憧れの有名女優の夫を寝取った女性の“驚きの理由”とは…#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-09-02 06:45
投稿日:2019-09-02 06:00
 大ファンである人気女優・美咲さん(仮名・30代)に近づきたいがために、その夫・Kさん(40代)と肉体的関係を持った邦子さん(43歳・スナック経営)。
 彼女のその複雑な心情に、CA歴4年、クラブママ歴10年の官能作家・蒼井が迫ります。
 第2話はコチラです。

セックスしながらの会話が新鮮だった

閉店後はホテルで密会を重ね…(写真:iStock)
閉店後はホテルで密会を重ね… (写真:iStock)

――その後、彼との逢瀬は続いていたんですよね。

「はい……彼は週に一度、海外出張がある時でも二週間と空けず、店に通ってくれました。閉店後にホテルに行って抱かれるという密会が続きました。東南アジアへの出張が多い彼は、帰国後、体臭がとてもスパイシーなんです。フェラチオをしても、全身リップをしてあげても香辛料の匂いがプンプン。私は彼に逢う前はなるべく匂いに気を遣っているのに――。

 でも「日本人は清潔すぎるんだよ」「外国なんてワキガのニオイがセクシーだって、モテモテの女もいるんだよ」などと、セックスしながら海外の話をおもしろ可笑しく聞かせてくれるんです。彼のモノを挿入しながらの会話はとても新鮮でした。

 日本人って無言でエッチする人が多いじゃないですか。でも彼は大らかで「気持ちいいよ」「そこ、もっと噛んで」「邦子ママの顔を見てるだけでイキそうだ」などと話しながら、ズンズンと私の膣肉を貫いてくるんです。そしてセックス後、汗びっしょりの私のワキに舌を這わせ、「ああ、邦子ママのワキ汗は美味しいなあ。他の客が知ったらなんて思うだろうな」なんて、優越感に浸っているんです。子供みたいですよね」

彼を奪いたいと思うようになってしまった

突然彼の妻から電話が…(写真:iStock)
突然彼の妻から電話が… (写真:iStock)

――そう無邪気に笑う邦子さんの表情が、少しずつ暗い影を落としてきた。

「幸せだったはずなのに、徐々に私の心に変化が訪れたんです。最初こそ、『妻である美咲さんとの間接セックス』に興奮していたのが、彼との体の相性の良さもあって、だんだん私のほうがKさんにのめりこむようになっていって……」

――Kさんにのめりこむ? 大ファンである女優・美咲さんよりも、夫のKさんのほうを好きになってしまったということでしょうか?

「好き……なんでしょうね。最初のセックスでは、彼にペニスを挿入されていても、私の脳裏には必ず『美咲さんと性器をこすり合わせたり、乳房を押しつけ合っている』という光景を想像していました。私の中には、常に美咲さんがいたんです。彼女が好きだからこそ、一番近しい夫に接近したのは言うまでもありません」

――それが変わってきた、と。

「はい、女って『抱かれた男を好きになる』と言いますが、その典型です。夜のスナックで働いている私が、まさかお客様に惚れるとは思っていなかったのですが……そのうち、美咲さんから彼を奪いたい思うようにまでなってしまったんです」――それで、どうされたんですか?

「私は仕事柄『お客様をもてなす』ことに長けています。セックスでも同じでした。彼が「ホテルのベランダでバックからやってみようか」と言えば、恥じらいながらも言う通りにしましたし、彼の運転でドライブ中に「ドラフェラして」と言われれば、ドライブ中、彼の勃起に指を絡めながらペニスを取りだし、頬張ってフェラチオを浴びせまくりました。ノーパンでデートしたことだってあります」

――すごい、エッチです……。

「ある時『奥さんとも、こんなことするの?』とつい、訊いてしまったんです。すると、『あいつは淡泊だからな』と一言。あまり話したくなさそうでした」
 
――しかし、破局が訪れた、と。

「はい、彼とのセックス中、彼のスマホが鳴ったんです。液晶画面を見ると『まずい、妻だ』と告げました。私が『緊急の用事かもしれないから出てあげて』というと、彼は通話をオンにし、会話を始めたんです。内容は定かではありませんが、何かの集まりで人数が足りないから困っている……という内容でした」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク