遠方に住む親が心配…介護サービスの上手な選び方&使い方

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-31 06:00
投稿日:2019-07-31 06:00
今はまだ元気でも…(写真:iStock)
今はまだ元気でも… (写真:iStock)

 遠方に住んでいる両親が介護状態になった時、多くの人が「大丈夫かなぁ……」と心配になるはずです。しかし、現代では親の介護が必要なときに、自分の子育てをしている最中という問題もあります。また定年前の夫婦であれば、遠方に住んでいる家族のために引っ越したくても、経済的な事情からそれができないことも少なくありません。

 今は介護に無縁な両親にも、このような不安から「どうにか両親には足腰は元気で、自立した生活を送ってほしい」と思う家族も少なくありません。しかし、筆者は介護士をしていた経験から思うことがあります。それは、ちゃんと家族が介護サービスを熟知し、必要だと思った介護サービスを吟味することによって、遠方からも応援することができるということです。

 今回は、ケース別で必要だと思われる介護サービスを見てみましょう。

こんな時は介護サービスの利用で苦悩が改善するかも

シニア向けの体操教室で生活にハリを(写真:iStock)
シニア向けの体操教室で生活にハリを (写真:iStock)

 介護が必要になると、今では認知度も上がった「デイサービス」という通所型の介護施設に預けるか、いっそ24時間介護士が常駐する「入所型介護施設」に入れてしまおうかと悩む人が多くいます。でも、ちょっと待って! まだ、そこまでの段階ではないかもしれません。

最近物忘れが激しくなったような…

「最近、母の物忘れが激しくなったような気がするんです。78歳になる母のことそんな様子をみては、“認知症なのかな?”と不安に感じてしまいます。すぐにデイサービスにでも行ったほうがいいですか?」(Yさん・42歳女性)

 少しの物忘れは、必ずしも「認知症」とは言い切れません。誰しも年を取れば、平等に判断力や記憶力は低下するものです。物忘れが激しくなったからといって、認知症と決めつけるのは早計です。毎日繰り返しの生活をしている高齢者には、体操教室やサークルなどを進めているのもいいですね。それだけで、表情が明るくなり社交的になるために生活のハリを取り戻す人もいるんですよ。

手伝ってあげたいが遠方で不安

「日ごろの生活を手伝ってあげたいですが、自分の子育ても落ち着いていない状態で、現実的ではありません。父は遠方に住んでおり、またこれまで母が身の回りのことを全てやっていたため、家事も得意ではありません」(Sさん・42歳女性)

 男性の高齢者の場合は、「若い時に家事をしたことがない」という人も多くいます。問題になってくるのは、奥様に先立たれた後です。本人も慣れないこと続きで疲弊して、その結果、「ご飯が喉を通らなくなった」という人も多くいます。家に引きこもってしまい、そのまま筋力が低下してしまうことも。その結果、転倒して骨折などの可能性もあります。

 健常者であれば、要領さえつかめば挑戦できることもあるかもしれません。しかし、何かを見ながら学んだり、実際の行動に移すことが健常者より大変になることを覚えておきたいものです。

独居生活をしていて不安なので安否確認をしてほしい

「私の祖母は今年で91歳。とても元気で毎日2時間の散歩を欠かしません。本人は“大丈夫!”と言いますが、さすがに91歳なので、何があってもおかしくないと思うのです。母もいまだに働いており、親族が頻繁に様子を見に行けるわけでもなく。一人で住んでいる祖母が孤独死という悲しい結末になることだけは避けたいんですが……」(Aさん・37歳女性)

 このようなケースは、安否確認をしてくれる人がいれば、本人の希望でもある在宅介護でも問題がないような気がします。近所の人に声をかけたり、傾聴ボランティアなどを利用しても在宅で生活が続けられそうです。 

 周囲との関わりが少ない人ほど、孤独死ということに気づかれないのです。毎日行けるような日課となる場所があるのも、本人のもしもの時に役立ちます。

なるべく在宅が本人の希望だけど…

「母は昔からひざが悪いこともあり、最近よく転ぶようになりました。幸い、今までに骨折などはありませんが、私は“運が良かっただけ”と思っています。本当は施設に入所してほしいのですが、母は“誰かの手を借りたら、何もできなくなってしまう”と、何でも自分でやりたがるんです。この場合は、どうすればいいのですか?」(Uさん・52歳女性)

 家族が良かれと思ってやったことが裏目に出てしまうこともあります。本人の希望を無視し、無理にやってしまうことで「大きなお世話」に感じて、余計に頑固になってしまうことも。

介護サービスにはどんなものがあるの?

出来ることは自分でしたい(写真:iStock)
出来ることは自分でしたい (写真:iStock)

 家族が介護サービスを選ぶときには、「本人ができることは本人がしたい」ということを忘れてはいけません。高齢で、身の回りのこともおぼつかなくなった時こそ、「誰かに頼んでしまえば楽なのに」と思ってしまいがち。しかし、本人は最期まで自分のことは自分でやりたいと思っています。

 これは例えですが、“自分で食べる食事”と“誰かに食べさせてもらう食事”では、楽しさや味が違うことでしょう。自分で食べられるのなら、自分が決めた順番やタイミングで食事をしたいのが普通だと思います。このように人は誰でも、「できることは自分でしたい」という、こだわりがあるはずです。それを、周囲が「みていられないから」「大変そうだから」で、本人の気持ちを無視することは控えるべきでしょう。

 基本は、“全くできないことをフォローするために”という考えから来るのを、忘れないようにしたいものです。

炊事が困難なら宅食も

 例えば、関節が変形してしまう病気に、「関節リウマチ」があります。関節リウマチの進行度合いにもよりますが、着替えや家の中での暮らしは、本人の工夫次第で何とかなっていることも多いのだそうです。筆者が聞いた話によると、家族が来たときにペットボトルを半分に切ってもらい、そこに靴下をかけてペットボトルに足を入れれば、靴下は自力で履くことができたりと、何かと工夫を凝らしているようでした。

 健常者かは「そこまで大変な思いや、工夫の連続で家にいたいのか?」と思うことでしょう。しかし、古くからその地域に住んでいたり、人付き合いが苦手な高齢者は、そうまでしても「家に残りたい」と感じます。それほど、この思いは強いと思ってください。

 その関節リウマチを患った女性は、筆者に「でもね、ご飯が作れないのよ」と言いました。関節が変形しても、大方の工夫をしていたそうですが、食事が作れなくなってしまったことにより、施設への入所を決意したのだそうです。他にも多くのことを考慮したのかもしれませんが、「ご飯さえ用意できればまだ在宅での生活を続けたかった」というようにも聞こえました。これは非常にもったいないことだな、と感じたのです。

 というのも、炊事のみが困難ということであれば、宅食サービスを受けることができたはずです。介護度によっては、介護保険の対象にもなります。栄養士が考えたカロリーや栄養バランスがきっちりと取れたお弁当が、自宅に毎日運ばれてくるシステムです。これにより配達の人に、安否確認をしてもらうこともできます。

 すごいのは、病気に合わせて減塩などの対応をしているところ、そしゃく力が弱くなってしまった高齢者には一口大に切ってくれるところもあります。

「妻が先立ってしまった」と嘆く男性高齢者も、近ごろではこの宅食サービスを賢く利用していますよ。

いいとこ取り? 小規模多機能型介護

 実際に家族の介護が必要になった時、「この日は私の夫が子供を見ててくれるから、夜にお母さんのそばにいてあげよう」と思う娘様は多くいます。しかし、翌日になれば「一人にして平気という状況ではないけど、自分の子供を育てなくては」ということや、仕事を持ってる人もいることで介護に付きっきりが難しくなることがあります。

 完全に施設に入所させることは後ろめたい気持ちや、自分がさみしい気持ちもあると踏み切れない家族には、「小規模多機能型介護」がオススメです。「小規模多機能型介護」は、対象者は介護保険の対象になりますし、金銭的負担も少なくて済みます。介護を担える家族が誰もいない日は、夜のみお泊まりすることも可能です。夏場に熱中症が心配な家族は、デイサービスとして利用することもあります。

「最近は調子がいいから、なるべく家にいさせてあげたい。けれど、安否が不安」ということなら、訪問サービスを利用することもできます。本人の状況をみて、臨機応変な対応が可能となるのが「小規模多機能型介護」のメリットです。

訪問介護サービスも

 デイサービスは、何年も前より知名度が上がっています。「周囲を見渡せばデイサービスばかり」といった地域も少なくないのではないでしょうか。しかし、筆者がオススメしたいのが、「訪問介護サービス」という手段です。たまの排泄の失敗や本人が買い物ができない、薬の内服確認くらいであれば、デイサービスを利用しなくても、訪問介護サービスを利用する手段もあります。有資格者のヘルパーさんが自宅に来てくれて、買い物などを本人と一緒にやってくれるシステムです。料理を一緒にしてくれることもあるんですよ。

介護サービスを選んでいくうちに未来が明るくなるかも!

住み慣れた家でずっと過ごすためにも…(写真:iStock)
住み慣れた家でずっと過ごすためにも… (写真:iStock)

 介護サービスを本人と一緒に選び、どんな余生を送りたいのかを熱心に聞くことも、立派な介護といえます。介護というとイメージ的に悲観的になってしまい、これから本人の身体的機能が大幅に低下してしまうことを想像しがちです。

 しかし、身の丈にあった最適な介護サービスを受けてみることは「まだ私も家で暮らせるんだ」という自信につながり、高齢者の狭い世界を広げるチャンスでもあります。ぜひ様々な展示会や説明会に、本人と一緒に足を運んで「これからの生活を考える」といった手を差し伸べてあげてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 ひどい二日酔いの朝、グロッキーな中で「もう二度と飲まない!」と決意した経験がある方は多いはず。でも、そんな人に限って、...
FILM
 冷え込む日が増えて「冬がきた」と実感する日も多くなりましたね。芯から冷えた身体は、女性の大敵。日頃からしっかり温活をケ...
FILM
 もうすぐ楽しいクリスマス。  大好きなあの人に、気の利いたクリスマスプレゼントを考え中なら!  リンリンリ...
FILM
 女子の友人関係は環境で変わります。いえ、男女関わらず、環境によって友人は変わっていくものです。  例えば結婚する...
FILM
 介護施設について、「介護のプロが集まっているから大丈夫」と考えてもらえることは、私たち介護士にとってすごく嬉しいことで...
FILM
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひと...
FILM
 親戚のおじさんから、たまたま電車で隣に座ったおじさん、職場にいる上司がおじさん、etc……。身の回りには数えきれないほ...
FILM
 付き合った当初はラブラブだったのに、気づくとあまり会えてなかったり、返信がそっけなかったり……。恋人との関係の継続って...
FILM
 きょうは、とっても立派なにゃんたまω!!! あっぱれ!  多くのにゃんたまωを撮影していても、このサイズのにゃん...
FILM
 日本は不妊治療の件数は世界一なのに、体外受精で赤ちゃんが産まれる確率は最下位。そんな状況を変えるために、ミレニアル世代...
FILM
 節約する際、自分の金銭の使い道を見直すことってありますよね。その度、「なんで買ったんだろう」と思う不可解な買い物を後悔...
FILM
 今年のクリスマス、あなたはどう過ごされますか? とあるネットリサーチ会社の統計では、近年ではクリスマスの過ごし方の定番...
FILM
 長男が0歳の時、地域の保育園の空き状況の問題もあって保育園の入所を決意した時、「そんなに早く入れる必要はない」とか「保...
FILM
 にゃんたマニアのみなさまこんにちは。  きょうは静かな港町で出逢った、哀愁の見返りにゃんたまωにロックオン。 ...
FILM
 かわいい我が子を初めて抱いた時、「この子は何がなんでも守る」と決意したママがほとんどでしょう。夜泣きでつらい夜も、料理...
FILM
 近年続く猛暑により、「熱中症にならないように」というリスク管理の意識から、夏場は意識的に水分を取ろうとする人が増えたよ...