電撃スピード婚がしたい!成功する女性の“5つの特徴”とは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-08 07:07
投稿日:2019-06-08 06:00
 山里亮太さんと蒼井優さんの電撃スピード婚ニュースに、世間が沸いていますね。付き合って2カ月でのゴールイン!「結婚できない」と悩む女性から見ると、「そんなに簡単に結婚できて羨ましい!」なんて思ってしまうのではないでしょうか。そんな今回は、スピード婚に成功する女性の特徴について考えてみました。

あなたはどう?電撃スピード婚で成功する女性の5つの特徴!

スピード結婚、あなたは向いてる?(写真:iStock)
スピード結婚、あなたは向いてる? (写真:iStock)

 どんなものにも向き不向きがありますが、実は、スピード婚が向いている女性、そうでない女性がいると思うのです。そこで、成功する女性の特徴を紹介します。

1. 深い恋愛をたくさんしてきた恋多き女性

 深い恋愛をたくさんしてきて、一生添い遂げたいと本気で思った相手がいる女性ほど、スピード婚の相手に出会った時、「この人だ!」と分かるのではないか、そう思います。

 これを人は「運命」と呼びますが、実は「経験ありき」の場合が多いのではないでしょうか。なぜなら「相性が良い」と感じるには、そう思えるだけの根拠、要は「比較対象」が必要だからです。

 たくさんの失敗や経験を積んできたからこそ、生涯を共にしたい相手を見つけられる、つまりは恋多き女性はスピード婚に向いている気がします。

2. とにかくポジティブな女性

 スピード婚をする女性は、とにかくポジティブ!周りの人の意見に左右されることなく、「大丈夫」「うまくいく」と、物事を楽観的に捉えて失敗を恐れません。

 スピード婚が破綻して「離婚」となってしまっても、彼女たちは人生の汚点として捉えるのではなく、「愛して結婚した衝動や期間は事実」として、次に向かうパワーを持っています。ネチネチとしていないのも、スピード婚をする女性の特徴である気がします。

3. 結婚相手に求める条件が少ない女性

 一概には言えませんが、世の中の多くの女性は男性の経済力やルックス、経歴などの「スペック」を見る傾向にあるでしょう。だから、出会う男性ごとに値踏みをして、「もっと良い人がいるかも?」と、出会いと別れを繰り返してしまうのです。

 しかし、電撃婚をする女性は、「結婚して一緒にいたい」という感情だけで動くことができます。つまり、「スペックと結婚しない」というわけです。裏を返せば、精神的にも経済的にも自立をしているからこそ、自分と相手の関係だけを信じて突き進むことができるのでしょう。

 話は飛びますが、美輪明宏さんの格言で、「財産、知性、知名度…不完全な女ほど男に対する要求が多い」というものがあります。まさにこれ。要求をする前に、自分がしっかり立っている。この精神は、スピード婚云々の前に女子力を上げるヒントになりますね。

4. 結婚の「形」に囚われない女性

「彼と◯年付き合って、◯歳になったら結婚する」と、プランを立てる女性は多いです。でも、結婚ばかりは相手ありきのことですので、なかなか思うようにいかないもの。

 でも、スピード婚をする女性は、世間でいう結婚の「形」に囚われません。デメリットなイメージがある「電撃スピード婚」も厭わない、もしもその後破局となって「バツ」がついても後悔しない。そう、世間のイメージよりも、今の自分の感情を重視します。

 一見、風来坊のようにも見えますが、そんな女性たちは勢いでスピード婚をするのではなく、選んでそうするのです。元からそんな考えであれば、そこに至るまでも結婚と離婚を繰り返しているでしょうから。(中には、そういった女性もいますが)

5. 周りの人を上手に巻き込める女性

 スピード婚となると、「もう少し落ち着いてからでも良いんじゃない?」と反対されるのが関の山。

 でも、「こんなに素晴らしい人だから結婚したい」「この人といたら幸せになる」と、親兄弟、友人など、周りの人を上手に巻き込み、「この2人だったらうまくいくかもしれない!」と、納得させる力を持っているのもスピード婚に向いている女性の特徴でしょう。

 また、きちんと周りにも認めてもらえるということは、普段の人間力も重要です。持ち前の明るさや行動力、人となりがあるからこそ、祝福をしてもらえるのですから。

2カ月後、もしものスピード婚に踏み出せますか?

二人のこれからを想像できればスピード結婚もあり(写真:iStock)
二人のこれからを想像できればスピード結婚もあり (写真:iStock)

 電撃スピード婚の離婚率は高いと言われていますが、でもそれはあくまで統計であって、あなたがそれに当てはまるかなんて分からないこと。

「スピード婚」は、結婚の1つの形です。2カ月という短い期間でお互いの白髪頭を想像できて結婚する、そんなカップルは確かに存在するのです。たとえその後、離婚することになっても、永遠を信じられた時点でそれは成功なのではないかと思います。

 この記事を読んでいるあなたも、もしかしたら2カ月後に電撃スピード婚をしている可能性があるのかも。そんなタイミングに、あなたは一歩踏み出せる女性ですか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ