「私、おばさんだから~」と言われたら? 上手な返し方!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-09-12 06:00
投稿日:2019-09-12 06:00
「私、もうおばさんだから〜」と言われると、正直困るその後の対応。特に年上の女性上司などに言われてしまうと、下手に返すと今後に響きそうで悩んでしまう女性も多いよう。彼女たちはなぜ、自分を「おばさん」と言うのでしょうか? 今後のためにも、上手な返し方を知っておきましょう。

そもそも「おばさん」の定義って?

返答に困る…(写真:iStock)
返答に困る… (写真:iStock)

「おばさん」というのは、◯歳からと決まっているわけではありません。そもそも、「おばさん」と呼ばれる定義って、どんなものなのでしょうか。

世間では30代後半〜40代からが「おばさん」

 あるデータによると、世間では30代後半〜40代からが「おばさん」だと感じている人が多いよう。でも、女性からの評価を見ると20代後半から「おばさん化」を感じるというような厳しい声も。ちなみに、男性からの意見でもっとも多いのは40代からでした。

年齢より見た目や行動が「おばさん」を作る

 おばさんの明確な基準はないものの、年齢というよりは見た目や行動によって「おばさん認定」される傾向にあるようです。どんな特徴があるのか、チェックしてみてください。

「おばさん」と呼ばれる特徴をチェック!

●肌がピチピチしていない
●おばさん体型
●服装や外見が適当
●怒りっぽい
●大声で話している
●がめつくなる
●下世話な話が好き
●若い子に嫉妬する
●若作りをしている

 いかがですか? チェックポイントを見ると、いかにもおばさん! という項目がずらっと並んでいますよね。

 この10項目は「お姉さん」と呼ばれる女性には見られないことばかり。つまりは、逆に考えると、おばさん化したくないのであれば、これらのことに気をつけて女性でいる努力を怠らないことが大切なんでしょう。

「私、おばさんだから〜」という女性の心理

自己防衛の可能性も(写真:iStock)
自己防衛の可能性も (写真:iStock)

 と、話が飛びましたが、今回のテーマである「私、おばさんだから〜」という女性の心理について。実は大きく分けて、2タイプに分かれます。

タイプ1:否定してもらいたいというプライド

「私、おばさんだから〜」という女性の中には、「そんなことないですよ!」「まだまだ若いです!」と否定してほしいと思っているかまってちゃんタイプの方もいます。

 こういった女性の場合には、「年の割にちゃんと若くいる」ということに自信を持っているタイプが多いため、決して肯定せずに、思いきり否定してあげることが良い対処になります。

タイプ2:年齢コンプレックスによる自己防衛

 結婚していても良い年なのに独身でいる女性や加齢を感じている女性は、年齢に対してのコンプレックスから「私、おばさんだから〜」と発言してしまう場合があります。年齢について触れられたくないため、あえて自分から自己防衛のために申告しているのです。

 この場合には、年齢を重ねた女性にしか得られない人間性や経験、行動などに注目して、返答をするのが良いでしょう。

「おばさんだから」と言われたら? タイプ別上手な返し方!

年を重ねることはマイナスではないから(写真:iStock)
年を重ねることはマイナスではないから (写真:iStock)

 人生1度は誰もが言われる、突拍子もない「私おばさんだから〜」の言葉。一番NGなのは、突然話を変えたり、スルーをしてしまうこと。肯定されたと感じさせてしまって、気まずくなってしまいます。そこで、上記で挙げたタイプ別上手な返し方を見ていきましょう。

タイプ1:否定してもらいたい女性への返し方

 否定してもらいたい女性に対しては、「そんなことないでしょう!」とか、「まだまだ若いじゃないですか!」のように、とにかくおばさん発言に対して否定をするのが良い返し方。でも、あなたが年下の場合、「いやいや、私も年ですし」なんて、年齢に絡んだ返答はNG!「あなたが年と言うなら、私は!?」なんて、プライドを傷つけてしまう可能性もあります。

 ただし、大げさに否定をしすぎてしまうと、「じゃあ、何歳に見える?」と究極の質問が飛んでくることも。少し若いだろうと思われる年齢を答えたとしても、実年齢とさほど変わらない年を答えてしまい、機嫌を損ねてしまうケースもありますね。「何歳って言われます?」と質問返しするのも1つの手です。ぜひお使いください。

タイプ2:年齢コンプレックスを持つ女性への返し方

 年齢に対してコンプレックスを抱えている女性に対しては、「素敵に年を重ねていて憧れます」とか、「頼りになります!」など、“年を重ねること=マイナスだと思っていない”ということを伝えるのがポイントです。

 ただ、普段からその女性に対して尊敬の気持ちを持てていれば良いですが、そうではない場合には本心が透けてしまわないように注意を払いましょう。「若いなんて、体力くらいしか武器がないんですから!」なんて、若さゆえの自虐ネタで対抗してみても良いかもしれませんね。

「おばさん」って言わない!若さを武器にしない心を!

「おばさん」を言い訳にしない生き方もある(写真:iStock)
「おばさん」を言い訳にしない生き方もある (写真:iStock)

 女性はいつから「おばさん」になるんでしょう? 一昔前は「◯◯くんのおばちゃん!」って子どものお友達に呼ばれた時に、「そっか、私っておばさんなんだ」なんて自覚した方が多いようですが。でも、今は「◯◯くんママ」という呼び名が一般的。良い風習ですよね!(笑)

 個人的には、女性がおばさんになるのは、自分が「おばさん」を言い訳にした瞬間ではないかと思っています。でも、だからといって、見た目や話し方だけ若作りをすれば良いというわけではありません。年を取るのは仕方がないこと。それを認めた上で、年相応にいや、それ以上に知識と経験を得て若さを武器にしない心を持てたら、「おばさん」を言い訳をしないで済むのかもしれませんね。

ライフスタイル 新着一覧


冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。
幸せホルモン放出!猫と一緒にいるだけで多幸感に包まれる♡
 樹木希林さんの遺作映画「日日是好日」の原作者として知られる森下典子さんのエッセイに「猫といっしょにいるだけで」という作...