周囲の評価が“すごくいい旦那さん”ほどモラハラ男である実態

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-28 07:05
投稿日:2019-09-28 06:00
 モラハラが激しい男ほど、世間に本性がバレないよう、姑息な画策をしているのも実態です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、モラ男が繰り出しがちな、卑怯な自己防衛ブランディングに迫ります。

1:「妻を大事にしてます」アピール

外面だけはいいからみんな騙されてしまう(写真:iStock)
外面だけはいいからみんな騙されてしまう (写真:iStock)

 モラハラ夫には、家庭内では妻を人間として扱わないくせに、人前では「俺って、こんなに妻を大事にしているんです!」アピールをする人も少なくありません。

 よってモラ男には、人前でだけ妻を思いやっているフリをする男が多く、周囲は、そんな演技にコロリと騙され「いい旦那さんですね」「奥さん、愛されてますねー」などの事実と正反対の評価をしている場合も。

 モラ男が厄介なのは、家庭内でモラハラをする際に「俺は愛妻家で通っている。だから、そんな俺に文句を言わせるお前が悪い!」と、演技への評価を逆手にとって、さらに妻を攻撃するあたりにもあります。

2:「進んで社会貢献する心が優しい人です」アピール

地域のイベントにも進んで参加する裏では…(写真:iStock)
地域のイベントにも進んで参加する裏では… (写真:iStock)

 モラハラ男には、なぜか「俺って素晴らしい人」をアピールしたがる人も多く、社会貢献活動に熱心なタイプも多い傾向です。

 地域団体に所属して熱心に役職についていたり、進んでボランティア活動に取り組んだりしている男も少なくなく、自分がいい人に見られるためであれば、労を惜しまないモラハラ夫も少なくないのです。

 大切な時間やお金を割いてまで社会貢献をしている暇があったら、まずは家庭に貢献を! と言いたくなりますが、モラ男にとって妻からの評価なんて不要。

 欲しいのは、社会的な「偉いですね」「素晴らしいですね」の称号だったりするので、外では多大なる自己犠牲を働くのもいとわないのです。

3:「しょうもない妻を見守っています」アピール

「ダメな妻×寛大な夫」という茶番をでっちあげる卑劣さ(写真:iStock)
「ダメな妻×寛大な夫」という茶番をでっちあげる卑劣さ (写真:iStock)

 これは、年上モラハラ男に圧倒的に多いのですが、万が一、自分がモラハラをしている事実がバレたときに備え、あらかじめ妻を“しょうもない妻”に仕立て上げ、自分はそんな妻を温かく見守っているキャラを演じる……という卑怯な男も多いです。

 モラ男の渾身かつ計画的な演技の結果、はたでは「年上の旦那さんがワガママな奥さんを見守っていて、微笑ましい」「やさしそうな旦那さん」なんてお門違いなイメージが育っているケースも少なくありません。

 実際には、妻にはそこまでの落ち度はなく、単にモラ男がモラハラをするために重箱の隅をつつき“ワガママ妻”をでっち上げているだけなのですが、年下妻×年上夫の組み合わせに、モラ男の温厚そうに見せる迫真の演技があいまって、これまた周りがコロリと騙されてしまっている場合も多いのです。

まとめ

 モラハラ夫には、驚くほど外ヅラがいい男も多いのも実態です。自己防衛のためならば、どんな労力も惜しまずに、せっせといい人ぶるからこそ「彼が言うように、本当に自分が悪いのかも……?」と、不必要に追い詰められてしまう妻も後を絶ちません。

 みなさんの周囲で“不可解なほどにいい人っぽい旦那さん”に心当たりがあれば、モラ男の演技である可能性も……。

ラブ 新着一覧


30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#1
 道ならぬ恋とわかっていても、落ちてしまう――気づけば「不倫」という底なし沼にハマってしまったのが、35歳の人妻・Y美さ...
蒼井凜花 2021-04-23 06:00 ラブ
子供っぽい彼氏にイライラ…!5つの特徴&困った時の対処法
 気になる男性といざお付き合いを始めてみたら、彼氏の子供っぽい部分を見て「ついイライラしてしまった……」という経験がある...
恋バナ調査隊 2021-04-23 06:00 ラブ
コロナ禍で婚活市場に変化が…地味な女性がモテ始めたワケ
 長引くコロナ禍、男性が恋愛や結婚の相手として選ぶ女性像が大きく変化し続けています。今までのように、美人で社交的な女性が...
内藤みか 2021-04-22 06:00 ラブ
彼と仲良くしたい…カップルが喧嘩を繰り返す原因&改善方法
 お互いに好き同士で付き合っているのに、会うたびに喧嘩ばかりでは疲れてしまいますよね。喧嘩を繰り返すカップルの中には、「...
恋バナ調査隊 2021-04-22 06:48 ラブ
長く付き合えないナゼ? 男性が一生大事にしたい女子の特徴
 最初はラブラブだったのに、3カ月くらいで付き合いが終わってしまう……なんてことありますよね。あんなにイチャイチャしてい...
若林杏樹 2021-04-21 06:01 ラブ
恋愛にも使える♡ 今すぐ試したいLINEの便利機能5選!
 連絡ツールとしてとても便利なLINEには、恋愛に使える便利な機能がたくさんあることをご存知ですか? 多くのアプリを使い...
恋バナ調査隊 2021-04-21 06:00 ラブ
男性が手に入れたいと思う女性の特徴&本命相手にする行動♡
 男性から「絶対手に入れたい」と思われるような魅力的な女性って、憧れてしまいますよね。そんな女性には、いったいどんな特徴...
恋バナ調査隊 2021-04-20 06:23 ラブ
モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:30 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ