妻を蝕む サイコパス系モラ夫の“エキセントリックな口癖”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-18 06:00
投稿日:2019-10-18 06:00
 サイコパスちっくな本性をもつモラハラ夫ほど、口にしがちなフレーズもあります。妻をじわじわと追い詰める、冷酷なそのセリフとは……? 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、サイコパス系モラ男が言いがちなエキセントリックすぎるフレーズを3選ご紹介します。

1:「僕はそう思わない」

妻の気持ちに寄り添ってくれない(写真:iStock)
妻の気持ちに寄り添ってくれない (写真:iStock)

 サイコパスモラ夫が行動する基準のひとつは、“自分がどう思うか”。

 そもそもサイコパス気質な男性は、他者の気持ちに寄り添うことができないため、最愛の存在であるはずの妻が困っていたり悩んでいたりしていても、どこ吹く風。さらには、“夫婦”としての助け合いや慈しみ合う意識にも欠ける男性が多く、妻が「夫婦なんだから、夫としてここを助けてほしい」と願っても「僕はそう思わない」のひとことで片付けてしまうのです。

 サイコパス系モラ夫には、責任感に欠ける気質を併せ持っているタイプも多いので、このフレーズによって、あらゆる責任を放棄する傾向にもあります。

2:「君の問題でしょ?」

自分以外に興味がない(写真:iStock)
自分以外に興味がない (写真:iStock)

 一般的には、夫婦は助け合って生きていくものですし、愛する女性が困ったり悲しんだりしていれば、進んでサポートする男性も多いものです。

 ところがサイコパス系モラ夫ほど「夫婦は運命共同体」の意識が欠如。妻がなんらかの問題を抱えていても「俺には関係ない」とばかりに「それはさ〜。君の問題でしょ?」と言い放ち、いともたやすく突き放します。

 サイコパス系モラ夫にとって、妻はあくまでも“他人”。自分以外の人の感情にはまったく関心が湧かないため、こういった夫といると、妻は精神的にも物理的にも追い詰められてしまいます。

3:「だから何?」

夫婦なのになんでこんなに孤独なんだろう(写真:iStock)
夫婦なのになんでこんなに孤独なんだろう (写真:iStock)

 愛する女性が悩みを抱えていれば、それが深刻であるほどに親身になるのが、一般的なパートナーのあるべき姿。しかしサイコパス系モラ夫は、自分に影響がない事柄にはどこまでも無関心であるため、妻が切実な悩みを打ち明けても「だから何?」のひとことで済ませがちな傾向です。

 妻が抱いている悩みの内容がどんなにシリアスであっても、とことんまで「俺は関係ない」のスタンスを貫き、妻を孤独の底に追いやるのです。

まとめ

 サイコパス系モラ夫との結婚生活は、妻にとっては地獄でしかありません。夫から道徳的にも許しがたい発言を繰り返し浴びせられることで、とことんまで突き放され、孤独な立場に追いやられます。その結果として、メンタルや身体を壊す女性があとを絶たないのも実情です。

 こんなセリフを日常的に浴びせられていれば、どんなに健康な女性でも、いつしか心や身体が蝕まれても、無理はないのではないでしょうか。サイコパス、そしてモラハラ気質が少しでも垣間見えたら、その男性とは結婚しないに越したことはありません……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ