夫の味覚レベルが高すぎて、料理にダメ出しをされる台湾妻

和食メニューを日々勉強(写真:iStock)
和食メニューを日々勉強 (写真:iStock)

 外食文化で育ち、ただでさえ料理を作る機会が少ない台湾妻に対して、幼少時から母の手料理を食べ慣れている日本夫の要求が高いです。

 そもそも台湾の部屋の間取りはキッチンスペースがかなり小さめ。そのくらい料理をしない台湾人が多いんです。さらにそのキッチンスペースも無駄にしたくないから、物置にして全くガスを使わないという人も結構います。

 日台の食文化はかなり違いますね。「夫の胃袋を掴め」なんていう言葉は、台湾には存在しません。だから女性が料理を頑張ろうという意欲がわかないのかもしれません。

 日本夫にダメ出しされ、ネットで和食レシピを見ながら、日々ご飯作りを頑張っている台湾妻は、私の周りにたくさんいます。

第1位:思ったことをストレートに言葉にする台湾妻に、日々モヤモヤしイライラする日本夫

二人で補い合うのが夫婦なのかな(写真:iStock)
二人で補い合うのが夫婦なのかな (写真:iStock)

 YesかNoかをはっきり相手に伝えるのが美徳の台湾文化に対し、謙虚で控えめな言い方で、相手を傷つけないよう配慮しながらYesかNoかを伝えるのが美徳の日本文化。

「夫をたてる」という概念もないため、言葉がストレートすぎる台湾妻に、日本夫は日々モヤモヤしイライラ。妻を冷たいと思う夫、夫の怒るツボが分からないと思う妻。客観的に見るとなかなかおかしいやり取りではありますが。

 試行錯誤しているうちに、日本夫が自分の服をたたみ、気になるスペースを常に整理整頓。土日は日本夫が料理を作る、あるいは日本料理屋さんで家族で外食……。

 または、日本人ママから教えてもらった、日本夫を上機嫌にさせるコツを台湾妻が学習し、結果、日本夫がだんだん上機嫌で優しくなった……という家庭がほとんど。今のところ皆平和に暮らしています。

 国際結婚だけでなく、同じ国同士の結婚生活でもパーフェクトにはいかない時は多々あります。どんな結婚生活も、お互いの凸凹した場所を補うことが大事なのかな? と思いました。

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ