その男「恋愛工学生」かも? スムーズすぎるナンパに要注意

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-10-30 06:00
投稿日:2019-10-30 06:00
恋愛工学生とはどんな人たちなのか(写真:iStock)
恋愛工学生とはどんな人たちなのか (写真:iStock)

「みゆき! ……あ、すみません、友人にすごく似てたので」

 人違いのような空気で声をかけられて、そのままスムーズにナンパされたことはありませんか? 普段なら無視するのに、一言目が面白くて、ついついナンパについて行ってしまったことは?

 気をつけて。ナンパの上手いその男、もしかしたら恋愛工学生かもしれません。

 恋愛工学生ってなに? なぜ彼らはナンパや女性への言葉選びが上手いのか? 今回は女性的に地雷な、都会に潜む「恋愛工学生」の特徴をお教えします。

恋愛工学生とは「恋愛を工学で学んだ」人たちのこと

そんな彼らの狙いとは(写真:iStock)
そんな彼らの狙いとは (写真:iStock)

 恋愛工学という言葉をネットでよく見かけます。藤沢数希氏の著書『僕は愛を証明しようと思う』が言葉の発祥で、恋愛工学とは「今までモテなかった人が、工学的に恋愛を理解することでモテるようになるための学問」。もちろん学校で習うようなものではないですが、ネットでは情報商材としての教材やパーソナルレッスンなどを受けることもできます。

 今までいわゆる“非モテ”だった人が、ストリートや飲み屋でのナンパやマッチングアプリなどを通して恋愛の必勝法を駆使して経験値をため、自分に自信をつけていくのです。

 彼らにとってナンパはフィールドワーク。あなたが引っかかってしまったナンパも、恋愛工学生のフィールドワークなのかもしれないのです。

恋愛工学生は女性を数としてカウントする

ナンパの目的は自分に自信をつけるため(写真:iStock)
ナンパの目的は自分に自信をつけるため (写真:iStock)

 恋愛工学生が女性にとって地雷男子となるのにはいくつか理由があります。まずひとつ、恋愛工学生は女性のことを「数勘定」します。

 恋愛に自信がなかった人たちが、恋愛工学を使ってまずやるのは「女性に慣れること」「自信をつけること」。ですから、彼らは自分に自信をつけるためにナンパをしているのです。

 そんな彼らが気にしているのは「何人と連絡先を交換できたか」「何人と関係を持ったか」……。

 ナンパににかかって恋をした相手がもし恋愛工学生だったら、あなたも彼の自信に結びつく女性の一人として、数をカウントされるだけかもしれないのです。

口達者は座学によるもの! 弾が尽きれば中身は…?

一見スマートに見えるけど…(写真:iStock)
一見スマートに見えるけど… (写真:iStock)

 恋愛工学生たちは、女性が喜ぶ話し方や聴き方についてよく勉強しています。だったら、コミュニケーションが上手そうでいいじゃん、と思うかもしれませんが、それはどうでしょう。

 これまでの長年続けてきたコミュニケーション方法はそう簡単に変わりませんから、多くの恋愛工学生たちが話す言葉は「本や他人の言葉のインプット」です。恋愛工学を通じて知った言葉を話すことはできても、自分で考えて話せないことには、いつかコミュニケーション終わりがきます。

 最初は話上手で頭の回転が早い、そう感じるかもしれませんが、インプットが尽きたら面白いコミュニケーションができない人が多いかもしれないのです。恋愛工学生たちは表面的にイケてる雰囲気を出してきますが、中身は意外と伴わない人も多いのです。

非モテ男子の養分にされない! 恋愛工学生の見抜き方は?

恋愛工学生を見抜くには?(写真:iStock)
恋愛工学生を見抜くには? (写真:iStock)

 自分のことをしっかり見てくれているわけでもない男の養分にされるなんてごめんですよね。知り合った男性が恋愛工学生かどうか、見抜く方法はないのでしょうか?

 まず、あまりにスムーズで”ナンパ慣れ”している男性に気をつけましょう。ルーティンワークでナンパしている人は恋愛工学的な可能性が高いです。

 次に、最初から馴れ馴れしい、距離が近い人にも気をつけましょう。飲食店などで急にナンパされて相席になったけど、最初からパーソナルスペースを詰めてくる人です。恋愛工学では突然失礼なことを言ったり、女性の言葉をオウム返しすることで女性の心を開かせようとする手法があります。

「この人、初対面なのに失礼だな」と思ったら、その人は空気が読めないか恋愛工学生の可能性が高いかもしれません。

 ◇  ◇  ◇

 クリスマスシーズンが近くなってくると、道や飲食店で行きずりの出会いも増えます。そんなせっかくの出会いの相手が、自分のことを無数の女の一人としてしか見てくれない恋愛工学生で、そんな男にハマってしまったら大変。

 ナンパも出会いの一つではありますが、やはりカジュアルで軽い出会いには違いありません。最初は少し警戒してコミュニケーションするようにしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-28 18:52 ラブ