内助の功はダメ男を育成? 尽くし過ぎる女は実は愛されない

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:24
投稿日:2019-10-19 06:00
「枕に髪の毛がいっぱいついていて、『あれ?』というときがあった。ストレスからくるものかなと思いました」
 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんの妻・久美子さんは夫婦そろっての会見で、そんなことを語っていました。妻の言葉を受けて「リチウムイオン電池の研究で一番苦しかった時期。迷惑をかけたこともある。苦労を踏まえて一緒に喜んでほしい」と感謝の気持ちを伝えると、「最高のプレゼントをありがとうございます」と久美子さん。
 報道によると、お二人とも71歳。25歳で夫婦になってから結婚46年目の栄誉の裏には、久美子さんの内助の功があったようです。

日本女性の中には内助の功のDNA

夫を支える妻も素敵だけれど・・・(写真:iStock)
夫を支える妻も素敵だけれど・・・ (写真:iStock)

 昭和の時代、女性は男性を立てて一歩引くのがよしとされました。しかし、時代は昭和から平成、令和へと移り変わり、女性の立ち位置はずいぶんと変わっています。

 それでも、女性の中には潜在的に内助の功の要素がDNAに組み込まれているのでしょう。何かのタイミングで“内助の功スイッチ”が押され、尽くしモードに変わると、男女関係はよくない方向に進むことがあります。

美人は自分に振り向かない男に執着する

美人ほどハマりやすい?(写真:iStock)
美人ほどハマりやすい? (写真:iStock)

 かつて相談に来られた美容部員の女性(33)はバツ1ながら、色白でハーフのような顔立ち。かなりの美人で、常に彼氏候補が何人かいるとのことですが、気分次第でデートの相手を変える小悪魔タイプです。

 そんな彼女に変化をもたらしたのが、知人の紹介で知り合った外資系に勤める年上男性でした。その男性もバツ1で、10歳上。いつもなら彼女を何とか口説こうと、ラインなどでちょくちょく連絡が届くのに、そのときは違ったといいます。

「私がラインを送ってもすぐに返信がこないし、デートにも誘ってくれないんです」

 年上の外資系男性に少し興味を持ったのに、連絡がなかなかつかないことが、彼女の恋愛感情に火をつけたのでしょう。彼に嫌がられないように連絡を取り、なんとかデートにこぎつけたといいますが……。

「土曜日のデートに合わせて、ワンピースを買って、当日は美容院も予約して万全の準備で待ち合わせ場所に向かったのに、仕事を理由にドタキャンされちゃいました」

 仕事が事実なら仕方ないとはいえ、ドタキャンは気分が悪いはず。ところが、彼に会いたい気持ちが募ったそうです。そして彼女が取った行動は、とことん彼に尽くすことだったのです。「こんなに彼に尽くしているんですよ」と話し始めた内容がすごかったです。

好かれたくて尽くしてしまう女心

こんなにも尽くしたのに(写真:iStock)
こんなにも尽くしたのに (写真:iStock)

 彼の予定に全面的に合わせるのは序の口で、彼が風邪で寝込んだら有給休暇を取得して彼のマンションに看病へ。お泊まりの日は、髪をドライヤーで乾かしてあげたり、靴下をはかせたりすることもあるとか。自分の仕事が早く終わるときは、どちらかのマンションで夕食を作って待っていたり……。

 彼と出会う前は、男性の誘いと自分の好みを天秤にかけて贅沢三昧のデートの毎日でしたが、一変したのです。

「男性に尽くしたのは、初めてでした。出会ったころに比べると、ちょっと所帯やつれというか、疲れたように見え、陰りを感じるようになったのは気になりましたけど、彼と再婚したかったんです」

 尽くすといっても、二人とも仕事があるのですから、本来なら妥協点を見つけるはず。いくら仕事が早く終わるとしても、毎回彼女が食事を作って待っていると、まだ結婚したわけではないとウンザリする男性も少なくありません。「たまには外で食事でも」という機会があっていいはずです。ましてやドライヤーをかけたり、靴下をはかせたりというのは、度が過ぎます。こういう行動は母親が、幼稚園児の子供を世話するのと同じでしょう。

尽くした挙げ句の彼の裏切り

きっかけはやっぱりスマホ(写真:iStock)
きっかけはやっぱりスマホ (写真:iStock)

 そんな関係が続いた1年後、再婚を前提に同棲をスタート。そこで、彼のボロが見え始めたのです。お酒を飲んで深夜帰りはザラ。生活費もほとんど出さなくなって、自分の貯金を切り崩すハメに。「こんなはずじゃなかった」と思い始めたある日、酔って帰宅した彼のスマホから浮かび上がったラインを見て愕然としたそうです。

「楽しかった。大好き」

 尽くしてきっていただけに、怒りは半端じゃなかったでしょう。寝ていた彼を叩き起こし、スマホを突きつけて事実関係を問い詰めると、彼はあっさりと浮気を認め、「結婚はできない」と開き直ったといいます。

 内助の功は、決して悪いことではありません。しかし、それを勘違いして、度を越して男性に尽くす女性は、都合のいい女に格下げされる可能性があるということ。そんな尽くす行動を続けると、交際当初はステキな男性もダメ男になります。

良い加減はえー加減。少し手抜きが丁度良い加減。

こんなはずじゃなかった・・・とならないためにも(写真:iStock)
こんなはずじゃなかった・・・とならないためにも (写真:iStock)

 女性は、だれしも好きになった相手に嫌われたくない、好かれたいと願うものでしょう。そういう女性に覚えておいてほしいことがあります。男性は、女性にそれほど優しさを求めていません。男性が女性に求めるのは、一緒にいて楽しいかどうか。楽しい感覚を共有できれば、やがてその女性を守りたいと思うようになり、恋愛感情や結婚願望が芽生えるのです。

 世話をして優しくしてくれる女性は、母そのもの。尽くしてくれる女性に、男性は異性を感じなくなりがちです。彼に不安感を覚えたとき、しっくりこないことを認めたくなくても、その心のザワつきは結構な確率で当たっています。そんなときこそ、「良(よ)い加減は、いい加減」と心の中でつぶやいてみてください。少し手抜きくらいの接し方がちょうどいいのです。くれぐれも尽くしすぎないように気をつけましょう。

 男性は女性と一緒にいて楽しくて、頼られてこそ頑張ろうと思えるのです。

山崎世美子 YouTubeチャンネルのお知らせ

 2019年10月12日、公式YouTubeチャンネル「山崎世美子の恋愛大学」がオープンしました。“恋愛のお作法、学びましょう。”をコンセプトに、恋愛に関するさまざまな悩みや疑問に答えます。毎週土曜・日曜20時に更新。お楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ