愛する彼はDVをふるう可能性がある? 見逃せない前兆3つ

内藤みか 作家
更新日:2019-10-24 06:00
投稿日:2019-10-24 06:00
 愛する彼がDV男になるだなんて、恋愛真っ只中には思いもしないはず。けれど、ちょっとしたきっかけで暴力が始まり、時には命の危険にさらされることもあるのです。女性に暴力をふるう前兆サインはあるのか、経験者に聞いてみました。

モノを大切にしない

DV男には前兆サインがある(写真:iStock)
DV男には前兆サインがある (写真:iStock)

 実はDVは、いきなり人の体を殴ることから始まるわけではないのです。私が話を聞いたDV被害者の何人もが「最初はモノを壊していた」と証言しています。イライラし始めた当初は、鉛筆をバキッと折ったり、スマートフォンを壊したりと、モノに当たっていたのだとか。部屋の壁やドアを蹴る人もいたそうです。そしてモノでも収まらないほどに怒りが大きくなった時に、暴力がパートナーに向かったそうです。

 普段からモノを乱暴に扱うような人、たとえばドアを乱暴に閉めたり、お皿を投げつけたりとモノで怒りを表現するような人は、それがDVに発展するリスクが考えられます。怒った時にモノに対する態度がどう変化するか、モノに対して乱暴になるか、ここが重要なチェックポイントかもしれません。

見知らぬ人に対して冷たい

運転には本来の性格が出る(写真:iStock)
運転には本来の性格が出る (写真:iStock)

 また、チェックしておきたいもう1点としては、見知らぬ人に対する態度があります。

 DVの被害に遭った女性で、相手の男性に対し「普段から他人に対して冷淡なところがあった」と語る人が複数いました。他人に対する優しさは、例えば電車で高齢者に席をゆずるなど「困っている他人」に対する善行では見えてきません。「困った行動をする他人」についての対応のほうがわかりやすいのです。

 たとえばですが、車の運転中に、自転車でフラフラ走っている高齢者が前に現れたとします。その時に「危ねえな」などと車内から毒づく場合、少し心配です。もっと心配なのは、車の窓を開け、その高齢者にわざわざ「フラフラ危ねえんだよ!」などと罵声を浴びせるケースです。知らない人に対して、躊躇なくトゲのある言葉を投げることができる人は、人の心や身体の痛みに対して鈍感なのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ