内助の功はダメ男を育成? 尽くし過ぎる女は実は愛されない

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:24
投稿日:2019-10-19 06:00
「枕に髪の毛がいっぱいついていて、『あれ?』というときがあった。ストレスからくるものかなと思いました」
 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんの妻・久美子さんは夫婦そろっての会見で、そんなことを語っていました。妻の言葉を受けて「リチウムイオン電池の研究で一番苦しかった時期。迷惑をかけたこともある。苦労を踏まえて一緒に喜んでほしい」と感謝の気持ちを伝えると、「最高のプレゼントをありがとうございます」と久美子さん。
 報道によると、お二人とも71歳。25歳で夫婦になってから結婚46年目の栄誉の裏には、久美子さんの内助の功があったようです。

日本女性の中には内助の功のDNA

夫を支える妻も素敵だけれど・・・(写真:iStock)
夫を支える妻も素敵だけれど・・・ (写真:iStock)

 昭和の時代、女性は男性を立てて一歩引くのがよしとされました。しかし、時代は昭和から平成、令和へと移り変わり、女性の立ち位置はずいぶんと変わっています。

 それでも、女性の中には潜在的に内助の功の要素がDNAに組み込まれているのでしょう。何かのタイミングで“内助の功スイッチ”が押され、尽くしモードに変わると、男女関係はよくない方向に進むことがあります。

美人は自分に振り向かない男に執着する

美人ほどハマりやすい?(写真:iStock)
美人ほどハマりやすい? (写真:iStock)

 かつて相談に来られた美容部員の女性(33)はバツ1ながら、色白でハーフのような顔立ち。かなりの美人で、常に彼氏候補が何人かいるとのことですが、気分次第でデートの相手を変える小悪魔タイプです。

 そんな彼女に変化をもたらしたのが、知人の紹介で知り合った外資系に勤める年上男性でした。その男性もバツ1で、10歳上。いつもなら彼女を何とか口説こうと、ラインなどでちょくちょく連絡が届くのに、そのときは違ったといいます。

「私がラインを送ってもすぐに返信がこないし、デートにも誘ってくれないんです」

 年上の外資系男性に少し興味を持ったのに、連絡がなかなかつかないことが、彼女の恋愛感情に火をつけたのでしょう。彼に嫌がられないように連絡を取り、なんとかデートにこぎつけたといいますが……。

「土曜日のデートに合わせて、ワンピースを買って、当日は美容院も予約して万全の準備で待ち合わせ場所に向かったのに、仕事を理由にドタキャンされちゃいました」

 仕事が事実なら仕方ないとはいえ、ドタキャンは気分が悪いはず。ところが、彼に会いたい気持ちが募ったそうです。そして彼女が取った行動は、とことん彼に尽くすことだったのです。「こんなに彼に尽くしているんですよ」と話し始めた内容がすごかったです。

好かれたくて尽くしてしまう女心

こんなにも尽くしたのに(写真:iStock)
こんなにも尽くしたのに (写真:iStock)

 彼の予定に全面的に合わせるのは序の口で、彼が風邪で寝込んだら有給休暇を取得して彼のマンションに看病へ。お泊まりの日は、髪をドライヤーで乾かしてあげたり、靴下をはかせたりすることもあるとか。自分の仕事が早く終わるときは、どちらかのマンションで夕食を作って待っていたり……。

 彼と出会う前は、男性の誘いと自分の好みを天秤にかけて贅沢三昧のデートの毎日でしたが、一変したのです。

「男性に尽くしたのは、初めてでした。出会ったころに比べると、ちょっと所帯やつれというか、疲れたように見え、陰りを感じるようになったのは気になりましたけど、彼と再婚したかったんです」

 尽くすといっても、二人とも仕事があるのですから、本来なら妥協点を見つけるはず。いくら仕事が早く終わるとしても、毎回彼女が食事を作って待っていると、まだ結婚したわけではないとウンザリする男性も少なくありません。「たまには外で食事でも」という機会があっていいはずです。ましてやドライヤーをかけたり、靴下をはかせたりというのは、度が過ぎます。こういう行動は母親が、幼稚園児の子供を世話するのと同じでしょう。

尽くした挙げ句の彼の裏切り

きっかけはやっぱりスマホ(写真:iStock)
きっかけはやっぱりスマホ (写真:iStock)

 そんな関係が続いた1年後、再婚を前提に同棲をスタート。そこで、彼のボロが見え始めたのです。お酒を飲んで深夜帰りはザラ。生活費もほとんど出さなくなって、自分の貯金を切り崩すハメに。「こんなはずじゃなかった」と思い始めたある日、酔って帰宅した彼のスマホから浮かび上がったラインを見て愕然としたそうです。

「楽しかった。大好き」

 尽くしてきっていただけに、怒りは半端じゃなかったでしょう。寝ていた彼を叩き起こし、スマホを突きつけて事実関係を問い詰めると、彼はあっさりと浮気を認め、「結婚はできない」と開き直ったといいます。

 内助の功は、決して悪いことではありません。しかし、それを勘違いして、度を越して男性に尽くす女性は、都合のいい女に格下げされる可能性があるということ。そんな尽くす行動を続けると、交際当初はステキな男性もダメ男になります。

良い加減はえー加減。少し手抜きが丁度良い加減。

こんなはずじゃなかった・・・とならないためにも(写真:iStock)
こんなはずじゃなかった・・・とならないためにも (写真:iStock)

 女性は、だれしも好きになった相手に嫌われたくない、好かれたいと願うものでしょう。そういう女性に覚えておいてほしいことがあります。男性は、女性にそれほど優しさを求めていません。男性が女性に求めるのは、一緒にいて楽しいかどうか。楽しい感覚を共有できれば、やがてその女性を守りたいと思うようになり、恋愛感情や結婚願望が芽生えるのです。

 世話をして優しくしてくれる女性は、母そのもの。尽くしてくれる女性に、男性は異性を感じなくなりがちです。彼に不安感を覚えたとき、しっくりこないことを認めたくなくても、その心のザワつきは結構な確率で当たっています。そんなときこそ、「良(よ)い加減は、いい加減」と心の中でつぶやいてみてください。少し手抜きくらいの接し方がちょうどいいのです。くれぐれも尽くしすぎないように気をつけましょう。

 男性は女性と一緒にいて楽しくて、頼られてこそ頑張ろうと思えるのです。

山崎世美子 YouTubeチャンネルのお知らせ

 2019年10月12日、公式YouTubeチャンネル「山崎世美子の恋愛大学」がオープンしました。“恋愛のお作法、学びましょう。”をコンセプトに、恋愛に関するさまざまな悩みや疑問に答えます。毎週土曜・日曜20時に更新。お楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 好きな人ができて交際することができれば幸せですが、交際がスタートすれば新たな悩みが出てくるもの。そんな時、「女友達に相...
恋バナ調査隊 2020-04-10 06:00 ラブ
FILM
 恋愛は本来、「1対1」で成り立つもの。しかし、中には二人の男性との交際を楽しんでいる女性もいます。「二人と交際できるな...
恋バナ調査隊 2020-04-09 06:00 ラブ
FILM
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たって...
リタ・トーコ 2020-04-08 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 12:07 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ