日本はピル後進国! 「ピル=避妊」の考え方は遅れています

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-09-01 10:07
投稿日:2019-07-11 06:00
 あなたは、ピルを飲んだことがありますか? きっと「ない」という方が、ほとんどでしょう。それどころか、飲もうという考えすら持っていない方が多いはず。その理由は、ずばり、「ピル=避妊薬」という、“セックスのための薬”というような不埒なイメージがあるからではないですか?でも、この考え方は本当に古い! ピルは、女性の味方になってくれる存在。私はそう思っています。
 そんなわけで、ピルユーザー6年目の私が、ピルの本当のメリットや考え方について、お伝えしていきたいと思います。

「ピル=避妊薬」のイメージに辟易してしまう

ピルユーザーはまだまだ少ない(写真:iStock)
ピルユーザーはまだまだ少ない (写真:iStock)

 ピルを飲み始めたのは、6年前。生理不順から婦人科に通ったことがきっかけでした。

 飲み始めてみると、生理にまつわるいろいろなマイナートラブルがなくなり。さらには、避妊を男性に頼まなくても良い気楽さもあり。そんなわけで、生理不順解消後にも、ずっとピルを飲んでいる私。

 でも、私がピルユーザーだと話すと、男女問わず、なぜか「え〜!」と驚いた顔をされます。「相手が避妊してくれないの?」と、心配されることも。さらには「自分とのセックスのために、飲んでくれているんでしょ?」という、おバカな男性もいますね。

 そうなんです。日本では、あまりにも「ピル=避妊薬」というイメージが強い。「ピル=遊んでそう」なんて思われがちなのも、このため。一言申し上げるとすると、無知ってかわいそう。そう思うんです。「ピル=避妊薬」のイメージに辟易しちゃいますね。

 私がなぜピルを飲むのか、それは「私のためになるから」なのに。

そもそもピルとはどんなもの? おもな働き

ピルを飲む目的は避妊だけじゃない(写真:iStock)
ピルを飲む目的は避妊だけじゃない (写真:iStock)

「ピルとは」と検索をすると、クリニックをはじめとしたたくさんのページで解説されています。それを読むだけでも「ピル=避妊薬」でないことは分かると思うのですが、そもそも自分に関係ないことって、なかなか調べないですよね。

 そんなわけでまずは、ピルについての基礎知識を。

ピルとは

 ピルとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれた薬のこと。経口避妊薬と呼ばれることもありますね。

ピルのおもな働き

 ピルにはどんな働きがあるのか、おもな働きを見てみましょう。

○生理周期の安定
○生理痛を改善させる
○避妊効果
○肌荒れの緩和
○子宮体がん・卵巣がんの予防
○骨粗鬆症の予防
○更年期症状の予防
○貧血の改善 etc……

(ピルの効果については、また次回以降詳しくお伝えできたらと思います)

日本は先進国らしからぬピル後進国! ユーザー数は1%?

生理痛や生理不順の治療にも使われている(写真:iStock)
生理痛や生理不順の治療にも使われている (写真:iStock)

 世界中で1億人ほどの女性が飲んでいると言われるピル。でも、日本であまり飲んでいる女性を見かけないのはなぜでしょうか。

ピルは先進国になるほど服用者が多い

 実はピルは、先進国になればなるほど服用者が多いそうなんです。欧米では約50〜70%、フランスでは約40%の女性がピルを服用しているのだとか。でも、そんな「先進国」である日本でのピルユーザー数は、たった約1%!非常に低いことが分かりますね。珍しがられるのも、分かるような気がします。

日本でピルが浸透しない3つの理由

 日本でピルがなかなか浸透しないのはなぜでしょうか。それには、3つの理由がありました。

・ピルの承認が遅かった

 ピルは、アメリカで1960年に承認されてから、たくさんの国で使われてきました。でも、日本でようやく承認されたのは1999年。わりと最近のことなんです。ちなみにこれは、先進国の中ではもっとも遅いそう。これは、明らかに国の体質のせい。

・偏見や間違った知識が蔓延している

 ピルを始める時、母に話したら「子どもができなくなるよ!」と言われた私。夫からも、「子どもに影響しないの?」と聞かれました。

 生きた化石かと思うようなこの発言は、何も母や夫だけではありません。先に挙げたように「ピル=避妊薬」という偏見や、「子どもができにくくなる」「太る」「がんになる」など、間違った知識が蔓延しすぎているため、ピルを使ってみようという気すら起こらないのが現実でしょう。

・入手する手間がかかる

 国によっても差があると思いますが、多くの先進国では薬局のような場所でピルを購入することができます。初回だけ処方箋が必要だけど2回目からは要らない、そんな国もあります。でも、日本ではきちんと診察を受けて、処方箋を出さないともらえないのが難点。時間とお金がかかるから、面倒で続けたくないという人もいますね。

時代遅れのまま? あなたが選ぶピルとの生活

誰のためでもない私のために(写真:iStock)
誰のためでもない私のために (写真:iStock)

 ピルを飲んで思うことは、女性にとってのメリットが大きい! これに尽きます。いざという時に生理周期をずらすこともできるし、月1のつらい生理痛や生理のイライラもあまり感じなくなるし。

 そして、避妊面でも。セックスをする時に避妊を男性任せにするわけではないから、自分で身を守れる安心感すら持てる。(とはいえ、性病は防げないので相手の見極めは必須。コンドーム併用がベスト。)

 ピルは、文明の利器といっても過言ではないかも。以前から、ピルについて書きたいと思っていたので、それが叶って幸せです。次回は、男女のお付き合いの中でピルがどう関わるか、のような、そんな話をしたいと思います。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...
FILM
「アナタ、なんで全身真っ黒なのよ! 喪服なのか! すぐやめなさい!」  先日とある著名な祈祷師の方に会うなり、いき...
FILM
 この連載もいよいよ終盤です。私は発覚から術後まで、およそ2年間にわたりバセドウ病と闘いました。甲状腺を全摘する手術を終...
FILM
 ニャンタマニアのみなさんこんにちは。  きょうは、三角おにぎりみたいな形の島を背景に、にゃんたまω記念撮影にトラ...