妻を蝕む サイコパス系モラ夫の“エキセントリックな口癖”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-18 06:00
投稿日:2019-10-18 06:00
 サイコパスちっくな本性をもつモラハラ夫ほど、口にしがちなフレーズもあります。妻をじわじわと追い詰める、冷酷なそのセリフとは……? 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、サイコパス系モラ男が言いがちなエキセントリックすぎるフレーズを3選ご紹介します。

1:「僕はそう思わない」

妻の気持ちに寄り添ってくれない(写真:iStock)
妻の気持ちに寄り添ってくれない (写真:iStock)

 サイコパスモラ夫が行動する基準のひとつは、“自分がどう思うか”。

 そもそもサイコパス気質な男性は、他者の気持ちに寄り添うことができないため、最愛の存在であるはずの妻が困っていたり悩んでいたりしていても、どこ吹く風。さらには、“夫婦”としての助け合いや慈しみ合う意識にも欠ける男性が多く、妻が「夫婦なんだから、夫としてここを助けてほしい」と願っても「僕はそう思わない」のひとことで片付けてしまうのです。

 サイコパス系モラ夫には、責任感に欠ける気質を併せ持っているタイプも多いので、このフレーズによって、あらゆる責任を放棄する傾向にもあります。

2:「君の問題でしょ?」

自分以外に興味がない(写真:iStock)
自分以外に興味がない (写真:iStock)

 一般的には、夫婦は助け合って生きていくものですし、愛する女性が困ったり悲しんだりしていれば、進んでサポートする男性も多いものです。

 ところがサイコパス系モラ夫ほど「夫婦は運命共同体」の意識が欠如。妻がなんらかの問題を抱えていても「俺には関係ない」とばかりに「それはさ〜。君の問題でしょ?」と言い放ち、いともたやすく突き放します。

 サイコパス系モラ夫にとって、妻はあくまでも“他人”。自分以外の人の感情にはまったく関心が湧かないため、こういった夫といると、妻は精神的にも物理的にも追い詰められてしまいます。

3:「だから何?」

夫婦なのになんでこんなに孤独なんだろう(写真:iStock)
夫婦なのになんでこんなに孤独なんだろう (写真:iStock)

 愛する女性が悩みを抱えていれば、それが深刻であるほどに親身になるのが、一般的なパートナーのあるべき姿。しかしサイコパス系モラ夫は、自分に影響がない事柄にはどこまでも無関心であるため、妻が切実な悩みを打ち明けても「だから何?」のひとことで済ませがちな傾向です。

 妻が抱いている悩みの内容がどんなにシリアスであっても、とことんまで「俺は関係ない」のスタンスを貫き、妻を孤独の底に追いやるのです。

まとめ

 サイコパス系モラ夫との結婚生活は、妻にとっては地獄でしかありません。夫から道徳的にも許しがたい発言を繰り返し浴びせられることで、とことんまで突き放され、孤独な立場に追いやられます。その結果として、メンタルや身体を壊す女性があとを絶たないのも実情です。

 こんなセリフを日常的に浴びせられていれば、どんなに健康な女性でも、いつしか心や身体が蝕まれても、無理はないのではないでしょうか。サイコパス、そしてモラハラ気質が少しでも垣間見えたら、その男性とは結婚しないに越したことはありません……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ