疲れたから寝るLINEを送ってきた彼と道ですれ違う?最悪な恋愛の思い出

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2023-10-22 06:00
投稿日:2023-10-22 06:00
 恋愛で得られるのは幸せだけではありませんよね。好きな人と付き合えたとしても、最悪な出来事に見舞われるケースもあるはずです。今回はそんな「最悪な思い出」のエピソードを集めてみました。

ある意味忘れられない恋愛! 最悪の思い出エピ5選

若すぎて見抜けなかった(写真:iStock)
若すぎて見抜けなかった (写真:iStock)

 最悪の思い出こそ、いつまでも記憶に残るものですよね。あなたも「時間を返して!」「なんで好きになったんだ……」と後悔した経験があるのではないでしょうか?

1. 長年付き合ったのに相手は既婚者だった

「20代のときにひと回り年上の男性と付き合ってたんですが、4年経った頃に彼が既婚者だと知りました。しかも子どももいたんですよね。気づかなかった私もバカだけど、4年もの間、私を騙し続けてた彼には恨みしかないです」(33歳・アパレル)

 かなり器用で嘘をつくのが上手な彼だったのでしょう。それにしても4年……時間を無駄にした感は否めないですよね。

2. 友達と浮気された

友達と彼氏を失った(写真:iStock)
友達と彼氏を失った (写真:iStock)

「彼氏と私の友達が浮気してたっていうのが今までで1番の最悪な思い出ですね〜。すごく好きで好きでようやく付き合えた彼だったし、私の相談に乗ってくれてた友達だったので、知ったときはショックが半端なくて。今も人間不信です」(29歳・看護師)

 信頼していた2人に裏切られて以降、恋愛できていないのだとか。最悪な思い出がトラウマになり、ずっと引きずっているそうようです。

3. 寝てるはずの彼とすれ違った

相手も気づいたみたい(写真:iStock)
相手も気づいたみたい (写真:iStock)

「すごく忙しく働いている彼と付き合ってたとき、『仕事で疲れたから寝るね』とLINEがきたあとに、彼の車とすれ違ったんですよね。しかも助手席には知らない女。彼も私に気づいたっぽくて、それから音信不通になりました」(30歳・パティシエ)

 浮気している男性の言い訳は「仕事」「寝てた」がほとんど。この彼も浮気相手と会うために、彼女に「寝る」と言ったのでしょう。しかもバレて逃げたというから最悪ですよね。

4. 全額請求された

必死に計算したのかと思ったら…(写真:iStock)
必死に計算したのかと思ったら… (写真:iStock)

「付き合っているときから『ちょっとケチだな』とは思ってたんですが、別れるときにプレゼント代やデート代、食事代をすべて返してと言われたのはドン引きでした。イライラして言っただけかな? と気にしてなかったんですけど、その後トータル29万円の請求書(しかも彼の自作)が自宅に届きました」(41歳・会社員)

 これまでの思い出が台無しになるような行為をなぜするのか不思議ですね。別れるとなったら「使ったお金がもったいない」と感じたり、プライドがなくなったりするのでしょう。

5. 相性チェックされた

絶対なしでしょ!(写真:iStock)
絶対なしでしょ! (写真:iStock)

「片思いの彼に告白したら『体の相性をチェックしないと無理なんだよね』と言われたんです。なので、付き合う前に体の関係を持ったんですが『ちょっと違うかも?』と言われてフラれました」(33歳・広告業)

 女性の好意を利用してセックスを求める男性は少なくありません。そうした男性にろくな人はいないはず。いくら好きだとしても受け入れるべきではないでしょう。

最悪な彼と今向き合っている彼を重ねないよう注意!

 トラウマになるほどの最悪な思い出があると、新たに出会った男性もなかなか信用できませんよね。

 ただ、最悪だった当時の彼と今あなたが向き合っている男性はまったくの別人です。疑ったり警戒したりしすぎるとせっかくの幸せを逃すかもしれません。

 最悪な思い出のせいで男性全員に偏見を持たないように、くれぐれも注意してくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-25 17:28 ラブ