浮気を許す=いい女じゃない!浮気の真実と4つの心構え

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-10-09 06:01
投稿日:2019-10-09 06:00
 大好きな彼に浮気をされてしまったら、あなたはどうしますか?「絶対許さない!」と思っていても、いざとなれば「好きだから許してしまう」選択をする女性もいるでしょう。辛く悲しい浮気に対してどんな風に考えれば良いのかを、お伝えしましょう。

そもそも浮気をする男性の心理は?

なぜ浮気なんてするの?(写真:iStock)
なぜ浮気なんてするの? (写真:iStock)

 浮気に縁なくこれまで生きてきた女性は、「なぜ大切な恋人がいるのに、浮気なんてするの?」と、思ってしまいますよね。まずは、なぜ男性が浮気をするのか、心理をチェックしてみましょう。

モテている自分に価値を見出している

「モテたい」など、認められたい欲求が強い男性は、浮気をする傾向にあります。

 この場合、一人の人と長く浮気関係を続けたり、浮気が本気になったりするのではなく、複数の女性と同時に浮気をしたり、次々に女性を替えて「質より量」の経験を積みたいと思う男性が多いようです。

ただの出来心

 浮気をする理由が特別にない場合もあります。これを都合の良い言葉で「出来心」と言いますね。魅力的な女性にアプローチされたから、お酒の勢いで、など、シーンはさまざま。

 ただ、このタイプの浮気は、バレるorバレないに関わらず、彼女や妻のもとに帰るパターンが多いです。

パートナーで性欲を満たせない

 たとえば、ベッドを拒否されたり、性癖が合わずに満足できないなど、パートナーで性欲を満たせない時につい浮気をしてしまう男性もいます。

 ただし、これは男性としても未熟な若い時期に起こりがちな浮気の理由であり、歳を重ねていけばいくほど浮気相手に癒しやコミュニケーションを求めるため、気づけば浮気から本気の恋愛になってしまうこともあるでしょう。

「許す=いい女」じゃない!浮気の5つの真実

一度許すとまた許すはめに…(写真:iStock)
一度許すとまた許すはめに… (写真:iStock)

 浮気をされたとしても、許すor許さないは自分が決めること。でも、大きな心で許すだけがいい女というわけではありません。見て見ぬ振りをせずに、浮気の真実を再確認してみましょう。

1. 「浮気=裏切り」であること

 男性が誘ったor女性から誘われた、なんてことは正直どちらでも良いです。一番の事実は、「浮気=裏切り」だということ。それまで数年かけて築いた信頼関係があっても、一瞬にして壊れてしまうリスクがあることは誰でも知っているのです。それでもなお、浮気をしてしまった男性に、愛はあるのでしょうか?

2. 理性が効かない男性である

「浮気をしようかな?」という気持ちが芽生える瞬間は、誰にでも起こり得ること。でも、そんな時に彼女が悲しむ顔、怒った顔、そして、バレたら関係が終わるかもしれないであろうことを考えられない彼氏は、理性が効かない男性であるということを知る必要があります。

3. 人間不信やトラウマを抱えるケースもある

 そんな私も、過去に浮気性の男性とお付き合いしていたことがあります。次から次へと浮気が発覚すると「許すのは当たり前」どころか、「はいはい、またやったのね」と、どこか麻痺していました。

 携帯を覗き見したことも。そんな自分が嫌になるのはもちろん、それでも、今、どんな浮気相手がいるのか把握をしたいと思う不毛さ、情けなさ。結局、私に好きな人ができてこっぴどく振ってやりましたが!(笑)

 でも、一番困るのが、そんな思いは数年経っても消えないこと。人間不信やトラウマを抱えるケースもあります。相手が変わっても、「浮気されたら?」という猜疑心、嫉妬心に打ち勝つのは、よほど自分自身が強くならないと難しいんです。

4. 病気をうつされる可能性がある

 どこからが浮気?なんて定義はありませんが、彼氏と浮気相手の間に体の関係があった場合にあなたに降りかかるのが、病気をうつされるかもしれないリスク。

 病気への感染から彼氏の浮気が発覚したという友人もいますが、心だけではなく体にもダメージを負ってしまうのは辛いこと。浮気相手がどんな女性かにもよりますが、たとえ許す選択を取るにしても、「性感染症の検査をするまでは、してあげない!」と、言い切ってしまっても良いかもしれません。自分の体は自分で守りましょう。

5. また許してもらえると思われることもある

「浮気性は病気みたいなものだから治らない」と、嘆いていた女友達。まぁ、稀に運命的な女性と出会ったり、結婚をするなどの区切りの後に浮気をしなくなる男性もいますが。

 浮気をした男性を許して関係を続けるのであれば、選択肢は2つ。一度目で別れるかor二度目で別れるか。二度目の浮気の際に許してもらえると、男性は「また許してもらえる」と思いますし、さらにはバレないようにするスキルだけが上がっていき、常習化する恐れも。

「男の甲斐性」「男冥利に尽きる」と言われる「浮気」ですが、そんなのどこかの男性が発した言葉なんですよ。きっと。

意識を変えよう!「浮気」に対しての4つの心構え

浮気男は思い切って断捨離しちゃえ!(写真:iStock)
浮気男は思い切って断捨離しちゃえ! (写真:iStock)

「浮気をされたら?」なんて考えても、仕方がありません。大切なのは、もしもの浮気をどのように捉えるか。そこで、4つの心構えをお伝えします。

1. 浮気をしない!と断言できる男女はほとんどいないと心得る

 あなたは、自分が浮気をしないと断言できますか?私はできません!(笑)だって、それが運命の出会いかもしれないから。

「彼が浮気をしたのは、自分にも悪いところがあったのかも?」なんて思う女性もいるようですが、そんな考えは捨てましょう。どんなに大切にしても、縛っても、人は浮気をする時はするのです。それを憂いて心配ばかりしていても、毎日が楽しくないですよね。

2. 浮気をされたら許す価値のある男かを見極める

 彼氏の浮気が発覚した時、悲しいのはもちろん、相手の女性への嫉妬や男性への怒りで訳が分からなくなってしまいます。でも、そんな時こそ冷静に。

 考えるのは一点だけ。許す価値のある男かを見極めましょう。「いつ、誰と、何をしたのか、何回したのか、今後はどうするのか」などをチェックして許せるかどうかを判断するのも良いでしょうし、その彼氏と付き合い続けるメリットを考えてみるのも良いのかも。

3. 許すと決めたら引きずらない

 男性というのは勝手なもので、反省して浮気を許してもらったら、それを過去のこととして心の奥にしまい込みます。もしくは、なかったこと、として忘れてしまいます。

 対して、女性は忘れません。だから、グチグチと過去の浮気を責めてしまう人も多くいます。でも、許すと決めたのであれば、全てを忘れてなかったこと、にしてあげましょう。

「許す=好きだから関係を続けたい」ということですよね?いつまでも責め立てていたら、再度の浮気どころか男性側が女性を嫌になり、別れを告げられることも。誠に勝手ですが、そういうものなのです。

4. 他にも男性は星の数ほどいる

 厄介なのが、彼氏が浮気をしても簡単には嫌いになれない時。でも、多くの場合、「私と別れたらすぐ、浮気相手や他の誰かと付き合うかもしれない」という思いを女性は心のどこかに感じているはずです。

 関係を続けたいのは、彼氏を好きだからなのか、彼氏を誰かに盗られたくないからなのか、そこはしっかり見つめましょう。彼氏を好きであるという思いが先行しているのであれば良いですが、「対どこかの女性」に対して嫉妬をするほど無駄なことはありません。

 他にも男性は星の数ほどいるのです。たった一人の女性ですら幸せにできない男なんて、固執する価値はありますか?いえ、ありません!

「浮気」なんかで自分らしさが消えるのが一番ダメなこと!

終わりを決めるのは自分(写真:iStock)
終わりを決めるのは自分 (写真:iStock)

 私が浮気をされて許した後に一番嫌だったこと、それが、それまでの関係性がガラッと変わってしまったこと。のびのびといられなくなったり、彼の顔色を伺ってしまったり、電話をかけづらくなったり。ストレスで肌も荒れ、泣くことも多かったので口角は下がる一方。もちろん、笑顔も減ってしまいます。

 でも、そんな女と付き合いたい、可愛いと思ってくれる男性はいるのでしょうか?やり直したいと言われて許した立場なのに、なぜ怖がらなければならないのでしょうか?

 つまりは、「浮気」なんかで可愛くなくなるなんてもったいない!別れを決めきれなければ、とりあえず続けてみるもよし。でも、「自分らしくいられなくなったら終わり!」と、決めておくのもおすすめです。

 人生一回ですから。「なりたい自分」を常に目指して、素敵な女性でいましょうよ♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
男性が遊びの女性に送るずるいLINE5選!本性を見極めて
 男性の中には、遊びで女性と付き合う人もいます。でも、そういった男性は女性にモテる人が多く、遊びの女性に対しての上手な扱...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ