その男「恋愛工学生」かも? スムーズすぎるナンパに要注意

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-10-30 06:00
投稿日:2019-10-30 06:00
恋愛工学生とはどんな人たちなのか(写真:iStock)
恋愛工学生とはどんな人たちなのか (写真:iStock)

「みゆき! ……あ、すみません、友人にすごく似てたので」

 人違いのような空気で声をかけられて、そのままスムーズにナンパされたことはありませんか? 普段なら無視するのに、一言目が面白くて、ついついナンパについて行ってしまったことは?

 気をつけて。ナンパの上手いその男、もしかしたら恋愛工学生かもしれません。

 恋愛工学生ってなに? なぜ彼らはナンパや女性への言葉選びが上手いのか? 今回は女性的に地雷な、都会に潜む「恋愛工学生」の特徴をお教えします。

恋愛工学生とは「恋愛を工学で学んだ」人たちのこと

そんな彼らの狙いとは(写真:iStock)
そんな彼らの狙いとは (写真:iStock)

 恋愛工学という言葉をネットでよく見かけます。藤沢数希氏の著書『僕は愛を証明しようと思う』が言葉の発祥で、恋愛工学とは「今までモテなかった人が、工学的に恋愛を理解することでモテるようになるための学問」。もちろん学校で習うようなものではないですが、ネットでは情報商材としての教材やパーソナルレッスンなどを受けることもできます。

 今までいわゆる“非モテ”だった人が、ストリートや飲み屋でのナンパやマッチングアプリなどを通して恋愛の必勝法を駆使して経験値をため、自分に自信をつけていくのです。

 彼らにとってナンパはフィールドワーク。あなたが引っかかってしまったナンパも、恋愛工学生のフィールドワークなのかもしれないのです。

恋愛工学生は女性を数としてカウントする

ナンパの目的は自分に自信をつけるため(写真:iStock)
ナンパの目的は自分に自信をつけるため (写真:iStock)

 恋愛工学生が女性にとって地雷男子となるのにはいくつか理由があります。まずひとつ、恋愛工学生は女性のことを「数勘定」します。

 恋愛に自信がなかった人たちが、恋愛工学を使ってまずやるのは「女性に慣れること」「自信をつけること」。ですから、彼らは自分に自信をつけるためにナンパをしているのです。

 そんな彼らが気にしているのは「何人と連絡先を交換できたか」「何人と関係を持ったか」……。

 ナンパににかかって恋をした相手がもし恋愛工学生だったら、あなたも彼の自信に結びつく女性の一人として、数をカウントされるだけかもしれないのです。

口達者は座学によるもの! 弾が尽きれば中身は…?

一見スマートに見えるけど…(写真:iStock)
一見スマートに見えるけど… (写真:iStock)

 恋愛工学生たちは、女性が喜ぶ話し方や聴き方についてよく勉強しています。だったら、コミュニケーションが上手そうでいいじゃん、と思うかもしれませんが、それはどうでしょう。

 これまでの長年続けてきたコミュニケーション方法はそう簡単に変わりませんから、多くの恋愛工学生たちが話す言葉は「本や他人の言葉のインプット」です。恋愛工学を通じて知った言葉を話すことはできても、自分で考えて話せないことには、いつかコミュニケーション終わりがきます。

 最初は話上手で頭の回転が早い、そう感じるかもしれませんが、インプットが尽きたら面白いコミュニケーションができない人が多いかもしれないのです。恋愛工学生たちは表面的にイケてる雰囲気を出してきますが、中身は意外と伴わない人も多いのです。

非モテ男子の養分にされない! 恋愛工学生の見抜き方は?

恋愛工学生を見抜くには?(写真:iStock)
恋愛工学生を見抜くには? (写真:iStock)

 自分のことをしっかり見てくれているわけでもない男の養分にされるなんてごめんですよね。知り合った男性が恋愛工学生かどうか、見抜く方法はないのでしょうか?

 まず、あまりにスムーズで”ナンパ慣れ”している男性に気をつけましょう。ルーティンワークでナンパしている人は恋愛工学的な可能性が高いです。

 次に、最初から馴れ馴れしい、距離が近い人にも気をつけましょう。飲食店などで急にナンパされて相席になったけど、最初からパーソナルスペースを詰めてくる人です。恋愛工学では突然失礼なことを言ったり、女性の言葉をオウム返しすることで女性の心を開かせようとする手法があります。

「この人、初対面なのに失礼だな」と思ったら、その人は空気が読めないか恋愛工学生の可能性が高いかもしれません。

 ◇  ◇  ◇

 クリスマスシーズンが近くなってくると、道や飲食店で行きずりの出会いも増えます。そんなせっかくの出会いの相手が、自分のことを無数の女の一人としてしか見てくれない恋愛工学生で、そんな男にハマってしまったら大変。

 ナンパも出会いの一つではありますが、やはりカジュアルで軽い出会いには違いありません。最初は少し警戒してコミュニケーションするようにしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼女がほしくなる男性心理!寂しさを感じる時にアプローチを♡
 男性が「彼女がほしい」と思う心理とは、いったいどんなものなのでしょうか? そんな男性の心理や彼女がほしくなるタイミング...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
夫婦円満なのに離婚するのはなぜ? 4つの原因と回避する方法
 離婚率が増えた昨今、離婚そのものにはさほど驚かなくなりましたが、円満に見えていた夫婦の離婚の報告には驚いてしまう人も多...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ