夫が怒っている原因と“なぜか夫が不機嫌なとき”の対処法4つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-26 06:00
投稿日:2019-08-26 06:00
 いつもとは違う夫の態度に「私、怒らせるようなことしたかなぁ」と悩む妻は多いものです。これといった喧嘩はしていないものの、口数が減ったり会話も弾まなかったりと不機嫌そのもの。「どうして怒ってるの?」と聞いても、「別に怒ってない」と返事されてしまうと困りますよね。
 そこで、夫が怒りがちな理由3つと心当たりがないのに夫が不機嫌な時の対処法を4つ紹介したいと思います。

なんで怒ってるの? 夫が不機嫌な理由とは

何で怒ってるの?(写真:iStock)
何で怒ってるの? (写真:iStock)

 夫が不機嫌な妻を見て「女心は秋の空だ!」と言ったりしますが、夫も負けじと意味不明なタイミングで不機嫌アピールをしてきます。妻たちが「私、何もしていないのに嫌な感じ!」と怒るのも無理はないタイミングで、夫の不機嫌は始まるのです。そこで、夫たちの不機嫌な理由を紹介しましょう。

疲れているから

「疲れてるんですよ。それなのに、妻は僕に話しかけてくる。家に帰ったら好きなことをしたいです。スマホで動画を見たり、音楽鑑賞もしたいし。妻と会話をするなんて、いつでもできるから。不機嫌な態度を示すのは“話したくない”ってことを分からせるためです。会話するのも、だるい時があるんですよ」(Sさん・39歳男性/弁護士)

八つ当たり

「正直、妻に何も思っていなくても、家族だからこそ八つ当たりしてしまうことがあります。上司や同僚には絶対言わないような言葉で、なじってしまったり……。妻には悪いと思いつつ、どうやって悩みを相談すればいいかうまい言葉が見つからなくて。大切な仕事を控えている時も“大丈夫かな……”と、不安な気持ちを妻に打ち明けられたら楽なのに、”君は呑気でいいね”とか言っちゃう。男のプライドってやつです」(Iさん・41歳男性/経営者)

妻にイライラしているから

「妻にイライラしている時は、不機嫌ですから態度に出てしまいますよね。妻に口論で勝とうと思っても無理なので、しばらく引きずります。反論しなかった僕に対して、言うことを言い終えスッキリした妻は、仲直りしたと勘違いしているようです。でも、僕は内心モヤモヤしているので、そういう態度になってしまうんですよ。でも言ったところで、どうせ口論で負けてしまう。カカア天下なので、何も言えないのです」(Wさん・29歳男性/経理)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ