夫が怒っている原因と“なぜか夫が不機嫌なとき”の対処法4つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-26 06:00
投稿日:2019-08-26 06:00
 いつもとは違う夫の態度に「私、怒らせるようなことしたかなぁ」と悩む妻は多いものです。これといった喧嘩はしていないものの、口数が減ったり会話も弾まなかったりと不機嫌そのもの。「どうして怒ってるの?」と聞いても、「別に怒ってない」と返事されてしまうと困りますよね。
 そこで、夫が怒りがちな理由3つと心当たりがないのに夫が不機嫌な時の対処法を4つ紹介したいと思います。

なんで怒ってるの? 夫が不機嫌な理由とは

何で怒ってるの?(写真:iStock)
何で怒ってるの? (写真:iStock)

 夫が不機嫌な妻を見て「女心は秋の空だ!」と言ったりしますが、夫も負けじと意味不明なタイミングで不機嫌アピールをしてきます。妻たちが「私、何もしていないのに嫌な感じ!」と怒るのも無理はないタイミングで、夫の不機嫌は始まるのです。そこで、夫たちの不機嫌な理由を紹介しましょう。

疲れているから

「疲れてるんですよ。それなのに、妻は僕に話しかけてくる。家に帰ったら好きなことをしたいです。スマホで動画を見たり、音楽鑑賞もしたいし。妻と会話をするなんて、いつでもできるから。不機嫌な態度を示すのは“話したくない”ってことを分からせるためです。会話するのも、だるい時があるんですよ」(Sさん・39歳男性/弁護士)

八つ当たり

「正直、妻に何も思っていなくても、家族だからこそ八つ当たりしてしまうことがあります。上司や同僚には絶対言わないような言葉で、なじってしまったり……。妻には悪いと思いつつ、どうやって悩みを相談すればいいかうまい言葉が見つからなくて。大切な仕事を控えている時も“大丈夫かな……”と、不安な気持ちを妻に打ち明けられたら楽なのに、”君は呑気でいいね”とか言っちゃう。男のプライドってやつです」(Iさん・41歳男性/経営者)

妻にイライラしているから

「妻にイライラしている時は、不機嫌ですから態度に出てしまいますよね。妻に口論で勝とうと思っても無理なので、しばらく引きずります。反論しなかった僕に対して、言うことを言い終えスッキリした妻は、仲直りしたと勘違いしているようです。でも、僕は内心モヤモヤしているので、そういう態度になってしまうんですよ。でも言ったところで、どうせ口論で負けてしまう。カカア天下なので、何も言えないのです」(Wさん・29歳男性/経理)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ