上から目線? 何げなく口にしていたマウンティング台詞4選

七海 ライター
更新日:2019-09-27 06:00
投稿日:2019-09-27 06:00
 女子会でついついやってしまうマウンティング。
「彼からの指輪、ティファニーで~」と惚気られたら、「わたしもいいと思ってた時期があるわ。今はカルティエだけど~」なんてマウントでやり返す、というのが典型例でしょうか。
 しかし、無意識で発言したことが実は「マウンティングされた!」と思われかねないパターンもあります。何げなく口走ってしまいがちな“マウンティング台詞”をご紹介します。

「もっと可愛くなれるのに、そんなメイクじゃもったいない!」

余計な一言でムカつかれているかも…(写真:iStock)
余計な一言でムカつかれているかも… (写真:iStock)

 これの類似バージョンとして、「もっとモテるのに、そんなファッションじゃもったいないよ!」があります。

 いつもの女子会で、自分は流行を取り入れたモードなファッションでキメて、メイクもポイントを押さえて仕上げているのに、友達は上下ユニクロにほぼすっぴん、なんていうナチュラルすぎる格好で現れたら、ついムズムズしますよね。

「ねえ、せっかく可愛いんだからもっとちゃんと化粧した方がいいよ」

「本当はもっとモテるのに、そのファションじゃもったいない!」

 一見褒めているようですが、要するに「現状、ダサいから何とかしろ」と遠回しに言っているのと同じ。

 そこに価値を置いていない女性も決して少なくはありません。自分の価値観を押し付けて「ねえ、メイクさせてよ!」とプロデュースのまねごとをしてしまうのは、いくら友達とはいえ、やりすぎな行動。

 コラムニストの犬山紙子さんはこれを「おしゃれレイプ」と呼んでいます。友達がそれでいい!これが楽チン!と思っているのであれば、いい大人である私たちが口出しするべきではありません。

 そもそも、アドバイスを求めてもいないのに、いちいちアドバイスしてくる人の言葉って、ありがたいどころか鬱陶しいものですよね。ここはぐっとこらえましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 あなたは過去に彼氏に浮気された経験はありますか? 一度でもそのような経験があると、恋愛に奥手になってしまうもの。トラウ...
恋バナ調査隊 2020-02-17 06:00 ラブ
FILM
「性欲が強いか弱いかは、付き合ってみないと分からない」と、そんな風に思っていませんか?実は性欲が強い男女には、共通した特...
FILM
「自分の顔のここが許せない!」――。誰しも、自分の容姿に対して一つや二つ、コンプレックスや不満を抱いている箇所は持ってい...
七海 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 スマホを開くたびに目に入る「不倫」をテーマにしたレディコミの広告。世の中の多くの人が、それらの問題に悩んでいるというこ...
ミクニシオリ 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。文春砲によって不倫が暴露された俳優の東出昌大さん(31)は、妻子が住む自宅を...
山崎世美子 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 雑談が致命的につまらない夫との会話では、ストレスを感じる妻も少なくないみたいです。それをきっかけに、夫婦のコミュニケー...
並木まき 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 身長差のバランスが取れたカップルは、まわりから見てもとてもスタイリッシュに映るため、憧れの気持ちを抱く方も多いでしょう...
恋バナ調査隊 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 ドライブデートというと、狭い車内で2人きり……。男性から誘われたら、ドキドキしますよね。しかも、相手が気になる男性なら...
恋バナ調査隊 2020-02-14 06:00 ラブ
FILM
 今年は暖冬だなあ、なんて思っていたら、あっという間にすぐそこまで春がやってきています。春といえば桜の季節、別れの季節、...
ミクニシオリ 2020-02-14 06:05 ラブ
FILM
 最近の若い男性は、筋トレに励む人がとても増えています。もちろん筋トレしてモテたいという気持ちは大きいのでしょうけれど、...
内藤みか 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にし...
リタ・トーコ 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
 男女共にモテる人の共通点といえば「一途さ」。特に一途な女性は、男性陣が手に入れたいと思うポイントをたくさん持っているん...
恋バナ調査隊 2020-02-12 14:03 ラブ
FILM
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもう...
並木まき 2020-02-12 06:00 ラブ
FILM
 SNSで思いがけずイケメンに絡まれて「え、もしかして彼、私のことが好き?」とドキドキしてしまった、という話をよく聞きま...
内藤みか 2020-02-11 06:00 ラブ
FILM
 今回登場するのは“#ザン恋史上最大の残念男かもしれません!  普段の振る舞いは紳士的で、女性には華麗なエスコートをし...
田中絵音 2020-02-12 16:59 ラブ
FILM
 多くの男性は「女性には恥じらいを持って欲しい」と思っているようです。恥ずかしがって頬を赤らめる様子に、キュンとしてしま...
孔井嘉乃 2020-02-10 07:08 ラブ