厳しい言葉も…シングルマザーはなぜ恋をしちゃいけないの?

内藤みか 作家
更新日:2019-10-21 16:23
投稿日:2019-10-21 06:00
 テレビの婚活番組や婚活イベントにシングルマザーが参加するのも珍しくない時代になりました。けれど、そうした女性に対し「子どもがいるのにそんなことして」と厳しい言葉を投げる人が少なくありません。シングルマザーが恋をすることに、なぜ世間は厳しいのでしょうか。

母親が女になることを毛嫌いする社会

シングルマザーは恋をしてはいけないの?(写真:iStock)
シングルマザーは恋をしてはいけないの? (写真:iStock)

 日本では、子育て中の母親が女の顔をのぞかせることを毛嫌いする風潮があります。私も「子育て中なんだから変な色気なんか出さずに子育てに集中してなさいよ」と叱られたことがあります。でも、今まで夫がいたのにいなくなったシングルマザーのさみしさはかなりのもの。やっぱり恋をしたいのです。それなのに、さみしさを我慢して子育てだけしてりゃいいんだよとシングルマザーを突き放し、孤立させてしまっては気の毒です。

 恋愛に夢中になり、子どもをほったらかしてしまう女性もいますが、それはごく一部。本気で子どもを愛していれば、恋も育児もさらに仕事も両立させようと頑張るものです。なんらかの理由で過去に破局してしまったけれど、一瞬であれ幸せな結婚生活を味わった彼女たち。子どものためにもなんとか家庭を再建しようと前向きに頑張るのは素晴らしいことだと思うのです。

子どもがかわいそうという意見

子どもも「父親」を望んでいる(写真:iStock)
子どもも「父親」を望んでいる (写真:iStock)

 シングルマザーが婚活することを嫌がる理由として「子どもがかわいそう」という決まり文句を投げる人も多くいます。でも、一体何をもってかわいそうなのでしょうか。新しいお父さんが現れることはむしろ喜ばしいことなのではないでしょうか。シングルマザーの婚活を嫌がるということは、シングルマザーはシングルマザーのまま子どもが成人するまでひとりで頑張れということです。これはあまりにも冷たく厳しい考えです。

 実際の子どもはどうでしょうか。子どもも父親がいなくなってさみしいわけですから、一緒に遊んでくれる大人の男の人が来たら大歓迎するものなのです。私の子どもたちも小さい頃は「新しいお父さんを連れてきて!」と私に何度もせがみ、困らせました。子どもこそが母親の再婚を願っているケースもあるので、他人が「かわいそう」と決めつけるのはちょっと乱暴です。

相手の男性への配慮とは

養子に迎えるという選択をする男性もいる(写真:iStock)
養子に迎えるという選択をする男性もいる (写真:iStock)

 また「相手の男性が気の毒」という意見もありますが、実は、あえてシングルマザーを望んで婚活する男性もいるのです。諸事情で子どもができないので子どもを養子に迎えたいという人もいますし、一度結婚した女性なら、男性との生活にも慣れているだろうという安心感もあるようです。もちろんシングルマザーはお断りという男性もいますが、そういう人とはお互いのニーズが一致しないのだから、最初からお付き合いしなければいいだけの話です。

子どもの父親はどこに行ったか問題

シングルマザーの婚活を受け入れる社会に…(写真:iStock)
シングルマザーの婚活を受け入れる社会に… (写真:iStock)

 そもそも、子どもは1人では産めません。父親がいるはずですが、その父親とはなぜ離婚してしまったのでしょうか。私の知り合いにこんな女性がいます。夫が外に女を作り、妻子を置いて家を出て行ってしまったのです。残された彼女はシングルマザーで頑張っていますが、今度はちゃんとした人を見つけて幸せになりたいと願っています。私にはそんな彼女に「子どもがいるのに婚活するなんて」とはとても責められません。責められるべきは、身勝手な父親なのですから。

 けれど妻子を捨てて他の女に走った男性を世間が責める様子はあまり見かけません、それはなぜでしょうか。彼のそばには子どもがいないから、彼の罪は気づかれないだけなのです。けれど捨てられたシングルマザーのそばには子どもがいるので、周囲もすぐにひとり親だとわかるんですよね。

 苦労して子育てしているシングルマザーたちの幸せを私は願っていますし、彼女たちの婚活にも賛成しています。そして、精一杯のおしゃれをして婚活しているシングルマザーを温かく受け入れてくれる社会であってほしいと思っています。


関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 仕事などでしばらく会えていなかった彼に、久しぶりに会えるデートの日♡ それなのに、生理が来てしまった……なんて時もあり...
ミクニシオリ 2020-07-04 06:00 ラブ
FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ