電撃スピード婚がしたい!成功する女性の“5つの特徴”とは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-08 07:07
投稿日:2019-06-08 06:00
 山里亮太さんと蒼井優さんの電撃スピード婚ニュースに、世間が沸いていますね。付き合って2カ月でのゴールイン!「結婚できない」と悩む女性から見ると、「そんなに簡単に結婚できて羨ましい!」なんて思ってしまうのではないでしょうか。そんな今回は、スピード婚に成功する女性の特徴について考えてみました。

あなたはどう?電撃スピード婚で成功する女性の5つの特徴!

スピード結婚、あなたは向いてる?(写真:iStock)
スピード結婚、あなたは向いてる? (写真:iStock)

 どんなものにも向き不向きがありますが、実は、スピード婚が向いている女性、そうでない女性がいると思うのです。そこで、成功する女性の特徴を紹介します。

1. 深い恋愛をたくさんしてきた恋多き女性

 深い恋愛をたくさんしてきて、一生添い遂げたいと本気で思った相手がいる女性ほど、スピード婚の相手に出会った時、「この人だ!」と分かるのではないか、そう思います。

 これを人は「運命」と呼びますが、実は「経験ありき」の場合が多いのではないでしょうか。なぜなら「相性が良い」と感じるには、そう思えるだけの根拠、要は「比較対象」が必要だからです。

 たくさんの失敗や経験を積んできたからこそ、生涯を共にしたい相手を見つけられる、つまりは恋多き女性はスピード婚に向いている気がします。

2. とにかくポジティブな女性

 スピード婚をする女性は、とにかくポジティブ!周りの人の意見に左右されることなく、「大丈夫」「うまくいく」と、物事を楽観的に捉えて失敗を恐れません。

 スピード婚が破綻して「離婚」となってしまっても、彼女たちは人生の汚点として捉えるのではなく、「愛して結婚した衝動や期間は事実」として、次に向かうパワーを持っています。ネチネチとしていないのも、スピード婚をする女性の特徴である気がします。

3. 結婚相手に求める条件が少ない女性

 一概には言えませんが、世の中の多くの女性は男性の経済力やルックス、経歴などの「スペック」を見る傾向にあるでしょう。だから、出会う男性ごとに値踏みをして、「もっと良い人がいるかも?」と、出会いと別れを繰り返してしまうのです。

 しかし、電撃婚をする女性は、「結婚して一緒にいたい」という感情だけで動くことができます。つまり、「スペックと結婚しない」というわけです。裏を返せば、精神的にも経済的にも自立をしているからこそ、自分と相手の関係だけを信じて突き進むことができるのでしょう。

 話は飛びますが、美輪明宏さんの格言で、「財産、知性、知名度…不完全な女ほど男に対する要求が多い」というものがあります。まさにこれ。要求をする前に、自分がしっかり立っている。この精神は、スピード婚云々の前に女子力を上げるヒントになりますね。

4. 結婚の「形」に囚われない女性

「彼と◯年付き合って、◯歳になったら結婚する」と、プランを立てる女性は多いです。でも、結婚ばかりは相手ありきのことですので、なかなか思うようにいかないもの。

 でも、スピード婚をする女性は、世間でいう結婚の「形」に囚われません。デメリットなイメージがある「電撃スピード婚」も厭わない、もしもその後破局となって「バツ」がついても後悔しない。そう、世間のイメージよりも、今の自分の感情を重視します。

 一見、風来坊のようにも見えますが、そんな女性たちは勢いでスピード婚をするのではなく、選んでそうするのです。元からそんな考えであれば、そこに至るまでも結婚と離婚を繰り返しているでしょうから。(中には、そういった女性もいますが)

5. 周りの人を上手に巻き込める女性

 スピード婚となると、「もう少し落ち着いてからでも良いんじゃない?」と反対されるのが関の山。

 でも、「こんなに素晴らしい人だから結婚したい」「この人といたら幸せになる」と、親兄弟、友人など、周りの人を上手に巻き込み、「この2人だったらうまくいくかもしれない!」と、納得させる力を持っているのもスピード婚に向いている女性の特徴でしょう。

 また、きちんと周りにも認めてもらえるということは、普段の人間力も重要です。持ち前の明るさや行動力、人となりがあるからこそ、祝福をしてもらえるのですから。

2カ月後、もしものスピード婚に踏み出せますか?

二人のこれからを想像できればスピード結婚もあり(写真:iStock)
二人のこれからを想像できればスピード結婚もあり (写真:iStock)

 電撃スピード婚の離婚率は高いと言われていますが、でもそれはあくまで統計であって、あなたがそれに当てはまるかなんて分からないこと。

「スピード婚」は、結婚の1つの形です。2カ月という短い期間でお互いの白髪頭を想像できて結婚する、そんなカップルは確かに存在するのです。たとえその後、離婚することになっても、永遠を信じられた時点でそれは成功なのではないかと思います。

 この記事を読んでいるあなたも、もしかしたら2カ月後に電撃スピード婚をしている可能性があるのかも。そんなタイミングに、あなたは一歩踏み出せる女性ですか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ