介護施設と病院の違いは? 介護は病院に任せられないんです

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-17 06:50
投稿日:2019-07-17 06:00
 介護士を始めるまで、「虐待をしてしまうくらないなら、病院に入院してもらえばいいのに」と思っていたことがあります。素人から見れば、「認知症も病気だから、入院させちゃえばいいのに」と思うことあると思うんです。しかし、“認知症”という診断だけで、病院にお世話になり続けることは不可能なのです。そもそも「介護施設と病院の違いって何?」とお考えの方も多いと思います。今回は“介護施設と病院の違い”を紹介します。

介護をするなら介護施設じゃなくて病院に任せたい

介護施設と病院なにが違う?(写真:iStock)
介護施設と病院なにが違う? (写真:iStock)

 介護士からすれば「病院に認知症という理由だけで、入院させるのは無理」というのは当たり前に知られている知識です。突然、親が認知症という診断を受けた家族は、どうでしょう。これまで介護に携わったことがない人であれば、まず最初に「病院の力を借りたい」と考えるのは自然な流れです。

 いざ病院に行って事情を話すと「これ以上、病院で手の施しようがない」と言われてしまいます。認知症が原因で、排泄の介助が必要だったり人の目が届かないところで生活できない本人を前に落胆するのではないでしょうか。「こんなに大変なのに、入院という手段がないのか」と、げんなりしてしまうと思います。なぜ認知症という病名があるのにも関わらず、病院は受け入れてくれないのでしょうか。

介護施設と病院の違いとは

介護施設は医療施設ではない(写真:iStock)
介護施設は医療施設ではない (写真:iStock)

 結論から述べると、介護を病院では引き受けることはありません。認知症という診断がついただけで、病院に入院することはできないのです。介護施設と病院の違いについて、元介護士の筆者がシェアしましょう。

認知症の患者もいる? 病院の介護について

 看護師の話や、実際に病院に出向けば当たり前のように認知症の患者はいます。しかし、認知症が原因で入院しているわけではありません。精神病棟であれば、認知症のために生じた問題行動や感情起伏の対処に薬物を用いている可能性があり、これの調整をつけるために入院していることはありますが、容態が落ち着けば退院させられます。病院とは“具合が悪い人は看るところ”なのです。たまたま他の病気が悪化して、その人が認知症を併発していることは少なくありません。

 しかし、認知症を主訴(主要な病気)として生涯、病院に入院させることはできません。そのあとは家族が本人の看病をしたり、介護施設に入所することが考えられます。「自宅には戻れないけど、病院に入院しているほどでもない」といった場合は、“介護老人保健施設”に入所になります。

 家族は「認知症も病気。病院が見てくれるほど心強いことはない」と思うに違いありません。しかし、病院は医療を優先するためなら、身体拘束することも認められます。点滴を抜去してしまう可能性があるのなら、それを医療的に阻止するために腕を拘束します。高齢者であれば、こうした拘束で身体がより不自由になってしまうこともあるのです。

介護施設とは介護者の日常を送る場所である

 介護施設は医療施設ではありません。そのため、拘束は原則、認められていません。本人の暮らしや性格を尊重しつつ、日常生活のサポートをする場所です。多くの家族が介護に疲れて求めている場所は、病院ではなく介護施設だということが理解できたかと思います。

 介護施設の多くは医療施設とも連携をとっており、訪問診療を行っていたりします。急変時や特変時には、提携医療機関にかかることができます。介護士は、いわば介護のプロ。精神疾患で、妄想や幻覚がみられる時など日常の細かなことを経過観察して、医療に繋げます。

 日常生活をサポートしつつ、的確に必要な医療がもたらされるように常日頃から配慮を欠かしません。そのため日頃から変化を記録したり、病気の進行によって起きた異変についても、よりいい方向に向かうよう認知症の人に寄り添うのです。

あらかじめ介護施設に目星をつけておくこと

余裕をもって調べておくことが大切(写真:iStock)
余裕をもって調べておくことが大切 (写真:iStock)

 突然、介護を要する事態になった時に、多くの人は動揺します。今までの人生では、病気を治すのにも、多くは病院に入院したことでしょう。しかし、認知症となると病院に長くいることもできないのです。

 両親が高齢になったり、自分の配偶者に介護の予兆があった場合は、なるべく早めに介護施設を複数見つけておくことをオススメします。もしもの時に病状や経済的な事情から、適切だと思われる介護施設を選べるようにしておくと安心だと思いませんか。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...