「あんなに好きだったのに」夫婦関係が冷めた切実な理由3選

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-01 06:28
投稿日:2019-08-01 06:00
愛し合って結婚した2人だけど…(写真:iStock)
愛し合って結婚した2人だけど… (写真:iStock)

 昨今、3組に1組といわれるほどの夫婦が離婚をしているにも関わらず、「私たちは大丈夫」と多くのカップルが夫婦として2人の人生を歩み始めます。結婚する前は、離婚や不倫の可能性も疑うくせに、それでも結婚してしまうのは、やはり「恋は盲目」なのだからでしょう。

「この人と結婚したい」という純粋な気持ちが、その行動を引き起こすんだと思います。そんな思いを持ってスタートさせた2人の生活でも、慣れてきた頃、すっと脱力する瞬間があるはずです。

「なんか疲れちゃったな……」と感じる時、すでに2人には険悪なムードが漂っていることも少なくないでしょう。夫婦が冷めたきっかけについて、その理由をシェアしましょう。

結婚したら冷めた! 女性の方が多いその理由とは?

夫と離れたい自分に気付く…(写真:iStock)
夫と離れたい自分に気付く… (写真:iStock)

「結婚したら冷めた」という言葉を男女ともに聞くことがあります。夫の言い分は「以前ほど情熱的に抱けなくなった」「妻を異性として見られない」などが多いようですが、筆者が悩みの相談を受ける限りにおいて、妻が「夫婦であることに冷めたわ……」と感じる時、夫よりも深刻なことが多い気がするのです。

頼りがいがない

「結婚する前は、とにかく男前で頼りがいがあった主人。そんな頼もしいところが魅力的で、“この人とならどんなことも乗り越えられる”と思ったのが間違いでした。姑問題に関しては“俺に言うなよ。直接、母親に文句言って”と、まともに取り合ってくれません。子育てに関しても私に頼ってばかり。結婚生活の主なトラブルシューティングは、女性にかかっていると思ってます」(Sさん・32歳女性)

子供が一人増えた感じが…

「とにかく全く家事をしてくれません。家事ができなくたって、少しでも“やることない?”と聞いてくれたら、心理的には随分と楽な気がします。それなのに“ご飯まだ?”と。なるべく、不満を抱かせないように、せっせと私が陰で気を遣うばかり。夫は些細なことですぐに怒ります。最近では“なんでこんなに怒られなくちゃいけないの?”と、まともに取り合うことも疲れちゃいました」(Hさん・39歳女性)

溺愛されすぎて逆に冷めた

「私の夫は、休日のたびに私と過ごすことを望みます。定時で絶対に退社してきますし、私のことを“カミさんがさ〜”と、まるで一心同体のように近所の人にも話します。そんな様子に近所の奥様には、“いい旦那さんね”と言いますが、私は主人の所有物のようで不服です。結婚して20年、そろそろ定時退社はいいので、ちゃんと出世してください。そんなに一緒にいなくても大丈夫です。一人になりたい〜!」(Uさん・47歳女性)

夫婦が冷めた時に試すべき4つのこと

どうして冷めたのかを考えてみる(写真:iStock)
どうして冷めたのかを考えてみる (写真:iStock)

 結婚して夫婦が冷めた時、そのことを素直に受け入れるしか方法はないのでしょうか。その前に試すべき4つの方法をシェアします。

夫婦といえど他人であることを自覚する

 夫婦が冷めた関係になるのには、「家族」という認識から「どうして分かってくれないのだろう?」という甘えが出るところにあります。筆者も経験がありますが、人は身内であるほど相手を傷つけるような言葉を平気で言ったりします。

 その言葉遣いは、同僚や上司にも通用する言葉遣いですか? 家族ではありますが、夫婦は他人同士です。相手に求めすぎたり、期待しすぎるのも控えましょう。

どうして冷めたのかを考えること

 夫婦は長い間、一緒に過ごします。だからこそ、冷めたと思われる時期があってもいいのではないでしょうか。しかし、ここで忘れてはいけないのが、その冷めた原因を探すことです。「冷めた」という事実、その原因を探ることは、他人と暮らしている中でのマナーだと思います。

 冷めた原因を探していくうちに、意外にも自分に原因があることもありますよ。

喧嘩を繰り返してみるのもアリ?

 夫婦が冷めた時は、お互いに鬱憤が溜まっていることも。そんな時は、とにかく喧嘩するのもオススメです。日本では、子供の目の前で夫婦喧嘩を見せることはタブーとしていますが、筆者は場合によってはありだと感じています。

 男女がどのように喧嘩をし、仲直りをするのかを見せることは、とても大事な教育とも思えます。この時に罵り合ったり暴言を吐くのではなく、冷静に「どうしてそうなるの?」と納得できないことを深めるスタンスを持つことが、いい夫婦喧嘩にするポイントになりますよ。

あえて解決しないこともよし

 物事がうまくまとまらないと、モヤモヤした気持ちが残ることありますよね。夫婦が冷めた時も「離婚? 続投?」と頭を悩ませるものです。しかし、あえて解決しないままにすることで、自分も精神的に楽になることができます。

 喧嘩が続いてしまったり、収拾がつかない事案に関しては「結論が出なくてもいいか」と、相手にも自分にも変わることを求めないのがコツです。そうすることで問題意識がなくなり、イライラしたり悲しくなったりすることを防ぐことができます。

 どうしても許せない時は、とりあえず「あとで考えようかな」と声を出してみると、自分がすごく楽になります。そうしていくうちに夫への感情も下降する一方なら、それが2人の相性の限界と言えます。その時は悩まなくても、自ずと答えは出ているはず。自分を不必要に追い込むのはやめましょう。

夫婦が冷めた関係を取り戻すために

夫婦のスタイルはそれぞれだから(写真:iStock)
夫婦のスタイルはそれぞれだから (写真:iStock)

 夫婦関係が冷めた時は、元の関係を取り戻すために片方が努力していても無意味ということを知りましょう。2人で苦戦していくうちに「離婚」というワードが出ることもありますが、そのことを深く考えないようにするのがコツです。

 夫婦関係が冷めたことを素直に認め、セカンドステージに移行することがあってもいいと筆者は考えます。そのためには、配偶者を「生活する上でのパートナー」として割り切ってしまうのも、解決策の一つとしてはあってもいいはずです。

「仮面夫婦」や「家庭内別居」というワードで、どうしても夫婦関係が冷めたことに危機感を持ってしまう現代。だからこそ、自分たちの夫婦のスタイルを確立することも大事なことなのではないでしょうか。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


縁結び神社は効かないの? 運命の出会いを呼び寄せる方法
 素敵なパートナーとの出会いを求める人に人気なのが「縁結び」ですよね。でも、中には願いを叶えた人が多いという有名な縁結び...
恋バナ調査隊 2023-02-06 06:00 ラブ
結婚を親に反対されてしんどい…認めてもらう5つの方法とNGな行動
 両親に結婚を認めてもらうための通過点である「結婚挨拶」。でも、もしも結婚を親に反対されてしまったらとてもショックですよ...
恋バナ調査隊 2023-02-05 06:00 ラブ
「頭の回転が速くても結婚に向かない女性」恋人の求婚にノーする男の本音
「冷酷と激情のあいだvol.128〜女性編〜」では、交際5カ月を迎えた恋人にプロポーズをするも、YESの返事をもらえずに...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
「私が男なら私と結婚したい」プロポーズ連敗中の40代女の嘆き
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
【最終手段】男性“コロ落ち”!嘘泣きのやり方&バレないコツ
「涙は女の武器」という言葉がありますが、世の中にはこの言葉通り、いざという時に男性の前で嘘泣きを使いこなす小悪魔女性が存...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
雰囲気悪いのは浮気のせいちゃうんかー!不倫男が主張する身勝手な理由
 世の中には、隠れて不倫している男性がごまんと存在します。大人の女性なら「男ってそんなもんだろうな」と、薄々気づいている...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
美人ヨガ講師がレズビアン専用マッチングアプリの沼に… #1
 今や出会いの主軸となったマッチングアプリ。コロナ禍もあって、他人との交流や出会いのひとつとして利用している人は男女問わ...
蒼井凜花 2023-02-03 06:00 ラブ
やめられない浮気は「性格の一部」説!常習犯男性の共通点
 浮気をしない男性も存在しますが、何度も繰り返す男がいるのもまた事実。「男は浮気する生き物」なんて言葉もありますよね。そ...
恋バナ調査隊 2023-02-03 06:00 ラブ
シンママを求める男の事情 前澤友作氏監修アプリは即配信中止に
 先日、実業家・前澤友作氏が監修したシングルマザー限定のマッチングアプリ「coary(コアリー)」がリリースされましたが...
内藤みか 2023-02-02 06:00 ラブ
自分目線はNG!友達から恋愛相談された時のギスギスしない回答法
 女友達から恋愛相談された時、どう答えていいか迷ってしまった経験がある人は多いでしょう。特に40代の大人にもなると、若い...
恋バナ調査隊 2023-02-02 06:00 ラブ
モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ