その男「恋愛工学生」かも? スムーズすぎるナンパに要注意

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-10-30 06:00
投稿日:2019-10-30 06:00
恋愛工学生とはどんな人たちなのか(写真:iStock)
恋愛工学生とはどんな人たちなのか (写真:iStock)

「みゆき! ……あ、すみません、友人にすごく似てたので」

 人違いのような空気で声をかけられて、そのままスムーズにナンパされたことはありませんか? 普段なら無視するのに、一言目が面白くて、ついついナンパについて行ってしまったことは?

 気をつけて。ナンパの上手いその男、もしかしたら恋愛工学生かもしれません。

 恋愛工学生ってなに? なぜ彼らはナンパや女性への言葉選びが上手いのか? 今回は女性的に地雷な、都会に潜む「恋愛工学生」の特徴をお教えします。

恋愛工学生とは「恋愛を工学で学んだ」人たちのこと

そんな彼らの狙いとは(写真:iStock)
そんな彼らの狙いとは (写真:iStock)

 恋愛工学という言葉をネットでよく見かけます。藤沢数希氏の著書『僕は愛を証明しようと思う』が言葉の発祥で、恋愛工学とは「今までモテなかった人が、工学的に恋愛を理解することでモテるようになるための学問」。もちろん学校で習うようなものではないですが、ネットでは情報商材としての教材やパーソナルレッスンなどを受けることもできます。

 今までいわゆる“非モテ”だった人が、ストリートや飲み屋でのナンパやマッチングアプリなどを通して恋愛の必勝法を駆使して経験値をため、自分に自信をつけていくのです。

 彼らにとってナンパはフィールドワーク。あなたが引っかかってしまったナンパも、恋愛工学生のフィールドワークなのかもしれないのです。

恋愛工学生は女性を数としてカウントする

ナンパの目的は自分に自信をつけるため(写真:iStock)
ナンパの目的は自分に自信をつけるため (写真:iStock)

 恋愛工学生が女性にとって地雷男子となるのにはいくつか理由があります。まずひとつ、恋愛工学生は女性のことを「数勘定」します。

 恋愛に自信がなかった人たちが、恋愛工学を使ってまずやるのは「女性に慣れること」「自信をつけること」。ですから、彼らは自分に自信をつけるためにナンパをしているのです。

 そんな彼らが気にしているのは「何人と連絡先を交換できたか」「何人と関係を持ったか」……。

 ナンパににかかって恋をした相手がもし恋愛工学生だったら、あなたも彼の自信に結びつく女性の一人として、数をカウントされるだけかもしれないのです。

口達者は座学によるもの! 弾が尽きれば中身は…?

一見スマートに見えるけど…(写真:iStock)
一見スマートに見えるけど… (写真:iStock)

 恋愛工学生たちは、女性が喜ぶ話し方や聴き方についてよく勉強しています。だったら、コミュニケーションが上手そうでいいじゃん、と思うかもしれませんが、それはどうでしょう。

 これまでの長年続けてきたコミュニケーション方法はそう簡単に変わりませんから、多くの恋愛工学生たちが話す言葉は「本や他人の言葉のインプット」です。恋愛工学を通じて知った言葉を話すことはできても、自分で考えて話せないことには、いつかコミュニケーション終わりがきます。

 最初は話上手で頭の回転が早い、そう感じるかもしれませんが、インプットが尽きたら面白いコミュニケーションができない人が多いかもしれないのです。恋愛工学生たちは表面的にイケてる雰囲気を出してきますが、中身は意外と伴わない人も多いのです。

非モテ男子の養分にされない! 恋愛工学生の見抜き方は?

恋愛工学生を見抜くには?(写真:iStock)
恋愛工学生を見抜くには? (写真:iStock)

 自分のことをしっかり見てくれているわけでもない男の養分にされるなんてごめんですよね。知り合った男性が恋愛工学生かどうか、見抜く方法はないのでしょうか?

 まず、あまりにスムーズで”ナンパ慣れ”している男性に気をつけましょう。ルーティンワークでナンパしている人は恋愛工学的な可能性が高いです。

 次に、最初から馴れ馴れしい、距離が近い人にも気をつけましょう。飲食店などで急にナンパされて相席になったけど、最初からパーソナルスペースを詰めてくる人です。恋愛工学では突然失礼なことを言ったり、女性の言葉をオウム返しすることで女性の心を開かせようとする手法があります。

「この人、初対面なのに失礼だな」と思ったら、その人は空気が読めないか恋愛工学生の可能性が高いかもしれません。

 ◇  ◇  ◇

 クリスマスシーズンが近くなってくると、道や飲食店で行きずりの出会いも増えます。そんなせっかくの出会いの相手が、自分のことを無数の女の一人としてしか見てくれない恋愛工学生で、そんな男にハマってしまったら大変。

 ナンパも出会いの一つではありますが、やはりカジュアルで軽い出会いには違いありません。最初は少し警戒してコミュニケーションするようにしましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ