恋愛相談を女友達にするなら…絶対に知っておきたいルール

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-13 02:02
投稿日:2019-03-11 06:00
 恋愛中は「少しでも誰かに話したい!相談したい!」と思うのが女性です。そんな時にじっくり話を聞いてくれるのが、気のおけない女友達ですよね。私も、たくさん彼女たちに救われてきました。とはいえ、大切な女友達だからこそ、相談する上で注意しておかなければいけないことがあるんです。

恋愛相談をするのに適した女友達の特徴とは?

女同士に「恋の相談」はつきもの(写真:iStock)
女同士に「恋の相談」はつきもの (写真:iStock)

 恋愛相談をするのは女友達なら誰でもOK!というわけではありません。まずは、恋愛相談をするのに向いている女性の特徴をチェックしてみましょう。

私生活に余裕がある

 常に忙しそうだったり、恋愛がうまくいっていない女友達に恋愛相談をするのは考えものです。「そんなこと考えてる暇ない」と思われるのがオチ。というか、仲が良いほど「あ、今適当に聞いてるな」と、分かりますよね。

 とかく恋愛相談は、私生活に余裕がある女友達を選ぶようにしましょう。

口&行動が堅い

 口が堅いだけではなく、行動が堅い女友達を選ぶことも大切。

 秘密にしておいてね!と言っても、自分が好きな人の目の前でなんとなく目配せしてきたり、「好きな人いないみたいよ!」なんて勝手にリサーチしたりなど、要らぬお節介を焼きたがる女性には要注意!

 できれば、自分の好きな人とは全く接点のない女友達が良いですね。

自分の考えを持っている

 何かにつけて「分かる〜」と言う女性は多いですが、実は、大抵分かっていないことが多いです。逆に、「私はこう思うよ」と、全く違う見方でアドバイスをしてくれる女友達は貴重でしょう。

 猪突猛進の恋愛中に選択肢をもらえると、冷静に今の状況を見つめやすくなります。

女友達に恋愛相談をする上でのルール

自分が納得しているのかよく考えて(写真:iStock)
自分が納得しているのかよく考えて (写真:iStock)

 次に、女友達に恋愛相談をする時、気を付けたいルールがあります。1つずつ見ていきましょう。

アドバイスが欲しいorただ聞いて欲しいのかを明確に伝える

 たとえ、世間一般でいう「ダメ男」だったとしても、ひとたび恋に落ちればただただ愛しく見えてしまうもの。苦しい、悲しい気持ちを聞いてもらいたくて、「相談」という形で女友達に話したとしても、結局のところ、女性は自分の思うように進んでいくのです。

 でも、恋愛相談をされる側は「一生懸命聞いたのに、結局そっち行く!?」と思ってしまうのが難点。友達関係にもヒビが入りかねません。

 これを回避するためには、アドバイスが欲しいのか、ただ聞いて欲しいだけか、を明確に伝えておくのがおすすめ。信頼できる女友達だからこそ、分かってくれると思います。

鵜呑みにしない

 悩んでいる時に目からウロコのアドバイスを受けたら、つい信じて実践してみたくなります。でも、鵜呑みにするのはやめましょう。「失恋したら新しい恋だよ!」なんて言われても、何年経っても忘れられない恋愛もあるのですから。

 とくに、告白するタイミング、別れるタイミングは自分で決めるべき。アドバイスを受けて行動する前に、「本当にこれで良いのか」「自分は納得しているのか」と自問自答する時間を設けましょう。

同じ恋愛なんてない!1人でじっくり考えるのもアリ

恋愛のかたちは人それぞれ(写真:iStock)
恋愛のかたちは人それぞれ (写真:iStock)

 当たり前ですが、恋愛には正解がありません。恋愛豊富な女友達から成功体験を元にアドバイスを受けたとしても、必ず良い方向に進むとは限らないのです。

 だからこそ、自分自身で葛藤しながらじっくりと考えるのもアリでしょう。

 結果が出た後に一緒に喜んだり悲しんだりしてくれる相手こそ、真の女友達なのではないかな、と思うのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:11 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:11 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 相席バーで、ある男性に出会いました。その男性は会社の飲み会の二次会でその店に訪れていたのですが、意気投合し、みんなでL...
神崎メリ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。AB型は、日本人の約1割という少数派。本日は、そんなAB型男性にスポットを当ててみたい...
山崎世美子 2019-11-09 06:00 ラブ
FILM
 隠れたる男尊女卑思考の持ち主なのか、単なるプライドの問題なのか……。世の“夫”と呼ばれる生き物の中には、妻に対して無意...
並木まき 2019-11-09 06:00 ラブ
FILM
 心理学の一つである恋愛学を学ぶと、恋愛が上手になる……とは限りませんが、「どうしたらいいか分からない」「相手の気持ちが...
ミクニシオリ 2019-11-08 06:00 ラブ
FILM
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入...
リタ・トーコ 2019-11-08 06:00 ラブ
FILM
 彼に「仕事が忙しくて今月は会えない」などと言われた時、結構な数の女性が不安になります。それは「本当に仕事が忙しいの? ...
内藤みか 2019-11-07 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁の中には、普段は鬼の仮面を外しているものの、夫からちょっとした地雷が投げ込まれるのをキッカケに、鬼嫁に豹変するタイ...
並木まき 2019-11-07 06:21 ラブ
FILM
 正直、そんなにルックスがいいわけでも性格がずば抜けていいわけでもないのに、なぜかいつも彼氏がいる女性ってあなたの周りに...
東城ゆず 2019-11-06 06:00 ラブ