ワイン居酒屋新幹線、開店!駅構内のコンビニで調達OKなお値打ちの1本

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2024-01-31 06:00
投稿日:2024-01-31 06:00
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「WSET(level3)」を取得。皆さんにもっと手軽にワインを飲んでいただきたい、ただただその一心で、1000円台で買える“神旨”ワインをガチでご紹介します!

「ワイン居酒屋新幹線」はいかがですか?

#ワイン居酒屋新幹線、流行らせたい…(写真:iStock)
#ワイン居酒屋新幹線、流行らせたい… (写真:iStock)

 私のような“飲兵衛さん”の間で話題になっているテレビドラマ「#居酒屋新幹線2」(TBS系)の放送が始まり、新幹線内での至福の一杯に共感している方々もいらっしゃることでしょう♪

 同番組では眞島秀和さん演じる主人公のサラリーマンが、日帰り出張の帰りに自分へのご褒美として自ら厳選した地酒とおつまみに舌鼓。新幹線で自分だけの最高の“居酒屋タイム”を過ごすわけですが、ワインラバーとしては、ぜひ「新幹線でワイン♪」の扉も開いていただきたい!!

エキチカ・エキナカコンビニを侮るなかれ

「でも新幹線じゃグラスがないから、おいしくワイン飲めないでしょ! そもそもビールや酎ハイみたく缶で売ってないでしょ?」との皆様からのお声がすぐ届きそうですが…そんなことはございません!

 駅ビル・駅構内のコンビニを侮るなかれ!! お仕事帰りや旅の移動中を、これまでとは一味も二味も違う気分にさせてくれる至福の「一缶」をご紹介します♪

赤、白、泡…どれがベストか問題

エキナカコンビニでおなじみのNewDays。グランスタ東京内の店舗で購入しました!(写真:市野瀬瞳)
エキナカコンビニでおなじみのNewDays。グランスタ東京内の店舗で購入しました! (写真:市野瀬瞳)

 駅構内のコンビニには、プラスチック製の小さなカップ付きの赤ワインや白ワインが売られているところもあります。

 うーん…確かにこのカップがあれば新幹線内でも飲めるは飲める…。

 でもやっぱり、泡のないスティルワインは、ワイングラスに入れてスワリング(グラスをくるくると回し、香りや味わいの変化を楽しむこと)しながら飲まないと、おいしさも半減しちゃう!

 どうせなら新幹線内でも妥協することなく、ワインを味わいたーーーい!!!

 と、常日頃から思う私は、スワリングする必要のない“泡もの”を探します。スパークリングワインの場合、スワリングしちゃうと“命”でもある気泡がすぐ抜けちゃいますからね!

チリ産のスパークリング!

 で、今回のお供は、東京駅構内に点在するコンビニエンスストア「NewDays」で販売されている、ボトル缶に入ったチリ産の泡。『プティモンテリア スパークリング』(税込378円)に決定~!

 ひとりで飲み切るにはちょうどいい290mlで、ガラス瓶ほど重たくないので持ち運びにも便利です。

 もちろんおつまみも一緒に購入して、いざ自分だけの空間、“ワイン居酒屋新幹線”のスタ~ト!(笑)

気になるお味は…

飲む前に撮影、忘れずに撮影!/(写真:市野瀬瞳)
飲む前に撮影、忘れずに撮影! /(写真:市野瀬瞳)

 スクリューキャップを開けると、プシュッとやさしい音を発しながらライムやグレープフルーツなどのフレッシュな香りがボトル缶から出てきました♪

 樽香も入っていて、わざわざワイングラスに入れずとも鼻を近づければ本来の香りを楽しめます。コーヒーのボトル缶のように飲み口部分が大きめ(広め)につくられていないので、気泡や香りが抜けにくいのもうれしいポイント。

 さてお味はいかほどか…。

 まさに贅沢極まりなし。やわらかい気泡が口中で弾けて、爽やかな果実味のフレイバーがスッと鼻を抜けていく…。

 柑橘系フルーツの酸味と甘味が見事に調和しバランスも素晴らしい、やや辛口のスパークリングワインです。

 このおいしさが新幹線で味わえるとは…期待以上の満足感!!

何でもござれ、おつまみ選びに困らない

チーかま、気になりますか?(笑)/(写真:市野瀬瞳)
チーかま、気になりますか?(笑) /(写真:市野瀬瞳)

 それも納得。調べてみると、国際的にも非常に信憑性が高く世界で最も名誉あるワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」で昨年、奨励賞を受賞していました!!(驚)

 こんな本格的なスパークリングワインが新幹線で楽しめるなんて…。ワインラバーとして歓喜の1本です♡

 ちなみに、これまでもこのコラムでお伝えしてきたように、甘口以外のスパークリングワインのおとも(ペアリング)は、何でもござれ。

 同じコンビニで手に入るチーズやナッツ、ビーフジャーキーやスナック菓子はもちろん、さまざまな味付けの駅弁やサンドイッチにもよく合うので、おつまみ選びに困らないスグレモノです!

ちなみに中身はこんな感じ! 綺麗なレモンイエロー。約2杯弱分、楽しめました。(写真:市野瀬瞳)
ちなみに中身はこんな感じ! 綺麗なレモンイエロー。約2杯弱分、楽しめました。 (写真:市野瀬瞳)

 お仕事帰りの疲れた身体に、素敵な旅のおともに。スパークリングワインで、今まで感じたことのない優雅な移動タイムはいかがですか♪

市野瀬瞳
記事一覧
フリーアナウンサー
1984年12月25日新潟県生まれ。横浜国立大学在学中、女子大生リポーターとしてテレビデビュー。大学卒業後、NST新潟総合テレビの局アナになり、2012年に中京テレビに移籍。2020年にフリーアナウンサーになる。ラジオのレギュラー出演をはじめ、2021年には日本テレビ「踊る!さんま御殿!」に出演し話題となった。

2021年10月にJ.S.A.認定ワインエキスパートの資格を取得。2022年7月にはワイン国際資格であるWSET(Wine & Spirit Education Trust)Level 3に合格。2021年11月、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の「唎酒師」、2022年10月、ドイツワインケナー、日本酒と焼酎の知識に特化した「J.S.A.認定SAKE DIPLOMA」、2023年1月に「NAPA VALLEY WINE EXPERT」、2023年2月「J.S.A.ワイン検定認定講師」、2023年4月「日本ワインアドバイザー」を取得。

現在、東海ラジオ「Saturday Flavor」、MBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」のレギュラー、テレビCM「みどり法務事務所」に出演中。

XInstagramYouTubeオフィシャルブログ事務所HP

関連キーワード

フード 新着一覧


時短&コク増し♡「手羽先のコーラ煮」は忙しい日の救世主
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
「餃子の王将」LOVE♡ 40女の1人飲みはチェーン店が最適解かも
 自他ともに認める酒好きです。1人でも飲みに出かけます。中でもせんべろ系の安い大衆酒場がお気に入り。  いろんな人...
納豆好きが考案した「納豆餃子」隠れ消費大国・山形のDNA、冷凍保存◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
超人気生ドーナツ同様、そば粉クレープ店「ソバープ」も行列必至なのかっ
 食べる前からおいしいに決まってる――。そう思わせる食べ物はこの世の中にごまんとあって、その食べ物は人それぞれです。 ...
めちゃ合う!【ミスド×ゴディバ】ドーナツに“レンジで1分”ホットワイン
 街中の至るところからチョコレートの甘~い香りがただよってくるような2月♪  ドーナツの人気チェーン店ではバレンタ...
市野瀬瞳 2024-02-14 06:00 フード
バレンタイン 薬剤師が開発したチョコレートなら罪悪感ナシ
 明日は待ちに待ったバレンタインですね!  普段はダイエットに勤しむ方や、健康のために糖質制限をしている方も罪悪感なく...
話題の韓国フードをうどんで。「チュモッパ風うどん」がアタリすぎたー!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-02-12 06:00 フード
タイに行った気分でラープヘッ! 酸っぱからいトムヤムクンに似た炒め物
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
隠し味は味噌!旬の牡蠣入りグラタンでハフハフしませんか♪
 大寒を迎え、寒い日が続いていますが、旬真っ盛りの“海の宝”といえば、牡蠣! ふっくら濃厚でミルキーな味わいは、牡蠣好き...
笹山真琴 2024-02-02 06:00 フード
太らない濃厚みそ春雨ラーメン。丼どんどんIN、ずぼらダイエッターに◎
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-01-29 06:00 フード
全国4店舗のみ! はま寿司の激レア朝食、夢の1皿2種盛りにソーセージも
 一日の計は朝ごはんにあり。  今日は、「はま寿司」にお邪魔しましたよ。
生臭さゼロ!今が旬の「ぶりの竜田揚げ」は柚子胡椒が決め手
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
そばをしゃぶしゃぶする?郷土料理「とうじそば」を初体験!
 みなさんは「とうじそば」って聞いたことがありますか?  筆者は恥ずかしながら30年間も生きてきて、初めて知りました...
中華の定番!「トマトの卵炒め」はケチャップと火加減でプロ級の一皿に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
生○○の罪よ…もうウブな舌には戻れない!美味すぎる「生胡椒」の塩漬け
 終わりが見えない物価高と値上げラッシュの一方で、上がる見込みがとんとないマイ給料。  家計のスリム化のため、泣く泣く...
KALDI不動の人気NO.1白ワインの実力を調査! あっ失敗しちゃった…?
 年越しそばにおせち料理、お雑煮など、年末年始の「和」の味わいを満喫して、そろそろザ・洋食的なクリーム系のものを欲してい...
市野瀬瞳 2024-01-17 06:00 フード