100年の恋も冷める瞬間! 男女で違う幻滅ポイント&解決策

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-11-25 16:08
投稿日:2019-11-25 06:00
 一生忘れないような「100年の恋」、あなたはしたことがありますか? でも、恋焦がれた相手なのに、いざお付き合いが始まったらある日突然気持ちが冷めてしまう……って意外と多いんですよね。
 実は、そんな100年の恋も冷める瞬間は、男女によって原因が異なるのです。長続きの秘訣でもある「男女の幻滅ポイント」、見ていきましょう。

女性が感じる100年の恋も冷める瞬間

あんなに好きだったのに…(写真:iStock)
あんなに好きだったのに… (写真:iStock)

 まずは、女性の恋が冷める瞬間をお伝えします。「あるある!」と思って読んでいただけたら。

店員さんへの態度が悪い

 店員さんへの態度が悪い男性っていますよね。上から目線でものを言ったり、時には暴言を吐いたりするのを見ると、途端に興醒めしてしまいます。

 今現在、自分に対してどんなに優しくても「いずれはそんな態度を取られるのかも?」と、思ってしまう方も多いようです。

マナーが悪い

 食べ方が汚かったり、つばを道路に吐き捨てたり、など、大人の男性らしからぬ行動を見て冷めてしまう女性は多いでしょう。一緒にいて恥ずかしい気持ちになってしまうような相手に恋愛感情を持ち続けるのは、なかなか難しいことですよね。

嘘を平気でつく

「その人の本当を知りたい」と、好きになった相手に対して女性は思います。だからこそ、嘘を平気でつく男性に対して嫌悪感を感じやすいのです。

 自分を大きく見せるための嘘、自分を守るための嘘、など、嘘の種類はたくさんありますが、なんにせよ「信用できない」と思った瞬間に燃え上がっていた気持ちが萎えてしまうことってあると思います。

女性に対して軽い扱いをする

 女性を適当に扱ったり、小馬鹿にするような男性に対しても、女性は冷めてしまいがち。たとえ地位や名誉がある立派な男性であったとしても、女性をぞんざいに扱う時点でNGだという人も多いでしょう。

 そういう男性に限って悪気がないことも多いため、解決策が取れないのも難しいところ。お付き合いに至ったとしても、対等な関係を築けるイメージができませんよね。

男性が感じる100年の恋も冷める瞬間

一緒にいても“女”を感じなくなってしまった(写真:iStock)
一緒にいても“女”を感じなくなってしまった (写真:iStock)

 次は、男性が感じる100年の恋も冷める瞬間です。

“オバサン”を感じる

 ムダ毛の処理が甘い、太っていく、すっぴんばかり、いつもスウェット、など、“オバサン”を感じさせると冷めてしまうのが男性。

 自分はお腹が出ていたり、ヒゲが伸びていたりするのに「こんなことで!?」と思う女性はいるかもしれませんが、「こんなこと」が実はとても重要だったりするんです。

思いやりがない

「自分が風邪を引いているのに隣でゲームをして、いたわってくれなかった」など、女性の思いやりのなさに引いてしまう男性も多いです。

 特に、一見優しくて思いやりがありそうなのにそうではない女性に対して、男性は厳しいよう。逆に普段はクールな女性なのに、ふとした時に配慮してくれることでときめいてしまうというケースも。つまりはギャップを上手く活かすことが大切なんですね。

ニオイが無理

「女性は甘いシャンプーのようなシャンプーのような良いニオイがするもの」と、男性はどこかしらで思っています。だからこそ、キスをする時に口臭を感じたり、足が臭かったりすると幻滅してしまうのです。

 とはいえ、汗をかいたらニオイが発生してしまいますし、1日中履いたブーツが臭くなってしまうのはある程度は仕方がないこと。いかにケアを怠らないようにするか、マナーの1つとして意識してみると良いですね。

浮気をしていた

 男性が冷めてしまう大きな原因は「女性の浮気」です。浮気をした時点で、冷めるよりも憎しみの気持ちを強く感じる男性も多いよう。

 信用しきっていた彼女だからこそ、浮気という裏切り行為は絶対に許せないのです。たとえ許したとしても、その後の関係には必ず影響するでしょう。もしも浮気をするのなら、墓場まで持っていく覚悟で行うべきですね。

女性と男性で幻滅ポイントは違う!

幻滅ポイントは男女で異なる(写真:iStock)
幻滅ポイントは男女で異なる (写真:iStock)

 女性と男性の100年の恋も冷める瞬間、いかがでしょうか?見ると分かるように、女性と男性で幻滅するポイントは違うと思うんです。

女性:態度や言動などの人間性

「女心と秋の空」と昔から言われていますが、女性は恋愛に燃え上がりやすい分、男性よりも冷めてしまう確率が高いそうです。大人の女性は若い頃のように「鼻毛が出ていた」など、ちょっとしたことで相手に幻滅をしない代わりに、態度や言動を重視します。

 身を焦がしてしまうような100年の恋だとしても、根本に「優しさがない」「信用できない」と感じてしまうと、そんな相手に一生を委ねることはできない、と、冷めてしまうのでしょう。

男性:女性らしさを損なう振る舞い

 男性は、女性の「女性らしさを損なう振る舞い」に対してとても敏感。男性の100年の恋も冷める瞬間は、女性よりも分かりやすいと思います。女性は恋愛経験を重ねれば重ねるほどに、あざとくも賢くもなれます。だから、恋愛が始まる時、メイクも髪型も服装も言動も態度も「史上最高に可愛い私」を演出している女性は多いのではないでしょうか。

 男性は、女性の最初の印象をずっと忘れません。だからこそ、最初の印象とはかけ離れた女性の振る舞いを見ると、「こんなはずではなかった!」と愕然として、ひゅっと氷点下にまで熱量が冷めてしまうのです。

あなたが100年続く恋をしたいなら? 2つの解決策

100年続く恋ができますように(写真:iStock)
100年続く恋ができますように (写真:iStock)

 以上のことを考察してみると、100年続く恋をするためには2つの解決策があると思うのです。

 1つ目は「最初から男性の前で作らない」ということ。ギャップがあるから幻滅させるのです。ズボラでもダラけていても、素のあなたを好きになってくれる男性はどこかにいるでしょう。そういった相手を選ぶことができたら、無駄に気を遣わずに恋愛を楽しむことができるのかも。

 でも、忘れてはいけないのは、どんな男性でも少なからず女性に「女性らしさ」を求めているということ。「ズボラでも良いと言ったじゃない!」なんて言い訳は通用しません。

 だからこそ2つ目の解決策として、「いつまでも女性でいる」ということをご提案したいです。美しく凛とした女性でいることは、仕事やプライベートにも良い影響を与え、人生そのものに影響しますから。もちろん、恋愛にもプラスに働きますし。

 それにしても、100年の恋なんてあるのでしょうかね。一生に一度くらいはしてみたいものですね。

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-28 18:52 ラブ