周囲の評価が“すごくいい旦那さん”ほどモラハラ男である実態

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-28 07:05
投稿日:2019-09-28 06:00
 モラハラが激しい男ほど、世間に本性がバレないよう、姑息な画策をしているのも実態です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、モラ男が繰り出しがちな、卑怯な自己防衛ブランディングに迫ります。

1:「妻を大事にしてます」アピール

外面だけはいいからみんな騙されてしまう(写真:iStock)
外面だけはいいからみんな騙されてしまう (写真:iStock)

 モラハラ夫には、家庭内では妻を人間として扱わないくせに、人前では「俺って、こんなに妻を大事にしているんです!」アピールをする人も少なくありません。

 よってモラ男には、人前でだけ妻を思いやっているフリをする男が多く、周囲は、そんな演技にコロリと騙され「いい旦那さんですね」「奥さん、愛されてますねー」などの事実と正反対の評価をしている場合も。

 モラ男が厄介なのは、家庭内でモラハラをする際に「俺は愛妻家で通っている。だから、そんな俺に文句を言わせるお前が悪い!」と、演技への評価を逆手にとって、さらに妻を攻撃するあたりにもあります。

2:「進んで社会貢献する心が優しい人です」アピール

地域のイベントにも進んで参加する裏では…(写真:iStock)
地域のイベントにも進んで参加する裏では… (写真:iStock)

 モラハラ男には、なぜか「俺って素晴らしい人」をアピールしたがる人も多く、社会貢献活動に熱心なタイプも多い傾向です。

 地域団体に所属して熱心に役職についていたり、進んでボランティア活動に取り組んだりしている男も少なくなく、自分がいい人に見られるためであれば、労を惜しまないモラハラ夫も少なくないのです。

 大切な時間やお金を割いてまで社会貢献をしている暇があったら、まずは家庭に貢献を! と言いたくなりますが、モラ男にとって妻からの評価なんて不要。

 欲しいのは、社会的な「偉いですね」「素晴らしいですね」の称号だったりするので、外では多大なる自己犠牲を働くのもいとわないのです。

3:「しょうもない妻を見守っています」アピール

「ダメな妻×寛大な夫」という茶番をでっちあげる卑劣さ(写真:iStock)
「ダメな妻×寛大な夫」という茶番をでっちあげる卑劣さ (写真:iStock)

 これは、年上モラハラ男に圧倒的に多いのですが、万が一、自分がモラハラをしている事実がバレたときに備え、あらかじめ妻を“しょうもない妻”に仕立て上げ、自分はそんな妻を温かく見守っているキャラを演じる……という卑怯な男も多いです。

 モラ男の渾身かつ計画的な演技の結果、はたでは「年上の旦那さんがワガママな奥さんを見守っていて、微笑ましい」「やさしそうな旦那さん」なんてお門違いなイメージが育っているケースも少なくありません。

 実際には、妻にはそこまでの落ち度はなく、単にモラ男がモラハラをするために重箱の隅をつつき“ワガママ妻”をでっち上げているだけなのですが、年下妻×年上夫の組み合わせに、モラ男の温厚そうに見せる迫真の演技があいまって、これまた周りがコロリと騙されてしまっている場合も多いのです。

まとめ

 モラハラ夫には、驚くほど外ヅラがいい男も多いのも実態です。自己防衛のためならば、どんな労力も惜しまずに、せっせといい人ぶるからこそ「彼が言うように、本当に自分が悪いのかも……?」と、不必要に追い詰められてしまう妻も後を絶ちません。

 みなさんの周囲で“不可解なほどにいい人っぽい旦那さん”に心当たりがあれば、モラ男の演技である可能性も……。

ラブ 新着一覧


FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ