いざ結婚もフタを開けたら…国際結婚は想像以上に大変だった

インリン タレント、表現者
更新日:2019-06-28 06:01
投稿日:2019-06-28 06:01
 私自身を含め、日本夫×台湾妻による夫婦間の文化のずれは、それぞれの家庭や性格によって様々なのですが、今回は私や友人ら約30人の経験からそのベスト3を紹介します。

第3位:日本家庭の整理整頓のレベルが高すぎて、日本夫にダメ出しされる台湾妻

日本人の収納術にびっくり(写真:iStock)
日本人の収納術にびっくり (写真:iStock)

 台湾人は片付けをする時、物を収納するのではなく、物を端に寄せて重ねることが多いです。幼少時から、親のこのような片付け方法を見てきた台湾妻ももちろん「散らかった物は寄せて重ねる=片付け」という概念だから、壁周りに物を沢山重ねています。

 そもそも台湾の家の作りは、日本より収納が少ないんです。現実問題、すでにその小さな収納は物でいっぱいなので、それ以上入れるスペースはありません。

 また、洗濯物をすぐにたたまず、とりあえずソファにしばらく置いておく台湾妻も多いです。子供がいるとバタバタするから、子供が寝てからたたもうという考えの台湾妻もいます。そして日本夫が帰宅すると、「今日忙しかったの? 家片付けたら?」「は? 片付けたんだけど」と、お互いカンカン!

 そういうわけで、日本人ママ友から収納術を学び、日々勉強に励む台湾妻は、私の周りに多いです。

第2位:日本夫の味覚レベルが高すぎて、料理にダメ出しをされる台湾妻

和食メニューを日々勉強(写真:iStock)
和食メニューを日々勉強 (写真:iStock)

 外食文化で育ち、ただでさえ料理を作る機会が少ない台湾妻に対して、幼少時から母の手料理を食べ慣れている日本夫の要求が高いです。

 そもそも台湾の部屋の間取りはキッチンスペースがかなり小さめ。そのくらい料理をしない台湾人が多いんです。さらにそのキッチンスペースも無駄にしたくないから、物置にして全くガスを使わないという人も結構います。

 日台の食文化はかなり違いますね。「夫の胃袋を掴め」なんていう言葉は、台湾には存在しません。だから女性が料理を頑張ろうという意欲がわかないのかもしれません。

 日本夫にダメ出しされ、ネットで和食レシピを見ながら、日々ご飯作りを頑張っている台湾妻は、私の周りにたくさんいます。

第1位:思ったことをストレートに言葉にする台湾妻に、日々モヤモヤしイライラする日本夫

二人で補い合うのが夫婦なのかな(写真:iStock)
二人で補い合うのが夫婦なのかな (写真:iStock)

 YesかNoかをはっきり相手に伝えるのが美徳の台湾文化に対し、謙虚で控えめな言い方で、相手を傷つけないよう配慮しながらYesかNoかを伝えるのが美徳の日本文化。

「夫をたてる」という概念もないため、言葉がストレートすぎる台湾妻に、日本夫は日々モヤモヤしイライラ。妻を冷たいと思う夫、夫の怒るツボが分からないと思う妻。客観的に見るとなかなかおかしいやり取りではありますが。

 試行錯誤しているうちに、日本夫が自分の服をたたみ、気になるスペースを常に整理整頓。土日は日本夫が料理を作る、あるいは日本料理屋さんで家族で外食……。

 または、日本人ママから教えてもらった、日本夫を上機嫌にさせるコツを台湾妻が学習し、結果、日本夫がだんだん上機嫌で優しくなった……という家庭がほとんど。今のところ皆平和に暮らしています。

 国際結婚だけでなく、同じ国同士の結婚生活でもパーフェクトにはいかない時は多々あります。どんな結婚生活も、お互いの凸凹した場所を補うことが大事なのかな? と思いました。

インリン
記事一覧
タレント、表現者
日本育ちの台湾人。過去にエロテロリストとして日本社会を賑わせていた。その後日本人男性と国際結婚し、現在台湾在住。3児の母として奮闘する傍ら、台湾の中華料理資格、美容資格を取得。主にブログで台湾情報、美容情報を発信するほか、2019年よりフォトグラファーとしても表現の場を広げている。(撮影:Куратано)
Instagram

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ