シングルマザーの再婚問題…なぜ児童虐待が後を絶たない?

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:24
投稿日:2019-10-05 06:00
(写真:iStock)
(写真:iStock)

 児童虐待事件が後を絶ちません。東京・目黒で虐待死した船戸結愛ちゃん(当時5)が生前、「もうおねがいゆるして、おねがいします」とひらがなで書いた悲痛な叫びは、胸が苦しくなりました。初公判で、母親の優里被告(27)は、夫が怖くて虐待を止められなかったと語っています。

 虐待事件の背景には、夫婦の間で心理的な支配関係が存在することが珍しくありません。もう一つポイントとなるのが、連れ子です。結愛ちゃんは優里被告の連れ子で、夫の雄大被告と再婚後、2人の間には結愛ちゃんの弟が生まれています。

 今回はシングルマザーの再婚問題を取り上げたいと思います。今年8月、鹿児島で虐待死した4歳の女児は、シングルマザーの母親の交際相手に殴られて亡くなっています。

 全国212カ所の児童相談所が昨年度に児童虐待相談として対応した件数は15万9850件と過去最多。幸せを求めての再婚が、不幸を呼び込むキッカケにしないためには、男性をしっかり見極めることがとても大切です。

子供には母親が一番大好きな存在

子供には母親が一番の存在(写真:iStock)
子供には母親が一番の存在 (写真:iStock)

 シングルマザーが再婚を考えるのは、大きく3つ。

1. 将来的に金銭的な不安がある
2. 純粋に好きな人がいる
3. 孤独死が怖い

 私のところに相談に来られる方の再婚動機も突き詰めると、大体この3つです。

「ウチの子供が彼になついて」「子供が彼と遊んでいる姿は、本当の親子そのものね」とママ友に話すのは後付けの理屈。シングルマザーには「離婚して子供に不憫な思いをさせている」という後ろめたさが少なからずありますが、再婚を自己肯定するための材料に過ぎません。あくまでもベースは3つ。

 再婚相手も再婚相手で女性の気を引こうと、後付けの理屈をもっともらしく何度も並べます。たとえば「子どもには父親が必要だしね」「頑張っていいパパになるよ」と。

 恋愛モードの2人にとっては響き合う言葉かもしれません。しかし、子供にとっては、ママの再婚相手となる男性は赤の他人。なついたフリが、ママを悲しませないためで、「心の中では本当の親じゃないくせに」と思っているケースはよく見られます。

 目に見える反発があれば分かりやすいですが、子供が反発していなくても男性を全面的に受け入れているわけではないということです。

 再婚相手が「いいパパになろう」と考えるのは、悪いことではありません。しかし、実の父親と比べても、子供は母親が一番大好きな存在なのです

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ