妻を蝕む サイコパス系モラ夫の“エキセントリックな口癖”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-18 06:00
投稿日:2019-10-18 06:00
 サイコパスちっくな本性をもつモラハラ夫ほど、口にしがちなフレーズもあります。妻をじわじわと追い詰める、冷酷なそのセリフとは……? 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、サイコパス系モラ男が言いがちなエキセントリックすぎるフレーズを3選ご紹介します。

1:「僕はそう思わない」

妻の気持ちに寄り添ってくれない(写真:iStock)
妻の気持ちに寄り添ってくれない (写真:iStock)

 サイコパスモラ夫が行動する基準のひとつは、“自分がどう思うか”。

 そもそもサイコパス気質な男性は、他者の気持ちに寄り添うことができないため、最愛の存在であるはずの妻が困っていたり悩んでいたりしていても、どこ吹く風。さらには、“夫婦”としての助け合いや慈しみ合う意識にも欠ける男性が多く、妻が「夫婦なんだから、夫としてここを助けてほしい」と願っても「僕はそう思わない」のひとことで片付けてしまうのです。

 サイコパス系モラ夫には、責任感に欠ける気質を併せ持っているタイプも多いので、このフレーズによって、あらゆる責任を放棄する傾向にもあります。

2:「君の問題でしょ?」

自分以外に興味がない(写真:iStock)
自分以外に興味がない (写真:iStock)

 一般的には、夫婦は助け合って生きていくものですし、愛する女性が困ったり悲しんだりしていれば、進んでサポートする男性も多いものです。

 ところがサイコパス系モラ夫ほど「夫婦は運命共同体」の意識が欠如。妻がなんらかの問題を抱えていても「俺には関係ない」とばかりに「それはさ〜。君の問題でしょ?」と言い放ち、いともたやすく突き放します。

 サイコパス系モラ夫にとって、妻はあくまでも“他人”。自分以外の人の感情にはまったく関心が湧かないため、こういった夫といると、妻は精神的にも物理的にも追い詰められてしまいます。

3:「だから何?」

夫婦なのになんでこんなに孤独なんだろう(写真:iStock)
夫婦なのになんでこんなに孤独なんだろう (写真:iStock)

 愛する女性が悩みを抱えていれば、それが深刻であるほどに親身になるのが、一般的なパートナーのあるべき姿。しかしサイコパス系モラ夫は、自分に影響がない事柄にはどこまでも無関心であるため、妻が切実な悩みを打ち明けても「だから何?」のひとことで済ませがちな傾向です。

 妻が抱いている悩みの内容がどんなにシリアスであっても、とことんまで「俺は関係ない」のスタンスを貫き、妻を孤独の底に追いやるのです。

まとめ

 サイコパス系モラ夫との結婚生活は、妻にとっては地獄でしかありません。夫から道徳的にも許しがたい発言を繰り返し浴びせられることで、とことんまで突き放され、孤独な立場に追いやられます。その結果として、メンタルや身体を壊す女性があとを絶たないのも実情です。

 こんなセリフを日常的に浴びせられていれば、どんなに健康な女性でも、いつしか心や身体が蝕まれても、無理はないのではないでしょうか。サイコパス、そしてモラハラ気質が少しでも垣間見えたら、その男性とは結婚しないに越したことはありません……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


イケメンとは付き合いたくない!女性が思う意外な4つの理由
 美しい顔立ちのイケメンは、女性の心を虜にしますよね♡ それなのに、いざ恋愛関係になると「彼と付き合いたくない」と身を引...
恋バナ調査隊 2021-09-27 06:00 ラブ
男性が遠ざかる…非モテ女子の特徴3つ&モテるための秘訣♡
 美人で可愛くても、なぜかまったくモテない「非モテ女子」。女性から見るとどうして?と思ってしまいますが、そこには男性を遠...
恋バナ調査隊 2021-09-26 06:00 ラブ
眞子さまのご結婚問題に思う…結婚を反対してはいけない理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。ここ何年も小室圭さんと眞子さまのご結婚について日本中が注目してきました。今年...
山崎世美子 2021-09-25 06:00 ラブ
結婚を望まれても…半同棲中の恋人との別れを意識する男性
「冷酷と激情のあいだvol.57〜女性編〜」では、恋人がおかした過去の過ちをどうしても許せずに苦しむ女性・Eさんの胸中を...
並木まき 2021-09-26 05:34 ラブ
過去の浮気は許せないけど…彼のプロポーズを待つ女性の胸中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-25 06:28 ラブ
不倫相手の図々しいLINEに戦慄…妻が怒りで我を失った内容5つ
 旦那の不倫——。ただでさえ辛いのに、引いてしまうような図々しい発言をする不倫相手も多いようです。最近では不倫相手と直接...
恋バナ調査隊 2021-09-25 06:28 ラブ
結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「...
蒼井凜花 2021-09-24 06:15 ラブ
惚れっぽい性格を直したい女性は必見!特徴&5つの対処方法
 彼氏と別れても、すぐに好きな人や新しい彼氏ができる女性は、惚れっぽい性格であることが多いです。一見、恋愛上手で羨ましが...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
彼氏が何もしてくれない…男性心理5つ&うまく付き合う方法
 どんなに好きな相手でも、交際をすれば何かと不満が出てくるもの。中には、「彼氏が何もしてくれない」と、悩んでいる人もいる...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
コロナ禍でデートできない…恋愛上手な女性がとった作戦とは
 長引くコロナ禍で、デートするべきか迷うカップルが少なくありません。特に男性のほうが「会うのはしばらくやめておこう」など...
内藤みか 2021-09-23 06:00 ラブ
隠れ肉食系男子を見抜く!5つの特徴&惹かれる女性のタイプ
 普段、優しく柔らかな物腰の男性が、いざという時に男らしく頼れる姿にドキッとする女性は多いでしょう。そのギャップに、好意...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
ラブラブを取り戻したい…倦怠期を乗り越えるLINE内容5つ
 長く付き合っていると、だんだん新鮮さがなくなってきてマンネリ化し、家族のようになってしまいますよね。でも、本当はラブラ...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
恋人に自分の意見を言えない…リスクと嫌われない言い回し!
 恋人関係になり、相手との関係をより長く継続したいと考えると、なかなか自分の意見を言えない時ってありますよね。「連絡頻度...
若林杏樹 2021-09-22 06:00 ラブ
バツイチ男性と付き合う前に確認するべき5つのこと&心構え
 ある程度の年齢になれば、周りに離婚経験者が増えてくるため、たまたま好きになった男性が「バツイチだった」ということもある...
恋バナ調査隊 2021-09-22 06:04 ラブ
恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ