ヘアマスク現品付き!美STの“太っ腹”付録で美容バスグッズ3品を体験

canちゃん ライター・デザイナー
更新日:2023-12-01 06:00
投稿日:2023-12-01 06:00

雑誌の付録に癒された!

「美ST 本誌特別版」2024年1月号 ¥1,100(税込=以下同 編集部調べ)/(写真:canちゃん)
「美ST 本誌特別版」2024年1月号 ¥1,100(税込=以下同 編集部調べ) /(写真:canちゃん)

 今回ご紹介する雑誌付録は、アラフォーの知りたい最新美容事情がマルっと網羅されている「美ST」特別版2024年1月号(内田有紀さん表紙ver.)のバスタイムが楽しくなる「ヘアマスク」「炭酸ガス入浴剤」「シャンプー&トリートメント」です。

 寒くなり体が縮こまりがちなこの季節。肩こり、腰痛で体がダル重い日々が続いていますが、一気にテンションの上がる驚きの「現品」付録が入っていました!

付録1:「BOTANIST」のヘアマスク 1本

BOTANISTのヘアマスク/(写真:canちゃん)
BOTANISTのヘアマスク /(写真:canちゃん)

「美ST」1月号は、表紙や付録の内容が異なる3つのバージョンで発売されていますが、付録重視でいくなら、断然お得なのは、特別版!

 なんと、BOTANIST「ボタニカル ヘアマスクスムース」145g(ヘアトリートメント)の現品がついてくるんです。

 ヘアマスクスムース現品の通常価格は1,870円。美STは1,100円。え、どういうこと!? ちょっとよく分からないー! でも、おトク感がハンパない太っ腹な付録なのはたしかです!

「BOTANIST」は2015年にネット販売が開始され数年で話題となり、今ではドラッグストア、スーパーなどでもよく見かける人気商品です。

 空気の乾燥で、髪が絡まりやすくなる季節にピッタリのスムースタイプのヘアマスクは、サラサラとした軽やかな髪を保ちます。

 乾燥ダメージによって指通りが悪くなったり、絡まりやすくなってしまう髪を、指通りの良い髪へ導いてくれます。週1〜2回は、トリートメントをヘアマスクに置き換えて、髪に潤いを与えてケアするとツヤのある髪に蘇ります。

 シャンプーの後、水けを切った髪の中間から毛先を中心になじませ、約5分ほど置いてから洗い流しているのですが、グレープフルーツ&ローズの香りにも癒されます。

 髪を乾かした後もサラサラ&ふんわりする仕上がり!

 雑誌の現品付録はメイクアイテムでは時々見かけますが、ヘアマスクの現品付録は珍しいと思うので、ぜひこの機会に付録でゲットしてみてください。

 寒くなる時期のバスタイム、しっかり体を温めながらヘアケアして自分をいたわりましょう♪

canちゃん
記事一覧
ライター・デザイナー
ライターは主に美容、音楽メディアで執筆中。デザイナーはグラフィック、立体、webなど幅広く対応。美容、音楽、ファッション、旅、映画など、人生を楽しむ「何か」を経験したい&伝えたいとアレコレTRY!趣味はキックボクシングとカラオケ。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...