シングルマザーの再婚問題…なぜ児童虐待が後を絶たない?

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:24
投稿日:2019-10-05 06:00
(写真:iStock)
(写真:iStock)

 児童虐待事件が後を絶ちません。東京・目黒で虐待死した船戸結愛ちゃん(当時5)が生前、「もうおねがいゆるして、おねがいします」とひらがなで書いた悲痛な叫びは、胸が苦しくなりました。初公判で、母親の優里被告(27)は、夫が怖くて虐待を止められなかったと語っています。

 虐待事件の背景には、夫婦の間で心理的な支配関係が存在することが珍しくありません。もう一つポイントとなるのが、連れ子です。結愛ちゃんは優里被告の連れ子で、夫の雄大被告と再婚後、2人の間には結愛ちゃんの弟が生まれています。

 今回はシングルマザーの再婚問題を取り上げたいと思います。今年8月、鹿児島で虐待死した4歳の女児は、シングルマザーの母親の交際相手に殴られて亡くなっています。

 全国212カ所の児童相談所が昨年度に児童虐待相談として対応した件数は15万9850件と過去最多。幸せを求めての再婚が、不幸を呼び込むキッカケにしないためには、男性をしっかり見極めることがとても大切です。

子供には母親が一番大好きな存在

子供には母親が一番の存在(写真:iStock)
子供には母親が一番の存在 (写真:iStock)

 シングルマザーが再婚を考えるのは、大きく3つ。

1. 将来的に金銭的な不安がある
2. 純粋に好きな人がいる
3. 孤独死が怖い

 私のところに相談に来られる方の再婚動機も突き詰めると、大体この3つです。

「ウチの子供が彼になついて」「子供が彼と遊んでいる姿は、本当の親子そのものね」とママ友に話すのは後付けの理屈。シングルマザーには「離婚して子供に不憫な思いをさせている」という後ろめたさが少なからずありますが、再婚を自己肯定するための材料に過ぎません。あくまでもベースは3つ。

 再婚相手も再婚相手で女性の気を引こうと、後付けの理屈をもっともらしく何度も並べます。たとえば「子どもには父親が必要だしね」「頑張っていいパパになるよ」と。

 恋愛モードの2人にとっては響き合う言葉かもしれません。しかし、子供にとっては、ママの再婚相手となる男性は赤の他人。なついたフリが、ママを悲しませないためで、「心の中では本当の親じゃないくせに」と思っているケースはよく見られます。

 目に見える反発があれば分かりやすいですが、子供が反発していなくても男性を全面的に受け入れているわけではないということです。

 再婚相手が「いいパパになろう」と考えるのは、悪いことではありません。しかし、実の父親と比べても、子供は母親が一番大好きな存在なのです

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ラブ 新着一覧


不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ