周囲の評価が“すごくいい旦那さん”ほどモラハラ男である実態

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-28 07:05
投稿日:2019-09-28 06:00
 モラハラが激しい男ほど、世間に本性がバレないよう、姑息な画策をしているのも実態です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、モラ男が繰り出しがちな、卑怯な自己防衛ブランディングに迫ります。

1:「妻を大事にしてます」アピール

外面だけはいいからみんな騙されてしまう(写真:iStock)
外面だけはいいからみんな騙されてしまう (写真:iStock)

 モラハラ夫には、家庭内では妻を人間として扱わないくせに、人前では「俺って、こんなに妻を大事にしているんです!」アピールをする人も少なくありません。

 よってモラ男には、人前でだけ妻を思いやっているフリをする男が多く、周囲は、そんな演技にコロリと騙され「いい旦那さんですね」「奥さん、愛されてますねー」などの事実と正反対の評価をしている場合も。

 モラ男が厄介なのは、家庭内でモラハラをする際に「俺は愛妻家で通っている。だから、そんな俺に文句を言わせるお前が悪い!」と、演技への評価を逆手にとって、さらに妻を攻撃するあたりにもあります。

2:「進んで社会貢献する心が優しい人です」アピール

地域のイベントにも進んで参加する裏では…(写真:iStock)
地域のイベントにも進んで参加する裏では… (写真:iStock)

 モラハラ男には、なぜか「俺って素晴らしい人」をアピールしたがる人も多く、社会貢献活動に熱心なタイプも多い傾向です。

 地域団体に所属して熱心に役職についていたり、進んでボランティア活動に取り組んだりしている男も少なくなく、自分がいい人に見られるためであれば、労を惜しまないモラハラ夫も少なくないのです。

 大切な時間やお金を割いてまで社会貢献をしている暇があったら、まずは家庭に貢献を! と言いたくなりますが、モラ男にとって妻からの評価なんて不要。

 欲しいのは、社会的な「偉いですね」「素晴らしいですね」の称号だったりするので、外では多大なる自己犠牲を働くのもいとわないのです。

3:「しょうもない妻を見守っています」アピール

「ダメな妻×寛大な夫」という茶番をでっちあげる卑劣さ(写真:iStock)
「ダメな妻×寛大な夫」という茶番をでっちあげる卑劣さ (写真:iStock)

 これは、年上モラハラ男に圧倒的に多いのですが、万が一、自分がモラハラをしている事実がバレたときに備え、あらかじめ妻を“しょうもない妻”に仕立て上げ、自分はそんな妻を温かく見守っているキャラを演じる……という卑怯な男も多いです。

 モラ男の渾身かつ計画的な演技の結果、はたでは「年上の旦那さんがワガママな奥さんを見守っていて、微笑ましい」「やさしそうな旦那さん」なんてお門違いなイメージが育っているケースも少なくありません。

 実際には、妻にはそこまでの落ち度はなく、単にモラ男がモラハラをするために重箱の隅をつつき“ワガママ妻”をでっち上げているだけなのですが、年下妻×年上夫の組み合わせに、モラ男の温厚そうに見せる迫真の演技があいまって、これまた周りがコロリと騙されてしまっている場合も多いのです。

まとめ

 モラハラ夫には、驚くほど外ヅラがいい男も多いのも実態です。自己防衛のためならば、どんな労力も惜しまずに、せっせといい人ぶるからこそ「彼が言うように、本当に自分が悪いのかも……?」と、不必要に追い詰められてしまう妻も後を絶ちません。

 みなさんの周囲で“不可解なほどにいい人っぽい旦那さん”に心当たりがあれば、モラ男の演技である可能性も……。

ラブ 新着一覧


FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 最近、周りで非常にざわざわするトピックがあります。その感染力は、新型コロナウィルスに引けを取らぬ勢いで、出会う人、出会...
しめサバ子 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナへの不安は、国内でも日に日に増しています。ついにはウイルス対策のために、同棲解消を選んだカップルも……。魑魅...
並木まき 2020-03-28 06:00 ラブ
FILM
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも...
FILM
 あなたは、恋人に浮気をされたらどうしますか? きっと「許せないから別れる!」と、即答する人が多いのでは? しかし、実際...
恋バナ調査隊 2020-03-27 06:02 ラブ
FILM
 誰しも、大人になると社交辞令を言ってみたり、本音と建前を上手に使ったりするものです。でも、だからこそ、「好きな男性には...
リタ・トーコ 2020-03-27 06:00 ラブ
FILM
 彼氏と一緒に過ごしていく中で、「付き合いたての頃となんだかイメージが違う……」と思うことありませんか?もしかしたらそれ...
恋バナ調査隊 2020-03-26 06:00 ラブ
FILM
 コロナの影響で家にこもる時間が急増加! そんなときは、Netflix鑑賞がはかどってしまいますよね。「テラスハウス」を...
しめサバ子 2020-03-25 06:00 ラブ
FILM
 良いか悪いかは別として、新型コロナがきっかけで別居に踏み切った夫婦も出てきています。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-03-25 06:00 ラブ