周囲の評価が“すごくいい旦那さん”ほどモラハラ男である実態

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-28 07:05
投稿日:2019-09-28 06:00
 モラハラが激しい男ほど、世間に本性がバレないよう、姑息な画策をしているのも実態です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、モラ男が繰り出しがちな、卑怯な自己防衛ブランディングに迫ります。

1:「妻を大事にしてます」アピール

外面だけはいいからみんな騙されてしまう(写真:iStock)
外面だけはいいからみんな騙されてしまう (写真:iStock)

 モラハラ夫には、家庭内では妻を人間として扱わないくせに、人前では「俺って、こんなに妻を大事にしているんです!」アピールをする人も少なくありません。

 よってモラ男には、人前でだけ妻を思いやっているフリをする男が多く、周囲は、そんな演技にコロリと騙され「いい旦那さんですね」「奥さん、愛されてますねー」などの事実と正反対の評価をしている場合も。

 モラ男が厄介なのは、家庭内でモラハラをする際に「俺は愛妻家で通っている。だから、そんな俺に文句を言わせるお前が悪い!」と、演技への評価を逆手にとって、さらに妻を攻撃するあたりにもあります。

2:「進んで社会貢献する心が優しい人です」アピール

地域のイベントにも進んで参加する裏では…(写真:iStock)
地域のイベントにも進んで参加する裏では… (写真:iStock)

 モラハラ男には、なぜか「俺って素晴らしい人」をアピールしたがる人も多く、社会貢献活動に熱心なタイプも多い傾向です。

 地域団体に所属して熱心に役職についていたり、進んでボランティア活動に取り組んだりしている男も少なくなく、自分がいい人に見られるためであれば、労を惜しまないモラハラ夫も少なくないのです。

 大切な時間やお金を割いてまで社会貢献をしている暇があったら、まずは家庭に貢献を! と言いたくなりますが、モラ男にとって妻からの評価なんて不要。

 欲しいのは、社会的な「偉いですね」「素晴らしいですね」の称号だったりするので、外では多大なる自己犠牲を働くのもいとわないのです。

3:「しょうもない妻を見守っています」アピール

「ダメな妻×寛大な夫」という茶番をでっちあげる卑劣さ(写真:iStock)
「ダメな妻×寛大な夫」という茶番をでっちあげる卑劣さ (写真:iStock)

 これは、年上モラハラ男に圧倒的に多いのですが、万が一、自分がモラハラをしている事実がバレたときに備え、あらかじめ妻を“しょうもない妻”に仕立て上げ、自分はそんな妻を温かく見守っているキャラを演じる……という卑怯な男も多いです。

 モラ男の渾身かつ計画的な演技の結果、はたでは「年上の旦那さんがワガママな奥さんを見守っていて、微笑ましい」「やさしそうな旦那さん」なんてお門違いなイメージが育っているケースも少なくありません。

 実際には、妻にはそこまでの落ち度はなく、単にモラ男がモラハラをするために重箱の隅をつつき“ワガママ妻”をでっち上げているだけなのですが、年下妻×年上夫の組み合わせに、モラ男の温厚そうに見せる迫真の演技があいまって、これまた周りがコロリと騙されてしまっている場合も多いのです。

まとめ

 モラハラ夫には、驚くほど外ヅラがいい男も多いのも実態です。自己防衛のためならば、どんな労力も惜しまずに、せっせといい人ぶるからこそ「彼が言うように、本当に自分が悪いのかも……?」と、不必要に追い詰められてしまう妻も後を絶ちません。

 みなさんの周囲で“不可解なほどにいい人っぽい旦那さん”に心当たりがあれば、モラ男の演技である可能性も……。

ラブ 新着一覧


知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ