人肌恋しい時の恋愛は危険!? 心が寂しい時の4つの対処法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-09-22 06:00
投稿日:2019-09-22 06:00
 秋の訪れを感じた時、一人の家に帰ったりした時など、なぜか人肌恋しくなってしまうことってありませんか? でも、そんな時に無理に恋愛をしてしまうと、あまり良くない結果になってしまうこともよくあるんです。
 心が寒い時、どのように対処すれば良いのか、今回はまとめてみました。

人肌恋しいってどんな状態? 理由やシーン

なんだか無性に寂しい…(写真:iStock)
なんだか無性に寂しい… (写真:iStock)

 そもそも、なぜ「人肌恋しい」と感じるのか、理由や人肌恋しさを感じやすいシーンについて見ていきましょう。

「人肌恋しい」とは

 人肌恋しいというのは、その言葉通り、“人の肌との触れ合いが恋しい様子”のこと。おもに、恋人が欲しいと思う気持ちを形容する時に使われる場合が多いです。

無性に人肌恋しくなるシーン

 普段は1人でも平気なのに、なぜか無性に寂しくなってしまうことってありますよね。どんな瞬間に人肌恋しくなるのか、見てみましょう。

● 寒い季節が始まった時
● 恋愛が終わった時
● イベント時に彼がいない時
● 一人の部屋に帰ってきた時
● 体調不良の時
● 周りの人が結婚した時
● 幸せそうなカップルを見た時

 多くの方は、「1人でいること」を強く感じた時に人肌恋しいと思うようです。つまりは孤独感や虚無感が、人肌恋しい気持ちを作っているのかもしれません。

「人肌恋しい」を感じる理由

 人肌恋しさを感じるのは、なぜなのでしょうか。それには動物的な本能のほか、デリケートな感情が隠れているんです。

寒さを感じるから

 動物である人間には、寒さをしのぐために誰かに近づく習性が備わっています。そのため、季節の変わり目や、夜中に寒さを感じた時などに本能で身を寄せ合いたい気持ちになり、人肌恋しさを感じるのです。

寂しいから

 恋人と別れたばかり、一人暮らしを始めたばかり、など、寂しさから人肌恋しくなることもあります。こういった人肌恋しさの場合には、新しい恋愛が始まると解消されることも多いでしょう。

認められたいから

「認められたい」「分かってほしい」などの承認欲求から、人肌恋しく感じることもあります。自覚がある方は注意が必要! 誰かがそばにいないと不安を感じるため、気づかぬうちに「かまってちゃん」になっているかもしれません。

人肌恋しい時の恋愛は危険!? 3つの注意点

普段よりも男性を見る目が甘くなる?(写真:iStock)
普段よりも男性を見る目が甘くなる? (写真:iStock)

 カップルが一番多く成立する時期は、ズバリ、冬! 寒さを感じて、人肌恋しくなってしまうんですね。お互いが思い合っての恋愛は良いですが、中には人肌を求めるあまりに良からぬ恋愛へと発展してしまうことも……。3つの注意点を見てみましょう。

男性を見る目が甘くなる

 普段はガードが固い女性でも、寂しい時には男性を見る目が甘くなってしまう場合があります。正常な精神状態であれば見向きもしないような相手と、一夜を過ごしてしまうリスクがあるので注意が必要でしょう。冷静に相手を選ぶ目を持てているか、寂しい時こそ自問自答することが大切です。

体だけの関係になってしまう

 人肌恋しい時には、体だけの関係になってしまうこともあります。都合の良い関係をお互いに楽しめれば良いものの、人肌恋しい時にはナーバスになっている場合も多いため、「なぜ、あんなことをしたんだろう?」と、後になって激しく後悔してしまうケースもあります。

割り切っていたはずが本気になってしまう

 女性は一度体を許してしまうと、心ごと持って行かれてしまう場合が多いです。なぜなら女性の多くは、ある程度好みの男性でないと体を重ねることができないから。その結果、好きになってしまい独占欲が湧いてしまうことも多々あります。割り切っていたはずが本気になってしまい、不倫や浮気などの泥沼へとハマってしまうリスクも否定できません。

人肌恋しい時にはどうすれば良い? 4つの対処法!

とにかく人と会う予定を作る(写真:iStock)
とにかく人と会う予定を作る (写真:iStock)

 どうしても人肌恋しい時、グッと堪えられるかが運命の分かれ道!そこで、猛烈に寂しい時に覚えておきたい対処法をお伝えします。

1. 夢中になれることに打ち込む

 あなたは今、夢中になれることはありますか?「人肌恋しい」と思うことをやめるのは、なかなか難しいもの。でも、別の面から見ると、「人肌恋しいと思う時間がある」ということなんです。つまりは「暇」だということ!

 自分が「これをしている時が一番楽しい!」と思える何かに打ち込めたら、充実感や達成感で寂しい気持ちを感じる暇がありません。明確な目標やスキルアップなどを、目指さなくても良いのです。とにかく、夢中になれる楽しいことを探しましょう。

2. SNSをしすぎない

 SNSは、外に一歩も出なくても誰とも会わなくても、友人の近況を知ることができる便利なツールです。でも、仲睦まじいカップルの姿や結婚の報告、「彼氏ができた」という情報までもがダイレクトに目に入ってくるため、知らず知らずのうちにリア充の友人と自分を比べて人肌恋しい気持ちになってしまうことも。無駄に落ち込まないためにも、思い切ってSNS断ちをしてみるのもおすすめです。

3. 人と会う予定を作る

 人肌恋しい気持ちになったら、とにかく人と会う予定を作るのもおすすめ。友達とのランチ、飲み会、旅行……など、人と関わる機会を増やすようにしましょう。思い切り笑って話してコミュニケーションを取ることができれば、人肌恋しさを感じる機会は減るはずです。出会いの場を広げることにも繋がるため、積極的に外出してみると良いですよ。

4. 恋愛をする

「人肌恋しい=恋人が欲しい」という場合には、やはり恋愛で埋めるのが効果的! 自分を安売りせずに、本命の恋人探しをしてみましょう。その過程の途中で人肌恋しい気持ちになることがあるかもしれませんが、ここをじっと耐えて心から大好きな人を作ることに神経を注ぎましょう。本命の恋人ができたら、会いに行けば良いのです。その日を思い浮かべて、まずはドキドキすることを始めてみてください。

人肌恋しい時には心を充実させるのが◎!

これを機にきちんと自分と向き合ってみる(写真:iStock)
これを機にきちんと自分と向き合ってみる (写真:iStock)

 ふと秋の風を感じると、センチメンタルになってしまうのはなぜでしょうね。でも、楽しいことを想像したり、何かに没頭するだけで、いつの間にか寂しい気持ちは飛んで行くことも多いんです。

 人肌恋しい時は、心が充実していない時。そう置き換えることができるのかも。でも、心は人肌だけで充実するわけではありません。寂しい時に、自分と向き合って過ごすことが成長へと繋がるかもしれませんよ。人肌恋しさを感じる自分を時には認めて、心が温かくいられる環境作りを始めてくださいね。

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ