祝結婚・小泉進次郎的「鎧を脱がせる」隠れた被支配欲求とは

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-08-19 15:43
投稿日:2019-08-16 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる現役引退系脳みそ性器。そんな男を好いて惚れ尽くしたわけですが、ひろしの「ザ平成価値観女の牙城を崩すテク」って!?

昭和女子が憧れた「マイ・フェア・レディ」と「プリティ・ウーマン」

人気者はつらいよ(C)コクハク
人気者はつらいよ (C)コクハク

【vol.25】

 前回はひろしによる「現役エロスの救世主」(生足魅惑のマーメイドみたいですね)についてお話しました。そこで今回は「服従させるヒギンズ教授」についてお話したいと思います。

 ヒギンズ教授といえばいわずと知れたオードリー・ヘップバーンの映画「マイ・フェア・レディ」に出てくる音声学者。原作はジョージ・バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」です。

 下世話な喋り方をする花売り娘を上流階級の娘に仕立て上げ舞踏会でデビューできるかどうかという賭けに乗って、女性をそっくり丸ごと“作り変える”のです。

 現代版でいえば「プリティ・ウーマン」のエドワード・ルイス。パートナーの同伴がマストな会食が立て込んでいるのに恋人に愛想をつかされたエドワードは、$3,000でビビアンと6日間のパートナー契約を結びます。エドワードはビビアンを着飾らせ、ありとあらゆる贅沢を教えます。

 そんな“男性に富と教養を授けられる系シンデレラストーリー”に昭和の女子は頬を緩ませ「ほぅ」とため息をついていたものです。

 貧乏がデフォルトというスタンスの女性が、男性から与えられるものを享受しつつ、一方で、自らの先入観に凝り固まっている男性側も、いちいち彼女の天真爛漫さやまっすぐな哲学に啓蒙され、最後は恋に落ちるwin-winなラブストーリー。

シンデレララブストーリーの普遍的フェーズ

 カネや教育に糸目はつけず与えられる対象となる女性は街角の花売り娘だったり、路上の春売り娘だったり、貧乏で育ちは悪くとも確固たる自己を持ち、丁々発止にやり合えるシンデレラ。そのシンデレラによるラブストーリーの女性側フェーズは揃いも揃って一緒です。

圧倒されて言う通りにするフェーズ

慣れてきて丁々発止にぶつかり合うフェーズ

作られた自分と本来の自分に悩むフェーズ

男性が啓蒙されて「俺はあの子に教えられた……!」と瞠目して改心するフェーズ

お互い歩み寄って、めでたしめでたし

 この欺瞞! この自己中心感! このひとりエッチ感!

 たぶん平成を生きてきた女は、立身出世の#自分で稼いで自分で使う、#生き馬の目を抜く、という美学を持っていたし、わたしもそう思っていました。

平成の働く女たちに芽生えた「自腹の美学」

なにか?(写真:iStock)
なにか? (写真:iStock)

 しかしそういう女こそ、ヒギンズ教授やエドワードにコロッといくのです。昭和に生まれ、平成を生きる働く女たちはシンデレラストーリーの夢物語で育ちますが、いつか迎えにきてくれる王子様がいないことを17歳くらいで気づいてしまい、学歴を手に入れ、仕事を手に入れます。そして、大好きじゃない男に奢ってもらって一緒に飲むくらいなら自分のお金で美味しいものを食べに行くという確固たる自負と鎧のような強さを身につけます。

 それか徹底的に男に頼る人生を選択して、寄生先の男性を見つけることに全精力を傾け、イチ抜けする女性。ただその勝率は5%以下だし、そんなふうに寄生させてくれるような男は女性にプラスアルファアルファアルファを求めますから、顔だけで高年収の男性を見つけることができるくらいの容姿を持つ女性は、とっくの昔に女優になっているか銀座で生きています。

プラスαがあってもひたすら過重債務状態

 そのプラスアルファがなくてもチヤホヤされていられるのは平成まで、この令和になるといくら若くて綺麗でもよく分からない肩書き女や、聞いたこともない会社の社長の名刺を差し出す女はハイスペックな男性から敬遠される傾向があります。

 できればビジネスの潮流を見極め、話についてこられる女性、ハイスペックな男性のプラスアルファのメリットになるような仕事についている女性、かわいいのにギャップ荒稼ぎしている女性……現在はかわいいのに〇〇なギャップ、というよりもかわいい、かつ、成功している女性でないと男性と同じ俎上にも載れないのです。

 成功していて男性と同じくらい稼いでいていろんな会社が組みたいと思っている会社に勤めている女性、お金がついてきていなくともSNSで話題の会社を起こした女性などなど。女性に求められるものは令和の昨今、かわいい、美人、スタイルがいいだけでなくひたすら過重債務状態です。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
「トレーニングは、効いている実感がないと続かない」――これは誰もが同意してくれることではないでしょうか。加えて、目標も必...
桃子 2020-10-24 08:49 エロコク
FILM
 日に日に秋の色が濃くなっていくこの季節、ぬくもりが恋しくなりませんか? 私はなります! セックスしたいとか気持ち良くな...
桃子 2020-10-17 06:00 エロコク
FILM
「ビーン スポット ピンク」には度肝を抜かれました。私だけではないはず。このS字形の物体が最新バイブレーターだと聞いて、...
桃子 2020-10-12 16:34 エロコク
FILM
「ネトラレ(寝取られ)」という言葉をご存じでしょうか。官能小説やアダルトゲーム等ではすでに定番化しているこちらの分野、い...
蒼井凜花 2020-10-11 06:38 エロコク
FILM
「膣トレ」って、聞いたことがある人は多いでしょう。締まりが良くなる、イキやすくなるなど、セックス時にメリットがあるだけで...
FILM
「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、ラブグッズをコレクションし始めたころの私は、まさにそれでした。というよりも、...
桃子 2020-10-05 06:00 エロコク
FILM
 その人の生き方は、セックスのシーンでも滲み出るのではないでしょうか。受け身だったり恥ずかしがるよりも、アクティブで主体...
大泉りか 2020-10-03 06:00 エロコク
FILM
 あなたは、ラブグッズを使ったことがありますか? 「興味はあるけれど機会がない」「周りにバレたら困る……」と、尻込みして...
FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク