まだ30代なのに…誰もが認める“おばさん”の特徴&ルックス

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-11-03 06:00
投稿日:2019-11-03 06:00
 20代と違って、30代では「おばさん」と言われる人が増えてきます。おばさんの定義は曖昧で、「◯歳から◯歳まで」と定まっているわけではありません。周囲から見てなんとなく老け始めてきた頃にそう呼ばれてしまうものですね。しかし、「老けてきた」と言われても、「まだまだ私は現役!」と自信を持っている人もいるはずです。
 中には、30代になってもなお、10代の男性に色目を使う女性もいます。自慢の綺麗な足を見て欲しくて、パンチラしてしまいそうなスカートを履く女性もいます。でも、実のところ周囲は「あの人、ちょっと無理してない?」と若作りに対して冷ややかな目を向けているのかもしれません。
 そんな、30代でおばさんと言われてしまう女性の特徴をご紹介しましょう。

30代でおばさん断定される女性の特徴

 30代というと、人によってはまだまだ20代に見られてもおかしくない年齢。肌にハリがあり、表情もハツラツとしていたり、プロポーションを維持している女性も多いですよね。「落ち着いた色気を感じる」と、評価する男性も多いです。そんな一方で、おばさん断定されてしまう女性の特徴を見てみましょう。

プロポーションが崩れる

 30代となると、プロポーションが崩れる女性が多くいます。筆者も経験がありますが、女性は太った瞬間に老けて見えるらしく、実年齢より上だと思われてしまうこともあります。女性らしい“しなやかなボディ”をキープするために、日頃から運動や体重の記録をつけておくといいでしょう。プロポーションが崩れると洋服を選ぶことも難しくなり、おしゃれに無頓着になるのも老けて見える原因だと思います。

人の悪口を言う

 遠慮がなくなるのも「おばさん」の特徴。人の悪口を言う人は意地悪に見えるだけではなく、自分のことしか考えられていない様子に「おばさん」という印象を持たれがちです。やたら大声で喋ったり、デリカシーに欠けるような発言は控えるべきでしょう。

自分のことで精一杯

 自分のことだけで余裕がない様子も、おばさんに見られてしまう要因。せかせかと急いでいる様子には女性らしさがないですし、隙がないと色気を感じることができなくなります。会社でも自分のことで精一杯で、部下がしでかしたミスを頭ごなしに怒ったりすることも。そのような様子に、「私生活も充実していないんだろうな」と、残念に思う人が続出するのも分かる気がしますね。

相手の話を聞かない

 自分の話ばかりを先行して相手の意見や感想を聞かないのも、おばさんの特徴でしょう。一緒に会話している人は退屈しますし、せっかちな話ぶりに疲れてしまいます。ゆっくりとしたトーンで、相手の話をメインに耳を傾けるようにしたいものです。

若作りが痛い

「若作り」をするのも、おばさんである特徴ですね。そもそも30代は年齢に合う服装をしていれば、特別「老けている」と見られる年代ではありません。それなのに若作りをすると、服装から違和感が前面に出てきてしまいます。若く見られたいからと言って、派手なメイクやファッションの露出は控えた方が良いかもしれません。

実際に30代でおばさんと呼ばれてしまう人のルックス

 周囲にいる30代で、おばさんを強烈に感じてしまう人のルックスの特徴をご紹介します。

濃過ぎまつげエクステはやめよう

 流行のまつげエクステですが、あまりにも濃いと目が細くみえます。眠たそうに見えるため、「疲れているのかな」と周りに思わせてしまうことも。おすすめは、「ポイントつけまつげ」!その日の気分によってイメージを変えやすくなります。ファッションとメイクをリンクさせることで、大人らしいこなれ感を出せるはず。

必要以上の女性らしさは控えて

 30代を過ぎたら、淡い色を控えた方が顔映えする気がします。色で遊んでみるとファッションセンスが際立つでしょう。また、どんなに足が綺麗でも膝上のスカートを履いている女性は、「頑張っている」という印象を与えてしまいます。必要以上にあしらわれたレースも若作りの印象が強いため、避けた方が良いでしょう。

手入れして!髪の毛がプリン

 髪の毛がプリンになっていないかなども、注意を払いましょう。人によってはチラホラと白髪が出てくる年代のため、定期的なヘアスタイルの見直しは必須です。巷では「賞味期限」ならず「賞美期限」とも言うそうですが、二カ月に一回の美容院はマストです!

30代でおばさんと断定される女性にならないように

 10代から20代は何を着ても可愛いですし、それなりに着こなすことができます。まさに、「着る服は自分が選べる」と言えるでしょう。

 一方、30代では「洋服が着る人を選んでくる年代」に突入します。自分にはどんな服が似合うのか、見極めることが大切なのです。

 30代で「おばさん」と呼ばれてしまうと「おしゃれを楽しんだって無駄」と、遠巻きに言われてしまったように感じます。できれば、いつまでも「美しさ」を追求したいですよね。まずは自分のことを客観視して、オシャレや内面を磨くと“脱おばさん”できると思いますよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ