内助の功はダメ男を育成? 尽くし過ぎる女は実は愛されない

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:24
投稿日:2019-10-19 06:00
「枕に髪の毛がいっぱいついていて、『あれ?』というときがあった。ストレスからくるものかなと思いました」
 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんの妻・久美子さんは夫婦そろっての会見で、そんなことを語っていました。妻の言葉を受けて「リチウムイオン電池の研究で一番苦しかった時期。迷惑をかけたこともある。苦労を踏まえて一緒に喜んでほしい」と感謝の気持ちを伝えると、「最高のプレゼントをありがとうございます」と久美子さん。
 報道によると、お二人とも71歳。25歳で夫婦になってから結婚46年目の栄誉の裏には、久美子さんの内助の功があったようです。

日本女性の中には内助の功のDNA

夫を支える妻も素敵だけれど・・・(写真:iStock)
夫を支える妻も素敵だけれど・・・ (写真:iStock)

 昭和の時代、女性は男性を立てて一歩引くのがよしとされました。しかし、時代は昭和から平成、令和へと移り変わり、女性の立ち位置はずいぶんと変わっています。

 それでも、女性の中には潜在的に内助の功の要素がDNAに組み込まれているのでしょう。何かのタイミングで“内助の功スイッチ”が押され、尽くしモードに変わると、男女関係はよくない方向に進むことがあります。

美人は自分に振り向かない男に執着する

美人ほどハマりやすい?(写真:iStock)
美人ほどハマりやすい? (写真:iStock)

 かつて相談に来られた美容部員の女性(33)はバツ1ながら、色白でハーフのような顔立ち。かなりの美人で、常に彼氏候補が何人かいるとのことですが、気分次第でデートの相手を変える小悪魔タイプです。

 そんな彼女に変化をもたらしたのが、知人の紹介で知り合った外資系に勤める年上男性でした。その男性もバツ1で、10歳上。いつもなら彼女を何とか口説こうと、ラインなどでちょくちょく連絡が届くのに、そのときは違ったといいます。

「私がラインを送ってもすぐに返信がこないし、デートにも誘ってくれないんです」

 年上の外資系男性に少し興味を持ったのに、連絡がなかなかつかないことが、彼女の恋愛感情に火をつけたのでしょう。彼に嫌がられないように連絡を取り、なんとかデートにこぎつけたといいますが……。

「土曜日のデートに合わせて、ワンピースを買って、当日は美容院も予約して万全の準備で待ち合わせ場所に向かったのに、仕事を理由にドタキャンされちゃいました」

 仕事が事実なら仕方ないとはいえ、ドタキャンは気分が悪いはず。ところが、彼に会いたい気持ちが募ったそうです。そして彼女が取った行動は、とことん彼に尽くすことだったのです。「こんなに彼に尽くしているんですよ」と話し始めた内容がすごかったです。

好かれたくて尽くしてしまう女心

こんなにも尽くしたのに(写真:iStock)
こんなにも尽くしたのに (写真:iStock)

 彼の予定に全面的に合わせるのは序の口で、彼が風邪で寝込んだら有給休暇を取得して彼のマンションに看病へ。お泊まりの日は、髪をドライヤーで乾かしてあげたり、靴下をはかせたりすることもあるとか。自分の仕事が早く終わるときは、どちらかのマンションで夕食を作って待っていたり……。

 彼と出会う前は、男性の誘いと自分の好みを天秤にかけて贅沢三昧のデートの毎日でしたが、一変したのです。

「男性に尽くしたのは、初めてでした。出会ったころに比べると、ちょっと所帯やつれというか、疲れたように見え、陰りを感じるようになったのは気になりましたけど、彼と再婚したかったんです」

 尽くすといっても、二人とも仕事があるのですから、本来なら妥協点を見つけるはず。いくら仕事が早く終わるとしても、毎回彼女が食事を作って待っていると、まだ結婚したわけではないとウンザリする男性も少なくありません。「たまには外で食事でも」という機会があっていいはずです。ましてやドライヤーをかけたり、靴下をはかせたりというのは、度が過ぎます。こういう行動は母親が、幼稚園児の子供を世話するのと同じでしょう。

尽くした挙げ句の彼の裏切り

きっかけはやっぱりスマホ(写真:iStock)
きっかけはやっぱりスマホ (写真:iStock)

 そんな関係が続いた1年後、再婚を前提に同棲をスタート。そこで、彼のボロが見え始めたのです。お酒を飲んで深夜帰りはザラ。生活費もほとんど出さなくなって、自分の貯金を切り崩すハメに。「こんなはずじゃなかった」と思い始めたある日、酔って帰宅した彼のスマホから浮かび上がったラインを見て愕然としたそうです。

「楽しかった。大好き」

 尽くしてきっていただけに、怒りは半端じゃなかったでしょう。寝ていた彼を叩き起こし、スマホを突きつけて事実関係を問い詰めると、彼はあっさりと浮気を認め、「結婚はできない」と開き直ったといいます。

 内助の功は、決して悪いことではありません。しかし、それを勘違いして、度を越して男性に尽くす女性は、都合のいい女に格下げされる可能性があるということ。そんな尽くす行動を続けると、交際当初はステキな男性もダメ男になります。

良い加減はえー加減。少し手抜きが丁度良い加減。

こんなはずじゃなかった・・・とならないためにも(写真:iStock)
こんなはずじゃなかった・・・とならないためにも (写真:iStock)

 女性は、だれしも好きになった相手に嫌われたくない、好かれたいと願うものでしょう。そういう女性に覚えておいてほしいことがあります。男性は、女性にそれほど優しさを求めていません。男性が女性に求めるのは、一緒にいて楽しいかどうか。楽しい感覚を共有できれば、やがてその女性を守りたいと思うようになり、恋愛感情や結婚願望が芽生えるのです。

 世話をして優しくしてくれる女性は、母そのもの。尽くしてくれる女性に、男性は異性を感じなくなりがちです。彼に不安感を覚えたとき、しっくりこないことを認めたくなくても、その心のザワつきは結構な確率で当たっています。そんなときこそ、「良(よ)い加減は、いい加減」と心の中でつぶやいてみてください。少し手抜きくらいの接し方がちょうどいいのです。くれぐれも尽くしすぎないように気をつけましょう。

 男性は女性と一緒にいて楽しくて、頼られてこそ頑張ろうと思えるのです。

山崎世美子 YouTubeチャンネルのお知らせ

 2019年10月12日、公式YouTubeチャンネル「山崎世美子の恋愛大学」がオープンしました。“恋愛のお作法、学びましょう。”をコンセプトに、恋愛に関するさまざまな悩みや疑問に答えます。毎週土曜・日曜20時に更新。お楽しみに!

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ