ギャラ飲み収入だけで年400万円の貯金達成!元キャバ嬢が浪費しないワケ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2024-04-02 06:00
投稿日:2024-04-02 06:00

「ギャラ飲み」とは?

複数人での食事会も(写真:iStock)
複数人での食事会も (写真:iStock)

 経営者や著名人、人気のインフルエンサーも利用する「ギャラ飲み」なるサービスって知っていますか? 東京都内のみならず、全国的に利用エリアが拡大していて、注目度が高まっているんです。

 ちなみに「ギャラ飲み」とは、男性(ゲスト)が女性(キャスト)にお金を払って食事やお酒を楽しんだりすること。「飲み」といっても飲食に限らず、美術館やゴルフコースを一緒に回ることもある、いわば『出張コンパニオン』に近い形態です。

 なかでも、大手サービス「pato」に登録するキャスト(通称「pato嬢」)は狭き門をかいくぐった美女だけがなれるとか。一体、どんな人が……?

 pato嬢として働くキャストに話を聞きたいとキネカ社に連絡。彼女たちを取材してみると、驚くべき“素性(素顔)”が見えてきました。

 前回のpato嬢ルポ「ホステス歴10年→ギャラ飲み嬢に転身、面識なしで突然10万円分シャンパンギフトが…」は→コチラ

【話を聞いたpato嬢】えり子さん(仮名/31歳)

正統派美人のえり子さん(仮名)/(C)コクハク
正統派美人のえり子さん(仮名) /(C)コクハク

 今回取材したのは、patoキャスト歴1年で、「ギャラ飲みで稼いだお金はほぼ全て貯金している」と教えてくれた、えり子さん(仮名/31歳)。目鼻立ちの整った正統派美人で、話し方も落ち着いた雰囲気の女性です。

 茨城県出身で、大学への進学を機に上京しました。大学卒業後はフルタイムで広告代理店に勤務するかたわら、夜はキャバクラに5年ほど勤務していましたが、友人からギャラ飲みの話を聞き、自分でpatoを検索して応募したといいます。

 patoキャストになるには通過率10%という厳しい審査があり、えり子さんは「30歳を過ぎて、受かるわけがない…」と半ば諦めていたとか。しかし、なにごとも経験として受けてみると、見事合格!

 狭き門な上に30歳を過ぎてからのギャラ飲みデビューという、奇跡を起こしたのです。

ギャラ飲みでビジネスの師匠に出会った

1年間で400万円の貯金(C)コクハク
1年間で400万円の貯金 (C)コクハク

 現在、えり子さんはお昼の仕事もしながら、週2~3回ほどギャラ飲みをこなし、月30~40万円をコンスタントに稼いでいます。

 そこで驚いたのは、「patoキャストに登録してからの1年間だけで、400万円ほど貯金をした」ということ。ギャラ飲みでの収入はほぼ手をつけていないと言うのです。

 副業で毎月30万円超の収入があれば、ブランド物を買ったり旅行するなどお金を使いたくなるものではないかと思いますが、「もともとそんなに物欲もないし、自炊もするので昼間の収入で十分。そこまで出費はないですね」。

美容代もほぼ“自腹”なし

 patoキャストとして必要になってくるであろう美容代も、patoで働くと貯まるポイントが使える提携クリニックで施術を受けているので、全然かかっていないとか。

 えり子さんは、「ギャラ飲みの収入は、夢をかなえるための資金として貯めています」とキッパリ。その夢とは、「キャバ嬢が蔑まれない社会を作ること」だと明かし、コンテンツ制作やアンテナショップを設けるため、準備中なのだそうです。

patoで知り合った男性にビジネスの弟子入り

丁寧にアツくお話ししてくれた(C)コクハク
丁寧にアツくお話ししてくれた (C)コクハク

 自身も5年に渡りキャバ嬢を経験し、知り得たキャバ嬢という仕事に必要な心得やスキル、それに伴う苦労と努力、社会にとって必要なサービスであることなどを踏まえて、キャバ嬢のイメージアップを図りたいとやる気まんまん。

「ただお客さんとお酒を飲むだけの仕事ではない」ということを、世に知らしめていきたいと言うのです。

 ただ、「初めての起業で、なかなか大がかりな事業を一人で始めるのは難しいのでは?」と聞いたところ、「新規事業のアドバイスをくれるお客さんとpatoで出会って、今では弟子入りしました」と言うえり子さん。そのお客さん(A氏)とは仕事の相談をするために週に何回も連絡を取っているとのこと。

 はたから見ると「A氏は、えり子さんに下心があるのでは?」という思いもよぎりますが、「男女の関係は一切ない」ときっぱり。A氏の真意は本人にしかわからないところではありますが…。

 ギャラ飲みで報酬を得ながら、人生をも変えるビジネスパートナーに出会えるだなんて、一石二鳥ですね。

恋愛面もアクティブに!結婚願望もあります

恋愛もアクティブ(C)コクハク
恋愛もアクティブ (C)コクハク

 patoで出会って、今やビジネスの師匠となったA氏とは男女関係にないと話すえり子さんですが、実は以前patoで出会った独身のお客さんと付き合ったことがあるそうです。

 その彼とはすぐに別れてしまいましたが、それ以外にも職場恋愛で付き合ったこともあるし、「patoを始める前には東カレのマッチングアプリを通じて彼氏ができたことも…」と、恋愛に対してアクティブな模様。

「いい人が現れたらすぐにでも結婚したい」

収入面でも人脈面でもフル活用(C)コクハク
収入面でも人脈面でもフル活用 (C)コクハク

 えり子さんには結婚願望もあって、「いい人が現れたらすぐにでも結婚したい」と言います。

 仕事を2つかけ持ちしながら新事業の立ち上げ準備もしつつ、結婚願望もあるとは、公私ともにポテンシャルが高いですね。

 そんなえり子さんは、「patoはやめられない!」と言うほど、収入面でも人脈面でもpatoをフル活用し、仕事にも恋愛にも活力を見出しているようです。

 ギャラ飲みで貯めた資金での新事業も、うまくいくことを願っています。

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...
占い好きな成功者と占い好きな非成功者の違い…占いライターで一攫千金も
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
豊洲の人生勝ち組妻でも幸せじゃない?彼女が裕福と引き換えに諦めた事
 独身時代は都心に暮らしていたが、結婚を機に武蔵境に暮らし始めた千佳。しかし、郊外のこの地を愛せない。そんな時、中学の同...
「夫の駐在時にね…」なぜあのコが?田舎の同級生“玉の輿婚”に心ざわつく
 独身時代は都心に暮らし、華やかな生活をしていた千佳。しかし、結婚を機に都内から離れ、武蔵境に住み始めた。しかし、妥協し...
メガバン妻が悟ったリーマンの限界値 吉祥寺より2駅下った中古マンション
 武蔵野の自然を携えそびえる瀟洒な白亜の建物は、まるでこの場所がヨーロッパの一都市であるかのような錯覚を与えてくれる。 ...
帰ったらお風呂に…夫「沸いてるよ!子供が入ってる」危機管理能力ゼロや
 子育て中のママにとって、子供の命と健康を守るのは一番大切な使命。だからこそ、危機管理能力は嫌でも高くなります。 ...
号泣しながら「愛の讃歌」を熱唱 なぜ人はスナックでダサい姿を晒すのか
 私はこれまで多くの夜の世界を見てきましたが、スナックは本当に不思議な場所です。  完全無欠のモテ人間ほど、なぜか...
大人は「さようなら」とハッキリ言わないけど…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
春の行楽、御朱印集めはスタンプラリーと何が違う? 作法やタブーとは
 山形県東部にある山寺(山形市)で自らの行いについて考える出来事がありました。我よ、御朱印集めがスタンプラリーと化してい...
この勇姿もあとわずか…去勢手術予定“たまたま”を記念撮影!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「クリスマスローズ」で究極のほっぽらかし園芸!怠け者でも花いっぱい♡
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋のある神奈川は地球温暖化の影響もあり、ここ近年の特徴は卒業式に桜咲くでしたが、今年は入学式...
人は「趣味が合わない相手」と恋に落ちることがある
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
結婚、出産、身分の違い…仲良かった友達に会いたくないのはダメな感情?
 学生時代を毎日一緒に過ごした親友。でも、年齢を重ねるに連れて「あんなに仲が良かった友達なのに、今ではもう会いたくない」...
かわいい“たまたま”が大集合!夕暮れの集会の議題はなあに?
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...