クリスマス準備はいつから? アドヴェントとリースの意味

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-11-23 06:00
投稿日:2019-11-23 06:00

クリスマスディスプレイっていつから始めるの?

幻想的な港町横浜(写真:Aribaba)
幻想的な港町横浜 (写真:Aribaba)

 まもなく12月。12月といえば、1年の中で楽しいイベント目白押しでワクワク。街も行き交う人達の心と同調するかのようにウキウキ、キラキラ。こんな大人になったワタクシでさえも、この時期はなんだか理由の分からない幸福感でジンワリ。良いものでございます。

 子どもの頃、ワタクシが通っていた幼稚園は、敬虔なクリスチャンの通う教会の中にございました。我が家は先祖代々信仰心の厚い仏教徒で、朝晩は炊き立てのご飯をお供えしながらお仏壇の前でチンチンしていたのにも関わらず、あの頃に慣れ親しんだ賛美歌や聖書というのは、大人になった今も心のどこかで覚えているものでございます。

 年末のこのシーズンになると、教会は近付くクリスマスに向かって準備が始まります。ワタクシたち「迷える仔羊軍団」は信者の方々に御披露するべく、「馬小屋キリスト御誕生演劇」に向かって練習をしたものです。

 毎年、女子の花形「聖母マリア」役からもれるワタクシでしたが、その他大勢の天使役としてさまざまな賛美歌を歌ったことが年末の幸せな記憶として残っています。フライドチキンを一切揚げないカーネルサンダースみたいな園長先生や優しく美しい先生方と、トンガリお屋根の教会で繰り広げられた「クリスマスをお迎えする準備月」を懐かしく思い出すのでございます。

 そんなワタクシもお花屋さんになってから、お客様に「クリスマスのリースっていつから飾ればいいの?」と聞かれることがよくございます。そりゃそうだ!謎でございますわよね~。ということで、今週は「心を清める アドヴェント」についての解説でございます。

神の降臨を待つ4週間は心を清める大切な期間

美しい横浜のクリスマス(写真:Aribaba)
美しい横浜のクリスマス (写真:Aribaba)

 アドヴェントとは「キリストの到来」を意味するラテン語「Adventus」からきた単語。神の降臨を待ちわびる「待降節」として11月30日「聖アンデレの日」に最も近い日曜日から、クリスマスイブまでの約4週間のことを指すのでございます。

 つまり、クリスマスの準備はこのアドヴェントの時期が始まるということ。もちろん、毎年日程は変動しますが、今年は12月1日がアドヴェントの始まりでございます。リースやクリスマスツリーは、この頃より飾られるのが良いですね。

 本来は静かに祈りをもって、神のご降誕の意味を噛みしめながら心を清める期間のはずなのに、お花屋さんはクリスマス商戦とその先に控えたお正月の準備と併せて活気に満ち溢れます。(゚∀゚) ワタクシもこの頃より髪の毛を振り乱して、「どうか無事に年を越せますように…」とご先祖様に祈りを捧げる日々でございます。

クリスマスリースの本当の意味って?

さぶ店長もクリスマス仕様にモデルチェンジ(写真:斑目茂美)
さぶ店長もクリスマス仕様にモデルチェンジ (写真:斑目茂美)

 クリスマスを迎えるまでのこの時期、クリスマスリースやデコレーションでお部屋を飾ることが、すっかり浸透してまいりました。雑貨屋さんや洒落乙な洋服屋さんでも、クリスマスグッズが店頭を楽しくディスプレイしております。

 造花やドライフラワーで作られたクリスマスリースももちろん素敵ですが、フレッシュなエバーグリーンで仕立てられたリースは格別! ドアに飾られる生の葉で作られたクリスマスリースには開運と魔除けに通じる意味も満載でございます。

 冬でも美しい緑色の針葉樹は「エバーグリーン」といわれ「永遠の命」を、ベルは「魔除の鐘」を、そして、「永遠」の象徴である輪のリースは「終わりのない神の愛」を意味するのでございます。

 特に、トゲのあるヒイラギの入ったリースは魔除効果抜群! モミの木と並んでヒイラギの入ったリースを玄関ドアに飾ることは、「魔除」という部分でいっても日本の風習にバッチリ合っていると思うところでございます。

 最近ではもともと香りのある木を使用したリースに、更に香り高いハーブをプラス。ドアを開けるたびに香る「アロマ」という癒し効果を追求したものまで登場し、ますますクリスマスリースの選択肢が増えました。どんなリースをあなたのお家にお迎えするのか… もうすぐ心を清めて過ごすアドヴェントが始まりますわよ〜大いに悩んでくださいませね。

 心を清め整える4週間が、あなたのとって楽しい4週間でありますことを…遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ〜。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...