憧れの有名女優の夫を寝取った女性の“驚きの理由”とは…#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-09-02 06:45
投稿日:2019-09-02 06:00
 大ファンである人気女優・美咲さん(仮名・30代)に近づきたいがために、その夫・Kさん(40代)と肉体的関係を持った邦子さん(43歳・スナック経営)。
 彼女のその複雑な心情に、CA歴4年、クラブママ歴10年の官能作家・蒼井が迫ります。
 第2話はコチラです。

セックスしながらの会話が新鮮だった

閉店後はホテルで密会を重ね…(写真:iStock)
閉店後はホテルで密会を重ね… (写真:iStock)

――その後、彼との逢瀬は続いていたんですよね。

「はい……彼は週に一度、海外出張がある時でも二週間と空けず、店に通ってくれました。閉店後にホテルに行って抱かれるという密会が続きました。東南アジアへの出張が多い彼は、帰国後、体臭がとてもスパイシーなんです。フェラチオをしても、全身リップをしてあげても香辛料の匂いがプンプン。私は彼に逢う前はなるべく匂いに気を遣っているのに――。

 でも「日本人は清潔すぎるんだよ」「外国なんてワキガのニオイがセクシーだって、モテモテの女もいるんだよ」などと、セックスしながら海外の話をおもしろ可笑しく聞かせてくれるんです。彼のモノを挿入しながらの会話はとても新鮮でした。

 日本人って無言でエッチする人が多いじゃないですか。でも彼は大らかで「気持ちいいよ」「そこ、もっと噛んで」「邦子ママの顔を見てるだけでイキそうだ」などと話しながら、ズンズンと私の膣肉を貫いてくるんです。そしてセックス後、汗びっしょりの私のワキに舌を這わせ、「ああ、邦子ママのワキ汗は美味しいなあ。他の客が知ったらなんて思うだろうな」なんて、優越感に浸っているんです。子供みたいですよね」

彼を奪いたいと思うようになってしまった

突然彼の妻から電話が…(写真:iStock)
突然彼の妻から電話が… (写真:iStock)

――そう無邪気に笑う邦子さんの表情が、少しずつ暗い影を落としてきた。

「幸せだったはずなのに、徐々に私の心に変化が訪れたんです。最初こそ、『妻である美咲さんとの間接セックス』に興奮していたのが、彼との体の相性の良さもあって、だんだん私のほうがKさんにのめりこむようになっていって……」

――Kさんにのめりこむ? 大ファンである女優・美咲さんよりも、夫のKさんのほうを好きになってしまったということでしょうか?

「好き……なんでしょうね。最初のセックスでは、彼にペニスを挿入されていても、私の脳裏には必ず『美咲さんと性器をこすり合わせたり、乳房を押しつけ合っている』という光景を想像していました。私の中には、常に美咲さんがいたんです。彼女が好きだからこそ、一番近しい夫に接近したのは言うまでもありません」

――それが変わってきた、と。

「はい、女って『抱かれた男を好きになる』と言いますが、その典型です。夜のスナックで働いている私が、まさかお客様に惚れるとは思っていなかったのですが……そのうち、美咲さんから彼を奪いたい思うようにまでなってしまったんです」――それで、どうされたんですか?

「私は仕事柄『お客様をもてなす』ことに長けています。セックスでも同じでした。彼が「ホテルのベランダでバックからやってみようか」と言えば、恥じらいながらも言う通りにしましたし、彼の運転でドライブ中に「ドラフェラして」と言われれば、ドライブ中、彼の勃起に指を絡めながらペニスを取りだし、頬張ってフェラチオを浴びせまくりました。ノーパンでデートしたことだってあります」

――すごい、エッチです……。

「ある時『奥さんとも、こんなことするの?』とつい、訊いてしまったんです。すると、『あいつは淡泊だからな』と一言。あまり話したくなさそうでした」
 
――しかし、破局が訪れた、と。

「はい、彼とのセックス中、彼のスマホが鳴ったんです。液晶画面を見ると『まずい、妻だ』と告げました。私が『緊急の用事かもしれないから出てあげて』というと、彼は通話をオンにし、会話を始めたんです。内容は定かではありませんが、何かの集まりで人数が足りないから困っている……という内容でした」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


初夜は近親相姦の序章 ウェディングドレスを切り裂かれ… #2
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内にある総合病院の御曹司の妻となった。まさに「玉の輿婚」だ。 ...
蒼井凜花 2022-12-02 06:00 エロコク
ホステスも愛人も両立させなきゃ! 四十路熟女のマル秘テク
 今回ご登場いただいたのは東京は江東区の下町、亀戸のスナックでホステスをしている彩花さん。彼女、お店の常連さん数人を相手...
中山美里 2022-11-29 06:00 エロコク
かわいいだけじゃない!挿入すると自然と膣のお腹側も刺激♡
 野菜やフルーツにエロチックな妄想を刺激されるのは世界で広く見られる現象ですが、お国柄もあるようですね。アメリカではナス...
桃子 2022-12-02 17:35 エロコク
月のお手当30万円のはずが…ヤリ逃げされた31歳主婦の後悔
 今年もあとわずか。年末年始は還付金詐欺が増えるそうなので「医療費控除を払い戻す」なんて甘言にご注意いただきたいものです...
中山美里 2022-11-22 06:00 エロコク
挿入しながらクリ刺激OK!ペニスリングとしても優秀
 数え切れないほどのラブグッズを試してきた私ですが、いまだに飽きることはありません。それは年に数度はアッと驚くようなグッ...
桃子 2022-11-20 06:00 エロコク
足先を終始舐められ…ドM美青年のペニス欲しがり同時イキ #4
 かつて六本木の高級クラブでホステスとして働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。クールビューティを体現するかのよう...
蒼井凜花 2022-11-18 06:00 エロコク
“デキちゃった婚”の巨乳人妻が援助額より重要視しているコト
 今回お話を聞かせてくれたのは東京・豊島区在住の人妻で、巨乳が魅力的な小百合さん。  彼女には8歳になる息子さんが...
中山美里 2022-11-15 06:00 エロコク
吸引+舌の衝撃!ピンクの舌が敏感な部分を力強く舐め上げる
「SU-SHITA-吸う舌-」=「吸う舌」。疑似オーラルセックスを多角的に楽しめるグッズが登場しました。「吸う」といえば...
桃子 2022-11-13 06:00 エロコク
「勃起させてすみません!」顔面騎乗で詫びる20歳下M男 #3
 かつて六本木の高級クラブのホステスだったP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  ロングヘアのクール美人の彼女には、...
蒼井凜花 2022-11-19 02:18 エロコク
パパにするなら50代独身男性! 20歳の学生がハマった愛人沼
 男女の「生涯未婚率」(調査年に50歳である男女のうち結婚歴がない人の割合)は、40年以上にわたり、男女ともに右肩上がり...
中山美里 2022-11-08 06:00 エロコク
コスパ最高! 吸われて敏感になったところを先端から刺激♡
 物価高に悩まされる日が続いています。なんでもかんでも値上がりするご時世では、ラブグッズを買うにも“お得感”を求めるのは...
桃子 2022-11-06 06:00 エロコク
「僕の股間をいたぶって」20歳下ドM男のペニスを爪先で…#2
 かつて六本木の高級クラブで働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  彼女はクラブ時代の仲間と定期的に行われ...
蒼井凜花 2022-11-11 17:42 エロコク
「閉経前に女を楽しみたい」バツ1美魔女がプチ愛人になった
 超高齢社会の日本ですが、いつの時代も変わらないのが「いくつになっても女でいたい」という女心です。  現在、愛人を...
中山美里 2022-11-01 06:00 エロコク
人気の「し」の字形バイブ、“指振愛撫”でGスポットを刺激♡
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2週連続で「し」の字形バイブの紹介です。それだけ、いま市場ではこのタイプが...
桃子 2022-10-30 06:00 エロコク
実の娘と“親子丼”!? 41歳バツ1女性が愛人とお別れしたワケ
 読者のみなさんは親子丼はお好きですか? だしの染みた軟らかい鶏肉とトロ~リとした卵をご飯と一緒に口の中に……って、そっ...
中山美里 2022-10-25 06:00 エロコク
挿入&クリ刺激も心地いい「し」の字型♡フィット感もgood!
 今年一番のトレンドともいえる「し」の字形バイブ。挿入しながら、クリトリスにも何らかの刺激を与えるハイブリッドタイプの勢...
桃子 2022-10-23 06:00 エロコク