人はなぜ死者に花を手向けるのか? 古代から続く花のチカラ

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-10-12 06:00
投稿日:2019-10-12 06:00

亡くなったペットと共に現れたお客様

(写真:斑目茂美)
(写真:斑目茂美)

 お花屋さんという御商売は、本当にさまざまなお客様のいらっしゃる場所でございます。ワタクシのお店は神奈川でもちょっぴりカントリー風情満載の立地ということもあってか、ご来店なさるのは必ずしもお花を買う方とも、日本語OKな方とも限らず、もっと言えばそれが「ヒト」とも限らないのでございます。

 先日も我がお店の近くにある巨大有名会社の敷地内に、どうやったらキッチンカーの出入り許可が取れるのか……などと、明らかにお花とは全く関係無いご相談にやってくる謎の外国人が飛び込んできた時には「そんなこと知らんがな!」と食い気味にお答え致しましたが、結局手を尽くして連絡先を探るという……。

 毎日がオモシロお客様万歳の、ブサ可愛猫店長「さぶ」率いる我がお店に、今日も悩ましくもさすがのワタクシもちょっと驚くようなお客様がご来店したのでございます。

お客様「あの〜うちのワンコが死にまして、火葬するのにお花が必要なのです。」

ワタクシ「それは大変でしたね。棺の中に入れるお花でございますね。女の子?男の子?小さいワンコちゃんでござんすか?」

お客様「あの、見てもらえます?」

ワタクシ「は?」

お客様「今、車の中にいるんで連れてきます」

ワタクシ「嘘でしょ?」

 ワタクシとの会話もそこそこにお車になにやら荷物を取りに行かれたお客様。

 これなんですけど……と差し出された小さな箱。

 お客様「開けて見て判断してください」

 恐る恐る箱を開けると、そこには安らかな顔で横たわる1匹のワンちゃんがおりました。

 亡くなってるけど「初めまして」のワンちゃんに一同、涙腺崩壊。店内にいる者全員でご予算なんてそっちのけでワイワイお花を棺に入れて「虹の橋でお母さんが来るの待ってるんだよ!」と生きている時をまるで知らないワンちゃんに向かって泣きながら呼びかけるという始末。

 しかし人はなぜ大事な誰かが亡くなった時に「花」を手向けるのでしょうか。

 知りたいですよね〜。ということで、今週は開運ではございませんが「悲しみと手向けの花」の解説でございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM