100年の恋も冷める瞬間! 男女で違う幻滅ポイント&解決策

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-11-25 16:08
投稿日:2019-11-25 06:00
 一生忘れないような「100年の恋」、あなたはしたことがありますか? でも、恋焦がれた相手なのに、いざお付き合いが始まったらある日突然気持ちが冷めてしまう……って意外と多いんですよね。
 実は、そんな100年の恋も冷める瞬間は、男女によって原因が異なるのです。長続きの秘訣でもある「男女の幻滅ポイント」、見ていきましょう。

女性が感じる100年の恋も冷める瞬間

あんなに好きだったのに…(写真:iStock)
あんなに好きだったのに… (写真:iStock)

 まずは、女性の恋が冷める瞬間をお伝えします。「あるある!」と思って読んでいただけたら。

店員さんへの態度が悪い

 店員さんへの態度が悪い男性っていますよね。上から目線でものを言ったり、時には暴言を吐いたりするのを見ると、途端に興醒めしてしまいます。

 今現在、自分に対してどんなに優しくても「いずれはそんな態度を取られるのかも?」と、思ってしまう方も多いようです。

マナーが悪い

 食べ方が汚かったり、つばを道路に吐き捨てたり、など、大人の男性らしからぬ行動を見て冷めてしまう女性は多いでしょう。一緒にいて恥ずかしい気持ちになってしまうような相手に恋愛感情を持ち続けるのは、なかなか難しいことですよね。

嘘を平気でつく

「その人の本当を知りたい」と、好きになった相手に対して女性は思います。だからこそ、嘘を平気でつく男性に対して嫌悪感を感じやすいのです。

 自分を大きく見せるための嘘、自分を守るための嘘、など、嘘の種類はたくさんありますが、なんにせよ「信用できない」と思った瞬間に燃え上がっていた気持ちが萎えてしまうことってあると思います。

女性に対して軽い扱いをする

 女性を適当に扱ったり、小馬鹿にするような男性に対しても、女性は冷めてしまいがち。たとえ地位や名誉がある立派な男性であったとしても、女性をぞんざいに扱う時点でNGだという人も多いでしょう。

 そういう男性に限って悪気がないことも多いため、解決策が取れないのも難しいところ。お付き合いに至ったとしても、対等な関係を築けるイメージができませんよね。

男性が感じる100年の恋も冷める瞬間

一緒にいても“女”を感じなくなってしまった(写真:iStock)
一緒にいても“女”を感じなくなってしまった (写真:iStock)

 次は、男性が感じる100年の恋も冷める瞬間です。

“オバサン”を感じる

 ムダ毛の処理が甘い、太っていく、すっぴんばかり、いつもスウェット、など、“オバサン”を感じさせると冷めてしまうのが男性。

 自分はお腹が出ていたり、ヒゲが伸びていたりするのに「こんなことで!?」と思う女性はいるかもしれませんが、「こんなこと」が実はとても重要だったりするんです。

思いやりがない

「自分が風邪を引いているのに隣でゲームをして、いたわってくれなかった」など、女性の思いやりのなさに引いてしまう男性も多いです。

 特に、一見優しくて思いやりがありそうなのにそうではない女性に対して、男性は厳しいよう。逆に普段はクールな女性なのに、ふとした時に配慮してくれることでときめいてしまうというケースも。つまりはギャップを上手く活かすことが大切なんですね。

ニオイが無理

「女性は甘いシャンプーのようなシャンプーのような良いニオイがするもの」と、男性はどこかしらで思っています。だからこそ、キスをする時に口臭を感じたり、足が臭かったりすると幻滅してしまうのです。

 とはいえ、汗をかいたらニオイが発生してしまいますし、1日中履いたブーツが臭くなってしまうのはある程度は仕方がないこと。いかにケアを怠らないようにするか、マナーの1つとして意識してみると良いですね。

浮気をしていた

 男性が冷めてしまう大きな原因は「女性の浮気」です。浮気をした時点で、冷めるよりも憎しみの気持ちを強く感じる男性も多いよう。

 信用しきっていた彼女だからこそ、浮気という裏切り行為は絶対に許せないのです。たとえ許したとしても、その後の関係には必ず影響するでしょう。もしも浮気をするのなら、墓場まで持っていく覚悟で行うべきですね。

女性と男性で幻滅ポイントは違う!

幻滅ポイントは男女で異なる(写真:iStock)
幻滅ポイントは男女で異なる (写真:iStock)

 女性と男性の100年の恋も冷める瞬間、いかがでしょうか?見ると分かるように、女性と男性で幻滅するポイントは違うと思うんです。

女性:態度や言動などの人間性

「女心と秋の空」と昔から言われていますが、女性は恋愛に燃え上がりやすい分、男性よりも冷めてしまう確率が高いそうです。大人の女性は若い頃のように「鼻毛が出ていた」など、ちょっとしたことで相手に幻滅をしない代わりに、態度や言動を重視します。

 身を焦がしてしまうような100年の恋だとしても、根本に「優しさがない」「信用できない」と感じてしまうと、そんな相手に一生を委ねることはできない、と、冷めてしまうのでしょう。

男性:女性らしさを損なう振る舞い

 男性は、女性の「女性らしさを損なう振る舞い」に対してとても敏感。男性の100年の恋も冷める瞬間は、女性よりも分かりやすいと思います。女性は恋愛経験を重ねれば重ねるほどに、あざとくも賢くもなれます。だから、恋愛が始まる時、メイクも髪型も服装も言動も態度も「史上最高に可愛い私」を演出している女性は多いのではないでしょうか。

 男性は、女性の最初の印象をずっと忘れません。だからこそ、最初の印象とはかけ離れた女性の振る舞いを見ると、「こんなはずではなかった!」と愕然として、ひゅっと氷点下にまで熱量が冷めてしまうのです。

あなたが100年続く恋をしたいなら? 2つの解決策

100年続く恋ができますように(写真:iStock)
100年続く恋ができますように (写真:iStock)

 以上のことを考察してみると、100年続く恋をするためには2つの解決策があると思うのです。

 1つ目は「最初から男性の前で作らない」ということ。ギャップがあるから幻滅させるのです。ズボラでもダラけていても、素のあなたを好きになってくれる男性はどこかにいるでしょう。そういった相手を選ぶことができたら、無駄に気を遣わずに恋愛を楽しむことができるのかも。

 でも、忘れてはいけないのは、どんな男性でも少なからず女性に「女性らしさ」を求めているということ。「ズボラでも良いと言ったじゃない!」なんて言い訳は通用しません。

 だからこそ2つ目の解決策として、「いつまでも女性でいる」ということをご提案したいです。美しく凛とした女性でいることは、仕事やプライベートにも良い影響を与え、人生そのものに影響しますから。もちろん、恋愛にもプラスに働きますし。

 それにしても、100年の恋なんてあるのでしょうかね。一生に一度くらいはしてみたいものですね。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ