1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り

太田奈月 調香師・IFA国際アロマセラピスト
更新日:2024-02-20 06:00
投稿日:2024-02-20 06:00

フェロモン減の早春、イエローフラワーの香りで元気をチャージ!

ポジティブをチャージ♡(写真:iStock)
ポジティブをチャージ♡ (写真:iStock)

 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすくなります。

 その原因は寒暖差などからくる自律神経の乱れで、交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)のバランスが崩れやすくなること。

 生殖器を正常に働かせるためには、副交感神経を優位にしてリラックスし、朝・昼・晩の生活リズムを整えることが大切です。

 そこで今回は、冬から春にかけて咲く黄色い花&果実の香りを使った【フェロモン復活の香り術】を紹介します。

 この時期に咲く黄色い花は、冬枯れの山に明るい陽光を与えてくれるような、変化を乗り越えるポジティブなエネルギーを持っています。

 シトラスの香りで自律神経を整え、ストレスを上手にコントロールしていきましょう。

 まずは、現在の貴女のフェロモン度を知るための「フェロモンジャッジ」からスタート!

そもそも「フェロモンジャッジ」ってなに?

 素敵な女性はいい香りがする――。

 そう感じるのは、肌から放たれるフェロモンの効果。フェロモンが高まると色気だけでなく、心身ともに活力がみなぎってオスたちを引き寄せる魅力がアップします。

「フェロモンジャッジ」では、調香師・太田奈月が貴女のフェロモン度数を診断! おすすめの香りとともに日々の癒しと元気のヒントをお届けします。


【2月後半】貴女のフェロモン度を判定!

     ↓   ↓   ↓   ↓

フェロモン度90%の貴女は…

官能と純粋さを合わせ持つ最強モテ「処女」

 フェロモン度数90%の貴女は意識のあるなしに関わらず、オスが思わずムラムラしてしまう、桃のような甘い匂いを全身から発しています。

 フェロモンの源である女性ホルモンは「安定」の感情と結びついていると言われ、一人でゆっくりする時間がないとホルモンバランスが崩れ、心身ともに疲れやすくなります。

 フェロモン度No.1の処女は、特に一人で過ごす“ほら穴タイム”を充実させましょう。原始時代のほら穴のように、現代の女性にも一人で静かに過ごす時と場所が必要です。

 今だとバスタイムが最適で、電気をうす暗くしてアロマキャンドルを灯せば、完璧!

 バスタイム以外にも、一人の時間であれば朝のコーヒータイムでも、日中のメイク直しタイムでもOK。隙間時間を見つけて自分をいたわってあげてくださいね。

【フェロモンを復活させる早春の香り術】
 ミモザ

ミモザのお花自体も繊細ですよね(写真:iStock)
ミモザのお花自体も繊細ですよね (写真:iStock)

 イタリアでは女性のために贈られる花、オーストラリアではゴールデンワトルと呼ばれ、生命力溢れる大木のミモザ。女性の繊細さと強さをあらわすようなミモザの香水を処女の肌にのせると、ハチミツのように甘く香るはずです。

 爽やかで華やかな色気を感じるSHIROの「ミモザ オールドパルファン」を、花柄ワンピースのすそやフリルシャツの袖にひと吹きしてみて。

 貴女が動くたびにほのかな香りが広がって、デートにつけていけば相手もドキドキ、付き合いが長いカップルは愛が再燃しそう!

フェロモン度80%の貴女は…

大人の色気を持つ妖艶な「熟女」

 処女に次いでフェロモン度数の高い貴女は処女よりも大人の色香、ミステリアスな一面を持っています。

 好きな人との性生活の充実や女性らしいボディラインの維持によって色気をキープしている熟女は、性欲が落ちやすいこの時期は大ピンチ!

 大人の色気を育てるには、カレと一緒にいない日でも準備を怠らないことが大切です。

 一人の夜こそ、おしゃれなバスローブで身をつつみ、お気に入りのグラスでお酒を飲みながら、ロマンティックな香りとともにラグジュアリーなひと時を演出してみて。

 貴女の色気に磨きがかかり、カレと過ごす夜がさらに熱く盛り上がります!

【フェロモンを復活させる早春の香り術】
 マンダリンレッド

夜は大事(写真:iStock)
夜は大事 (写真:iStock)

 マンダリンの果実の中でも熟したレッドは、熟女の色気のように甘くてジューシーな香りで人々を魅了します。「もう待ちきれない」と衝動が抑えきれない気持ちになるでしょう。

 数ある香水の中でもベルサーチの「エロス フェム」は、愛の神・エロスがマーメイドに出会ったときの衝撃をあらわした香水。マンダリンの甘い香りが熟女の肌に溶け込みます。

 バスローブや“色っぽ”ナイトウェアにひと吹きし、セクシーな気分に浸りながら夜を楽しんでくださいね。

フェロモン度50%の貴女は…

同性が惚れるかっこいい「イケメン女子」

 周囲から「かっこいい」といわれることが多く、ずばり「できる女」。ストレスがたまり、お疲れモードになると、カッコよさが薄れ、「疲れている」感が外見にも出てしまうので要注意!

 どんなに夜遅くまで飲んでいても朝に強いのがイケメン女子の特徴。多少の不調は精神力でカバーし、精力的に仕事をします。

 朝の過ごし方次第でその日の仕事の成果も、さらには夜、一人の女性に戻る時間へのバトンタッチがうまくいくかも決まるのです!

 ですから、朝は朝日を浴びて“幸せホルモン”のセロトニンを、おいしいコーヒーと朝食で“やる気ホルモン”のドーパミンを出しましょう。

 夜に仕事の鎧を脱いでフェロモンを出すためにも、朝日でエネルギーチャージすることが大切です。

【フェロモンを復活させる早春の香り術】
 レモンマートル

レモンマートルの花は薄いレモン色でとってもキュート(写真:iStock)
レモンマートルの花は薄いレモン色でとってもキュート (写真:iStock)

 朝に二度寝したり、すっきり起きれなかったときには「朝日を浴びたのと同じ」と言われるほど明るい光を感じるレモンマートルがおすすめ。

 レモンよりもレモンらしい、パワフルなシトラスの香りが特徴です。

 スプレー容器に精製水と無水エタノール、レモンマートルの精油、ライム、スペアミントを入れてかき混ぜ、ルームスプレーを作ってみましょう。

 朝日の代わりに部屋に2~3プッシュ、またはティッシュに1滴たらして空中でひらひらさせるだけでもOK。頭に心地よい香りと刺激が届き、何かいいことが起こる予感に胸がふくらみそう!

フェロモン度30%の貴女は…

独自の世界観を放つ個性的な「無臭の女神」

 確固たる信念を持ち、我が道をいく貴女。周囲からは「変わっているね」と言われることが多いのでは?

 個性的で好きなオスにも染まらず、自分の都合を優先する生き方を好むようです。

 自分のペースを乱されるのが嫌いな無臭の女神は、春はちょっとしたことでもイライラしがち。イライラすると眉間にしわが寄って全身の血流も悪くなり、ますますフェロモン度数が下がってしまいますよ。

 特にストレスを感じやすい昼間は、一人になれる場所(化粧室でもOK)に行って眉間にしわが寄ってないかをチェックし、天井を向いて深呼吸しましょう。

 お気に入りの手鏡と香りもあるとベストですね。わくわくする気持ちを取り戻し、フェロモンを充電させて!

【フェロモンを復活させる早春の香り術】
 リトセア(アオモジ)

イライラ、バイバイ(写真:iStock)
イライラ、バイバイ (写真:iStock)

 早春に黄色い花を咲かせるリトセアは、暗いトンネルを抜けた後の日光のように明るい気持ちにしてくれます。

 爽やかな香りが心を癒すので、日中のストレスケアにもおすすめ。

 ガラスの耐熱容器に湯をはり、リトセアの精油1~2滴をたらしてデスクまわりに置きましょう。呼吸が整って空気がきれいになり、イライラした気持ちが溶けて前向きになるはず!

  ◇  ◇  ◇

※精油の成分中には、皮膚刺激の強いものや光毒性をもつものもあります。敏感肌の方、妊娠中の方、基礎疾患・アレルギーのある方などは事前に安全性を確認し、使用するときは十分ご注意ください。

 貴女が放つフェロモンは日々、変化します。おすすめの香りを上手に取り入れ、良縁を手繰り寄せていきましょう!


 

太田奈月
記事一覧
調香師・IFA国際アロマセラピスト
 静岡県生まれ、茶農家の父、美容家の母を持ち、幼少期から香りと美に関する知見を深める。英国ケンブリッジにてホリスティックアロマテラピーを学び、アロマセラピストとして活動、様々な人種・国籍のクライアントのトリートメントを体験する。

2011年、「Natsuki Ohta JAPAN」香水ブランドを設立。「肌は嘘つかない」がコンセプトのフェロモンジャッジ🄬、天然アロマ香水 アロマパルファン🄬の創設者で、2000年開校の「アクトインターナショナルスクール」校長を務めるかたわら、調香師として企業とのコラボ企画やメディアに出演。あらゆる可能性を秘めたアロマテラピーの啓蒙活動を行う。

公式HPInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ