30代の「バカップル」はイタイ…! その“あるある”な特徴4つ

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-05 06:31
投稿日:2019-10-05 06:00
仲が良いのはいいけれど(写真:iStock)
仲が良いのはいいけれど (写真:iStock)

 世間的に30代といえば、キャリアもそこそこあり、恋愛も一通り経験を済ませ、それなりに遊んだ世代と解釈されます。また、多くの女性は、ルックスや言動に落ち着きだす年代でもありますよね。

 しかし、デートスポットでは明らかに20代ではないカップルが、少々見苦しい絡み方をしているのを目撃したりします。

 筆者は、「30歳を超えてのバカップルはイタイ」と思っています。「大人な付き合いをして欲しい」と、個人的に思ってしまうのです。30歳を超えてのバカップルがなぜイタイのか、その特徴をお話ししましょう。

30歳超えてバカップルはやめて! そのイタイ特徴4つとは

可愛すぎる呼び名はちょっとイタイ(写真:iStock)
可愛すぎる呼び名はちょっとイタイ (写真:iStock)

 人によって定義は曖昧でしょうが「人を不愉快にするカップル」は、バカップルと呼べるでしょう。そこで30歳を超えているからこそ、バカップルと思われてしまう特徴をまとめてみました。

周囲の目を気にせず大声である

「周囲の目を気にせず、大声で話しているカップルには引きますね。子どもじゃないのですから、電車とかの公共機関ではしゃぐのはやめてほしいです。あと、美術館で“これ、すごい!”と、場に合わない声で喋るカップルには、辟易しました」(Wさん・29歳女性/秘書)

 周囲の目を気にせずに大声で話すカップルがいると、つい注目してしまいますよね。公共の場で大声で話されると他の人の声が聞こえにくくなりますし、「配慮がない人」というイメージを抱かれてしまいます。

暑苦しいほどベタベタ

「遊園地やプールサイドで、暑苦しいほどベタベタしているカップルっていますよね。10代や20代なら、若々しくて微笑ましい感じもします。でも、30代を超えたら恥じらいを持って欲しいと感じる。日本では公の場でイチャイチャするのは好ましくないですし、周りの視線に気づいてほしい」(Kさん・31歳女性/カフェ店員)

 確かに、どこでもベタベタとくっついているカップルがいます。10代〜20代と比較的若いカップルであれば、「初めての彼氏なのかな?」とか「若々しくていいな」と感じられますが、一通りの恋愛を経験しているはずの30代がやると、違和感を感じてしまいます。

キャピキャピしている話し方

「話していることに学が感じられないカップルは、30代のバカップルの特徴です。彼氏に甘えるような、鼻から抜ける声の持ち主にはイラっときてしまいますね。30代となればルックスからも、ぶりっ子が通用しなくなる歳です。中身がない女性なのかと思っちゃう」(Mさん・37歳女性/看護師)

 彼氏に甘えるのは、人がいないところだけにして欲しいものです。女性同士だからこそ、「普段はこんな感じじゃないんだろうな……」と、色目を使っていることに察しがついてしまうんですよね。露骨な態度の違いは、大人になるとマナー違反!その場にいる彼以外の人にも、きちんと気を遣いましょう。

相手の呼び方に違和感

「相手の呼び方も気になります。友達カップルとご飯に行った時のことですが、“たかたん”って彼氏のことを呼んでて引きました。友達から見たらかっこよくて愛らしい彼氏かもしれませんが、私から見たら30歳の男性は“たん”をつけるほど可愛くないおじさんです。普通の会話も呼び名のせいで痛々しいです」(Sさん・32歳女性/アパレル)

 相手の呼び方に違和感を感じる場合があります。恋人同士の馴染みある呼び方があるのは理解できますが、第三者が加わる場では呼び方にも注意を払いたいですね。特に彼の仕事関係者が同席しているような場では、彼のことを呼び捨てしたり間抜けな呼び方をしないようにしましょう。

バカップルの特徴から学ぶ健全なお付き合い

周囲に迷惑をかけず、大人なお付き合いを(写真:iStock)
周囲に迷惑をかけず、大人なお付き合いを (写真:iStock)

 バカップルの特徴を眺めていると、とても健全とは言えないような怪しい雰囲気を感じます。10代や20代の頃、「バカップル」と呼ばれるカップルにはどこか憧れの眼差しがありましたが、30代で「バカップル」と認識されてしまうのは、「イタイ」と思われてることと同じ。

 バカップルの特徴から学ぶダメポイントを参考に、自分の交際を振り返るきっかけにしてくださいね。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM