「あんなに好きだったのに」夫婦関係が冷めた切実な理由3選

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-01 06:28
投稿日:2019-08-01 06:00
愛し合って結婚した2人だけど…(写真:iStock)
愛し合って結婚した2人だけど… (写真:iStock)

 昨今、3組に1組といわれるほどの夫婦が離婚をしているにも関わらず、「私たちは大丈夫」と多くのカップルが夫婦として2人の人生を歩み始めます。結婚する前は、離婚や不倫の可能性も疑うくせに、それでも結婚してしまうのは、やはり「恋は盲目」なのだからでしょう。

「この人と結婚したい」という純粋な気持ちが、その行動を引き起こすんだと思います。そんな思いを持ってスタートさせた2人の生活でも、慣れてきた頃、すっと脱力する瞬間があるはずです。

「なんか疲れちゃったな……」と感じる時、すでに2人には険悪なムードが漂っていることも少なくないでしょう。夫婦が冷めたきっかけについて、その理由をシェアしましょう。

結婚したら冷めた! 女性の方が多いその理由とは?

夫と離れたい自分に気付く…(写真:iStock)
夫と離れたい自分に気付く… (写真:iStock)

「結婚したら冷めた」という言葉を男女ともに聞くことがあります。夫の言い分は「以前ほど情熱的に抱けなくなった」「妻を異性として見られない」などが多いようですが、筆者が悩みの相談を受ける限りにおいて、妻が「夫婦であることに冷めたわ……」と感じる時、夫よりも深刻なことが多い気がするのです。

頼りがいがない

「結婚する前は、とにかく男前で頼りがいがあった主人。そんな頼もしいところが魅力的で、“この人とならどんなことも乗り越えられる”と思ったのが間違いでした。姑問題に関しては“俺に言うなよ。直接、母親に文句言って”と、まともに取り合ってくれません。子育てに関しても私に頼ってばかり。結婚生活の主なトラブルシューティングは、女性にかかっていると思ってます」(Sさん・32歳女性)

子供が一人増えた感じが…

「とにかく全く家事をしてくれません。家事ができなくたって、少しでも“やることない?”と聞いてくれたら、心理的には随分と楽な気がします。それなのに“ご飯まだ?”と。なるべく、不満を抱かせないように、せっせと私が陰で気を遣うばかり。夫は些細なことですぐに怒ります。最近では“なんでこんなに怒られなくちゃいけないの?”と、まともに取り合うことも疲れちゃいました」(Hさん・39歳女性)

溺愛されすぎて逆に冷めた

「私の夫は、休日のたびに私と過ごすことを望みます。定時で絶対に退社してきますし、私のことを“カミさんがさ〜”と、まるで一心同体のように近所の人にも話します。そんな様子に近所の奥様には、“いい旦那さんね”と言いますが、私は主人の所有物のようで不服です。結婚して20年、そろそろ定時退社はいいので、ちゃんと出世してください。そんなに一緒にいなくても大丈夫です。一人になりたい〜!」(Uさん・47歳女性)

夫婦が冷めた時に試すべき4つのこと

どうして冷めたのかを考えてみる(写真:iStock)
どうして冷めたのかを考えてみる (写真:iStock)

 結婚して夫婦が冷めた時、そのことを素直に受け入れるしか方法はないのでしょうか。その前に試すべき4つの方法をシェアします。

夫婦といえど他人であることを自覚する

 夫婦が冷めた関係になるのには、「家族」という認識から「どうして分かってくれないのだろう?」という甘えが出るところにあります。筆者も経験がありますが、人は身内であるほど相手を傷つけるような言葉を平気で言ったりします。

 その言葉遣いは、同僚や上司にも通用する言葉遣いですか? 家族ではありますが、夫婦は他人同士です。相手に求めすぎたり、期待しすぎるのも控えましょう。

どうして冷めたのかを考えること

 夫婦は長い間、一緒に過ごします。だからこそ、冷めたと思われる時期があってもいいのではないでしょうか。しかし、ここで忘れてはいけないのが、その冷めた原因を探すことです。「冷めた」という事実、その原因を探ることは、他人と暮らしている中でのマナーだと思います。

 冷めた原因を探していくうちに、意外にも自分に原因があることもありますよ。

喧嘩を繰り返してみるのもアリ?

 夫婦が冷めた時は、お互いに鬱憤が溜まっていることも。そんな時は、とにかく喧嘩するのもオススメです。日本では、子供の目の前で夫婦喧嘩を見せることはタブーとしていますが、筆者は場合によってはありだと感じています。

 男女がどのように喧嘩をし、仲直りをするのかを見せることは、とても大事な教育とも思えます。この時に罵り合ったり暴言を吐くのではなく、冷静に「どうしてそうなるの?」と納得できないことを深めるスタンスを持つことが、いい夫婦喧嘩にするポイントになりますよ。

あえて解決しないこともよし

 物事がうまくまとまらないと、モヤモヤした気持ちが残ることありますよね。夫婦が冷めた時も「離婚? 続投?」と頭を悩ませるものです。しかし、あえて解決しないままにすることで、自分も精神的に楽になることができます。

 喧嘩が続いてしまったり、収拾がつかない事案に関しては「結論が出なくてもいいか」と、相手にも自分にも変わることを求めないのがコツです。そうすることで問題意識がなくなり、イライラしたり悲しくなったりすることを防ぐことができます。

 どうしても許せない時は、とりあえず「あとで考えようかな」と声を出してみると、自分がすごく楽になります。そうしていくうちに夫への感情も下降する一方なら、それが2人の相性の限界と言えます。その時は悩まなくても、自ずと答えは出ているはず。自分を不必要に追い込むのはやめましょう。

夫婦が冷めた関係を取り戻すために

夫婦のスタイルはそれぞれだから(写真:iStock)
夫婦のスタイルはそれぞれだから (写真:iStock)

 夫婦関係が冷めた時は、元の関係を取り戻すために片方が努力していても無意味ということを知りましょう。2人で苦戦していくうちに「離婚」というワードが出ることもありますが、そのことを深く考えないようにするのがコツです。

 夫婦関係が冷めたことを素直に認め、セカンドステージに移行することがあってもいいと筆者は考えます。そのためには、配偶者を「生活する上でのパートナー」として割り切ってしまうのも、解決策の一つとしてはあってもいいはずです。

「仮面夫婦」や「家庭内別居」というワードで、どうしても夫婦関係が冷めたことに危機感を持ってしまう現代。だからこそ、自分たちの夫婦のスタイルを確立することも大事なことなのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏にするなら、頼り甲斐のある年上男性が良い!」そう思う女性は多いでしょう。でも、実は年下彼氏には良さがたくさんあるん...
FILM
 独身の人や婚活している人は、どうしても結婚がゴールというイメージになりがちですが、実は結婚してからの方が終わりなき長い...
田中絵音 2019-11-19 06:00 ラブ
FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ