妻を蝕む サイコパス系モラ夫の“エキセントリックな口癖”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-18 06:00
投稿日:2019-10-18 06:00
 サイコパスちっくな本性をもつモラハラ夫ほど、口にしがちなフレーズもあります。妻をじわじわと追い詰める、冷酷なそのセリフとは……? 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、サイコパス系モラ男が言いがちなエキセントリックすぎるフレーズを3選ご紹介します。

1:「僕はそう思わない」

妻の気持ちに寄り添ってくれない(写真:iStock)
妻の気持ちに寄り添ってくれない (写真:iStock)

 サイコパスモラ夫が行動する基準のひとつは、“自分がどう思うか”。

 そもそもサイコパス気質な男性は、他者の気持ちに寄り添うことができないため、最愛の存在であるはずの妻が困っていたり悩んでいたりしていても、どこ吹く風。さらには、“夫婦”としての助け合いや慈しみ合う意識にも欠ける男性が多く、妻が「夫婦なんだから、夫としてここを助けてほしい」と願っても「僕はそう思わない」のひとことで片付けてしまうのです。

 サイコパス系モラ夫には、責任感に欠ける気質を併せ持っているタイプも多いので、このフレーズによって、あらゆる責任を放棄する傾向にもあります。

2:「君の問題でしょ?」

自分以外に興味がない(写真:iStock)
自分以外に興味がない (写真:iStock)

 一般的には、夫婦は助け合って生きていくものですし、愛する女性が困ったり悲しんだりしていれば、進んでサポートする男性も多いものです。

 ところがサイコパス系モラ夫ほど「夫婦は運命共同体」の意識が欠如。妻がなんらかの問題を抱えていても「俺には関係ない」とばかりに「それはさ〜。君の問題でしょ?」と言い放ち、いともたやすく突き放します。

 サイコパス系モラ夫にとって、妻はあくまでも“他人”。自分以外の人の感情にはまったく関心が湧かないため、こういった夫といると、妻は精神的にも物理的にも追い詰められてしまいます。

3:「だから何?」

夫婦なのになんでこんなに孤独なんだろう(写真:iStock)
夫婦なのになんでこんなに孤独なんだろう (写真:iStock)

 愛する女性が悩みを抱えていれば、それが深刻であるほどに親身になるのが、一般的なパートナーのあるべき姿。しかしサイコパス系モラ夫は、自分に影響がない事柄にはどこまでも無関心であるため、妻が切実な悩みを打ち明けても「だから何?」のひとことで済ませがちな傾向です。

 妻が抱いている悩みの内容がどんなにシリアスであっても、とことんまで「俺は関係ない」のスタンスを貫き、妻を孤独の底に追いやるのです。

まとめ

 サイコパス系モラ夫との結婚生活は、妻にとっては地獄でしかありません。夫から道徳的にも許しがたい発言を繰り返し浴びせられることで、とことんまで突き放され、孤独な立場に追いやられます。その結果として、メンタルや身体を壊す女性があとを絶たないのも実情です。

 こんなセリフを日常的に浴びせられていれば、どんなに健康な女性でも、いつしか心や身体が蝕まれても、無理はないのではないでしょうか。サイコパス、そしてモラハラ気質が少しでも垣間見えたら、その男性とは結婚しないに越したことはありません……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 あなたは、どんな男性に惹かれますか? 「ガツガツしていて男らしい人がいい」と答える女性も多いかもしれませんね。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 外出自粛により、さまざまな「リモート」での交流が予想以上に広がりました。仕事に始まり、料理、飲み会、運動など……。たぶ...
ミクニシオリ 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時...
並木まき 2020-06-03 06:00 ラブ
FILM
 関東出身の女性というと、「センスがよく、流行の先端!」「お嬢様が多い」というイメージを持っている方は多いでしょう。でも...
FILM
 コロナ禍で3密を避けるため、合コンのオンライン化がものすごい勢いで進んでいる昨今。すでに多くの男女がオンライン上で出会...
田中絵音 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽に...
恋バナ調査隊 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性や大好きなカレにLINEでガンガン連絡し、返ってこないとモヤモヤしていませんか? ホレた人にLINEしたく...
若林杏樹 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 理想の男性との運命的な出会いをする……そんなシチュエーションを夢見る女性は多いでしょう。でも、星の数ほどいる男性の中で...
恋バナ調査隊 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 付き合って4年、別れてから2年が経つ元彼がいます。  すでに元彼には2年、付き合ってる彼女がいます。元彼とは定期...
神崎メリ 2020-05-31 06:24 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。緊急事態宣言は解除されましたが、外出時にマスクは必須、ソーシャルディスタンス...
山崎世美子 2020-05-30 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-30 06:22 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-31 06:29 ラブ
FILM
 離婚の報告ってしづらいですよね。親しい間柄の人ならともかく、たまに連絡を取る程度の知人にはしにくいもの。とはいえ、結婚...
七味さや 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、男性をデートに誘ったことがありますか? 気になる男性がいるのに、何も行動できない女性は多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 都内では休業しているホストクラブも多く、夜遊びしたいのにできないオトナ女子が大量発生中です。そんななか、人気ホストさん...
内藤みか 2020-05-28 06:00 ラブ
FILM
 現在、彼氏がいる人は、どんな時に「彼がいてよかった」と感じますか? そう感じた瞬間、彼氏に対しての愛情がグッと高まる方...
恋バナ調査隊 2020-05-28 06:00 ラブ