厳しい言葉も…シングルマザーはなぜ恋をしちゃいけないの?

内藤みか 作家
更新日:2019-10-21 16:23
投稿日:2019-10-21 06:00
 テレビの婚活番組や婚活イベントにシングルマザーが参加するのも珍しくない時代になりました。けれど、そうした女性に対し「子どもがいるのにそんなことして」と厳しい言葉を投げる人が少なくありません。シングルマザーが恋をすることに、なぜ世間は厳しいのでしょうか。

母親が女になることを毛嫌いする社会

シングルマザーは恋をしてはいけないの?(写真:iStock)
シングルマザーは恋をしてはいけないの? (写真:iStock)

 日本では、子育て中の母親が女の顔をのぞかせることを毛嫌いする風潮があります。私も「子育て中なんだから変な色気なんか出さずに子育てに集中してなさいよ」と叱られたことがあります。でも、今まで夫がいたのにいなくなったシングルマザーのさみしさはかなりのもの。やっぱり恋をしたいのです。それなのに、さみしさを我慢して子育てだけしてりゃいいんだよとシングルマザーを突き放し、孤立させてしまっては気の毒です。

 恋愛に夢中になり、子どもをほったらかしてしまう女性もいますが、それはごく一部。本気で子どもを愛していれば、恋も育児もさらに仕事も両立させようと頑張るものです。なんらかの理由で過去に破局してしまったけれど、一瞬であれ幸せな結婚生活を味わった彼女たち。子どものためにもなんとか家庭を再建しようと前向きに頑張るのは素晴らしいことだと思うのです。

子どもがかわいそうという意見

子どもも「父親」を望んでいる(写真:iStock)
子どもも「父親」を望んでいる (写真:iStock)

 シングルマザーが婚活することを嫌がる理由として「子どもがかわいそう」という決まり文句を投げる人も多くいます。でも、一体何をもってかわいそうなのでしょうか。新しいお父さんが現れることはむしろ喜ばしいことなのではないでしょうか。シングルマザーの婚活を嫌がるということは、シングルマザーはシングルマザーのまま子どもが成人するまでひとりで頑張れということです。これはあまりにも冷たく厳しい考えです。

 実際の子どもはどうでしょうか。子どもも父親がいなくなってさみしいわけですから、一緒に遊んでくれる大人の男の人が来たら大歓迎するものなのです。私の子どもたちも小さい頃は「新しいお父さんを連れてきて!」と私に何度もせがみ、困らせました。子どもこそが母親の再婚を願っているケースもあるので、他人が「かわいそう」と決めつけるのはちょっと乱暴です。

相手の男性への配慮とは

養子に迎えるという選択をする男性もいる(写真:iStock)
養子に迎えるという選択をする男性もいる (写真:iStock)

 また「相手の男性が気の毒」という意見もありますが、実は、あえてシングルマザーを望んで婚活する男性もいるのです。諸事情で子どもができないので子どもを養子に迎えたいという人もいますし、一度結婚した女性なら、男性との生活にも慣れているだろうという安心感もあるようです。もちろんシングルマザーはお断りという男性もいますが、そういう人とはお互いのニーズが一致しないのだから、最初からお付き合いしなければいいだけの話です。

子どもの父親はどこに行ったか問題

シングルマザーの婚活を受け入れる社会に…(写真:iStock)
シングルマザーの婚活を受け入れる社会に… (写真:iStock)

 そもそも、子どもは1人では産めません。父親がいるはずですが、その父親とはなぜ離婚してしまったのでしょうか。私の知り合いにこんな女性がいます。夫が外に女を作り、妻子を置いて家を出て行ってしまったのです。残された彼女はシングルマザーで頑張っていますが、今度はちゃんとした人を見つけて幸せになりたいと願っています。私にはそんな彼女に「子どもがいるのに婚活するなんて」とはとても責められません。責められるべきは、身勝手な父親なのですから。

 けれど妻子を捨てて他の女に走った男性を世間が責める様子はあまり見かけません、それはなぜでしょうか。彼のそばには子どもがいないから、彼の罪は気づかれないだけなのです。けれど捨てられたシングルマザーのそばには子どもがいるので、周囲もすぐにひとり親だとわかるんですよね。

 苦労して子育てしているシングルマザーたちの幸せを私は願っていますし、彼女たちの婚活にも賛成しています。そして、精一杯のおしゃれをして婚活しているシングルマザーを温かく受け入れてくれる社会であってほしいと思っています。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ