キラキラ生活の裏で…不幸への道を歩む「港区女子」の共通点

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-16 06:14
投稿日:2019-09-16 06:00
「港区女子」と聞けば、夜な夜な煌びやかな生活を謳歌しているゴージャスな女子の姿が、頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
「毎日楽しそうで、いいな〜。私も密かに港区女子のライフスタイルに憧れてます」という人も少なくないかもしれません。
しかしこの“港区女子”、みんながみんな幸せかと言えば、当然ながらそんなわけはなく。
東京・六本木で飲食店顧問を10年以上続けている、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、不幸な道を歩む港区女子の傾向に迫ります。

「港区女子」には“上品系”と“下品系”の二種類がいる

キラキラしたイメージが強い「港区女子」だけど…(写真:iStock)
キラキラしたイメージが強い「港区女子」だけど… (写真:iStock)

 ひと口に「港区女子」と言っても。その実態は大きく分けて“上品系”と“下品系”に大別されると思います。

 上品系の港区女子は、幼い頃から港区に慣れ親しんだ環境に育ち、自身が港区女子としてのライフスタイルを送っていることにほとんど興味もなく「家から近いから」「よく知っている街だから」という理由で、夜の繁華街に縁がある人が多め。必然的に、医師や弁護士の娘だったり、名だたる企業の役員の娘だったりがゴロゴロしていますし、港区おじさんに媚びてまで何かを得ようとする人も多くありません。

 一方で、下品系の港区女子は「港区の繁華街に出入りする私」に多大なる自負があり、自身が「港区女子」と呼ばれることに快感を覚えるタイプが多め。

 そして、ホンモノの港区女子に負けまいと、派手な生活を楽しませてくれる“港区おじさん”とのコネクションを重視し、話題のスポットで“他人のお金”を使って遊ぶのを生きがいにしているような女子が多い傾向です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ