憧れの有名女優の夫を寝取った女性の“驚きの理由”とは…#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-09-02 06:45
投稿日:2019-09-02 06:00
 大ファンである人気女優・美咲さん(仮名・30代)に近づきたいがために、その夫・Kさん(40代)と肉体的関係を持った邦子さん(43歳・スナック経営)。
 彼女のその複雑な心情に、CA歴4年、クラブママ歴10年の官能作家・蒼井が迫ります。
 第2話はコチラです。

セックスしながらの会話が新鮮だった

閉店後はホテルで密会を重ね…(写真:iStock)
閉店後はホテルで密会を重ね… (写真:iStock)

――その後、彼との逢瀬は続いていたんですよね。

「はい……彼は週に一度、海外出張がある時でも二週間と空けず、店に通ってくれました。閉店後にホテルに行って抱かれるという密会が続きました。東南アジアへの出張が多い彼は、帰国後、体臭がとてもスパイシーなんです。フェラチオをしても、全身リップをしてあげても香辛料の匂いがプンプン。私は彼に逢う前はなるべく匂いに気を遣っているのに――。

 でも「日本人は清潔すぎるんだよ」「外国なんてワキガのニオイがセクシーだって、モテモテの女もいるんだよ」などと、セックスしながら海外の話をおもしろ可笑しく聞かせてくれるんです。彼のモノを挿入しながらの会話はとても新鮮でした。

 日本人って無言でエッチする人が多いじゃないですか。でも彼は大らかで「気持ちいいよ」「そこ、もっと噛んで」「邦子ママの顔を見てるだけでイキそうだ」などと話しながら、ズンズンと私の膣肉を貫いてくるんです。そしてセックス後、汗びっしょりの私のワキに舌を這わせ、「ああ、邦子ママのワキ汗は美味しいなあ。他の客が知ったらなんて思うだろうな」なんて、優越感に浸っているんです。子供みたいですよね」

彼を奪いたいと思うようになってしまった

突然彼の妻から電話が…(写真:iStock)
突然彼の妻から電話が… (写真:iStock)

――そう無邪気に笑う邦子さんの表情が、少しずつ暗い影を落としてきた。

「幸せだったはずなのに、徐々に私の心に変化が訪れたんです。最初こそ、『妻である美咲さんとの間接セックス』に興奮していたのが、彼との体の相性の良さもあって、だんだん私のほうがKさんにのめりこむようになっていって……」

――Kさんにのめりこむ? 大ファンである女優・美咲さんよりも、夫のKさんのほうを好きになってしまったということでしょうか?

「好き……なんでしょうね。最初のセックスでは、彼にペニスを挿入されていても、私の脳裏には必ず『美咲さんと性器をこすり合わせたり、乳房を押しつけ合っている』という光景を想像していました。私の中には、常に美咲さんがいたんです。彼女が好きだからこそ、一番近しい夫に接近したのは言うまでもありません」

――それが変わってきた、と。

「はい、女って『抱かれた男を好きになる』と言いますが、その典型です。夜のスナックで働いている私が、まさかお客様に惚れるとは思っていなかったのですが……そのうち、美咲さんから彼を奪いたい思うようにまでなってしまったんです」――それで、どうされたんですか?

「私は仕事柄『お客様をもてなす』ことに長けています。セックスでも同じでした。彼が「ホテルのベランダでバックからやってみようか」と言えば、恥じらいながらも言う通りにしましたし、彼の運転でドライブ中に「ドラフェラして」と言われれば、ドライブ中、彼の勃起に指を絡めながらペニスを取りだし、頬張ってフェラチオを浴びせまくりました。ノーパンでデートしたことだってあります」

――すごい、エッチです……。

「ある時『奥さんとも、こんなことするの?』とつい、訊いてしまったんです。すると、『あいつは淡泊だからな』と一言。あまり話したくなさそうでした」
 
――しかし、破局が訪れた、と。

「はい、彼とのセックス中、彼のスマホが鳴ったんです。液晶画面を見ると『まずい、妻だ』と告げました。私が『緊急の用事かもしれないから出てあげて』というと、彼は通話をオンにし、会話を始めたんです。内容は定かではありませんが、何かの集まりで人数が足りないから困っている……という内容でした」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM