女が親友をもつメリット! 女社会にも清い友情は存在する?

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-08-25 06:00
投稿日:2019-08-25 06:00
女同士にも“熱い友情”はある(写真:iStock)
女同士にも“熱い友情”はある (写真:iStock)

「女社会」という言葉を、聞いたことがあると思います。このワードを聞くと、どことなくドロドロとした女性ならではの関係性を想像してしまいますよね。

 しかし、女性にだって“男のような熱い友情”は存在します。家族以上に気兼ねなく話せたり、同性だけあって嗜好も似ている2人は、生涯のかけがえないパートナーになってくれそうです。時に結婚相手より心強いのが親友の存在。

 筆者にも、小学校1年生から付き合いがある親友が1人います。そんな親友を持っていると訪れる幸せなことを紹介しましょう。すぐ脳裏に浮かぶ親友がいなくても大丈夫。あなたにも大切にすべき親友が近くにいるはずです。そんな“親友チェックリスト”もご用意しました!

男より同性の友達! あえて親友をもつメリット

女同士だからこそ素を出せる(写真:iStock)
女同士だからこそ素を出せる (写真:iStock)

 女性は好きな人ができたら、何がなんでも予定を合わせたりと恋に翻弄される人が多い気がします。でも、ちょっと待って! 同性の親友をもつメリットも存在しているんですよ。

気兼ねなく相談できる

 気兼ねなく相談できるのも、親友のいいところです。特に女性であれば、女体のことは配偶者や彼氏と分かち合うことは難しいですよね。「生理ってさ〜」と気軽に話すことができるのも、嬉しいですよね。女としての立場を考えて、筆者も離婚の際によく親友に相談していました。同性という立場からのアドバイスは、すんなりと受け入れられるのもポイント高いですよね。

女らしさを気にしなくていい

 女性は出かけるとなると、化粧に服装にと気をつかうことが多いです。彼氏の前であれば「女らしさ」を、誰でも意識するのではないでしょうか。しかし、女友達なら「すっぴんでもいい?」というのが許されることも。親友なら「今日はスッピンだから、写メは嫌」ということも言いやすく、自然体でいられるのがいいところ。同性ということで、温泉やプールも性別で隔てられることなく、行動を共にしやすいのもいいですよね。

関係が壊れる心配がない

 彼氏だったら関係が壊れてしまった後に、友人に戻ることが難しかったりします。よくある話題に「男女の友情は成立するのか」ということがありますが、男女で友情を維持するのは難しいように思います。人は誰でも恋をしますし、本気な恋であるほどその優先度は高め。男女であると、友人では相手に予期せぬパートナーが現れたり、恋人なら別れてしまった後にその関係を維持するのが困難です。しかし、同性の親友ならば、それほど関係性が壊れることはありません。

 女社会は、何かと同性にシビアですが、その見極めを見事に通過したのが親友と言える存在。女性同士の同調意識は高いですし、関係性を深めた後に親友と決別することは、まずないはず。

話さなくても理解してくれる

 時に言いづらいことを話してまで、価値観をすり合わせることが男女では必要になってきます。考え方に違いが出るからです。

 同性であれば、大切にしているポリシーや優先順位がなんとなく似ていることもあります。性差を理由に「どうしてそう思ったの?」と聞いてまで歩み寄りたいのが彼氏や配偶者でしょう。異性として魅力を感じているので、本能レベルで相手のことを理解し無理にでも付き合おうとするのでは?

 しかし、親友は“そもそも最初から同性”というカテゴリで分けていますので、「同性として理解できる」とか「同性として相性いいかも」という点で相性を測っています。だからこそ、多くを話さなくても波長があう人が親友となります。「分かり合えないことに疲れた」ということがないので、恋人よりコミュニケーションがスムーズに運びます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 ホストクラブでは恒例の光景となっているシャンパンコール。高額のシャンパンを入れたお客様を店内のホストが取り囲んで威勢の...
FILM
「気になる人がいるんだけど、どう距離を詰めればいいかわからない」  そんな時は迷うことなく、自分から攻めるのが一番!…...
FILM
 きょうは茶トラ3兄弟の憩いの場所にお邪魔しました。  気持ちよさそうにくつろぐ姿にほっこり♪  注目すべき...
FILM
 日本は不妊治療の件数は世界一なのに、体外受精で赤ちゃんが産まれる確率は最下位。そんな状況を変えるために、ミレニアル世代...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
 巷はそろそろ年末に向かって慌ただしくなって参りました。  年末はお花屋さんにとってはまさに早朝から深夜まで忙しく...
FILM
 大人になるにつれて仕事が忙しくなりますよね。仕事が忙しいと休日に昼前まで寝てしまったり、倦怠感を理由に起きてからもダラ...
FILM
「結婚すると、地味になるよね」――。そんな風に言う人はたくさんいます。男性に限らず、結婚せずに働き続ける女性もそう言うか...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
 にゃんたマニアのみなさまこんにちは。  きょうは神社の境内で行き倒れのにゃんたまωにロックオン!  微動だ...
FILM
 老後のために、貯金をしようと思っている人は多いでしょう。しかし、老後の貯金にばかり拘って、今を見失うのは本末転倒ではな...
FILM
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひと...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
 皆さんは「レス」の定義をご存知でしょうか?「(特別な事情がない時)カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタク...
FILM
 雨がやんで、パトロール中のにゃんたまω君に出逢いました。  濡れた毛並み、この時期ちょっと寒そうに見えますが、こ...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...