「私、おばさんだから~」と言われたら? 上手な返し方!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-09-12 06:00
投稿日:2019-09-12 06:00
「私、もうおばさんだから〜」と言われると、正直困るその後の対応。特に年上の女性上司などに言われてしまうと、下手に返すと今後に響きそうで悩んでしまう女性も多いよう。彼女たちはなぜ、自分を「おばさん」と言うのでしょうか? 今後のためにも、上手な返し方を知っておきましょう。

そもそも「おばさん」の定義って?

「おばさん」というのは、◯歳からと決まっているわけではありません。そもそも、「おばさん」と呼ばれる定義って、どんなものなのでしょうか。

世間では30代後半〜40代からが「おばさん」

 あるデータによると、世間では30代後半〜40代からが「おばさん」だと感じている人が多いよう。でも、女性からの評価を見ると20代後半から「おばさん化」を感じるというような厳しい声も。ちなみに、男性からの意見でもっとも多いのは40代からでした。

年齢より見た目や行動が「おばさん」を作る

 おばさんの明確な基準はないものの、年齢というよりは見た目や行動によって「おばさん認定」される傾向にあるようです。どんな特徴があるのか、チェックしてみてください。

「おばさん」と呼ばれる特徴をチェック!

●肌がピチピチしていない
●おばさん体型
●服装や外見が適当
●怒りっぽい
●大声で話している
●がめつくなる
●下世話な話が好き
●若い子に嫉妬する
●若作りをしている

 いかがですか? チェックポイントを見ると、いかにもおばさん! という項目がずらっと並んでいますよね。

 この10項目は「お姉さん」と呼ばれる女性には見られないことばかり。つまりは、逆に考えると、おばさん化したくないのであれば、これらのことに気をつけて女性でいる努力を怠らないことが大切なんでしょう。

「私、おばさんだから〜」という女性の心理

 と、話が飛びましたが、今回のテーマである「私、おばさんだから〜」という女性の心理について。実は大きく分けて、2タイプに分かれます。

タイプ1:否定してもらいたいというプライド

「私、おばさんだから〜」という女性の中には、「そんなことないですよ!」「まだまだ若いです!」と否定してほしいと思っているかまってちゃんタイプの方もいます。

 こういった女性の場合には、「年の割にちゃんと若くいる」ということに自信を持っているタイプが多いため、決して肯定せずに、思いきり否定してあげることが良い対処になります。

タイプ2:年齢コンプレックスによる自己防衛

 結婚していても良い年なのに独身でいる女性や加齢を感じている女性は、年齢に対してのコンプレックスから「私、おばさんだから〜」と発言してしまう場合があります。年齢について触れられたくないため、あえて自分から自己防衛のために申告しているのです。

 この場合には、年齢を重ねた女性にしか得られない人間性や経験、行動などに注目して、返答をするのが良いでしょう。

「おばさんだから」と言われたら? タイプ別上手な返し方!

 人生1度は誰もが言われる、突拍子もない「私おばさんだから〜」の言葉。一番NGなのは、突然話を変えたり、スルーをしてしまうこと。肯定されたと感じさせてしまって、気まずくなってしまいます。そこで、上記で挙げたタイプ別上手な返し方を見ていきましょう。

タイプ1:否定してもらいたい女性への返し方

 否定してもらいたい女性に対しては、「そんなことないでしょう!」とか、「まだまだ若いじゃないですか!」のように、とにかくおばさん発言に対して否定をするのが良い返し方。でも、あなたが年下の場合、「いやいや、私も年ですし」なんて、年齢に絡んだ返答はNG!「あなたが年と言うなら、私は!?」なんて、プライドを傷つけてしまう可能性もあります。

 ただし、大げさに否定をしすぎてしまうと、「じゃあ、何歳に見える?」と究極の質問が飛んでくることも。少し若いだろうと思われる年齢を答えたとしても、実年齢とさほど変わらない年を答えてしまい、機嫌を損ねてしまうケースもありますね。「何歳って言われます?」と質問返しするのも1つの手です。ぜひお使いください。

タイプ2:年齢コンプレックスを持つ女性への返し方

 年齢に対してコンプレックスを抱えている女性に対しては、「素敵に年を重ねていて憧れます」とか、「頼りになります!」など、“年を重ねること=マイナスだと思っていない”ということを伝えるのがポイントです。

 ただ、普段からその女性に対して尊敬の気持ちを持てていれば良いですが、そうではない場合には本心が透けてしまわないように注意を払いましょう。「若いなんて、体力くらいしか武器がないんですから!」なんて、若さゆえの自虐ネタで対抗してみても良いかもしれませんね。

「おばさん」って言わない!若さを武器にしない心を!

 女性はいつから「おばさん」になるんでしょう? 一昔前は「◯◯くんのおばちゃん!」って子どものお友達に呼ばれた時に、「そっか、私っておばさんなんだ」なんて自覚した方が多いようですが。でも、今は「◯◯くんママ」という呼び名が一般的。良い風習ですよね!(笑)

 個人的には、女性がおばさんになるのは、自分が「おばさん」を言い訳にした瞬間ではないかと思っています。でも、だからといって、見た目や話し方だけ若作りをすれば良いというわけではありません。年を取るのは仕方がないこと。それを認めた上で、年相応にいや、それ以上に知識と経験を得て若さを武器にしない心を持てたら、「おばさん」を言い訳をしないで済むのかもしれませんね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ライフスタイル 新着一覧


モテモテ“たまたま”に熱愛発覚! ロマンチックな鼻チューにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
シゴデキだけどなかなか厄介!? 高学歴部下を持つメリットとデメリット
 自分の部下を好きに選べるなら、どんな人がいいですか? 「ポンコツはイヤ! 高学歴で聡明な、シゴデキの部下が欲しい!」と...
酷暑で園芸瀕死でも夏のお助け花「ペンタス」、どんだけ咲いてくれるのw
 暑いです。ただでさえ更年期のお年頃のワタクシ、この厳しい暑さは格別でございます。  猫店長「さぶ」率いる...
あの上司が“うさぎスタンプ”で甘えてるっ!職場への誤爆&赤面LINE10選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
予約必須店で失態!食い意地が勝り、朝10時からフルコースの“敗者復活”
 汗ばむ気温のとある週末、筆者は湖畔の景色を見ながら、優雅にフルコースをいただいておりました。時計の針はまだ午前10時を...
“面倒くさい”ママ友って本当に必要?メリットとデメリットを検証してみた
 あなたにとって、ママ友は必要ですか? それとも不要ですか?「仲良しのママ友を作って、一緒に子育てを楽しみたい」と思う人...
暑い日こそIN・鍋!のんびり“たまたま”君の大あくびをパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
心をすり減らす“毒友”と縁を切る3つの方法 その違和感に目を背けないで
 自分にとって毒になる友人、毒友。一緒にいて違和感を抱くあの人も、あなたにとって毒友なのかもしれません。今回は、毒友の特...
3歳娘にアタマジラミ!? 我が家を救ったアナログな退治法と意外な美容家電
 2人の保育園児を育てる我が家では先日、ちょっとした“事件”がありました。下の子どもの頭にアタマジラミが住み着いてしまっ...
女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…
 深夜に誰かへLINEを送るときはくれぐれもご注意を。“深夜テンション”でネガティブになりすぎたり、ヤケクソになっていた...
「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...