電撃スピード婚がしたい!成功する女性の“5つの特徴”とは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-08 07:07
投稿日:2019-06-08 06:00
 山里亮太さんと蒼井優さんの電撃スピード婚ニュースに、世間が沸いていますね。付き合って2カ月でのゴールイン!「結婚できない」と悩む女性から見ると、「そんなに簡単に結婚できて羨ましい!」なんて思ってしまうのではないでしょうか。そんな今回は、スピード婚に成功する女性の特徴について考えてみました。

あなたはどう?電撃スピード婚で成功する女性の5つの特徴!

スピード結婚、あなたは向いてる?(写真:iStock)
スピード結婚、あなたは向いてる? (写真:iStock)

 どんなものにも向き不向きがありますが、実は、スピード婚が向いている女性、そうでない女性がいると思うのです。そこで、成功する女性の特徴を紹介します。

1. 深い恋愛をたくさんしてきた恋多き女性

 深い恋愛をたくさんしてきて、一生添い遂げたいと本気で思った相手がいる女性ほど、スピード婚の相手に出会った時、「この人だ!」と分かるのではないか、そう思います。

 これを人は「運命」と呼びますが、実は「経験ありき」の場合が多いのではないでしょうか。なぜなら「相性が良い」と感じるには、そう思えるだけの根拠、要は「比較対象」が必要だからです。

 たくさんの失敗や経験を積んできたからこそ、生涯を共にしたい相手を見つけられる、つまりは恋多き女性はスピード婚に向いている気がします。

2. とにかくポジティブな女性

 スピード婚をする女性は、とにかくポジティブ!周りの人の意見に左右されることなく、「大丈夫」「うまくいく」と、物事を楽観的に捉えて失敗を恐れません。

 スピード婚が破綻して「離婚」となってしまっても、彼女たちは人生の汚点として捉えるのではなく、「愛して結婚した衝動や期間は事実」として、次に向かうパワーを持っています。ネチネチとしていないのも、スピード婚をする女性の特徴である気がします。

3. 結婚相手に求める条件が少ない女性

 一概には言えませんが、世の中の多くの女性は男性の経済力やルックス、経歴などの「スペック」を見る傾向にあるでしょう。だから、出会う男性ごとに値踏みをして、「もっと良い人がいるかも?」と、出会いと別れを繰り返してしまうのです。

 しかし、電撃婚をする女性は、「結婚して一緒にいたい」という感情だけで動くことができます。つまり、「スペックと結婚しない」というわけです。裏を返せば、精神的にも経済的にも自立をしているからこそ、自分と相手の関係だけを信じて突き進むことができるのでしょう。

 話は飛びますが、美輪明宏さんの格言で、「財産、知性、知名度…不完全な女ほど男に対する要求が多い」というものがあります。まさにこれ。要求をする前に、自分がしっかり立っている。この精神は、スピード婚云々の前に女子力を上げるヒントになりますね。

4. 結婚の「形」に囚われない女性

「彼と◯年付き合って、◯歳になったら結婚する」と、プランを立てる女性は多いです。でも、結婚ばかりは相手ありきのことですので、なかなか思うようにいかないもの。

 でも、スピード婚をする女性は、世間でいう結婚の「形」に囚われません。デメリットなイメージがある「電撃スピード婚」も厭わない、もしもその後破局となって「バツ」がついても後悔しない。そう、世間のイメージよりも、今の自分の感情を重視します。

 一見、風来坊のようにも見えますが、そんな女性たちは勢いでスピード婚をするのではなく、選んでそうするのです。元からそんな考えであれば、そこに至るまでも結婚と離婚を繰り返しているでしょうから。(中には、そういった女性もいますが)

5. 周りの人を上手に巻き込める女性

 スピード婚となると、「もう少し落ち着いてからでも良いんじゃない?」と反対されるのが関の山。

 でも、「こんなに素晴らしい人だから結婚したい」「この人といたら幸せになる」と、親兄弟、友人など、周りの人を上手に巻き込み、「この2人だったらうまくいくかもしれない!」と、納得させる力を持っているのもスピード婚に向いている女性の特徴でしょう。

 また、きちんと周りにも認めてもらえるということは、普段の人間力も重要です。持ち前の明るさや行動力、人となりがあるからこそ、祝福をしてもらえるのですから。

2カ月後、もしものスピード婚に踏み出せますか?

二人のこれからを想像できればスピード結婚もあり(写真:iStock)
二人のこれからを想像できればスピード結婚もあり (写真:iStock)

 電撃スピード婚の離婚率は高いと言われていますが、でもそれはあくまで統計であって、あなたがそれに当てはまるかなんて分からないこと。

「スピード婚」は、結婚の1つの形です。2カ月という短い期間でお互いの白髪頭を想像できて結婚する、そんなカップルは確かに存在するのです。たとえその後、離婚することになっても、永遠を信じられた時点でそれは成功なのではないかと思います。

 この記事を読んでいるあなたも、もしかしたら2カ月後に電撃スピード婚をしている可能性があるのかも。そんなタイミングに、あなたは一歩踏み出せる女性ですか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ
はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
なぜか惹かれてしまう…性悪な男性の5つの特徴&モテる理由
 性悪な男性だとわかっているのに、なぜか惹かれてしまった……という経験がある女性も多いはずです。しかし、性悪な男性を好き...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
彼氏が欲しい人必見♡ 友達の紹介で恋人を作る方法&注意点
 恋人を作るためには、男性との出会いが必要不可欠。同じ会社や紹介、マッチングサイトなど、さまざまな出会いがある中で、もっ...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:04 ラブ
彼はどう?浮気男のLINEあるある5選!要注意な特徴&行動
 彼氏が浮気をしている時、女性は心の中で「なにかが引っかかる」んですよね。“女の勘”とも言われますが、直感力が優れている...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:00 ラブ
“授かり婚”からわずか2年…スピード離婚した30代女性の場合
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-20 06:01 ラブ
私のパートナーっていい人?誠実な人とお付き合いするために
 男は星の数ほどいれど、やっぱり誠実でいい人をパートナーにしたいですよね。不誠実な人をパートナーに選んでしまうと、恋愛も...
七味さや 2021-07-19 06:00 ラブ
“かわいい”と“美人”はどっちが得&モテる?男視点で検証
「かわいい女性」と「美人な女性」どっちがタイプなのかは、男性によって分かれますよね。でも実は、この「かわいい」と「美人」...
恋バナ調査隊 2021-07-19 06:00 ラブ