ピルで確実に避妊するなら?心構えや男性任せの避妊の危うさ

リタ・トーコ ライター
更新日:2023-01-26 20:16
投稿日:2019-07-21 06:00
 前回の「日本はピル後進国! 『ピル=避妊』の考え方は遅れています」に引き続き、連載2回目の今回は、きっと女性のみなさんが知りたい、ピルを飲んでいる時の避妊についての話。「避妊を男性任せにしない」という心のあり方について、お伝えしていきます。

もっともポピュラーな避妊法、男性任せのコンドームの危うさとは?

男性任せの避妊でいいの?(写真:iStock)
男性任せの避妊でいいの? (写真:iStock)

 まずは、もっともポピュラーな避妊法である「コンドーム」。でも、この危うさについて、お伝えしていきます。

日本の避妊方法の8割が「コンドーム」によるもの

 ラブホテルに行くと、枕元に「どうぞ使ってください」と言わんばかりに完備してある「コンドーム」。薬局やコンビニでも簡単に手に入るし、比較的安価。

 そして、「付けるだけ」というもっとも手軽な避妊方法ということもあり、日本での避妊方法の82%(日本家族計画協会調べ、2016年)にものぼっています。

コンドームを付ける男性はわずか3〜4割!?

 今、お付き合いをしているパートナー、ワンナイトラブで関係を持った男性など、相手は誰でも良いのですが、ズバリ、セックスをする時、男性たちはコンドームを当たり前のように装着してくれましたか?付けてくれなかった経験を持つ女性は、すごく多いはず。

 リサーチしたところ、できればコンドームを付けたくないと思っている男性は約6割、そして、過去1年間で過半数以上の男性がコンドームなしのセックスを行っていたという、驚きのデータがありました。(オカモトラバーズ研究所調べ、2015年)

 いざ、盛り上がってしまうと、動物の本能か理性が効かずにリスクを忘れてしまうのが男性というもの。(そうではない男性方、すみません。)しかも、中には「俺は付けない派」など、公言している男性もいるから困ったものです。

避妊を男性任せにする危険!失敗率は3〜14%

「私の彼は、コンドームを付けてくれるから安心」なんて言う女性もいるでしょう。でも、うっかり破れてしまったり、途中で外れてしまったりする可能性はゼロではありませんよね。また、「挿入する直前にだけ付ければ良い」なんて考えを持つ男女もいますが、精子が含まれるアルカリ性の粘液「カウパー液」でも妊娠はします。

 ちなみに、私の友人は“カウパー液妊娠”をしました。彼氏に妊娠を伝えたところ、「出す時はゴムだったんだから、本当に俺の子か疑わしい」と言われたそう。実に嘆かわしい!

 と、話が飛びましたが、もちろん、中には前向きに女性との未来を考えてコンドームを付けてくれる男性もいるでしょう。それであっても、日本産婦人科学会によると、失敗率はなんと3〜14%。女性はセックスのたびに、そんな危うい橋を渡っていることを知るべきなんです。

「生理前だから大丈夫」なんて言っていてはダメ

 ちなみに、私は、女性側の意識にも問題があると思っています。「生理前だから、避妊しなくて大丈夫」なんて、つい伝えていませんか?実は、「生理前には妊娠しない」という考え方自体、間違いなんです。

 女性のホルモンバランスはとてもデリケート。不規則な生活習慣やストレスなどの影響で、簡単に生理周期は乱れます。つまり、排卵はいつでも起こる可能性があるということ。

 また、何らかの原因で起こる「不正出血」と呼ばれる出血を生理だと勘違いして、排卵日の計測を誤り、妊娠してしまうケースも多いです。

2017年には164,621件の数だけ女性の心が傷ついたのかも

 厚生労働省によると、2017年度の人工妊娠中絶件数は164,621件。この数値を見ると、これだけ多くの女性の心が傷ついたのかな、とつい思ってしまう私。一概には言えないけれど、想像。

 男性にとってのコンドームとは、「できれば付けたくないけど、妊娠させたら困るから付けるもの」というだけ。どちらかというとネガティブな存在でしょう。付ける派の男性の中には、「ジェントルマンだろ?」なんて妙に誇らしげに自慢する男性もいますが、それが「当たり前」という世界になるには、きっとまだまだ。

 だからこそ、女性が傷つかない手段の1つとして「ピル」という技を持っていても良いのでは?と思うのですが、いかがでしょうか?

ピルでの避妊は安心?大前提として知っておきたいこと

決まった時間に飲むのが鉄則(写真:iStock)
決まった時間に飲むのが鉄則 (写真:iStock)

 ピルを飲めば妊娠しない。これは、科学的に信用できる事実。ただし、女性として、大前提として知っておきたいことをまとめました。

ピルの飲み忘れには十分に注意!

 ピルがどんなに優秀でも、人間は万能ではありません。ピルは正しく飲むことで、妊娠する確率を0.3%にまで下げることができます。つまり、99.7%は避妊の効果に期待できるということ。でも、実は飲み忘れることが原因で、妊娠率が8%になるとも言われているんです。(日本産科婦人科学会調べ)

 基本的にピルは、毎日同じ時間に飲むというのが鉄則です。飲み忘れが24時間以内の場合には、気づいた時点で1錠&予定時刻に1錠飲むことで効果は継続されます。でも、48時間以上経ってしまった場合には効果が切れてしまう。これが厄介。

 意外と忘れるんですよね。薬を飲むことって。だからこそ、アラームをかけるなど、忘れない工夫を。ご飯を食べたりお風呂に入ったりするように、日々の習慣に組み込むことが大切なんです。

性感染症などの病気は予防できない

 当たり前ですが、ピルを飲んでいるからといってセックスに関しての全ての安心が約束されるわけではありません。危惧するべきことの1つが、性感染症への感染。

 HIV(エイズ)やクラミジア、淋病、梅毒など、自分には関係のないことだと思ってしまいがちな病気は、実は近年、急激に広がっています。

 感染しても自覚症状がないことが多いため、パートナーが以前にセックスを行った人が原因でうつることも十分にあり得ること。避妊目的でピルを飲んでいる方は、この怖さをしっかり頭に入れておくべきでしょう。

女性も男性も避妊をするのが1番良い形!

「望まない妊娠」なんて言葉が減れば…(写真:iStock)
「望まない妊娠」なんて言葉が減れば… (写真:iStock)

 避妊、そして、性感染症予防のために、女性はピル、男性はコンドームをそれぞれ使用するのが1番良い形。私はそう思います。楽しく気持ちが良いセックスのため、未来を守るための避妊の両方を共同作業で。これがベストでしょう。とはいえ、そんなの理想論なんですが。

 性感染症に関して言うと、お互いに検査を受ける以外、どうやったって安全確認ができませんしね。だけど避妊に関しては、ピルを飲むことで女性自身が管理できるんです!これは、とても安心感を得られること。

 でも、たとえば関係が長く、性感染症の恐れがないパートナーであれば、ピルだけで避妊を行うのもありですね。「絶対に浮気しない男性」と、言い切れるのであれば。

 まぁ本心を言うと、万が一のことが起きた時に後悔しないと固く誓えるなら、むしろオギノ式だろうと、膣外射精だろうと、何をしてもいいとも思うんですけどね。「望まない妊娠」なんて言葉が減れば、もう少し世の中幸せになるような気がします。

 さて、次回は、病院でどうやってピルをもらうかということに照準を当てて、書こうかなと思います。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

ラブ 新着一覧


「カネさえチラつかせば遊べる」妻バレしてもパパ活を続ける男の本心
「冷酷と激情のあいだvol.135〜女性編〜」では、肉体関係のあるパパ活を「浮気ではない」と開き直る夫に愛想を尽かしてい...
並木まき 2023-03-25 06:00 ラブ
「金払ってるし、パパ活は浮気じゃない」夫のトンデモ主張に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-25 06:00 ラブ
年下彼氏と初のお泊りデート♡2人の仲がグッと深まる極意3つ
 年下彼と初めてのお泊まりデートは、この先長く付き合えるか否かのターニングポイントに……! そんな勝負のお泊まりデートで...
恋バナ調査隊 2023-03-24 06:00 ラブ
夫の年収を超えた!夫婦険悪回避5カ条&見直したいお金の管理
 結婚や出産後も仕事を続けやすくなりつつある今、収入アップする女性が増えています。中には「気が付いたら夫の年収を超えてい...
恋バナ調査隊 2023-03-23 06:00 ラブ
DV被害女性が自立するためのシェルター兼シェアハウスを見学
 DVの被害に遭った女性が、同じ思いをした女性を支援するためのシェアハウスを始めました。どのような場所で、今までのシェル...
内藤みか 2023-03-23 06:00 ラブ
子供の名前は「翼」…スポーツ好き夫がうざい!対処法は?
 いろいろな趣味がある中で、スポーツ好きな男性は結構多いですよね! 妻としては夫の好きなことを尊重してあげたいと思う反面...
恋バナ調査隊 2023-03-22 06:00 ラブ
「下の毛に白髪が4本!」浴室で絶叫する夫、老化を感じるトホホな話
 気がつけば結婚して十数年。40代になってから、日常生活で夫の「老い」を感じる瞬間が増えてきた人も多いでしょう。いつも家...
恋バナ調査隊 2023-03-21 06:00 ラブ
夫婦だってあくまで他人 「過度な束縛」は人権侵害だと思う
 男友達と話していてたまに聞くのが、「妻からの束縛が激しくてさぁ……」といった愚痴です。  例えば、「家に帰ったら...
まめ 2023-03-21 06:00 ラブ
国籍限定!韓国人と出会えると噂のマッチングアプリを試してみた
 未だ衰えない韓流ブーム。「韓流アイドルのようなイケメンと出会いたい……」と、韓国人との出会いを夢見る人も多いのではない...
2023-03-20 06:00 ラブ
生理中に彼氏が神対応!好きな人とブルーな時でも仲良くする方法
 毎月やってくる生理。重さの違いはあれど、憂鬱になったり、体がしんどくなったりして、彼氏とつい喧嘩に発展してしまう人も多...
恋バナ調査隊 2023-03-20 06:00 ラブ
「たかが衛生観念の不一致で?」離婚する気のない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.134〜女性編〜」では、結婚生活7年目にして衛生観念の違いを理由に離婚を決意した奈々子さん(...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
お風呂を引き金に鬱憤爆発!離婚届をスルーする夫に苛立つ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-18 06:00 ラブ
不倫、セフレ…なぜ報われない恋にハマる? 女性心理を解説
 不倫やセフレなど、報われない恋にハマる女性は多いですよね。幸せになれないかもしれないとわかっているのに、微かな希望を信...
恋バナ調査隊 2023-03-18 06:00 ラブ
40代で一目惚れしたら?グイグイより“さりげなく”攻めるが吉
「40代で一目惚れしたら、その彼と恋愛や結婚はできるのかな……」。  40代で一目惚れした女性が、その後、順調に恋愛→...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
クヨクヨ時々ぷんぷん「落ち込みやすい彼氏」はどう接する?
 落ち込みやすい彼氏を見ていると、少し頼りなく感じてしまう反面、どうにかしてあげたい気持ちになりますよね。今回は、落ち込...
恋バナ調査隊 2023-03-17 06:00 ラブ
「DVの兆候」を見抜く 日常生活におけるチェックポイント3つ
 DVによる事件は、コロナ禍の閉塞感もあって、警察に寄せられた昨年1年間の相談件数は過去最多となっています(警察庁発表)...
内藤みか 2023-03-16 06:00 ラブ