猛暑の夏…健康な高齢者でも熱中症予防を“家族ですべき”理由

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-07 06:00
投稿日:2019-08-07 06:00
 介護士をしていた経験をもとにライターをしています。筆者はこれまで、認知症の症状や認知症を発症した時の具体的なケアについて執筆してきました。「でも『自分は大丈夫』と思っている高齢者も決して油断は禁物」と思っています。その一つが、熱中症です。

高齢者にこそ「熱中症に気をつけて」

クーラーに苦手意識を持つ高齢者も…(写真:iStock)
クーラーに苦手意識を持つ高齢者も… (写真:iStock)

 幼児や乳児に対しては、「親がついていないと」「大人の目がないと」という危機感を誰もが持つことができます。だから、地域で車が多く通るところでは、見ず知らずの子どもにも「危ないからね」と声をかけるでしょう。

 しかし、それと同じくらい筆者が日頃から呼びかけたいと思っているのが、高齢者への「熱中症に気をつけて」です。バスを待っているとき、玄関から出て何げなく話をした近所のおばあさん。子どもたちを見守ってくれている交通巡視員のおじいさん。とにかく筆者は、「熱中症に気をつけてください」とアナウンスします。

 近ごろの猛暑、もはや酷暑と言わざるを得ない状況だからこそ、いま一度アナウンスします。身近にいる高齢者にこそ「熱中症に気をつけて」と、声をかけていただきたいのです。

高齢者の熱中症はなぜ危険?

一人暮らしだと症状に気付くのが遅れてしまう(写真:iStock)
一人暮らしだと症状に気付くのが遅れてしまう (写真:iStock)

 高齢者の熱中症が危険と言われる理由について、お話ししましょう。

変温についていけない

 日本には四季があります。冬と夏では、気温差が30度以上違うことも。そんな変温についていけないのが、高齢者です。体内温度を自分で調整することが難しいのです。そのため、空調調整が大事になってくるのですが、電気代を気にしてみたり人工的な空気を嫌がったりと、うまく適応できていないのが理由に上がります。

 一昔前の扇風機で暑さをしのげる状況ではないのに、「クーラーは温度調整が難しい」とか「電気代が多くかかる」といった情報弱者であることも、熱中症を促進させます。

体力がない

 いくら健康であっても、高齢者ですから体力はありません。例えば若者なら10分で行ける距離のスーパーでも、高齢者の場合は30分もかかってしまうこともあります。「自分は歩けるし、まだまだ平気!」という感覚のまま、真夏にうっかり買い出しにいくと、知らず知らずに熱中症になっていることがあります。

 冬に30分かけてスーパーに行くことは、いい運動になるかもしれませんが、夏場は違います。そのことを自覚していない高齢者も少なくありません。

一人暮らしの人が多い世代

 同じように熱中症の注意喚起をされる子どもの場合、多くは身近に大人がいる環境で生活をしています。一方で、体の機能的には子どもと同じくらいのレベルで注意すべき高齢者は、配偶者の他界などで一人暮らしというケースも多くあります。

 そのため、「汗もかかずに意識が朦朧している」といった体調の変化や「外気が暑いのに寒いと訴え、暖房をつける」といった、熱中症の症状に気づくことが遅れます。そのため、重症化しやすい傾向にあるのです。

高齢者の熱中症はこうして起こる! 賢い対処方法

積極的に水分補給を!(写真:iStock)
積極的に水分補給を! (写真:iStock)

 高齢者の熱中症の原因は一見、思いつかないところにあったりします。そこで、高齢者の熱中症の原因にありがちなことと、その対処法を紹介しましょう。

空調調整を嫌がる

 一昔前の日本といえば、風通しが良い大きな掃き出し窓に“すだれ”をかけ、日差しのみを避けて風通しを良くしていたものです。クーラーのような文明の利器は、まだまだ高齢者からすると「使いこなせないイマドキなモノ」なのです。

 これまで通りの暑さ対策を「変えたくない」と頑固になる高齢者も多くいます。「クーラーをつけて寝ると体に悪い」と言われたのは、とっくに昔のこと。夜になっても気温が下がらない近年は「クーラーをつけて寝ないと死活問題」ということを知らないのです。空調は扇風機ではなく、クーラーを使用しましょう。

皮膚が薄いので寒がり

 高齢者になるほど、人の皮膚は薄くなる傾向があります。さらに血の巡りも悪くなるため「寒さ」を感じやすくなります。筆者が関わった高齢者も、真夏なのに「寒い」といってフリースを着ている人までいました。本人が「寒い」と訴えたとしても、同じ温度の中で生活をしているわけですから、熱中症になってしまいます。本人が「寒いから」と訴えても、適切な服装で過ごすことを求めましょう。

本人が好む水分摂取の促しを

 嚥下(えんげ)能力の低下で、水分を取ると激しくムセてしまうことがあります。これは高齢者でなくても苦しいものです。そのため、「水分を取りたくない」と思ってしまう高齢者が多くいます。しかし、熱中症対策に水分摂取はマストです。本人が好む水分摂取の方法にしたいものです。

 例えば、ムセてしまう人には「ゼリー」や、白身魚のフライに「野菜のあんかけ」をかけることを勧めてみましょう。「ところてん」などもいいですね。本人にとって馴染みがある気に入った方法で、水分を取ることを何がなんでも勧めましょう。イオンウォーターなども、率先して飲みたいアイテムです。

塩分の控えすぎに要注意

 塩分の控えすぎには、注意が必要です。減塩商品なども多く出回っており、日本の健康意識の高さには驚くばかりですが、夏場は「塩分も大事」ということを覚えておきましょう。塩辛いものを食べれば、水を飲みたくなるので、熱中症対策にはいいのです。

 体の中の塩分が少なくなると、水分をより排出し塩分濃度を高めようとする働きが体内で起こります。水分と同じくらい塩分を取ることに、細心の注意を払いましょう。お味噌汁はいつもより濃く味付けをしても大丈夫です。日ごろから減塩生活を続けている人ほど、夏場の塩分の制限のしすぎには注意が必要ですよ。

高齢者の熱中症には周囲の呼びかけが肝心です

子どもや高齢者は特に注意が必要だから(写真:iStock)
子どもや高齢者は特に注意が必要だから (写真:iStock)

 夏場にエアコンが故障しても「クーラーが苦手だし」と修理をしない高齢者もいます。介護士が夏場に自宅へ訪問をすると、まず最初に空調が適切かどうかを確認します。

 日本には四季がありますし、常に気温差が激しい中で生活しています。昨日と今日で、気温差が10度ひらくこともあり、高齢者や子どもの身体に大きな負担をかけます。「生まれも育ちも日本だから」なんて油断ができないくらい、この気温差が年々過酷になっている気がします。

 身の回りの動きがスムーズにできなくなってくる高齢者は、環境を整えることさえ難しく感じることも。地域や家族が一体となって、電話一本でもいいので「熱中症の対策を」と注意喚起をしてほしいと思います。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 ひどい二日酔いの朝、グロッキーな中で「もう二度と飲まない!」と決意した経験がある方は多いはず。でも、そんな人に限って、...
FILM
 冷え込む日が増えて「冬がきた」と実感する日も多くなりましたね。芯から冷えた身体は、女性の大敵。日頃からしっかり温活をケ...
FILM
 もうすぐ楽しいクリスマス。  大好きなあの人に、気の利いたクリスマスプレゼントを考え中なら!  リンリンリ...
FILM
 女子の友人関係は環境で変わります。いえ、男女関わらず、環境によって友人は変わっていくものです。  例えば結婚する...
FILM
 介護施設について、「介護のプロが集まっているから大丈夫」と考えてもらえることは、私たち介護士にとってすごく嬉しいことで...
FILM
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひと...
FILM
 親戚のおじさんから、たまたま電車で隣に座ったおじさん、職場にいる上司がおじさん、etc……。身の回りには数えきれないほ...
FILM
 付き合った当初はラブラブだったのに、気づくとあまり会えてなかったり、返信がそっけなかったり……。恋人との関係の継続って...
FILM
 きょうは、とっても立派なにゃんたまω!!! あっぱれ!  多くのにゃんたまωを撮影していても、このサイズのにゃん...
FILM
 日本は不妊治療の件数は世界一なのに、体外受精で赤ちゃんが産まれる確率は最下位。そんな状況を変えるために、ミレニアル世代...
FILM
 節約する際、自分の金銭の使い道を見直すことってありますよね。その度、「なんで買ったんだろう」と思う不可解な買い物を後悔...
FILM
 今年のクリスマス、あなたはどう過ごされますか? とあるネットリサーチ会社の統計では、近年ではクリスマスの過ごし方の定番...
FILM
 長男が0歳の時、地域の保育園の空き状況の問題もあって保育園の入所を決意した時、「そんなに早く入れる必要はない」とか「保...
FILM
 にゃんたマニアのみなさまこんにちは。  きょうは静かな港町で出逢った、哀愁の見返りにゃんたまωにロックオン。 ...
FILM
 かわいい我が子を初めて抱いた時、「この子は何がなんでも守る」と決意したママがほとんどでしょう。夜泣きでつらい夜も、料理...
FILM
 近年続く猛暑により、「熱中症にならないように」というリスク管理の意識から、夏場は意識的に水分を取ろうとする人が増えたよ...