離婚は怖くない? 幸せな再婚を果たした女性に“3つの特徴”

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-06-07 06:00
投稿日:2019-06-07 06:00

離婚してしまうと人生詰んでしまうの?

離婚は人生の“詰み”ではない(写真:iStock)
離婚は人生の“詰み”ではない (写真:iStock)

 今や3人に1人が離婚をするといわれる時代。

 離婚は誰もが避けられない可能性のある人生の出来事になってきたのではないでしょうか?

 そんな中、やはり根強いのが離婚をしてしまうと、そこで“人生詰んでしまうんじゃない?”という考え方。

 離婚をしてしまうと、もう再起不能なダメージを受けてしまう、と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし実際のところ、結婚・離婚を経験した方が、再婚できる確率というのはそれほど低いわけではないのです。今回は、そんな離婚と再婚の真実や、幸せな再婚をするためのポイントについて解説させていただきます。

ほとんどの女性は10年以内に再婚する

統計を見ても5年以内の再婚率は高い(写真:iStock)
統計を見ても5年以内の再婚率は高い (写真:iStock)

 ある統計では、離婚した女性が5年以内に再婚する率は40%を超えているそうです。意外と高い数値ですよね。一方、男性の再婚率は50%を超えているようで、女性の方が若干低い結果も。これはどうやら、シングルマザーの再婚率が少し低いためのようです。

 シングルマザーの場合、子供が小さいとデートの時間を取るのも難しいという事情もあるでしょう。

 なお、2011年度の政府統計によると、再婚した女性の中で離婚後1年未満で結婚した人は13%。5年未満の再婚は55%、10年未満に再婚した女性は88%となっています。つまり、再婚に成功した人のほとんどは10年以内に再婚しているようです。

幸せな再婚した人に共通する3つの特徴とは?

自分の失敗を認め、理由を考える(写真:iStock)
自分の失敗を認め、理由を考える (写真:iStock)

 多くの人が再婚できるとは言っても、実際どういう人が幸せな再婚をできているのか、気になるところですよね。そこで、そうした人に共通する特徴をまとめてみました。

その1. 失敗を見つめ直して価値観を重視

 まず結婚の失敗理由としてよくあるのが「価値観の違い」。

 1回目の結婚では、互いがどんな人生を過ごしたいのか、生活の中で重視するものは何かを深く考えないことが多いもの。なんとなく見た目が好きだとか、将来性がありそうだから、というポイントで結婚した方は、とくにこの「価値観の違い」という壁にぶち当たりがちです。

 この巨大な壁を理解して、自分にとって必要なものは何か、そういう相手と快適な時間を過ごすためには、自分はどう変わっていけば良いか、と考えて行動した人は、その後は最高のパートナーと出会っている率が高い傾向にあります。

その2. 離婚の原因を相手に押し付けていない

 離婚の原因は自分にない、と思っている人は要注意。“次こそは自分にぴったりの相手を”と理想やこだわりを相手に押し付ける傾向があるケースも。一方、離婚の際に、自分のどういうところが悪かったのかをちゃんと分析して向き合える方は、再婚への近道に。何事も人のせいにせず、今の自分をゼロから見つめ直すことのできる人は、魅力的に映るものです。

その3. 離婚をしてもポジティブで前向き

 3つ目の特徴は、離婚をしても後ろ向きにならず、恋も仕事も前向きに楽しんで行こうとする姿勢があります。人はギャップに弱いものです。離婚といった重大事があっても、めげずに人生を前向きに楽しんで行こうとする方は、異性・同性の両方からも魅力的に見えますよね。ピンチはチャンス!の言葉の通り、人は失敗からいかに学ぶかによって真価が問われるのです。

まとめ

新しい幸せがみつかるかも(写真:iStock)
新しい幸せがみつかるかも (写真:iStock)

 3つの幸せな再婚をした方の特徴を解説させていただきましたが、これらは再婚だけではなく人生を楽しく有意義に生きるためにも必要なものですよね。結婚は特別なものではなく、人生をちゃんと生きようとする方は、幸せな結婚生活も結果的についてくるものです。

 恋愛がうまくいかない、結婚がうまくいかない、と思っている方は、実は自分の人生観の中にその問題が潜んでいるのかもしれません。まずは自分を見つめ直してみると、新たな幸せが見つかるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ