完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2024-04-02 06:00
投稿日:2024-04-02 06:00
(C)コクハク
(C)コクハク
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったのに、実は逆効果だった…なんてことも。

 時短美容協会に所属する筆者が、デカ顔に見えてしまう残念メイクを5つ、再現します。

1. ファンデーションを均一の濃さで塗る

平坦な感じが…(C)コクハク
平坦な感じが… (C)コクハク

 ファンデーションを顔全体に同じ濃さで塗っていませんか?

 顔全体にきれいに塗り広げたい気持ちもわかるのですが、同じ濃さで全体にファンデーションを塗ってしまうと、顔の輪郭や立体感が生まれません。全体が平坦に見え、デカ顔に見える原因となってしまうんです。

 顔の中心部分にはファンデーションをしっかり塗り、顔の外側は中心に塗ったファンデーションを薄く広げるだけでOK。自然に陰影がつき、立体感が生まれますよ。

2. 眉尻が極端に長い

顔幅が拡張されちゃう(C)コクハク
顔幅が拡張されちゃう (C)コクハク

 眉尻が極端に長いメイクもNGです。

 顔の余白が埋まるから小顔効果が狙えると思いがちですが、長すぎる眉尻によって、顔幅が眉尻部分まで拡張されてしまい、デカ顔見えに。それだけでなく顔のバランス自体も崩れて不自然な印象に…。

 眉尻は、小鼻から目尻を結んだ延長線上を目安に描いていきましょう。

 骨格やパーツによって多少の個人差はありますが、目安さえ守っていれば大きくバランスを崩すことはありません。

3. シェーディングとハイライトを使わない

陰影はしっかりつけて(C)コクハク
陰影はしっかりつけて (C)コクハク

 陰影による立体感があるのとないのでは、顔の大きさの見え方が全く異なります。

 シェーディングは生え際やあご周り、眉頭の下から鼻の根本部分、鼻先の両サイドなど顔のパーツの「影」にしたい部分に、ハイライトはおでこや鼻先、あご先など顔のパーツで「光」にしたい部分にのせていきましょう。

 顔全体に立体感やメリハリが出て、引き締まった印象になりますよ。

4. チークを塗らない

チークなしだとのっぺりとした印象に(C)コクハク
チークなしだとのっぺりとした印象に (C)コクハク

 チークも塗っていないと、肌のくすみが目立つだけではなく、顔全体を平坦に見せてしまいます。結果として余白が目立って、顔の大きさが強調されてしまうんですよね。

 頬に立体感を与え、顔全体のバランスをよく見せるために、筆者はすっぴんでもチークを塗ることをおすすめします。

 顔の中心から外側に向かって広げるイメージで楕円形に塗っていくと、顔の余白が埋まってデカ顔見えを回避できます。

5. 涙袋を描かない

涙袋がないと…(C)コクハク
涙袋がないと… (C)コクハク

 涙袋を描かないメイクだと目の縦幅が小さく見え、顔全体の余白が目立ってしまいます。

 下まぶたにアイブロウペンシルなどで涙袋の影を描いて、目元に自然な立体感を出しましょう。目の下から頬の余白が埋まると、顔が小さく見えますよ。

 影を濃く描き過ぎたり、涙袋にラメやシャドウを塗るのはNG! 涙袋だけ不自然に目立ってしまい、古臭い印象に。あくまで自然な立体感を意識しましょう。

陰影と顔の余白にはくれぐれも注意

 顔に陰影や立体感が感じられないと、どうしてものっぺりとした顔に見えてしまいやすく、顔の余白が目立つことから、デカ顔認定されやすくなります。

「デカ顔の人」なんて思われないように、一度メイク方法を見直してみてくださいね。

(時短美容協会所属/野元玲杏)

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
春こそ変えたい! 40代女性こそ似合う服の系統5つ&落とし穴
 時に「服の系統を変えたい!」と思うことってありますよね。今回は「服の系統を変えたい」と感じている人に向けて、40代女性...