浮気した男はまた浮気する説について “浮体男”の対処法は?

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:23
投稿日:2019-08-31 06:00
 浮気をした男性が、また浮気する確率は非常に高いといわれています。浮気者の夫や彼を持つ女性が私のところに相談に来られて、「これで二度目です。許せません」と涙ながらに訴えることは珍しくありません。今回は、浮気癖のある男性についてです。
一度あることは二度ある(写真:iStock)
一度あることは二度ある (写真:iStock)

 今年6月、俳優・原田龍二さんの4WD車内不倫が文春砲でスクープされました。自分に好意を寄せるファンを次から次へと4WDの愛車に連れ込んでいたというもの。ムードや雰囲気など構わず、さっさとズボンを下ろして行為に及ぶ姿はオス丸出しです。

 原田さんのケースは、典型的な“遊び”が目的。なにせ性欲が旺盛なので、理性が崩れるようなお酒の席やすり寄ってくる女性がいると、止まりません。

 精子が溜まったから出したい → 食事などはマスコミの目もあるし面倒臭い。風俗も無理 → そうだ、仲のいいファンがいる → デートに誘って車に乗せよう……。

 決して許される行為ではありませんが、思考回路はその程度。深い考えは一切なし。深く考えるような人なら、こんな行動は絶対にできません。

気持ちが入っていない浮気をする男性の心理

目的はひとつだけ…(写真:iStock)
目的はひとつだけ… (写真:iStock)

 こうした行動は浮気といえば浮気ですが、私の言葉で解釈するなら「浮体(うわたい)」といいます。

 気持ちが入っていないので、目的は射精のみ。しかし、女性は男性と継続的に肉体関係をもつとき、必ず愛情が伴うので、男性に愛情がないと分かれば、悲しくなります。あるとき、そんな満たされない気持ちがエスカレートし、文春への暴露につながったのでしょう。

 原田さんは俳優という立場で、本人に吸引力があり、ファンの女性が寄ってきます。簡単お手軽にできる環境にいましたが、一般の男性はほとんどがそうもいきません。

 デートを重ねて、お酒を飲んだり、食事をしたりしながら、会話をして相手の女性を褒めます。時々、女性のグチを聞いて、相手の機嫌を取ることも必要でしょう。その結果としてコトに及ぶに至るまでには、根気も時間もお金もかかります。

 それが浮体だと、本人に気持ちがないので、ある程度の年齢になって、精力的なエネルギーが衰えてくると、面倒臭くなって、自然と興味を失いますが、女性としては衰えを待っているほどおおらかでいられません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ
FILM
 離婚とは、争いです。離婚するか否かからどんな条件で離婚するかまで、夫婦間での激しい交渉、もとい争いが繰り広げられます。...
七味さや 2020-06-26 06:00 ラブ
FILM
 好きな人や恋人ができるのは、本来とても幸せなことです。しかし、好きだからこそ嫉妬心が芽生え、苦しんでしまう人も少なくあ...
恋バナ調査隊 2020-06-26 06:00 ラブ