祝結婚・小泉進次郎的「鎧を脱がせる」隠れた被支配欲求とは

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-08-19 15:43
投稿日:2019-08-16 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる現役引退系脳みそ性器。そんな男を好いて惚れ尽くしたわけですが、ひろしの「ザ平成価値観女の牙城を崩すテク」って!?

昭和女子が憧れた「マイ・フェア・レディ」と「プリティ・ウーマン」

人気者はつらいよ(C)コクハク
人気者はつらいよ (C)コクハク

【vol.25】

 前回はひろしによる「現役エロスの救世主」(生足魅惑のマーメイドみたいですね)についてお話しました。そこで今回は「服従させるヒギンズ教授」についてお話したいと思います。

 ヒギンズ教授といえばいわずと知れたオードリー・ヘップバーンの映画「マイ・フェア・レディ」に出てくる音声学者。原作はジョージ・バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」です。

 下世話な喋り方をする花売り娘を上流階級の娘に仕立て上げ舞踏会でデビューできるかどうかという賭けに乗って、女性をそっくり丸ごと“作り変える”のです。

 現代版でいえば「プリティ・ウーマン」のエドワード・ルイス。パートナーの同伴がマストな会食が立て込んでいるのに恋人に愛想をつかされたエドワードは、$3,000でビビアンと6日間のパートナー契約を結びます。エドワードはビビアンを着飾らせ、ありとあらゆる贅沢を教えます。

 そんな“男性に富と教養を授けられる系シンデレラストーリー”に昭和の女子は頬を緩ませ「ほぅ」とため息をついていたものです。

 貧乏がデフォルトというスタンスの女性が、男性から与えられるものを享受しつつ、一方で、自らの先入観に凝り固まっている男性側も、いちいち彼女の天真爛漫さやまっすぐな哲学に啓蒙され、最後は恋に落ちるwin-winなラブストーリー。

シンデレララブストーリーの普遍的フェーズ

 カネや教育に糸目はつけず与えられる対象となる女性は街角の花売り娘だったり、路上の春売り娘だったり、貧乏で育ちは悪くとも確固たる自己を持ち、丁々発止にやり合えるシンデレラ。そのシンデレラによるラブストーリーの女性側フェーズは揃いも揃って一緒です。

圧倒されて言う通りにするフェーズ

慣れてきて丁々発止にぶつかり合うフェーズ

作られた自分と本来の自分に悩むフェーズ

男性が啓蒙されて「俺はあの子に教えられた……!」と瞠目して改心するフェーズ

お互い歩み寄って、めでたしめでたし

 この欺瞞! この自己中心感! このひとりエッチ感!

 たぶん平成を生きてきた女は、立身出世の#自分で稼いで自分で使う、#生き馬の目を抜く、という美学を持っていたし、わたしもそう思っていました。

平成の働く女たちに芽生えた「自腹の美学」

なにか?(写真:iStock)
なにか? (写真:iStock)

 しかしそういう女こそ、ヒギンズ教授やエドワードにコロッといくのです。昭和に生まれ、平成を生きる働く女たちはシンデレラストーリーの夢物語で育ちますが、いつか迎えにきてくれる王子様がいないことを17歳くらいで気づいてしまい、学歴を手に入れ、仕事を手に入れます。そして、大好きじゃない男に奢ってもらって一緒に飲むくらいなら自分のお金で美味しいものを食べに行くという確固たる自負と鎧のような強さを身につけます。

 それか徹底的に男に頼る人生を選択して、寄生先の男性を見つけることに全精力を傾け、イチ抜けする女性。ただその勝率は5%以下だし、そんなふうに寄生させてくれるような男は女性にプラスアルファアルファアルファを求めますから、顔だけで高年収の男性を見つけることができるくらいの容姿を持つ女性は、とっくの昔に女優になっているか銀座で生きています。

プラスαがあってもひたすら過重債務状態

 そのプラスアルファがなくてもチヤホヤされていられるのは平成まで、この令和になるといくら若くて綺麗でもよく分からない肩書き女や、聞いたこともない会社の社長の名刺を差し出す女はハイスペックな男性から敬遠される傾向があります。

 できればビジネスの潮流を見極め、話についてこられる女性、ハイスペックな男性のプラスアルファのメリットになるような仕事についている女性、かわいいのにギャップ荒稼ぎしている女性……現在はかわいいのに〇〇なギャップ、というよりもかわいい、かつ、成功している女性でないと男性と同じ俎上にも載れないのです。

 成功していて男性と同じくらい稼いでいていろんな会社が組みたいと思っている会社に勤めている女性、お金がついてきていなくともSNSで話題の会社を起こした女性などなど。女性に求められるものは令和の昨今、かわいい、美人、スタイルがいいだけでなくひたすら過重債務状態です。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク