離婚は怖くない? 幸せな再婚を果たした女性に“3つの特徴”

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-06-07 06:00
投稿日:2019-06-07 06:00

離婚してしまうと人生詰んでしまうの?

離婚は人生の“詰み”ではない(写真:iStock)
離婚は人生の“詰み”ではない (写真:iStock)

 今や3人に1人が離婚をするといわれる時代。

 離婚は誰もが避けられない可能性のある人生の出来事になってきたのではないでしょうか?

 そんな中、やはり根強いのが離婚をしてしまうと、そこで“人生詰んでしまうんじゃない?”という考え方。

 離婚をしてしまうと、もう再起不能なダメージを受けてしまう、と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし実際のところ、結婚・離婚を経験した方が、再婚できる確率というのはそれほど低いわけではないのです。今回は、そんな離婚と再婚の真実や、幸せな再婚をするためのポイントについて解説させていただきます。

ほとんどの女性は10年以内に再婚する

統計を見ても5年以内の再婚率は高い(写真:iStock)
統計を見ても5年以内の再婚率は高い (写真:iStock)

 ある統計では、離婚した女性が5年以内に再婚する率は40%を超えているそうです。意外と高い数値ですよね。一方、男性の再婚率は50%を超えているようで、女性の方が若干低い結果も。これはどうやら、シングルマザーの再婚率が少し低いためのようです。

 シングルマザーの場合、子供が小さいとデートの時間を取るのも難しいという事情もあるでしょう。

 なお、2011年度の政府統計によると、再婚した女性の中で離婚後1年未満で結婚した人は13%。5年未満の再婚は55%、10年未満に再婚した女性は88%となっています。つまり、再婚に成功した人のほとんどは10年以内に再婚しているようです。

幸せな再婚した人に共通する3つの特徴とは?

自分の失敗を認め、理由を考える(写真:iStock)
自分の失敗を認め、理由を考える (写真:iStock)

 多くの人が再婚できるとは言っても、実際どういう人が幸せな再婚をできているのか、気になるところですよね。そこで、そうした人に共通する特徴をまとめてみました。

その1. 失敗を見つめ直して価値観を重視

 まず結婚の失敗理由としてよくあるのが「価値観の違い」。

 1回目の結婚では、互いがどんな人生を過ごしたいのか、生活の中で重視するものは何かを深く考えないことが多いもの。なんとなく見た目が好きだとか、将来性がありそうだから、というポイントで結婚した方は、とくにこの「価値観の違い」という壁にぶち当たりがちです。

 この巨大な壁を理解して、自分にとって必要なものは何か、そういう相手と快適な時間を過ごすためには、自分はどう変わっていけば良いか、と考えて行動した人は、その後は最高のパートナーと出会っている率が高い傾向にあります。

その2. 離婚の原因を相手に押し付けていない

 離婚の原因は自分にない、と思っている人は要注意。“次こそは自分にぴったりの相手を”と理想やこだわりを相手に押し付ける傾向があるケースも。一方、離婚の際に、自分のどういうところが悪かったのかをちゃんと分析して向き合える方は、再婚への近道に。何事も人のせいにせず、今の自分をゼロから見つめ直すことのできる人は、魅力的に映るものです。

その3. 離婚をしてもポジティブで前向き

 3つ目の特徴は、離婚をしても後ろ向きにならず、恋も仕事も前向きに楽しんで行こうとする姿勢があります。人はギャップに弱いものです。離婚といった重大事があっても、めげずに人生を前向きに楽しんで行こうとする方は、異性・同性の両方からも魅力的に見えますよね。ピンチはチャンス!の言葉の通り、人は失敗からいかに学ぶかによって真価が問われるのです。

まとめ

新しい幸せがみつかるかも(写真:iStock)
新しい幸せがみつかるかも (写真:iStock)

 3つの幸せな再婚をした方の特徴を解説させていただきましたが、これらは再婚だけではなく人生を楽しく有意義に生きるためにも必要なものですよね。結婚は特別なものではなく、人生をちゃんと生きようとする方は、幸せな結婚生活も結果的についてくるものです。

 恋愛がうまくいかない、結婚がうまくいかない、と思っている方は、実は自分の人生観の中にその問題が潜んでいるのかもしれません。まずは自分を見つめ直してみると、新たな幸せが見つかるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“美人は3日で飽きる”は本当?男性たちの意外な本音を調査!
「美人は3日で飽きる」という言葉を、聞いたことがある人は多いはず。そして、「ブスは3日で慣れる」という言葉も……。でも、...
恋バナ調査隊 2020-12-06 06:00 ラブ
彼に復縁したいと思わせるには?復縁までにするべき行動4つ
 大好きな彼と別れてしまったけれど、どうしてもやり直したい!という気持ちが抑えられなくなることってありますよね。でも、復...
恋バナ調査隊 2020-12-06 06:00 ラブ
男はチャンスがあれば浮気する!怪しげな気配を見抜くコツは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。宮崎謙介元衆院議員(39)二度目の不倫を文春砲にてスクープされました。ここ最...
山崎世美子 2020-12-05 06:00 ラブ
何をしてもダメ出し…妻に怯えながら家庭生活を営む夫の悲哀
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-12-05 05:48 ラブ
ルーズすぎる夫にメンタル限界…秘密裏に別居計画を進める妻
「冷酷と激情のあいだvol.23〜男性編〜」では、妻に対して怯えながら家庭生活を送っている男性であるOさんの心情をご紹介...
並木まき 2020-12-05 05:48 ラブ
もう泣きたくない…離婚から立ち直るために必要な期間は?
 長く厳しい離婚協議(または調停)を終え、やっと解放されたと思っても……悲しいかな、離婚は失恋以上に悲しみを引きずる場合...
七味さや 2020-12-04 06:00 ラブ
彼はLINEが苦手なだけ?彼の本音&“脈あり”を見抜く方法♡
 いい感じになった彼と連絡先を交換できたのに、LINEが盛り上がらなくて悩んでいる人は多いようです。しかし、実際のところ...
恋バナ調査隊 2020-12-04 06:00 ラブ
好きな人とお揃いのグッズが欲しい♡ おすすめアイテムを紹介
 あなたは好きな人とペアグッズを持ったことがありますか? 中には「恥ずかしいから」という理由でペアグッズを持たない人もい...
恋バナ調査隊 2020-12-03 06:00 ラブ
目指すはスルメ系女子? 噛むほどに味が出る女性の特徴7つ
 男女の性質を、「◯◯系」という括りで表しがちな昨今。実は今、見直されているのが、“スルメ系女子”。その言葉の通り、スル...
リタ・トーコ 2020-12-03 06:00 ラブ
彼女がいても…彼が「元カノ」と連絡を取り続ける理由って?
 なぜ、私たちの恋人は元カノと連絡を取り続けるのでしょうか。面と向かって「連絡取らないでよ」というのは重たいけれど、連絡...
ミクニシオリ 2020-12-02 06:00 ラブ
イケメンと付き合いたい女性がすべき5つの行動&出会い方♡
「彼氏がイケメンだったらいいなぁ」と、思う女性は多いのではないでしょうか? 同じセリフや行動でも、イケメンがするだけで特...
恋バナ調査隊 2020-12-02 06:00 ラブ
彼の本性が見える!結婚相手選びでチェックすべき一つのこと
「何で、結婚する前に分からなかったの?」  これは、夫婦仲が悪くなって悩んでいる人に絶対言ってはいけない言葉です。...
田中絵音 2020-12-01 06:00 ラブ
9年前にお見合いした別の優良物件男からクズ過ぎる連絡が。
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-12-01 06:00 ラブ
モテ女子に学べ♡片思い中LINEの注意点&効果的な送り方
 片思いの彼とLINE交換ができたのは良いけれど、どんなメッセージを送れば関係を発展させられるかと、悩んでいる人は多いよ...
2020-12-01 06:00 ラブ
【女性版】マッチングアプリで「モテ無双」できる写真とは?
 日常生活で「いい出会いがない」と嘆いたり、マッチングアプリは昔やっていたけれど、なかなかマッチしなかったと不満に思う方...
若林杏樹 2020-12-03 10:16 ラブ
気分屋の彼氏と幸せになれる?特徴&上手に付き合うコツ4つ
 気分屋の彼氏と付き合っていると、本当に疲れますよね。日によって言うことが違ったり、機嫌がコロコロ変わったり……。好きな...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ